Daily Archives: May 9, 2011

破滅と再生への道_2

むかしクライストチャーチのカシノでピットマネージャーに向かって大声で怒鳴っている韓国の人を見たことがある。 「おれの国では、負けたカネは全部返ってくるんだよ」という。 「だから、おれも当然ここでもかえってくると思って大金を賭けたんじゃないか」 「だから、負けたぶん全部かえせよ。このカシノのどこに『負けた金は返ってきません』て表示があるんだよ。知らなかったんだから、かえせよ」 えらい勢いで怒鳴り散らしておる。 女のピットマネージャーは、黙って、この人をまじまじと見ていたが、 「賭博というのはね、この国では負けたオカネは戻らないんです」と一言だけいうと、相手をするのをやめてしまった。 そのうちに韓国のひとのほうは、ほーらみろ、説明がつかないものだから黙ってしまったではないか。ふざけるな。おれの金をかえせ、とますます大騒ぎをはじめる。 驚いたことには、他の数人の韓国人も一緒になって騒ぎはじめておる。 セキュリティを呼ぶかなああー、と思ってわしは眺めていたが、どうやらピットマネージャーはセキュリティを呼ぶほどでもない、と思ったらしい。 大騒ぎしている韓国人たちをほうったらかしにして、本来の自分の仕事に戻ってしまった。 韓国人たちは仕舞にはおきまりの「人種差別主義者め」とまで悪態をつきだしたが、ほんとうは自分たちが言っていることが大嘘だと判っているからでしょう、 そのうちに引き上げてしまった。 わしはクレジットカードでチップを買うときに、「ああいうのって、よくいるのか?」とピットマネージャーに訊いてみると、うんざりしたような顔で 「年中よ」というので笑ってしまった。 しかし、「賭博に負けたら、そのオカネは戻ってきません、というサインはどこにもないではないか、というのはなかなかいいな。わしも払うのを拒否できるのい」というと、 「勝ったときに現金を払う、という表示もないぞ、ガメ」とゆってウインクしておった。 年金の話にギャンブルの話なんて持ち出すなんて不謹慎だ、というひとがいるに決まっているが、いま国に向かって年金をどうしても払え、ダメなら払い込んだカネだけでも返せ、と言い募っている人は、わしにはあのときの韓国の人と同じに見えます。 前にも書いたが、年金というのは一国が国民に対して提示したビジネスモデルにそって徴収したカネであって、そのビジネスモデルが破綻すれば年金はおろか元金も払いもどせないのは当たり前である。 それを当たり前だと思えない人というのは、この世の中には「お上」というものがあって、お上にはおもいきり不平をぶちこけば、しぶしぶ打ち出の小槌をふってオカネがどこからともなく降ってくるのだと思っているもののよーである。 あまったれるんじゃねーよ、と思う。 だって自分たちで是認してきた制度やん。 その自分達が認証したビジネスモデルが崩壊すればかけきんが戻らないのは当然である。 それが破綻しても払えとゆわれても「お上」はもうオカネがないのよ。 ない袖は振れぬ、と日本語ではいう。 いまの日本政府は袖無しなんです。 余分な鼻毛だけが伸びている。 間寛平みたいな国なんですのい。 年金制度を考えたひとというのは、人間の寿命は65歳くらいだべ、と思っていた。 その社会の人間の寿命が65歳くらいの場合、年金を払い始める20歳のひとびとの余命は50年から55年くらい、すなわち75歳になればくたばるものだと前提されていたはずです。 年金保険庁のかさにかかったような楽しげな無駄遣いは、たしかに読めば読むほど凄まじいが、しかし、あれがなくても、多分、いまの年金制度のモデルは全然ダメである。 ニュージーランド、という国は日本とそっくりな年金制度をもっていたが、「払うの無理だから」という理由でやめてしまった。 90年代を通じて、どんどんどんどん、えらいスピードで年金制度を縮小した。 当然、おおさわぎになったが、「払えないものは払えないのさ」という歴代首相のがんばり(というか居直り)で世界でも極めてすぐれた、といわれていた年金制度はほぼ消滅してしまった。 いまは、税金の歳入のなかから、年に条件によって100万円から140万円くらいが年金として支払われる。 他にも任意で加入できる年金があるが、政府が「あれは将来ほんとうに払えるかどうか判らないから、あんまり奨められない」とゆったりする。 国として投資しても、日本同様、失敗することが多かったからです。 役人は株屋に勝てないのだとゆわれている。 そのかわり、というわけではないがニュージーランドでは老人ホームが世界一、といわれるほど発達していて、収入も財産もなければタダです。 居心地もいーそーだ。 … Continue reading

Posted in 日本と日本人, 日本の社会 | 3 Comments