友達を捨てる50の方法

ラグビーのワールドカップなので、あの見るからにくさそー(実際にやると、ほんとに臭いです)なスポーツが好きな妹がニュージーランドに来ておる。
ワールドカップ期間中は宿泊代が3倍だというので、ひっひっひ、ざまーみろ、正義とおにーさまは勝つ、とほくそ笑んでいたら、わしのパーネルの家(いまの家のひとつ前に住んでいた家です)に滞在してしまいました。

鍵を変えておけばよかった。
ぬかみそのようにぬかってしまったではないか。
あの「糠よろこび」という叔父の好きなインスタントぬか漬けは、いまでも売っているのかしら。

ラミュエラのモニとわしの家からクルマで5分という立地に陣取って、わしが大事にしているクルマを勝手に運転してギアを入れ間違えて「ギュワン」とゆわしたりしながら、ラグビーを観に行くあいまにわしの家にくる。
(正式試合は昨日からだが、エクスヒビション試合とかは、前からやっておる)

多分、偉大なおにーさま(わしのことね)にコンプレックスがあるせいだと思いますが、テーブルの向こうに座っては、わしの悪口をゆって、きゃっきゃっと喜んでおる。
今度結婚して妹の足に踏みつけにされたまま一生をだいなしにしようとしている気の毒な「婚約者」のにーちゃんが、横でばつのわるそーな青い顔をして、かたまっています。
凍れる微笑、であるな。
気の毒に。

「おにーちゃんの友達ってさ、むかしから、全然、顔ぶれが変わらないじゃない?
おにーちゃんの人間としての進歩のなさの日常的な表現よね」
と、妹がゆーのであった。

わしは、マンダリン・オレンジ、すなわち、みかんの皮をむきながら、眉をひくひくさせるが、しかし、妹の主張自体は正しいのであって、友達というのは本来、成長するにつれて変わってゆくべきものです。
自分の精神が成長するにつれて、かつてはあれほどお互いに理解しあって共生の感覚を分かち合っていた友達と話があわなくなってゆく。
ふいに相手が退屈な人間になったように思われ、どうしてこのひとはいつまでも同じようなことばかり繰り返すようになったのだろう、と考える。

ふつうの友人関係というものは、そーゆー展開になるべきものだが、わしの友達は甚だしきに至っては3歳くらいのときから付き合っているのまでいる。

動かぬ証拠じゃねえか、シンミョーにしやがれ、という銭形平次の声が聞こえてきそうであります。
天網恢々疎にして漏らさず、なあーに、お天道様は知らないふりをして、ちゃああーんと見ていなさるんだ。
悪い事をするなら、お天道様が出ない北欧の冬でやってね。

わしは何よりも孤独を尊ぶので、はっきりゆって、友達などは邪魔である。
そんなもん、いらねー、と思う。
ひとと話をしたり、一緒に歩いたり、共に肩を並べて戦ったりすると、思いもかけず、「友達」が生じてしまうが、自分から友達をつくろうと思った事はありません。
例のなんでもかんでもメールで知らせてくれる日本語インターネットを通じて知り合ったひとが、前にコメント欄かなんかで会ったことがあるような気がするodakinという人が「底意地が悪い」と、どっかのなんかで、わしのことを表現していたというが、あたっておる(^^)
のみならず、わしは人間が冷淡なのでもあるよーだ。
人間関係にエネルギーを使う必要というものがよく判っておらないので、誰かと団欒を楽しんだり、そのときどきの愉快な会話の場を共につくりあげたり、というようなことは大好きでも、それ以上のつながりを他人と持とうと思ったことはありません。

それなのに、3歳のときから一緒であって、いまでもロンドンのセント・ジェームスというような干からびて時代遅れな通りのビルの二階で会えば、会ったばかりの瞬間から、もうそこで何時間も話し込んでいたひとのように、ふたりでひとつの沈黙を共有し、お互いの顔を肴に、ブランディを手のひらのなかで暖めながら、外の雪、というような話題について、何度もつかえながら、吃音をはさめて、まるで言語に障害があるひとびとのようにただ巨大な沈黙をふたりでつくろうとでもしているかのような会話を、とつおいつ、お互いに、こいつはやっぱり仕方のないやつだなあ、というやさしい気持ちで胸をいっぱいにしながら、際限なく酔っ払ってゆく、あの「友達」というものにいまでも会いにゆくのです。
友達というものが生じてしまうのは、人間の言語の成立事情に由来する「個」としての人間からすれば人間性というものの一種の弱点、欠陥、なのかもしれません。

そうではあっても、友達というものはもたないですめば、そっちのほうが良いに決まっている、という人間の法則は変わらない。

1 くだらない人間と付き合う人間とは付き合わない

2 他人の人間としての生活を脅かすものを許容した人間とは付き合わない

というような、いくつかはある「こういう人間を友達に持ってはいけない」という自分に守らせることにした決まりに順って、友達でいられたかも知れない人間との関係をぶちすてねばならないこともあります。

人間は、弱い。
人間は、自分と異なるものも受け入れよう、というような一見、寛容と見える物にひかれたとき、最も堕落しやすい精神の状況に陥る。
目安は簡単で、「自分の価値観と異なるものを受け入れる」寛容というものは、それを受け入れることによって、引き換えに、自分にとってかけがえのないものの幾分かが失われる痛みを伴うのでなければならない。
異なるものを受け入れるときに、そういう存在を賭けた痛みが伴わない場合には、それこそ、賭けてもよい、それはきみの精神が言葉の深い意味での「気取り」から堕落してしまっているだけのことです。

決定的な喪失の痛みを伴わない寛容は、あたりまえだが、自分にとって寛容と見えるものも、神から眺めれば、ただの薄汚い頷きあいにすぎなくて、昔から、自分を神と仮装した悪魔が信奉者をつくるのに使う常套の手段である。
世の中に「寛容」ほど、その本質が腐敗して変質しやすいものはないのです。

心の柔らかい教師が最も陥りやすい罠は、学生の(学問的)興味をかきたてつづける教師であろうとして、場末のスタンダップコメディアンでもあるような、一場の余興を提供する芸人に堕してしまうことだが、そういう心根のありかたが、「出来は悪いが、よいところもある」人間に胸襟をひらいてやろう、というようなときにも、たいていの場合、もう本人の魂は泥にまみれていて、寛容とは名ばかりの、垂直に聳え立つ物はすべてひきたおそうとする、あの暗黒に満ちたものの重力に身をまかせる、怠惰をむさぼっているにすぎない。

「友達」なんていうものがない世界に住めたら、どんなにいいだろう。
少なくとも、わしは、友達をつくらない努力の正しい在り方や、友達をいかにして生活から排除するかについて「50の方法」が記されている本があれば、バルセロナの裏通りで60ユーロの「悪魔を召喚する方法」という本を小躍りして買ったときのように、欣喜雀躍して買うだろう、と思います。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

3 Responses to 友達を捨てる50の方法

  1. 妖怪目玉 says:

    写真はオーロラのように見えますが夕焼け雲ですかね。
    左下の建造物の端っこに小さい十字架がくっついているのは、
    これ、教会ですか?

    友達について言えば、
    私は昔からその場その場で仲良くして、学校の卒業とか仕事変わったとかで
    何となく途切れてしまうのが大半です。
    で、18年離れていた出生地に戻った時、
    街の大きな書店で突然子連れの知らない奥さんに
    「あらー久しぶり!元気!?」と声かけられて
    顔も名前も全く思い出せなかった時の罰の悪さ。
    そういう事が多いです。

    >1 くだらない人間と付き合う人間とは付き合わない
    >2 他人の人間としての生活を脅かすものを許容した人間とは付き合わない

    >1について考えました。
    私は人と付き合う時にくだらないかくだらなくないかは考えないな。
    好きか嫌いかもあんまりどうでもいい。
    損か得かもあんまり関心ない。
    面白いか面白くないか、それだけですね。
    面白いにもいろいろありますけどね。
    面白いという事は大事だと思う。

    >2は、そりゃそうでしょうね誰でも。

    付かず離れずの距離が重要だと思うのです。
    近くても遠くてもまずい。
    どんな人間関係であってもね。
    一定の付かず離れずの距離を保てない人とは難しい。
    人間も獣ですから自分専用の生活空間が無いと
    食ったり食われたり依存したりされたり、ろくな事になりません。
    徒党を組んで互いに束縛し合うのが好きな犬っぽいのは嫌ですね。
    べたべたつるんでも、どうせその徒党の中で序列や派閥作って
    お互い足を引っ張り合うんですから。
    そういうのは苦手です。

    >「友達」なんていうものがない世界に住めたら、どんなにいいだろう。

    この世には初めからそのような存在は無いと私は思っていますが。
    自分にとって友達であろうとなかろうと、その人はその人ですし。

  2. じゅん爺 says:

    女はツマ一人だけ。ホモダチ(笑)も一人だけ。そいつも10年前に死んでしまった。変わりばえのせぬ毎日だが、歳をとるってことは、マァこんなものかと思う(時々泣きたくなるけどさ)。

  3. mrkyk says:

    先日はツイッタでオベール殿の深妙なぶもーに対して、誠にどうしようもなく軽薄な下らないツイートを、浮かれていたがゆえにしてしまい、反省しています。
    礼を完全に失してしまいました。申し訳ないです。
    手軽さがため、気を付けねばならぬことがあるのだと学びました。

    ガメ様の3歳の頃からのご友人との間柄を読んで、僕がいま一緒に音楽をしている相方、親友との関係を思い浮かべてしまいました。
    彼も僕も、少なくともニッポンにおいてどーしようもないシャカイフテキゴーシャ(乗り物の名前のようです)で、しょーがないやつです。2人とも集団行動であったり不明な規則だったり、どうしても腑に落ちないことや、不誠実でないことなどを、もろもろの利害やなんかを考慮しても、どうにも受け入れるということが出来ないのです。バカ真っ盛りである高校生の時分に豪州で出会うまでいまいち二人とも友達、と呼べる人がいなかったようで、ウマが合うということを体験出来たのはすんごく面白かったのです。他人の認識というのは勿論、共有出来ないものなので、この物理世界に同じ時、同じ場所を過ごしていてもみんな結局のところ孤独なのでしょうが、友達と感じられる人というのはきっと一緒にある程度同じ世界を過ごしている人なんだと漠然と考えています。(すげー当たり前なことを言って申し訳ないです。言葉は、僕には難しいです)。
    一緒にいて何かするわけでなくても、一緒に「過ごせる」人と過ごすというのはなんてくすぐったいような心地か、と思うし、なんだか恥ずかしくて通常は辿々しいコミュニケィションしか出来なくなってしまう僕達の関係はへんちくりんだけどもしや不思議なことに神聖な趣きがあるかも、とかバカな考えに至ります。
    だから、あなたと、あなたの三歳からのご友人との関係もとても、いいなあ、て感じました。いかしてて、いい感じです。はは、アホっぽい言葉ばかりしか使えないですわん。
    文頭の、成長して友人の顔触れが変わっていくものという妹様の言もいちおうはわかりますが、僕はなんとなく友人というものは一緒に成長していける人をそう呼ぶんではないかと思いました。日本人らしく観念的かもしれないけれど、そうでない友人というのはあんまりいい言葉でない気がするが、友人候補にすぎないんじゃないのかなー、なんて考えてしまうのです。
    あと、オベール陛下に教わった、ずっと会いたかった未だ見ぬ友達、ということは去年の暮れにも体験できました。一人、面子が増えたのです。日本に数ヶ月来ていた同い年の韓国人(映像をもともとしていた)で彼もまた友達がずーっといなかったという人間で、知り合って一年もまだ経ってないのに面白いほど一緒に過ごしていて違和感のない(というのも僕はちょっと潔癖なとこがあるので、驚いたんです。米国心理学的にはHSPのIntrovertに分類されちゃうと思う)やつで、こいつも自分の属する社会にとってどーしよーもない種類の人間であるぽいです。ちなみに日本人二人はたぶん2ちゃん語(よく知らないけど)でいうと対人スキル(タイ人スキル、て出てきた…笑)が甚だしくまずい代物なのですけれども彼はサクサクスラスラと目的のために人と付き合うことも出来るので、どえらい助かっちょります。
    それにしても、一緒に「過ごせる」はぐれもの同士で友達になるとみんなちょー優しくてあったかくて、自然に作為なく思いやりをもてるので楽しいものです。みんな見た目のわりに(北東アジア人としては背丈が大きい方なのだ。ガメ殿は僕より10センチばかし大きいようです)繊細過ぎるし、バカが嫌いだし、心が汚い人を軽蔑するし、どうやったらもっと物事がよくなるか考えるので排他的、とみられたりもするのかもしらないが、日本ではやはり分け隔てなくビョードーが美徳なので、いまはあほたれ、と思うけど、そういう日本的なおかしな常識を昔は悩みました。素直(単純)なガキだったので、嫌いな人はどうしても、どう考えても、嫌いで然るべきだから嫌いなのに、でも僕が心の狭い人物であるのが悪いのかもなあ、とかそういう苦しみが長いあいだありました。神々しいです。笑
    あなたの清濁併せ呑む、という言葉についての文は、非常に明確な表現でスパッと腑におちて、言語が巧みできちんと扱える人ってすげーかっこいーと感激(ほんとに日本語死語だらけですな)しました。

    そんなわけで、いまは三人で遊びながら楽しく厳しく成長してるので作品が形になるのが待ち遠しい、といったところなんですな。アスペルガー人ユニット(韓国人メンバーはちょっとゲーマー人的かも)なので自分たちで決めた〆切に結局全然完成しないでだらんこんだらんこんといろんなことしながらやっておりますけど。笑
    ともかく、変なひとっていうのは楽しいものです。

    すっかり長くなりました。ごめんください。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s