Daily Archives: December 13, 2009

家に着いただ

いえーい。 クライストチャーチに着いただがや。 最近はクライストチャーチもひらけまくっているので建物の工事が広がって空港がまた狭くなっておる。 わっしはむかしのなあーんにもない空港が好きだったので、ちょっとつまらん。 国がどんどん発展してしまうので、わっしはちょっと寂しいだ。 わっしはみんなビンボで、あんまし頭もよくないニュージーランドが好きなんだけどなー、と思う。 連合王国みたいになったらつまらんやん。 妹が迎えに来たが、自分のBMWできちったので、モニの大荷物がはいらん。 おにーちゃんは走ってついてくれば、とゆっておったが、わっしが走って追従してもなおかつ荷物が入らないことが判明したので、 急遽かーちゃんにも出動してもらって、やっと荷物が運べました。 クライストチャーチに着くと、(日本に較べて)一挙にぶったるんだ感じになって楽しいのはなぜでしょう。単に自分の故郷だから、だろうか。 そーゆー可能性もないとはゆえないが、やっぱり何かが違うような感じがします。 顔見知りのアテンダントのおばちゃんと話していたら、もうひとりのもっと若いおばちゃんも加わって、あそこには何が出来ておる、とか新しいレストランはどこがおいしいとか教えてくれる。 いつものことだが、メールアカウントを交換して、また会おうね、をします。 パスポートコントロールでは、ねーちゃんが、わっしのヒゲについて冗談をぶちかます。 モニとわっしは「良いクリスマスを!」とゆってパスポートコントロールを後にします。 いまはクライストチャーチも麻薬やなんかの対策で出口でX線でスーツケースを調べるが、おっちゃんらも冗談をかましまくっておる。 このバカっぽくも気楽なところが、いーのかもしれません。 かーちゃんの家に着いてすぐにクリスマスケーキ(日本で言うとフルーツケーキにアイシングが載っているようなもんだの)とブラウニーでコーヒーを飲んだ。 曇っていた空が開けて太陽が出ると、いきなりニュージーランドの夏の鋭いキョーレツな光が庭の芝生を照らします。 うー、しあわせじゃ。 午寝したり、妹やかーちゃんとだべったりしながら、ときどき自分の部屋にもどってこの日本語ブログを書く、とか、そーゆー感じになるのではなかろうか。 しばらくツイッターみたいなブログになってしまうかもしれないがコメントのご返信もちょっとづつでもやってゆけそーである。 これからみなでハムやきゅうりやチーズトマトでサンドイッチをつくるところ。 夏の庭で、みなで食べるのは楽しいっす。 では、また、後で。

Posted in Uncategorized | 1 Comment