Daily Archives: December 31, 2009

おおつごもり

「キリスト教徒でもないのにクリスマスを祝うなんて」というひとがいるが、そーゆーひとの「西洋」は空想の世界か日本でゆえば昭和初期くらいまでの時代の「西洋」なのでしょう。 そーゆー架空な「欧米」を信じていると曾野綾子になってしまうかも知れぬので注意しなくてはいかむ。 現代の「西洋」のクリスマスは日本でゆえばぴったり「お正月」です。 家族が一同に会して一年を振り返ってお互いの努力をねぎらい来る年の息災を願う。 そんでもって「新年」のほうが日本でのクリスマスに近いのね。 ヘンだのい。 日本のひとも60年代から80年代のような大騒ぎはしなくなったが、まだ名残がある。 若い男は一年貢ぎあげてクリスマスには乾坤一擲、媾合(まぐあい)の勝負に出る、という。 「婚活」という身も蓋もない索漠とした言葉や「東京いい店やれる店」というようなオソロシゲな名前の本がベストセラーになる日本人世界だけのことはあります。 今年も「おおつごもり」がやってきた。 男のひとびと。 きみには、どんな年でしたか。 クビにはならなかったか。 もう「ニコニコ動画」や「2ちゃんねる」のような奴隷世界の娯楽場に出入りしなくてすむようになりましたか。 奥さんの肩をちゃんと揉んであげましたか。 疲れているときでも家事を手伝ったか。 去年よりも少しでもきみのパートナーの社会的地位の向上に寄与しただろうか。 ベッドでも自分勝手なことをしないですんだかね。 女のひとびと。 男たちを傷つけないように別れの言葉を述べることが出来ましたか。 自分を繫いでいる鎖が何であるかしっかり考えたか。 旦那さんの肩を抱いて一緒に失敗を嘆いてあげられましたか。 カウチで並んで座って声を揃えて歌えましたか。 ちゃんと頬をあわせてスローダンスを踊った? ダンスを忘れてはいかんからな。 かけがえのない微笑も。 ガキンチョのひとびと。 宿題は全部やったかね。 跳び箱を一段でも多く跳べるようになった? 天使の絵を今年は上手に描けるようになっただろうか。 世界へ冒険に出る準備は着々とすすんだか。 神様、 今年は少しは人間どものことをおもいだすことがありましたか。 もうそろそろ救済に乗り出してもいいころだと思ってくれただろうか。 今年は秒単位で死んでゆくアフリカのビンボガキどもを見殺しにしたことへのうまい言い訳を思いつきましたか。 戦場で無惨に死んだ若い兵士は、きっと今年もあなたを信じて死んだでしょう。 あなたの知恵は人間を遙かに凌駕するが、しかしそれは「冷たい知恵」なのではないだろうか。 暖かくない叡知をも叡知と呼びうるのでしょうか。 わっしには、とうとう(今年も)あなたのことがわからなかった。 おおつごもりには、わっしは酔っ払ってテラスに出て通りのあちこちから上がる花火を見ている。 … Continue reading

Posted in 宗教と神 | 1 Comment