Daily Archives: July 16, 2009

太陽が昇るとき Wish You Were Here (その2)

「わし、クイーン、ふたつがいい」 「ダメ。それじゃ、ゲームにならないでしょう」 「でもクイーンふたつ欲しい。モニがキングふたつ使えばいいやん」 「好い加減にしなさい! じゃあ、わたしはどうやってチェックメートするの」 「そこがポイントなんです。わっしは、そうして不敗プレーヤとなるのだ」 バカ、とゆわれてしもうた。 じゃ、日本将棋の「飛車」とかオプションでチェス盤に並べちゃダメ? 裏に成ってドラゴン、なんちて。 モニとわっしは毎日チェスをやります。 広尾のアパートのテラスのチェステーブルで、あるいはラウンジのコーヒーテーブルの上で、長野の山の家の庭で木洩れ日のなかで遊ぶこともある。 コーヒーとビスケットを摂りながら、サンドイッチを片手に、カントチーニ・コン・ビンサントをかじりながら、カバを飲みながら、ワインを飲みながら、毎日チェスをやって遊ぶ。 しかしながら、わっしの戦績は目下ついに637敗である。 いくつ勝ったかって? ゼロ、ですたい。 いちどなどは、負けが込んであんまり頭に来たのでデートカクテルの本を研究して、30年代にジゴロたちが愛用したという「口あたりは軽いけど、飲ましちゃえば一発で泥酔でさあダンナ…むふふ」なカクテルをチェステーブルに供したのに、見事に酔っぱらってすっかり楽しくなってわっしのホッペを手のひらでぴたぴた叩きながら、「ガメは、ほーんとに、あったまわるいなあー」とかゆって浮かれておる酔ってふらふらのモニにたてつづけに3連敗を喫したのであった。 きみ。 誤解してはいけません。 わっしは賢い人間なんです。 ほんとよ。 怜悧で鋭い洞察の持ち主であって、論理こそがガメ友であるとゆわれている。 チェスというものと相性が悪いだけである。 理由なんか知るかよ。 閑話休題。 チェスや「立体四目並べ」も面白いが、わっしはもちろんコンピュータの対戦ゲームもやります。ははは。ゲームブログだからな。二年に一回くらいはゲームの話しねーと。 この頃はやんねーが、前はCOHも時々やった。 英国軍およびドイツ軍である場合には無敵であって、一方、パンツアーエリートだとボロ負け、アメリカ軍でやると五分、っちゅうようなことであったと思います。 いったい、あれは、っちゅうのはパンツアーエリートで勝つにはどうすればよいのかいまだによくわからん。大戦後半のドイツ軍の苦労が忍ばれるようなたいへんさです。 ある夜、わっしは「むひひひ。これならパンツアーエリートでも勝てるのい」という必勝作戦を思いついて、ひさしぶりに戦場に戻ることにしたのであった。 ロビーで、待つことしばし。 1、2、とインディケーターがピヨーンと伸びて3でピコピコッと鳴ります。 わっしはパンツアーエリートで相手はアメリカ軍。 うーし、がんばるど。 チャットが開いて、「Hello ^ー^」という。 アジアのひとだな、と思うわっし。 わっしはHi!という。 その次に起きたことは、あんまし思い出したくないようなことでした。 i am sorry i am … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment