コメントへの返信11月19日


b_caramelどん、 Kuichiどん、 Nenagaraどん、YesNoBuTさん、

b_caramelどん、

また会えたのだな。わしはワガママで折角探してくれているときでも、へーきで蹴っとばしてしまうので驚いたであろう。徒党が嫌いな人間というのはいるのだ、ちゅうことで、許してくれ給え。

>アメリカ、というカテゴリーの記事を読んでいたら、

wordpressのカテゴリてちゃんと出来てないので、まだぐじゃぐじゃなままなのでカテゴリは「十全外人文庫」で古いのは読んでけろ。そのうち新しいほうも整理します。

>「I miss you」

I miss youっち、英語英語した表現ですのい。当然、ここにあるはずのものがなくて寂しい、という意味。わしの好きな言葉のひとつであると思う。
日本語には表現そのものがないのではないだろうか。

ブログはいつまで開けておくかわかんねーが、メールを出しておくだで、ブログがしまったらそっちで連絡しておくんなまし。

Kuichiどん、

>考えてみると、ガメさんに何か起こっている時に限ってネットの世界から離れてるような気がします。いつも、終わった後に気付くのでどうもタイミングがずれてますね。

横で見ていたひとびとによると佐藤亜紀さんが、「サル」(当然はてな市民のA○○manのことだすな)についてのわしの囀りを誤解した結果だそーだが、なんのこっちゃ。
友達達がなりゆきをすっかり面白がっておるよーだ。

>人種差別だ、と叫んでいる人は、結局“過去”を見ているだけです。“今目の前に居る外国の人”が何を話そうが、聞いてないのだと思います。何を言っても「けどあなたは外国人ですよね」で終わってしまって、そもそも話し合いとか議論をする気がないのでしょう。

彼等自身が人種差別主義者と同じ構造の頭脳をもっているのだとしか言いようがない。

>それはさておき、ガメさんが居なくなる度に毎度捜すのはそれなりに面倒なので、気が向いたらメールとかで連絡くれると嬉しいです^^;

いま出しておきます。

Nenagaraどん、

>勝手解釈かもしれませんが、「本質的な愚かさがなく、知性が暖かい光のように働く」って読んで真っ先に浮かんだのがこのことでした。

だいさんきゅ。

>ところで、今日本を取り仕切っている優秀な人達も20代の頃はおそらく「本質的な愚かさ」ってのは持ってなかったはず

いや、彼等は少し違うみたい。
丁度佐藤亜紀さんたちのことで見てきたように、上の世代がクビまで使っている自分達では意識できない日本的な「泥臭くて容赦がない他者排斥」のようなものから、自由、というか、相対化して見られるだけの思想的な育ちの良さが見られるように思える。
上の世代が「甘い」と笑うようなことをちゃんと信じて生きていけるひとたちなのね。
だから、わしは期待してます。
連絡もとりあっていこうと思っている。

>「その前に優秀でない上に愚かなお前から変わっていかなあかんやろ。ちょっとは何とかせんかい。」と言われそうなので、どっとはらい。

Nenagaraどんらしいのい。

ところでNenagaraはオトナだから、わしが(嫌だという理由ではもちろんないのだけど)撥ね付けても、ちゃんとなだめながら付き合ってくれようとする。
たしか、わしよりちょっと上くらいの年齢なのに
すごい、と思います。

ここでお礼をゆっておく。

Nenagara、

だいさんきゅ。

YesNoBuTさん、

>ガメさんが詩をよく引用する影響で、最近、ヒアリングの再訓練をかねて詩の朗読をよく聴いています。

わしは、散歩の途中でゲール語の詩を内緒で小さい声でゆってみたりします。
そうすると魂がゲール人に近づくような気がする。

楽しい。

本当の知性とインチキな知性は、その「知性」が他人を幸福にするかどうかで決まるものと思います。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

3 Responses to コメントへの返信11月19日

  1. SD says:

    > 本当の知性とインチキな知性は、その「知性」が他人を幸福にするかどうかで決まるものと思います。
     とても共感します。けっきょく、どれだけのことを知っていたとしても、それによって、せめて誰かを笑顔にすることがないのであれば、あまり意味がない。現実にはその逆、誰かを不幸にするような言説があまりに多くて、嫌になります。

    「自己責任」という悪魔の嘲笑そのままのような言葉を考え付いたのは誰なのでしょう。「自己責任」だと言って貧困層を叩くその本人でさえ、悪魔が微笑んだときには自らも貧困層に堕することがあるのだよ、ということを教えてあげたいです。その悪魔の正体とは「人生に絶望すること」なのですから。

  2. ぽんぴい says:

    ガメポン、
    いつの間にかすっかりお行儀が良くなって、どうやって、いつ、どんなふうにそこから飛び降りるのか、ボクはちょびっと楽しみにしてる

    という悪魔の囁きです

    ボクは、「他人の為」に生きるとか死ぬとか考えるのは、そーとーおセンチだと思うよ。

    フランソワ図・ジローにピカソがなんて言ったか知ってる?
    ズタズタになったフランソワ図は、それでもやっぱ聖人よりピカソを楽しんでたと思うぞ

    「あなた方に言っておく」とか、「よくよく聞きなさい」とか言う聖人が現れたら、吹き出しちゃうべ

    己が胎内に出来上がりつつある地層(価値観)を逆転せよ! とか言われたら、それの方が楽しいじゃないですか

    • SDどん、

      SDどんと付き合いだしてからSDメモリもいつのまにかSDHCになって、このあいだ買ったIXY50sのマニュアルを読んでいたらSDXCに対応しているのであった。
      月日が経つのは速いのお。
      ポーランドに着いたら是非インターネットの速度がどんな感じか教えてね。

      >自己責任

      わし、あれ、日本語そのものがバカっぽくて嫌い。

      ぽんぴい、

      >ガメポン、

      ぽんぴいいいいいいーーー、あのなああああーーー。誰が「ガメポン」じゃ、ひとを勝手に亀ポン酢みたいにゆわんでくれたまえ。

      >いつの間にかすっかりお行儀が良くなって

      ははは。あまい。

      >己が胎内に出来上がりつつある地層(価値観)を逆転せよ! 

      逆子ですのい。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s