kobeniさん、

そもそも返信が期待されていないブックマークのコメントに返事をするのはヘンだが、

どうしても書いておきたかったので書いておきます。

kobeniさんが「日本男児の考察」のブックマークに添えたコメントを読んですっかりショックを受けてしまった。

>育児などのハンデを抱えていると、会社からは「優秀だというメリットがあるやつなら残してやってもいい」と言われているに等しいので、男性より優秀である、しかもう突破口がないんだなと気づいた。

というのは、よくない。

たいへんよくない、と思います。

追いつめられた気持ちで働いている女のひとたちに気楽に「よくない」なんてゆーのは決してよいことではないが、でも、良くないものは良くなくて、そんなほうに突っ走っていってしまうとkobeniさんは自爆して「社会の礎」のようなバカなものになりかねないので、詳細は後で記事で書くとして、とりあえず、そんな決心は良くないとバカブログ記事を書いた人間は大慌てで言った、ということだけおぼえていてください。

必ずちゃんと説明しにもどってきますから。

女のひとが出産したり育児の中心にならざるをえなかったりするのは「社会全体のハンディ」で、「働く女のハンディ」なんかでは全然ないのはあたりまえです。

それがわからない人間は社会から出ていってもらうしかない。

女のひとが産休を十分とることで出世競争に不利になったり、まして、会社のなかでの地位が低下する、というようなことになると、社会全体の生産性が下がってしまう。

女のひとの地位を正常なものにすることは、女のひとたちのためでなくて「社会」そのもののためなんです。(こんなことはkobeniさんは知っていることだと思うが)

だからそこで「男性より優秀である」ことを目指すのは、社会にとってはマイナスだと思う。「女にだけハンディキャップをおっかぶせている」、反社会的な男社員を社会から放逐して、そういう「社風」を放置している会社がつぶれるようにもってゆくほうが生産的です。

kobeni さんたち、日本の仕事をしている女のひとたちは、わっしのようなオオタワケにゆわれなくても知り抜いていることだとは思いますが、

(たとえば男の社員にも奥さんが出産したときの産休を奥さんと同程度に認める、というような制度を含めて)女の地位を具体的に男と同じまで引きあげて、女のひとが「二級市民」でないことをシステム的に保証することは、もちろん「女たちのため」とか「女権の伸張」というようなことではまったくない。

「社会全体のため」であって、しかもそうすれば社会全体の生産性は上昇する、ことがはっきりしているからです。

身も蓋もないことをいうと日本なら日本という経済集団が、毎年毎年厳しくなる世界市場の経済競争に打ち勝つために絶対に必要な制度改革、なのだと思う。

わっしは、もうちょっとすると出かけないとならないので、ちゃんと書けないのがもどかしいが、「男性よりも優秀であろう」とするのは「二級市民」として自分を定義することになってしまう。第一、それでは自分というものを大事にして労ることになりません。

自分を幸福に出来ず労ることが出来ない人間には絶対に絶対に社会の建設などは出来ないし、また、させてはいけない、という。

がんばるのなら、これからおおきな深呼吸を一回して、

よおおおーし、こんな会社つぶしちゃるど、と固く決心するのがよいと思います。

この「大和男児の考察」というのは、えらそーな日本人を見てうんざりしたので、いままでにあったことを思い出して書きましたが、日本の女のひとの話のほうは、バカ男デブPの、いつもどおりの突拍子もない思いつきをふざけて書いただけ、ともゆえます。

現実であると信じていますが、現実の一面でしかない。

デブPは、気の良い奴ですが、ものごとをちゃんと考えられない、という点では驚異的なくらいパーなやつなんです。

このまま放っておくと、デブの意見とわっしの意見が混同されてしまうので、そのうち

「大和撫子の考察」でも書きます。

もう、いかなくちゃ。

では、また。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

2 Responses to kobeniさん、

  1. kobeni_08 says:

    はじめまして。このエントリ大変感謝しています。ありがとうございます。社会問題に企業が責任を持つことは当然だとは思うけれど、建前よりは本音が出やすいのがこの不景気かなと思っています。こちらのエントリで私も考えてみました。http://d.hatena.ne.jp/kobeni_08/20100116/1263613948私個人としては、企業というような、人生の中で長い時間を過ごす場所で、「妊娠・出産は迷惑だ」という価値観が当たり前な世の中は早く変えていかなければならない、と思っています。なるべく子育てが「ハンデだ」と思われないような方法を、地道に探っていくべきだと思います。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s