弱りきった者を救いに行く

ハイチの地震の速報が流れたときのモニの顔を忘れるわけにいかない。
「くやしそうな顔」というのが最も的確な表現であるに違いない。

次の瞬間、涙が誰が覗き込んでもなんだか吸い込まれてしまいそうな明るい緑色の瞳からぽろぽろこぼれてきたのでした。
「ガメ、助けに行こう」
「あのひとたちを助けに行こう、いますぐ」と言う。

わしは狼狽してしまった。

モニ、わしはあのとき、いますぐハイチに「助けに行く」ことがいかに現実的でないか、
ここにいてハイチを救援することのほうが実効的であるかを、あなたに説明したが。
ほんとうは、わしは自分の「賢さ」を呪っていました。
くだらない知恵だった。
あなたの言う通り、あらゆる手をつくしてまっすぐハイチに向かえばよかった。
ハイチに着いて、なすすべもなくて、木偶の坊然として、呆然としていたほうがよかったのです。
なんというバカだろう。

叡知と知恵は当然ながら別のものだが、モニはいつも自然に叡知の側に立つ。

機関銃座の掃射に倒れた仲間を見た兵士は即座に塹壕から飛び出す。
そうして彼も銃弾に倒れるに違いない。
次の兵士も、そのまた次も塹壕から飛び出して虚しく死ぬであろう。

機関銃主は敵兵の愚かしさを冷笑するかも知れません。

しかし、ただ殺されるために、安全を期して知恵をつくした塹壕から飛び出すことだけが人間にとっては救済であるに違いない。

ウイリアム・サロイヤンの小説のなかの子供は、朝食のテーブル、ラジオで流れる洪水の町のニュースを聴いて「きっぱりした調子」で、「ぼくは隣町のひとたちを救いに行くんだ」と言って立ち上がる。
懸命に自転車を漕いでたどり着いた町で、彼は見事なくらい足手まといになるだろう。
しかし、それはなんという素晴らしい徒労であることか。

あのガキンチョはたしか十歳だが、結局、わしよりも遙かに叡知に満ちていたわけです。

すっかり青褪めて、カウチから立ち上がって部屋にはいっていったモニを思い出す。
思い出すたびに、わしは(歯をくいしばって)自分のなかの「正しさ」というものを呪う。

人間が神がいったんは信じた「人間」に近づく日は来るだろうか?

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

7 Responses to 弱りきった者を救いに行く

  1. ta says:

    阪神大震災の時大阪で働いてたんですが、休み前の職場で
    「偽善でも迷惑でも自己満足でも何でも、現地に行ってで
    きることをするべきやないすか。」ってまくしたてた後、一晩冷静に考えたあげくやっぱり何もしないことに決め、その後しばらく会社で何とも情けない思いしたことを思い出しました。
    「被災地の人為的二次災害。中途半端な気持ちのボランティ
    アの扱いや余剰物資の処理等々」正しいことを言うことは当
    たり前のことで大切なことだけど、その正しさをしたり顔ではべらかす人や団体には当時から生理的嫌悪感を覚えてましたね。

    ところで、第5部ですね。よかったです&ロングラン密かに
    期待してます。

    • ご返信が遅れました。
      >「偽善でも迷惑でも自己満足でも何でも、現地に行ってできることをするべきやないすか。」ってまくしたてた後、一晩冷静に考えたあげくやっぱり何もしないことに決め

      人間冷静になるとロクなことをしませんのい。
      taさん、さんきゅ。

  2. みりん says:

    ガメさん

    お久しぶりです。

    ルーターを引き取りに仕事帰り秋葉原へ寄ってきました。東京で桜の開花が宣言された昨日から一転、気温4度位まで冷え込んできた帰り道、楽をしたくなった私はタクシーを拾い、冷たい雨をしのぎました。それとなく、タクシーのうんちゃんと世間話が始まり、政治の話から農業の話題になり、うんちゃんのブレーキの踏み方が少し荒くなってきた神田は鎌倉橋付近から、「農家やってたんだけどねぇ」ときました。

    「くやしそうな顔」と聞き、さっきのタクシーのうんちゃんを思い出してしまいました。現在進行形の出来事に対して、煮え切らないというか、やるせないような表情を目の前にして、今年の桜はどのように映るんだろうと、満開を向かえる前の心境としては、今までとは明らかに違ってきそうです。

    ちょっと暗い。いかんいかん、
    週末は晴れ予報。奈良行ってきます。ルーター設置に(-.-;)

    • >ルーターを引き取りに仕事帰り秋葉原

      角のケーブル屋さんですかいの。

      >「農家やってたんだけどねぇ」

      農家のひとは国のかたちのようなものがよく見えるみたいですのい。わしは日本の食料自給率が「40%」とゆって、大笑いされました。ほんとうは1%もない、ということをわしのクソ頭でもわかるように教えてくれた。

      >奈良行ってきます。ルーター設置に

      ニュージーランドのホテルは客がインターネット使っているうちにだんだん遅くなってくることが多いそーだ。
      どうも安いルータを使っているせいみたい。
      もっとすごいのはハブを店で買った安物を使っているらしく、
      わしの友達は全館の客のコンピュータが見えるのでぶっとんでました。ハブの設定、してへんやん(^^;)

      • bubulikiさん、

        >ガメさんと右上のにっこりちゃん

        よく「にっこりちゃん」に気がつきましたね。驚いた。

        >神様がいるかいないかはひとりひとりが自分自身の責任で選択しないといけない。

        ほんとうは選択できるわけがないんですけどね。
        >『昔は良かった』なんて大嘘。

        大賛成!
        どこの国でも退嬰的なくだらんやつが「むかしはよかった」と言う。
        かっこいいぞ、bubuliki

      • みりん says:

        >どうも安いルータを使っているせいみたい

        最近、ebayで出品されている値段をよく見るのですが、けっこういいヤツが安く売りにでてるんですよ。(日本から買おうとすると、shippingの値段を見てあきらめてしまいます・・・)

        >もっとすごいのはハブを店で買った安物を使っているらしく、
        わしの友達は全館の客のコンピュータが見えるのでぶっとんでました。ハブの設定、してへんやん(^^;)

        ホテルなどではさすがになくなりましたが、引越しした直後、インターネットできるようになるまでの数日は、無線LANから近所の家のルータへ相乗りしインターネットしちゃう手は、いまだにちょくちょくできるみたいですよ。
        でも設定で大事なのは、Default gatewayがグローバルな世界に向いていることだと思います。内向きだとループしちゃいます。心の向きと一緒と思います。
        (–;)

  3. みりんさん、

    >無線LANから近所の家のルータへ相乗りしインターネットしちゃう手は、いまだにちょくちょくできるみたいですよ。

    わしは、あれはみなで意識して解放して「どこでもLAN」にしちゃえばいいのに、と思ってます。日本やシンガポール、向いてるやん。
    LAN共有のほうがインターネットの大義に適っておるかもしれません。(半分はジョーダン)

    >設定で大事なのは、Default gatewayがグローバルな世界に向いていることだと思います。内向きだとループしちゃいます。心の向きと一緒と思います。

    すごい。ほんまだすな。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s