ごはんをめぐる冒険ーロンドン篇ー


たとえばきみがタイのプーケのようなところでプールサイドに寝転がっていて、偶々いあわせた、きみが何とはなしに合衆国人だと思い込んでいた見知らぬ英国人のにーちゃんに、「ぼくはロンドンにいたことがあるんだけど、それはそれは飯が不味かった」とゆったとする。
そうすると、英国人にーちゃんは、がばと身を起こして、嬉しげに、揉み手せんばかりの勢いでイギリスの飯がいかに不味いか、そもそも野菜の煮かたひとつとっても途方もないやりかたであって繊維など残らないほどぐつぐつぐつぐつぐつぐつぐつ永遠に煮込んで、それが供されるときにはくったりして野菜の死骸のようなものになっていることなどを熱情を込めて説明してくれるに違いない。

連合王国人は、一般に自分の国の悪口が好きです。
相手が好もしい人間であって知性があると判断した場合には、ごくごく嬉しそうに自国の悪口を言う。
相手がバカモノあるいは退屈な人間であると判断したときには、やんないけど。
バカというものは、こういう話を楽しめないで真に受けてしまうからな。
連合王国の飯が不味いことは連合王国人自身が認めている、とかマジメに言うことになる。
そういうひとは、たとえば日本人であれば「日本の食べ物は世界一おいしいと知っていますか?」と真顔で言う人と同一人であろうと思われる。
化外のひと、というのは、いっそ言葉を使わないでくれれば、どれだけ世の中の改善に資するだろう、と思います。
これを平たくゆえばアホは疲れる、ともゆえるな。
アホちゃいまんねん、パーでんねん。

ではイギリスの飯が美味いかというと、そんなことはねーよ。
不味いです。
それがどういう理由によるかはロンドンのマクドナルドに行ってフィレオフィッシュを頼んでみるとよく判る。
マクドナルドというものは便利なものであって通貨の実勢を見るのにも使えるし、食べ物の思想傾向を比較するにも最適です。
同じメニューでも国によって味が全然違うねん。
フィレオ・フィッシュ。
もともと美味いものとはいいかねるが、こんなに不味い食べ物だったとは知らなかった、ときみは噛みしめる一口ごとにしみじみ考えるであろう。
油はテレピン油のごとき油であって、しかもタラということになっているはずの白身魚は、なんとなく煮くたした石鹸のごとき状態である。
おまけにバンが乾いておる。

料理の腕、というようなものでなくて、思想が誤ってるのよね。
煮る、となると親のカタキのように煮ます。
連合王国人は鶏肉のまな板を別にする家が多いが、これは衛生上の理由によっている。
鶏肉=怖ろしげな黴菌の巣窟、なんでごわす。
だから中が微妙にピンク色であるくらいに調理された鶏肉の焼き物なんて、そんなおぞましいものくえねーよ、と思っている。
鶏肉は火事になるくらい焼いて表面のおこげを楽しむ。
インドネシアの人と考えが同じですね。
バナナの葉でくるんで焼く、向こうの調理のほうがずっとうまいが。

コシノ・ジュンコというデザイナーの女びとが生卵かけご飯を推奨していて、「家にやってくる英国人たちにもたいへん喜ばれました」と書いていたが、彼の女びとをデザイナーとして尊敬している連合王国人たちのひきつりまくった「喜んだ顔」が目に浮かぶようである。
日本の人でゆえば、そーですのー、豚の生の挽肉をご飯にかけて食べる感じ、ですかいの。
卵はバイキン大王ですもん。
そんなもん、生で食べるやつなんかおらん。

留学生とかチューザイさんとかでロンドンに何年か住んだ、という程度のひとびとがロンドンの料理屋でおいしい所に行き当たる、という事はまずないであろうと思われる。
えばって言うことではないが階級社会ですけん。
「階層」というような海草のごときへなへなとした本人の努力次第で上昇してゆけるものと違って「階級」というものは生まれてくるときにいきなりくっついてきて死んだ後でもまだついてまわる、という人間性というものをバカにしくさった要塞のごとき制度です。
連合王国は、で、いまだに「階級社会」なんだよ。
すごい。
いまどき「階級社会」をやってるのは連合王国とインドくらいのもんである。
インドではこそこそやっているが連合王国は大大的、おおっぴらにやっておる。
「上流階級」ちゅうようなもんは死滅しかけているが、まだあります。
現代に恐竜が生き延びているようなものなので、そのうちに政府が正式に保護にのりだすかも知れん。
「おいしいもん」ちゅうようなものは、もともと上流階級の習慣であって中流以下にはそういう習慣がなかった。
ついでに「中流」というのはだいたい30代くらいのイメージでいうと年収が6000万円くらいでだんちゃんはレンジローバーで奥さんはメルセデスのステーションワゴン、ロンドンから電車で30分くらいのところに5ベッドルームの家があります、ちゅう感じの人々です。
階級は直截関係がない。間接には関係あるけど。

で、こーゆー人々は、あんまり外食にいかねっす。
友達夫婦に会うのにひとり100ポンドくらいのレストランでローストしたラムを食べるとか、そーゆー感じだな。
ロンドンには行かずに郊外のクルマを駐められる新しく出来た店に行く。
「なんちゃらガーデン」ちゅうような名前の店です。
こーゆー店ではごくたまに日本人らしき奥さん、というのを見かけることがある。
旦那はコーカシアン、英語風にカタカナ表記すると、コーケイジアンのおっさんです。
だから日本の雑誌とかにも伝わっていると思われるが、わしは知らん。

こういう店は結構うめっす。
ローストやステーキは東京よりうまいと思われる。

なにしろ上流階級が死滅しつつあるので、フランス人の小説とかによく出てくるロンドンの「クラブ」も死滅しつつある。
あの「クラブ」というものは、もともと外食費の節約になるので流行った。
上流階級の生活は、参勤交代並、というべきか、嫌がらせのように金がかかるので、せめて毎夜の食事くらいは節約したかったのだな。
そういう、侘びしくもいやしい理由によって生じたので食べ物はうめーです。
ところが、あの「クラブ」ちゅうのんは「労働党」とかだと居られねーんだよ。
だから、クラブを追ん出ると巷のレストランに行かねばならん。
「なんとかクラブ」と名前が付いているレストランがそれです。

ははは。やっと論旨に辿り着いた。
従ってロンドンでうまいものを食べようと思ったら、「なんちゃらほいクラブ」という名前のレストランに行けば、美味い夕食にありつける確率が高い。
夫婦ふたりで行って400ポンド、とかは取られるが、贅沢をゆってはいけません、ロンドンは収奪をもって尊しとなす都会ですがな。
チェルシーの商店街なぞは街灯やなんかを維持する共益費が300万円とかのオオタワケな金額で、これは一般にビンボ人を閉め出すためだと信ぜられている。
そのうち、年収が1000万円以下の人間には1000万円の居住税を課すのではないかと噂されているほどである。
一日の生活費が5万円以下の生活は無理な都会なのね。
凶暴なことですが、ずっと、そーなんだよね、ロンドン。
シャーロック・ホームズがビンボ生活のストレスでコカイン中毒になるわけである。

とゆーわけで、イギリスの飯が不味いかというと、そんなことはねーのよ。
正解は「飯が高い」のね。
きみがさっき50ポンド、7000円を出して食べたサルディニア料理は、ビンボ飯なのです。だから不味い。
一方でたとえば高級インド料理店に行けば、この世のものとは思われないほどおいしい「コンテンポラリー・インディアン」が食べられるであろう。
美味いぞおおおお。
ワインもおいしいのが揃ってます。
8000ポンドくらいから始まって50ポンドくらいまである、延々と延々と続くワインリストから、うまそーなワインを選んでひと晩の食べ物の愉楽に耽(ひた)るロンドンの夜ほどリラックスするものはない。
かっちょよく制服でパリッと決めたウエイタのおっちゃんと冗談をぶっこきながら、のんびり過ごす時間というものは、他の国にはない。
えばりくさって言うと、ロンドンはやっぱり都会だのお、と思います。
マンハッタンは良い所だが今出来の街なので冗談がいまいちである。
そーゆーことは、やはり食べ物の味に影響しますのい。

世界中、どの街にも、その街の「得意な料理」があるがロンドンではインド料理がそれにあたる。
インド人のシェフ友達によれば連合王国は南アフリカに次いでインド料理がうまい国だそーである。
だから、日本のお友達よ、悪いことは言わぬ。
ロンドンに遊びに行くならインド料理屋に行くがよい。
そのインド料理屋の尻尾に「クラブ」がついていればなおよろしい。
連合王国とゆえど欧州なので、他の欧州の街と同じで、それ以外の「ぶっくらこくくらいおいしいレストラン」は間違っても外国人が発見できるような所にはありません。
ガイドブックにも載ってひん。
載ると肝腎の馴染み客がいっせいに来なくなるからな。
早い話がわしが贔屓のレストランに至っては名前がねーもん。
呼びようが無くて「プリンス」みたいだが、欧州というのは、そーゆー所なんです。
いやあーね、ときみは思うだろうが、
その、「いやあーね」が欧州の本質であって、連合王国ももちろん例外ではないのです。

(画像はラムのカレーでごんす)

This entry was posted in 連合王国, 食べ物, Uncategorized. Bookmark the permalink.

7 Responses to ごはんをめぐる冒険ーロンドン篇ー

  1. ぽんぴい says:

    大いに反省しなさい

  2. Nym Phaea says:

    湖の傍のB&Bで頂いたEnglish Breakfast(ベーコン、マッシュルーム、ハッシュドブラウン、焼きトマト、目玉焼き、大豆のトマト煮にトースト。あとオートミールのおかゆ✿)も、夕食の際に毎回登場する適度に茹でられた野菜の付け合わせもおいしかったですよ。リークって塩胡椒して炒めるだけであんなにおいしいんですね。街でインド料理食べようと思っていたのですが、食べ損ねてしまった。残念。

    • Nym Phaeaさん、

      >湖の傍のB&Bで頂いた

      「湖畔地方」に行っただな。わしはもう随分長いあいだ行ってねえ。好きだった爺はまだ生きてるかなあ。
      なずかすい。

      >English Breakfast(ベーコン、マッシュルーム、ハッシュドブラウン、焼きトマト、目玉焼き、大豆のトマト煮にトースト。あとオートミールのおかゆ

      オートミールと大豆のトマト煮は嫌いだが、あとはわしの好物ですのい。
      おらが裏祖国は朝食は世界一だべ。

      リークは仰るとおりだがスープが一等うめえっす。

      >街でインド料理食べようと思っていたのですが、食べ損ねてしまった。残念

      印度料理は安くてもおいしい所がいっぱいある。
      中東料理はもっと安くておいしいレストランがありもす。
      考えるだけで燃えるのお。

  3. nenagara says:

    僕はね、ロンドンの食事はその昔に一度だけ、それもさほどランクが高くないと思われる(10日間で英・仏・伊の観光名所をぐるぐる回る格安ツアーだったから)ホテルの夕食だけなのだけど、正直うまかった。あっという間にがっついてぺろりでした。
    メニューはと言えばパンとスープとケチャップ味のチキンと芋がでてきたのは覚えてる。
    ツアーの他の客は「・・・・・」って感じで半分ぐらい残していたし、僕の舌は吉野家の牛丼もニコニコぺろりしてしまう舌だから味についてどうこういう言うつもりはない。
    ただね、仏・伊のホテルやレストランででてきた、普通のパスタやピザをやたらと絶賛してボノボノしてるツアー客連中の姿を見てたらね、かれらの舌が僕のより肥えているわけじゃない。ただ僕は彼らと違って、「連合王国の食事は一般的にまずいとされている」ことを知らなかった。だから素直に味わえただけとちゃうかと、こう思うわけです。
    だからね、同行したうちの嫁は一人ばくばく平らげて満足気にしてる僕の姿を見て「普段うまいもん食べてへんと思われるかもしれん。恥ずかしい」と思ったみたいだけど「みんなさほど大差あらへん」とこの場を借りて言わせてもらえれば幸甚です。

    • nenagaraどん、

      タケダのオオバカタレは元気だべか。

      >、正直うまかった。あっという間にがっついてぺろりでした。

      うっ..うっ。(押し殺した嗚咽の音)
      わしもほんとーはUK飯はふつーにおいしいわいボケ、と思うが、みんなマジーってゆーんだもん。
      自分の国ほめるとかっこわるいから「そーですか」とゆっているだけです。
      でもわしがガキンチョのときに較べると無茶苦茶高くなったのは事実である。
      バブルはやだのい。

      >仏・伊のホテルやレストランででてきた、普通のパスタやピザをやたらと絶賛してボノボノしてるツアー客連中の姿を見てたらね、かれらの舌が僕のより肥えているわけじゃない。

      そーだよね。大陸欧州もロンドンと同じでおいしいところは隠れている。
      留学生とか観光客とかで行けるわけねーから不思議だのおー、と思う。

      >僕は彼らと違って、「連合王国の食事は一般的にまずいとされている」ことを知らなかった。だから素直に味わえただけとちゃうかと、こう思うわけです

      ぬわるほど。「ものごとをありのまま見る」ネナガラらしい意見ですのい。
      日本の人ってさ。自分たちがミシュランとか見て出かけるパリの「素晴らしい高級店」てUK人の客ばっかしなの見てて気がつかねーのかね。だいたいパリのうめー店て半分UK人で商売してる。
      それなのに同じUK人が「舌バカである」とあげつらう矛盾がわかってねーのだな。
      UK人の基本的な日本人の舌への認識はタイ人とかへの認識と同じで「食べるものが違う。おいしいと思うものが違う」というだけです。
      日本のひとて日本食とフランス食みたい全然異なるものに上下をつけて話すよね。
      「日本のほうがうまい」という。
      聞いているほうは、「つくづく上下がすきな国民だの」と思います。

      >嫁は一人ばくばく平らげて満足気にしてる僕の姿を見て「普段うまいもん食べてへんと思われるかもしれん。恥ずかしい」と思ったみたい

      おっ、おかしい(^^)

      >「みんなさほど大差あらへん」とこの場を借りて言わせてもらえれば幸甚です。

      ほんまよね。

      ところで欧州でもロンドンでも「おいしい店」はアジア人がくる店とまったく来ない店というのは画然と分かれてます。わしが行く店ではアジアの人を見かける事はゼロに等しい。
      ガイドブックのせい、なのだろうか?
      それとも「アジアの人が好む味付け」みたいなのがあるのかわからんが、オモロイことだと思います。

      もうひとつ、シェフ友達が「東アジアの人って化学調味料いれないと味が浅いとゆって怒る」ちゅうてました。
      銀座の料亭のタイショーも同じ事をゆっておった。
      へえ、と思った。
      だから素材がぶち高い6万円のコースにも、ほおおおおおんのちょっと、だけど「味の素」いれるんだって(^^;)

  4. moon_flight(るな) says:

    うわー「階級社会」ってそういうことなんですか!だからPunk発祥の地なのかしら。
    私、だいぶ昔に友だちとパリに一度だけ行ったことがあるんですが、ふらっと入ったベトナム料理と、クスクスがおいしかったです。

  5. るな様

    >だいぶ昔に友だちとパリに一度だけ行ったことがあるんですが、ふらっと入ったベトナム料理と、クスクスがおいしかったです。

    欧州でいっちゃん「安くておいしい」のは中東料理ですのい。
    仰せの通りアフリカ料理もうめーです。

    フランスでベトナム料理がおいしいほうは、わしが子供の時から同じ。
    良いワインをいちばん安く飲む方法もでありますのい。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s