シンガプーラ


義理叔父が初めて出かけた外国はシンガポールであったはずである。
30年くらい前、というからまだ大学生でしょう。
このブログでだんだん義理叔父の過去をばらして無料で生まれる明るい明日の糧にしようとわしは考えているがイジメというのは一寸刻みでなければいけないとゆわれている。
ゆっくりやります。
ほんとうのことをいっぱい書いてかーちゃんシスターに翻訳してさしあげようと思っているが、わしに貸与している法人カードの限度額を上げる、とか、そーゆー申し出があればいろいろと考慮しなくもないが、でもともかくシンガポールに義理叔父はでかけた。

なんだか医進予備校でひと夏教えたら80万円だかになったとかいう超えーかげんな理由だったと思います。お医者さんのはしにもぼーにもかからないドアホなクソガキどもとホテルに泊まりこんで食事は近所のトンカツ屋が山ほどつみあげてゆくとんかつ弁当をただで食べる。冷房が利いた部屋に泊まって、たし算くらいなら出来るかなあーという秀才な諸君を教えて80万円まるもうけした。
つくづく世の中の矛盾につけこんで稼ぐのがうまいひとです。

80万円手にした叔父は、シンガポールに行こうと思った。
ラッフルズホテルが見たかったから、とかゆっておったが、ぬわに、ほんとうはトロピカルなねーちゃんが見たい、誤解と不純がないまぜになった動機に決まっておる。

義理叔父というひとは本来は「家の10キロ四方から出ないで暮らしていた」(義理叔父おかーさま談)な人間であったようなので、この半径10キロ引きこもり青年にしてはかなり異様な行動と受け取られた模様である。
実際、仲の良いお友達には、「とうとう…」とゆわれたそーだ。

叔父が初めて出かけた頃のシンガポールは国をあげてぐわんぐわんに働いて無茶苦茶な勢いで生活が向上している頃であった。
ひとりあたりGDPで軽く日本を抜き去ったいまとは街の様子もだいぶん違ったようです。

「冷房が、ないのよね」という。
「ラッフルズホテルとかでも冷房がないのだよ。それなのにティールーム行くにはジャケットが必ずいるのだ。ハイティーの時間になると、ガメの国の奴がいっぱい来ておってだな。クソ暑いテーブルに座って、ひきつった顔で微笑しながら、熱い紅茶を飲んでるのだ。アホな光景だったな、あれは」
そーですか。

「オーチャードロードとかに立ってるとね。タクシーが来るんだけどさ。フロントガラスに『20% OFF』とか『30% OFF』とか書いてあってだね。乗車料金のディスカウントなんだよね」
「で、ぼくは40%OFFのタクシーを止めてみたら」
「向こう側のドアがなかった」
「えっ? ガメ、なんで知ってるんだ、おまえ」
「だって、3回目だもん。その話、聞くの」
ぼけたんちゃうか、あんた。

という具合だったようだ。
わしの知識と照らし合わせると義理叔父は日本から来た観光客らしくまったくのお上りさんでホーカーズも事もあろうにニュートンサークルに行っておる。
あとはオーチャードロードを行ったり来たりして終わったようです。
残りはプールサイドで英語版の「シンガポール攻略戦」を読んでおった。
日本軍が華僑を大量虐殺したせいでシンガポールでは反日感情が強かったのを知らなかったのだな。
さぞかしプールボーイのサービスが悪かっただろうと思います。

義理叔父はシンガポール人のひたむきさが好きだったようだ。
いまのように冷房が利き狂った地下道もないクソ暑いシンガポールで、みなものすごい勢いで働いている。
眼が違う、という。
きらきら輝いているのだよ。
当時のバブル日本人とはエライ違いだったのさ。

まだマーライオンが元の場所にあって高島屋がいまとは違って小さなビルだった頃のシンガポールで義理叔父は「10キロ四方主義」を捨てたもののようでした。
後年、まさか、文化の違う国からやってきたかーちゃんシスターと結婚するとは思っていなかっただろうが、外見は頭が悪そうだが中身は外見よりは賢くなくもない叔父は、一瞬で「内なる鎖国」を捨てたもののようであった。

(閑話休題)

いまのシンガポール人は日本人とメンタリティがたいへん似ている。
わしにはシンガポール人ビジネスマン友達H(25歳)がいるが、顔が日本人に似ているせいもあるが話しているとなんだか日本人と話しているような気になることがあります。
シドニーのレストランで会うと、ふとした弾みに無口になって集中力がなくなる。
どうしたの、と聞くと、あっ、いや、ごめんなさい、と言いながら窓の外を見ていた眼をこちらに向け直します。
眼鏡の奥の眼が、潤んでおる。
「随分、遠くまで来たなあ、と思っちゃって」

思っちゃって、って、あんた。
飛行機で9時間は離れてるがたかがシドニーに来たくらいで旅情にひたっててどーすんねん。
やたら奢りたがるところや、強いことを言えずに口ごもってなんがかもごもごゆっているところも日本の人と似ています。

相手にうけそうなことをいう、あるいは悪い言い方をすると相手に阿ったような口の利き方をするところも含めて、シンガポール人は中国という鏡をはさんで日本人と一対の鏡像のようである。

生活様式はずいぶん違う。
シンガポールの家は台所が貧弱な代わりに、なんだかよくわからんトイレ付きの小さい部屋があったりする。
あんまり広くもない、というより簡単にゆって狭い150平方メートルくらいのアパートに、その独房みたいな部屋がついている。
これを一緒に発見したとき妹は「お兄ちゃんを閉じ込めるのにいいわね。問題家族構成員用かな」と大失礼なことをぬかしたが、違うんです、これはお手伝いさんの部屋なのね。

シンガポールの夫婦はもともとは中華式に奥さんの負担が大きい社会であった。
共稼ぎの上に旦那は非道にも家事を手伝わん。
むかしは家庭争議が絶えなかったそーである。
しかしシンガポールの女びとは賢いので旦那を教育するというようなムダな発想はもたなかった。
ニュージーランドへ行って、ドン・ブラシュみたいに社会的地位もあってニュージーランド人の通例に従って家事もばっちしやる男を秘書の立場を通じて誘惑して奥さんから奪い取ることにした….あっ、いや、すみません。つい関係のないほうに行ってしまった。
えーと、なんだっけ。
あっ、そーだ。
夫婦揃って家事そのものをやめちゃうことにしたのです。
お手伝いさんを雇うことにしたのね。
発想としては南アフリカ人と同じだな。
Nの奥さんなんか「こんなメードもいないような生活に耐えられるか」とゆってニュージーランドから南アフリカに帰っちった。
わしらはみなで慰めに行って意気消沈しているNに「やあーいカイショナシ」とゆって喜んだものでした。
気の毒に。

インドネシアやフィリピンからやってきたお手伝いさんたちに加えて、どの団地の下にもホーカーズがある。
屋台みたいブースが並んでる「フードコート」ですの。
義理叔父が出かけていって「コカコーラ」と頼んだら「ペプシコーラ」が必ず出てくるので「コカコーラ頼んだんだけど」とゆったら「だから、これがコカ・コーラでしょ」とペプシコーラを指さして怒られたニュートンサークルはこのホーカーズの観光客向けのものです。
あれは野外だが。
ついでにいうと、コーラの話は叔父のでっちあげに違いなしと践んでシンガポール人に訊いたら、むかしはペプシコーラしかなかったのでほんとうにペプシコーラをコカコーラと呼んでいたのだそうでした。
なんだ、そりゃ。

シンガポール人は自分が何に対して対価を払っているか明晰に知っているもののようで、朝ご飯を食べるこのフードコートは、無茶苦茶やすいっす。
マクスウエルセンターのようにおいしい店が多いが高い所でも、300円くらいで朝ご飯を食べられる。

http://www.virtualtourist.com/travel/Asia/Singapore/Singapore-1495679/Restaurants-Singapore-Maxwell_Food_Centre-BR-1.html

たとえばきみが麺屋さんのストールに行くとだね。
まず麺が選べるようになっておる。
平たくてサナダムシみたいなやつとかまるくて太くて蛔虫みたいなやつとかバミセリとか香港麺の細いのとか。
アルデンテにしてね、というと、細いやつなら出来るよ、とかいってアルデンテにしてもくれます。シンガポールのアルデンテって生煮えのことだけどね。

それからトッピングを選ぶ「5個で1.5ドル」とかと書いてある店頭のメニューから、ふんじゃあ、フイッシュボールとチンゲンサイとタマゴと鶏肉、とゆって選ぶ。
中国のひとは一般にヌードルインスープとゆっても日本のひとが見るとのけぞるくらい麺をいっぱいいれます。
四川料理なんかだと麺がスープからもっこり隆起して丘をなしておる。
そーゆー中華式伝統に則ってポーションが決定されているので、死ぬほどお腹いっぱいになります。

で、300円。
いつか銀座の某レストランで「シンガポールのホーカーズって、あれ、どうして器をもっといいものにしないのかしら。あれで箸や器を立派にしたら、ほおおおーんとにいいところなのにねええええ。」と話しているおばちゃんたちがいたが、ぶわっかもん。
きみらはなああんにも判っておらん。
あの器であの無愛想であの無頓着だから300円で出せるのではないか。
第一、こーゆー静かであるべきレストランで声がでけえんだよ、おまえら。
と、わしは考えたものであった。

そ。シンガポール人は金の使い方に集中力があるので中途半端な事はしないのです。
お金があっても、「おいしくて安い」はずのホーカーズでは、きっぱり「味」にしか金をださん。
わしは日本の古本屋で「東京いい店やれる店」という、日本人の下品を通り越してものがなしいくらいの品性がまるだしになった題名の本を見たことがあるが、売れたのかな、あの本、そーゆー店もちゃんと別にたくさんあって、そーゆーところで干しアワビをスープでもどしたのとかも食べると一挙に4万円くらいもってゆかれたりします。
あれはどうも食事をしに来ているのでなくて夕食にひとり4万円を払う、という体験をしに来ているもののようである。

中華街のホーカーズに行くと、たとえば最も人気がある店は白いご飯に中華式オカカが載っただけのものであって、これは60円の朝ご飯です。
好奇を抑えかねたわしは食べてみたが、ご飯のおいしさというものが全然わかっておらなくて義理叔父にがっかりされまくるわしですら美味かった。
ぶっくらこきました。

ホーカーズなどという場所には、たいへん合理的である、というシンガポール人の特徴がよく出てます。
合理、といえばマネをするのも計画的であって、日本でも有名なそうな「シムリムセンター」は政府が調査団を派遣して秋葉原のマネをしてつくった。
一階の入り口を秋葉原駅に見たてて、秋葉原の水平的な業種の分布を垂直に置き換えてつくったのだとシンガポール人の友達が説明してくれる。
そう言われてみると、実に、まことにそうであって、6階くらいが丁度末広町になっているのね。
ひとつだけ異なるのは昭和通りくらいに当たる所につくった「コピーソフト屋」がわしがガキンチョの頃は大増殖して星島昭和通りがいきなり全部コピーソフト屋になってしまったが、しかし、これは政府の大弾圧にあって全部なくなりました。
したがって、この頃はコピーソフトを買いたい人は、少し真剣な顔をして「もっとぜーんぜん安いのないの?」と店員に訊かねばならないことになった。
するときみが犯罪行為を行う人間としての運がよければ、店員がちょっと待っててね、とゆっていずこかへ走っていって魔法のようにちゃんと箱に入って印刷もきちんとしてある本物とうりふたつだが「ぜーんぜん安い」ソフトをもってきてくれます。
犯罪を行う者として運が悪ければ「ちょっと待っててね」とゆって消えた店員がお巡りさんと戻ってきてつかまるだろうが、自業自得だし。
それに観光のなかでも刑務所、なんちゅうのはなまなかな根性では経験できない観光地なので、良いともゆえるであろう。

もうひとつのコンピュータ店街であるフナンシティはシムリムセンターを成功させて自信をつけたシンガポールが西洋式につくったアウトレットセンターです。
建物のなかに合衆国式の店を閉じ込めたもののよーである。
なんだかガイドブックみたいになってきて下らないのでもうよすが、シンガポールはアジア人がどうせ身に付くわけはない「個人の自由」とか「言論」とかハナから捨てちまえば社会の規模や条件の悪さに関わらずどれだけの事が出来るか、という見本です。
シンガポール人の友達がたくさん出来るようになると、たとえば町内会ひとつに必ずふたりは政府のパートタイムのスパイがいてみなの生活に眼を光らせている、とか、くだらねえこと(たとえば要点をついた政府批判)を書くと、一瞬で記者がブタ箱いきになるとか、いろいろ教えてくれる。
この国をひとりででっちあげたリー・クアンユーがアジア人なんかに「言論の自由」なんてゆった日には衆愚になってバカが声高に叫んで歩くだけに決まっておるという信念の持ち主なので、国民は導きはしてもエラソーなことはゆわせん、という制度をつくったのでそうなった。
統計も二重帳簿みたいに「二重統計」になっていて国民に発表するためのものと、社会の選良が討議に使うものに分かれている。

先月と今月で、たまたまなのかも知れないが20代の日本人がシンガポールに移住することにした、という話に5つも出会いました。
銀座の鮨屋の見習いのにーちゃん、美容師のかっちゃん、プログラマのSさん、システムエンジニアのHに、銀行をやめたMさん。

最大の理由はいままで移民条件が厳しかったシンガポールが将来の老齢人口の増加を見越して大幅に条件をゆるめたことでしょう。
Sさんやかっちゃんは「英語の試験がなくて、英語できなくても行けるのが決め手なのよねえー」とゆっておった。Mさんは会社をつくって金融をやるために行くが、ビジネスプログラムも35000ドルあればビザが出る、という。
相変わらず思い切ったことをする国です。
決して皮肉ではなくて、この「果敢さ」がシンガポールがそもそもの初めにお手本にした日本との決定的な違いであるように見えます。

わしは、法人税を毎年5%ずつ下げている、とか、でかいカシノをつくってみました、とかおもろそうな話がまた聞こえてくるようになったので、欧州と南半球を往復するときの中継点を東京からシンガポールにまた戻すべ、と思ってます。
今年で日本遊びは終わりだし。
シドニーとシンガポール間には二階建ての個室付きエアバスが運行しだしたのでもある。
変化するものが好きなわしとしては、ひさしぶりにシンガポールに一年に1ヶ月くらいはいたいっす。
パンパシフィックのなかのインド料理屋、まだあるかな。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

2 Responses to シンガプーラ

  1. Mark Waterman says:

    30年前、余もシンガポールにいたぞ。若者でも母ちゃんのような女性が来ると立ち上がるとか、妙にマナーが西欧化された国だというおぼろげな記憶がある。余が三歳(嘘)のときだけど。

    • Mark Waterman閣下、

      >30年前、余もシンガポールにいたぞ。若者でも母ちゃんのような女性が来ると立ち上がるとか、妙にマナーが西欧化された国だというおぼろげな記憶がある。

      いまはすげー中華化してんだぞ。シンガポール人の友達はみな中国系だが「シンガポールの最大の問題は中国化しつつあることだ」という。「マナー」も、もう中国風だな。
      ハンバーガー屋で迷ってた女の子が後ろに並んだ大学生達に「なに、ぐずぐずしてんだよ!早くしろよ、のろま!」と怒鳴られてました(^^;)

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s