Avatar3D

シルビアパークのホイツに行った。
ホイツというのは映画館チェーンの名前だすな。
底辺が38メートルというドデカイスクリーンがどおおおーんと有って、ふたつの料金の席にわかれておる。
安い席が大半でこれは10ドルから12ドル(600円から720円)です。
上のほうには高い席があって、こっちは25ドルですねん。

歯医者さんの椅子みたい、というべきか、英語でゆえばレージーボーイだのい。モートルで動くリクライニングシートになっておって、脇には小さい卓と電燭がある。全体には2席でひとつのボックスになってます。
モニとわっしは赤ワインのボトルとチーズを頼んで、足を投げ出してのんびりする。

楽しいやん。

いまの映画館は映写室も、案内して貰うと、巨大なドラムやら造形的にかっちょいい機器が錯綜していて見るからに秘密のチョコレート工場みたいで「すげーじゃん」だが、むかしの原始的な映画館に較べると、レージーボーイはらくちんだし、食べ物も改善されて、ふつうのカフェで出すようなワインもボトルで頼めるようになった。

「Avatar3D」を観たかったのは一にも二にも液晶シャッターくらいから始まった最近のカッチョイイ3D技術が好きだから、ですが、物語も予想に反して面白かったので驚きました。

ハリウッド版の「ととろ」ですかいの。
トロンから始まったCGが、とーとーここまで来たのだなあー、というのが、感想の第一です。
CGというのはグラフィックの世界では「マヌケな映像」の代名詞だったのが、いまでは現実よりも美しいものを造形しうる可能性が見えてきた。

3時間があっというまに経ってワインを一本空にしたわしらは、とても幸せな気持ちになって映画館を出ました。

それが製作者の意図の一部であるのは見え見えですが、映画館の外でコーヒーを飲みながら、モニとわっしは「アバター」としての人間について話し合った。
神が眠っているあいだに、夢見ているのがいまの有機体がある宇宙なのではないだろうか。
有機体の起源そのものが宇宙であることを示唆する手がかりが次々に出てくるのに、われわれが地球で知っている生命の誰にも会えない、どころか、発見することすら出来ないのは、有機体が存在する恒星系は実はここだけであって、この孤独は、これが単に「神が見ている夢」にしかすぎないのではないか。
この現実世界の脈絡のなさと本質的な価値をことごとく否定するために全体が「皮肉」としてつくられているかのようなありかたは、結局、これが神の「夢」にしかすぎないからなのではないだろうか。

神が自分の言語体系の中枢にある記憶を整理するために見ている長い夢は、いまや悪夢に変わりつつある。

モニとわっしはちょうど昨日アフリカ難民の家族たちと話をしたあとだったので、アフリカという大陸そのものがこの地球全体の「生命の木」であって、人間の悪意と他人への不幸の無関心が、そこから神の意識になだれ込んでいるような不思議な気持ちがしました。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

3 Responses to Avatar3D

  1. kochasaeng says:

    コドモの頃から映画館は大好きだったな。
    画面が大きいんだもん。ひたすら大きい画面がいい。
    音が大きいのもいい。花火なんかもそうだけど、音の衝撃波が、ずん、とくるのがいい。
    映画が嫌いなひとなんていないよね。

    今はどうだか知らないけれど、25年くらいまえのフィジーの映画館。
    映画の断片をランダムに上映していました。ストーリーを丸ごと一本の上映はしないの。
    国民に余計な思想や情報を与えたくないということだったそうで。
    テレビの放映もなし。だいいちテレビ局がなかった。だから家庭にテレビの受像器がない。
    唯一、外国人の宿泊するホテルでハリウッド映画のヴィデオを治外法権みたいなかんじで流していた。
    だけど、当時のフィジーの市民は、そんなものを見られないので、映画館に行く。みなさんお誘い合わせのうえ映画館に行く。
    映画館はフィジーのひとたちで満員で、画面の中のサンフランシスコでの数分のカー・チェイスに「おお~!」と感動し、すぐさま切り替わったインド映画の女優のアップに「ほぉ~!」と溜息をつく。
    みんな映画が大好きなんだが、こんなものを観て感動しているフィジーのひとたちが切なかった。
    これじゃクーデターなんて起きないな、と思った。

    フィジーの女性にはホルモンの関係かどうか、顎髭をたくわえたひとが少なからずいて、すれ違うときに混乱しちゃう。
    どう見ても女の人なのに黒々としたヒゲをフサフサに生やしてるんだもの。
    どうしていいのかわからないから、「ンブラー」と、とりあえず挨拶すると、ニコニコ笑って「ンブラー」って返してくれます。
    まあ、映画の上映が断片だってことと女性のヒゲには何の関係もないんだけどね。

    20年まえのチェンマイ。
    古くさい映画館が街中にありました。売店では豚の皮を揚げたスナックとか、「キャラメー」っていう胡麻たっぷりのタイのキャラメルなんかを売ってんの。タイル張りの壁にヤモリが這ってるし。
    入場券を買うと「ท-23」なんて訳のわからない座席番号。でも大丈夫。案内人が懐中電灯で座席を照らしてくれるから5バーツか10バーツも渡せばいい。
    みんなワクワクして映画の始まるのを待ってると、「王様を称える歌」が館内に流れて、全員起立。みんな映画だけじゃなく、王様が大好きですからね。
    で、始まった映画は鮫が大暴れする「JAWS」だった。当時にしても10年くらいまえの映画です。古いなぁ。
    タイ人おおさわぎ。鮫が口を開けると「ウワァーイ!」「オオーイ!」って叫ぶ叫ぶ。映画の内容は憶えてないけど、楽しかったなあ。

    今じゃタイの映画館も綺麗になっちゃって、特等席ではファーストクラスの座席みたいになって、売店ではポップコーンとかポテトチップスみたいのしか売ってない。
    でも、タイ映画だったら、観客は相変わらず「オオーイ!」って叫んでますね。
    冷房が強すぎるから、ジャケットが必要です。タイ人はTシャツ一枚でオレンジジュース飲んでるけど寒くないみたいだ。
    残念なのは、映画館の照明が良くなったので、幕間に懐中電灯で案内してくれるひとがいなくなったことだな。
    昔のタイの映画館って好きだったんだけどね。そんなことを言うタイ人はいない。

    ところで、なくなったと思っていた遊び場が復活したので、わたしはとてもうれしい。
    それじゃ、またね。って、今度も言えるようになった。

    それじゃ、またね。

  2. gameover1001 says:

    kochasaeng さん、

    メールの返事も出してねーし、最後のコメントにも答えてねーしで、どーにもならんくらい不義理ですが、許してくれ、ちゃんと返事だします。
    わしが出したいからだから「返事はいらん」とかゆわないように。

    >コドモの頃から映画館は大好きだったな。

    わっしも好きだすな。子供の時にさ、クルマに揺られて「Hoyts」とか行くのよ。
    かーちゃんの「バス」、レンジローバーに乗ってゆくんだす。
    そーすっと、もー別世界で、画面がどおおおおおーん、とあって、誰が大声でくっちゃべててもわからない大音響で、ぶおおおおおーん、と鳴っていて、しびれる。

    >25年くらいまえのフィジーの映画館。

    おっ、フィジーに行ったことあるんだ。
    わっしはな、3歳くらいのときにフィジーに行ったことあるんだぞ。すげーだろ。
    インド人のおばちゃんたちに抱っこされて、顔をしかめていやがっておる情けない写真が残っているが、記憶は全然ねーだよ。
    妹は、おにーちゃんがパーなのは、そのときに日射にあたりすぎたせいだろう、という説ももっておる。

    >これじゃクーデターなんて起きないな、と思った。
    いまはクーデターで自爆してるけどな。
    いるのは「危なくても安いほうがいいじゃん」で有名なニュージーランド観光客だけだとゆわれている。テレビでは年柄年中「最後にフィジィーングしたのは、いつ?」っちゅう、滅茶苦茶かっこいい声のねーちゃんがバックに流れるコマーシャルをやっておる。

    >どう見ても女の人なのに黒々としたヒゲをフサフサに生やしてるんだもの。

    いろいろな国の女のひとがヒゲを生やしている、と思うけど。
    ロシアのひと、とかも、すごいけど、日本の男の人みたいに男なのに全然ヒゲがない国民もいるわけで、そっちもすごくヘン、でないの?

    >20年まえのチェンマイ。

    20年前!
    よかっただろうなあー。
    そーゆえば、 kochasaeng さんがゆっていたチェンマイではバンコク語は通じない、というのをタイのひとに話していたら「うん。通じない、通じない」とゆって喜んでました。
    手をあわせる位置は知り合ってしばらくするろ、ほんとうに高くなるんだな。

    わっしがやっぱりタイ人が好きだなあー。どーしても文明度が違うよーです。

    >豚の皮を揚げたスナック

    あっ、わしそれ寺院の廃墟のなかの屋台で食べたことあるかもしれません。

    >「JAWS」だった。

    わはは。JAWS。先々週テレビで「Jaws3本立て」をやってた。
    オリジナルを観ました。面白いよな、あれ。
    JAWSつくったひとってさ、あとでクリストファー・リーブスとジェーン・シーモアで「サムウエア・イン・タイム」っちゅうのをつくったのよね。
    すげー傑作映画なんかだが、まったく売れなかった。
    最近になって人気が出て来て新聞の記事になったりしてました。

    >タイの映画館も綺麗になっちゃって、特等席ではファーストクラスの座席みたいになって、売店ではポップコーンとかポテトチップスみたいのしか売ってない。

    うらやましがらせると、ですね。ピザとかワインとかビールとか、いろいろあんのね。
    わっしがこれを初めてケーケンしたのはここにコメントを書いてくれる「OBACHAN」がいるメルボルンだが、いまはオークランドでもばっちしですがな。

    >冷房が強すぎるから、ジャケットが必要です。

    タイのひとってさ、なんでもすげー極端じゃん。
    甘いものはぐわああああと思うくらい甘いし、辛いもんはぬははははひひひっひー、と思うくらい辛い。

    なんでだ?

    >それじゃ、またね。って、今度も言えるようになった。

    付き合ってくれてありがとう。

  3. kochasaeng says:

    メールの返事とか、急がなくていい。ゆっくりでいいじゃん。
    おれは子供のころから大器晩成って言われてて、晩成すんのに、あと500年くらいかかりそうだから、ゆっくりいこう。

    フィジーの女性でヒゲ生やしてるひとはハサミで長さをそろえて手入れしてるじゃない。無精ヒゲじゃないんだもん。
    ロシアの女性とか、ヒゲが濃いのは知ってるけど、あんなふうにキチンとヒゲを生やしてる女のひとは見たことがなかった。
    なんかね、決意のあるヒゲなんだよ。何の決意だかわかんないけど。

    ヒゲといえば黒沢映画の何か(赤ひげではないと思う)で、出演した男優のほとんどがヒゲを生やした映画があったのね。
    で、「撮影が終わって全員がヒゲを剃ったら、そのほとんどのひとたちは歯が痛くなったんですよ。ヒゲを剃ると歯が痛くなるね、うん」ってミフネトシローさんが言っていたんですけどね。
    ヘンな話だよね。ヒゲ剃って歯が痛くなるなんて話は他に聞いたことがない。

    あと、タイ人の極端さは、ほんとうに謎です。
    唐辛子だと、「辛いものは美味しい」→「もっと辛くすると、もっと美味しい」→「すっごく辛くすると、すっごく美味しい」というわかりやすい理屈を破綻することなく実践していますね。
    砂糖でも冷房でもそうだ。何かの罰ゲームみたいに過剰なんだもん。
    無理してるわけではないですね。無理とか我慢なんてものを毒蛇よりも嫌いますからね。
    ワサビも好きなんだよ。タイ人同士で「サシミを食べよう」って、カニ風味カマボコをしこたま買ってきて食べたりするんだけどね。
    もう、練り歯磨きのペースト一回分くらいをカマボコに塗る。どんどん塗る。てんこ盛りに塗る。
    で、みんなでキャーキャー言って食べてる。「サヌック(楽しい)!」「サヌック!」って大騒ぎです。「ウワァーイ! 鼻に! 楽しいッ!」「オオーイ! 涙が! 楽しい~!」って。
    「日本人は凄いな! こんなもの食ってんのか!」って。そんなにワサビを食って盛り上がる日本人はいないっての。なんかいろいろ間違ってるんだ。
    「タイ人なんてものは日焼けした中国人です」っていう意見もあるけどね、それは違うと思うよ。

    ただね、タイ料理は世界で一番辛いわけじゃない。二番目です。
    ダントツぶっちぎりの一番は、スリランカです(キッパリ)。あれはどうかしてます。ついていけない。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s