コメントへの返信 10/Feb/2011  

***なんだかヘンなひとがいっぱい来ているのでリンクもとのニフティへ見に行ったら、また佐藤亜紀さんなんだな。ブロックしてもまだつきまとうなんてストーカーみたいなひとだ。「悪質な出鱈目」を書きまくってきたのがどっちかは、ずっと見ていた人は皆知っているからいちいち繰り返さないが、自分が突然わしを中傷しにやってきたときに、わしが「集団でせめてくるなよ、みっともないから」と言ったら、ツイッタで「自分の子供達がやることに責任はもてないし」と書いていたのを忘れているのでしょう、田舎者の喧嘩の仕方は、言い換えとすり替えに終始するのは仕方がないが、一応作家なのだから矜恃くらいもちなよ。なさけない。
わしがいっぺんは議論が出来る相手として期待したひとだと思うと、がっかりだのう。
やり方がどんどん泥臭くなってくるところが、ますますがっかりである。
ツイッタとかやってねえで物語をたくさん書けばいいのになあ。
ほんとに、くだらん。

まだなんだか変なひとがいっぱい来るので、顛末が判るリンクをここに貼っておきます。
周りで見ていた人のコメントも読めば、どんな事が起きたか判るであろう。

https://gamayauber1001.wordpress.com/2010/11/09/佐藤亜紀(tamanoirorg)さんへの返信/

ttp://gamayauber1001.wordpress.com/2010/11/12/1593/
https://gamayauber1001.wordpress.com/2010/11/14/佐藤亜紀さんとのやりとりの終わり/

https://gamayauber1001.wordpress.com/2010/11/19/コメントへの返信11月19日/

モニとふたりで散歩の途中で午飯を食べに寄ったスペイン料理屋で不味いサングリアを飲んだら眠くなってきて大規模な午寝をぶちこいてしまった。
窓の外から覗き込んでいるような大枝がつくる緑色の光のなかで眠ったら緑色の思想の夢をみました、というのはウソだが、気持ちよかった。
わしはお昼寝、大好き。
気持ちの良い夏の午後、窓を開けて、そよ風がはいってくる部屋のカウチに寝転がって、ふにゃあ気持ちいいと思いながら猫眠りに眠るのが大好きです。

あー、気持ちよかった。

ぽんぴい殿(December 29, 2010 at 12:15 am e)

ぽんぴいの使う言葉は、わしにはさっぱり通じないのがいつもオモロイが、

>ガメ、うまいこと言うなあ
お主、天才かもよ

とゆってほめてくれるときでも、何をほめてくれているのか判らないところがおもしろい。
ぽんぴいは、とてもとても興味深い人物で、無茶苦茶なようでちゃんと言いたいことがある。
言いたいことがあるようでいて、なんだか無茶苦茶です。
まるで自分が描いた絵、自分が撮った写真と話しているようだ。

>お主の日本語に対する愛情に感謝を混めて(あ、込めてか)
この先も、俺たち夫婦を楽しませてくれなされ

ぽんぴいの奥さんて、たいへんそーですのい。

>どっちかというと、批判的なことを言ってくれた場合に
俺は君の豊かさを感じております

だって、わしは「批判的なことを言った」り、「好意的なこと」を言ったりしているわけじゃないんだよ。
考えたことをそのまま言ってるだけです。
今日も、ぽんぴいはついぞ見かけたことのないツイッタで、「発言はきびしいが」というひとがいたが、へえ、と思いました。
そーゆーふーに聞こえるのか。

わしは日本というマイクロ文明が「他と違う」から好きなんです。
生き延びて欲しいと思う。
しかし英語世界の文化的力は強いので、日本は「風前の灯火」と思う。
だから、こーすればえーんちゃうか、あんなんやってたらダメなんちゃうか、とよく考える。
それが「きびしく」聞こえても「あまく」聞こえても、わしにはわかりひんし。

p_mume1980どん (December 29, 2010 at 10:51 pm e)

>息が合うというか、2人(とは限らないけど)の話が
とんとんと進んでいって、なんだかものができる。

そう言葉が勝手にシャッフルパックみたいに反射して、よくわからないものが出来てしまう。
コーヒーでがぼがぼのお腹や、ウイスキを飲み過ぎた頭で、「この頭に新しく生じてしまった言葉の集合はいったいなんだ?」と考える。
言葉ってさ、時間とセットなのよね。
時間と意識の関係を考えてみればあたりまえだが。

>企画なんかでも3人くらいでああでないこうでないと
好きなこと言って、2人がぶっ飛んだこと言い、

3人になると場に「公約数」をつくろうと思う気持ちが強くなるので、なかなかぶっとんだ考えが出てこないような気がしているが、そーか「2人党派」とひとり批評家という3人のありかたがあるのか。

>時間感覚を失ってるというのは、もう日本の問題の諸悪の根源だと思う。

えっ? ほんとーにそう思うのか。それはすごいやん、とここを読んで思いました。
わしは日本では時間が壊れているのを発見して、この功績によって焼き芋5キロくらいもらってもええんちゃうか、と考えた。
他にも考えている人がいたのか。

>時間の勉強をしているところです。

木や草や花は、時間の勉強になるよね。
人間の手で書かれた本では「プルターク英雄伝」ええです。
あれは時計のない文章で書かれている。
人間にとって時間というものが、どういうものか判るよーだ。

>日本の学校では時間をどうやって消し去るかの勉強をしてる。

素晴らしい。言葉がp_mume1980 に代わって考えているような表現ですのい。

>最近マイブームの俳句も、風景を見てから、詠むまでかかる時間もいろいろあって面白い。10秒で出てくることもあるし、
3日かかることもあるし。10年前のことを詠むこともあるし。

俳句は難しい。わしは俳句はなんだか芭蕉の特殊芸術のような気がしてしまうことがあります。
日本人の基本感情は短歌のような気がすることがあります。
あれはもうちょっとのたのたできるんだよね。

moon_flight(るな)さん、(December 31, 2010 at 12:49 pm e)

>残念ながら、既婚なのです~

日本の婚姻法てよく見ると日本で結婚してても合衆国でもう一回結婚するの違法ちゃうねん。
各国にひとりづつダンちゃんをつくることも出来るよーだ。
あれて神様がいないからだよな。

>ぶははは!なんてことをおっしゃるんですか!

ガキなんか、不細工で身勝手な思想で生きておる未完成な生き物ですけん。
神様は人間はほんとうはどーでもいいのさ。
人間のほうが、どうしてもそう思いたくないだけです。

SDどん、(December 31, 2010 at 1:27 pm e)(January 14, 2011 at 1:33 am e)

>女びとの立場が高ければ、きっと自殺者も過労死者も減るだろうなと思います。

ほんとーだよねー。
日本では女のひとびとの立場はひどすぎる。日本の「先進国ぶり」はバランスが悪いが、性差別において、それが最もひどい。
その「バランス」を歪ませているのと同じものが自殺者を大量製造し、過労死を世界語にしたのだと思います。

> 裁判官でなくとも、こういう意見は日本ではありえません。「いいとしこいたオトナ」であってもです。

英語人はがっちんがっちんの「現実主義者」の集まりなので、「いいとしこいたオトナ」がポルノに興味をもたないとゆわれても、ははは、とか失礼な反応をするのね。
連合王国の家庭向けの推理テレビドラマで主人公の独身の娘(30代)が母親にベッドの上のバイブレーターを見つけられそうになってパニクる出だしがあって、合衆国人の女の友達がひきつけを起こしそうになっていたことがあったが、一緒に居間で観ていた、わしがかーちゃんは、愉快そうに、はっはっは、と笑っているだけであった。

わしは、そういう言語世界で育ったので、現実をそのまま見られないひとはバカだと思います。

> 都条例を悪しき意図で推し進める人々

あれは本人たちも意識してない「受け狙い」なだけと思う。
日本も「受けるのがすべて」の社会になってしまっているのかもしれませんのい。

Mark Watermanどん、(January 23, 2011 at 11:51 am e

>ああ、だからアイルランドは貧乏になったのね。
>あの貧乏は80年代からだし、不景気のせい

アイルランドがビンボーなのは連合王国の収奪のせいだぎゃ。
彼らはコンジョがあるのでIT化された金融を軸に国を繁栄させたが、アメリカ人の不透明で不良な「屋上屋を架す」ビジネスモデルの崩壊に巻き込まれてこけた。
でも、いちど憶えた金融理論は保持しているので、もうすぐ回復すると思います。

>ほんと、税なんてとらなくてもいいかもね。一定以下の貧乏アーティストは。

いや、いろいろな国の政府が口先でいっている「芸術への尊敬」が本当なら、芸術家に対する徴税権の放棄は当然だろう。
それが放棄できなくて、微々たる税金を徴収しているのは、単純にゆっていることが「ウソ」だからと思うよ。学者に対しても同じです。
ただ政治権力というもののむき出しの野卑を顕しているに過ぎない。

Emiechikaさん、(February 4, 2011 at 9:36 pm e)

>なまはげが大挙して押し寄せて「あいつら好きなことやって稼いでやがるくせに、ケシカラン!!」とか

「なまはげ」て、あなたがファンの佐藤亜紀と彼女の「子供達」(佐藤亜紀が自分のファンたちを呼ぶときの呼び方ですね)のことですけん。

>話がずれてしまいましたが、欧米にも連帯保証人制度があるとは驚きでした。

「制度としてある」ちゅうだけで、本人たちに訊くと「そんなもん、この国には、ねーだろ」という程度のものです。
1だけ存在しているものを100あるのと同じ、というのは日本人得意の論法やん。

>気が向いたときに、もう少し詳しく呟いていただければ幸いです

わしは「呟いた」りしねーぞ。
調べればすぐ判るし。
わしは、あんまり興味ねっす。

p_mume1980 ( February 9, 2011 at 12:42 pm e

>そうそう。歩くのはいいよね。
実にいい。自転車もそれなりに楽しいけど。

人間は採集生活者だったので歩いている時にものが最もよく発見できるように出来ている。
文化的なものであるものより生物的なものと思う。

>3時間ほどだけど、大いに歩いて、樹の話や
庭園の話に、幽霊の話や、近所で首を切られた近藤勇や
赤報隊の竹内力の話をしていました。

やってることがわしみてえ。

>まったくもってツバキのない世界なんて考えられないよ。

でも椿はサムライの家ではタブーだったんでしょう?クビがぽたっと落ちるからだって。鎌倉ばーちゃんがゆってました。

>ひさびさにブログでも書くべかと思ったりする

p_mume1980 はブログを書くのがうまいからなああー。
とても静かで、とても聞こえてくる。
言葉の筋がよいからだよね。

Mark Watermanさま、(February 5, 2011 at 2:09 pm e)

>余は南半球になど興味はなかった(アルゼンチンを除いて)

そーゆーところは、アメリカ人なのに、すげー日本人的だよな。義理叔父も含めて、みな同じだのい。アルゼンチンが別枠なところまで同じである。

ニュージーランドはええだよ。
人間などはたいしたものではなかるべし、という認識にさえ到達できれば、ニュージーランドのような国こそが地上の天国なのである。
東アジアのひとびとはイタリアだああああーとかフランスだとか、ゆいたがるけど、くだらねーよ。
あんなかび臭い世界が好きなのは、欧州の「カビ」がわからないからだろう。
ほんまにくだらねー、と思います。

….おー、コメントの返事書いちった。

こうやってコメントの返事を書いていると、ヒロシ(Mark Watermanのことです)やぽんぴいや p_mume1980はもちろん、ここには出てこないNasuやブブリキやjosicoはんやじゅん爺、すべりひゆ、…ちゅう、「たくさんのものを一緒に目撃しても一緒にいようと思ってくれた」友人たちがいるから
、まだ日本語を書いているのがわかりますのう。
言葉というものは不思議なものである。

This entry was posted in 言語と習慣. Bookmark the permalink.

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s