The Iron Lady


お腹がすいているのに、こーゆーことのめんどーを見てくれるはずのひとはみんなモニの世話にうつつをぬかしていて、わしはうち捨てられた子犬のように暮らしているので、テーブルの上に皿がない。
こーゆーときには日本の上流家庭では、まず右を見て「おーい、右近はおるか」とゆってしばらく待ち、左を見て「おーい、左近はおらぬか」とゆって、またしばらく待ち、それから悠然とたちあがって、「では仕方がない、わしが自分で食べ物をつくるとするか」と台所にたってゆくものだと誰かが書いていたが、誰の本だかもう忘れた。

ニョッキが食べたい、とツイッタで述べたら、だんだん身体がイタリア主婦化しつつある(特に悪意のある表現ではありません)とゆわれている「すべりひゆ」が呪文を教えてくれた
https://twitter.com/#!/portulaca01/status/153066058163556352
ので、ゆわれたとおり、
「ニョッキにょきにょきぱぁ~!ニョッキにょきにょきぱぁ~!!!」
と必死に唱えてみたが、ニョッキはあらわれなかった。

…また、欺されてしまった。
呪文でおいしいゴルゴンゾーラソースにまみれた、ぷりぷりぷぷんのニョッキが出てくるという、いかにもありそうな話に、つい欺されたわしがバカであった。
信じていたのに。

閑話休題

モニが、ガメ、映画見に行こう、というので「The Iron Lady」を観に行った。
日本ではどんな名前かなあー、と思ったら「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」という椅子からずるっこけるような、打撃から恢復するのに2分間を要するような題名になっていました。
邦題、やめればいいのに。

映画は、これから観る人もいるだろうから内容はあんまし触れないが、サッチャー首相の一生を断片化して描いたもので、メリル・ストリープは芝居が上手だのおー、とか、
そーゆー素朴な感想をもったが、サッチャーの時代の連合王国が武力闘争時代のIRAとの激しい抗争(マーガレットサッチャーはIRAの爆弾によって親しかった同僚を失い、自分も、5人が殺され34人が負傷した「ブライトン・ボミング」
http://en.wikipedia.org/wiki/Brighton_hotel_bombing 
で殺されかけている)を除いては、いまの日本と共通の問題があるかしれん、とヘンなことを考えた。

実際、日本が巨額というのもアホらしい負債を抱えていながら、一気にぶち倒れてしまわないのは、ひとつには過去の巨大債務国のケースを徹底的に官僚が研究しているからだが、サッチャーが頭角をあらわした1970年代末から1980年代には、連合王国は、「社会を構成する人間全体の需要に応えるだけの生産性がない」という、殆ど不治とみられる病に陥っていた。
イギリス人に訊けば、サッチャーの最大の功績は「肥大化した官僚や組合との対決に勝った」ことだというだろうが、実際には、ことはそう単純ではなくて、文明が発達した結果できあがった大衆社会の生活レベルそのものが生産性がおいつくわけがないところにまで来てしまった、というほうが当たっている。
簡単に言えば国民ひとりひとりが「最低限の生活」と考える生活を送るのに30万円かかるとして、収入は20万円しかない、という状態に国全体が陥っていたからでした。
慢性赤字なのね。
「モニさん、うち、もうずっと赤字なのよ。家計簿つくってみても、明日もあさっても今月も来月もずううううーっと赤字で借金がふえるだけなのよ。わたし、もうどうしたらいいかわかんない」と、しおしおと泣く大庭亀夫のような状態である。
家計と国家の財政を一緒にするなんて、サイテーだな、というカネのない正月でひまをこいたカシコイひとがまたあらわれそーだが、
サッチャーも、
「Any woman who understands the problems of running a home will be nearer to understanding the problems of running a country」
とゆっておる。
家計も国家財政も似たよーなもんです。
借金続ければつぶれるのよ。

恐怖と憎悪の対象であった、このサッチャー首相というひとは同時に
「If you want something said, ask a man; if you want something done, ask a woman. 」

口先ばかりで、内実は、自分の評判しか考えない連合王国の男共とはまるで違うひとでした。

いまでも大学の老先生のなかには、サッチャーの目の部分だけ切り離して逆さまに貼った
(やってみると判るが、こうするとマーガレット・サッチャーの顔は鬼よりこわい形相になります:注1)写真を飾って日々当時の予算大削減と大学を含む伝統社会を破壊しつくした政策の数々を呪詛するのが習慣(^^;)になっているひとがいるが、サッチャー首相の鉄腕ぶりは、それはもう見事、というか言葉の上でも、文化や学問を守る気がないのか、とでもちょっとでも言い返そう日には、この穀潰しのニセ学者のアンポンタンの唐変木野郎が、とえらい勢いで罵倒されてしまうので、誰も口答えが出来なくなるていのものでした。

そのくせ、日本のひとが映画を観れば必ず竹島や尖閣諸島を連想するであろうフォークランド諸島戦争になると、大蔵大臣が「戦争やるよーなカネないっちゅうに」とゆっておるのに、「これはカネの問題ではない。国家は領土で出来ておるのだ、そんなこともわからないのか、ボケ」とゆって、大艦隊を派遣して、途中で対艦ミサイルで船沈められまくってるのに、どんどん攻めて、途中で周章てたアルゼンチン政府が裏外交交渉で「和解してあげよーかあー?」「和解しない?」「和解して和解して和解して」と何度も和平交渉を申し出るのも無視して、ポート・スタンレーを包囲、陥落させた。

戦前は、もしかしたら、そのうちマイナスになるんちゃうか、とゆわれていたサッチャー首相の支持率は戦後73%にはねあがります。「カントリーズ・ダーリン」になって女王の嫉妬を買うほどになる。

ふりかえってみると、マーガレット・サッチャーは良くも悪くも破壊者だった。
もうあかんくなった古いシステムを延命させようと頭のわるい努力を続けていた男共を蹴散らして、錆びた企業管理システム、朽ち果てた教育制度、なかんずく、幹のなかが空洞化されて虚ろになっていた社会保障システムを、彼女は容赦なく叩き壊して歩いた。
自分のまわりの利権や利権にたかる有権者への媚びから「協議」「調整」を口にする男共を軽蔑しきったように、この首相はこう述べている。

「To me, consensus seems to be the process of abandoning all beliefs, principles, values and policies. So it is something in which no one believes and to which no one objects. 」

バカの話し合いはやすむに似たり、と述べる。

アメリカ合衆国では、政治のことはよくわかんねーけど、きみたちを笑わすジョークではおれのほうがうまいんだぜ、なレーガンが、古くさいシステムをバンバン壊して歩きます。
レーガン大統領に異議を唱える学者はたくさんいたが、レーガンという人はそんな研究者がくだくだしく述べる「あるべき政府の姿」がわかるほど頭がよくなかった。
なんだか、よくわかんねーけど、うるせーやつだなあーと呟きながら、どんどんがんがん旧制度をぶちこわしてまわりました。
きっと、「国家」なんてエラソーな顔してても現実はおれがむかし仕事をしてたハリウッドの書き割りみてーなこけおどしだろう、と真実を見破っていたのかもしれません。

このふたりを呪詛する声をうわまわる大きな賞賛の声がいまでも存在するが、それはふたりが信じた「完璧に破壊すれば新しい芽が必ず芽生えて育つ」という信念が現実のものになったからで、よく考えてみると、信念が現実にならなかったら、どーするつもりだったんだろー、と思うが、もうちょっと先も考えてみると、破壊しなければ今度は未来はゼロだったので、やっぱり正しいともゆえるか、と思う。

紙一重のところで、こういう危険ではあるが実行するしかない博奕を社会として打てる文明の力量の裏には、やはりサッチャーの言葉にある
「There is no such thing as society: there are individual men and women, and there are families.」
という、当時の「おまえに言われたくねーよ」という一部(^^)国民の呟きが聞こえてきそうな部分に垣間見えている「個人がすべて」という自由人社会の長くて分厚い伝統がある。

お正月早々だから、もういいや。

わしのこのブログは「あけおめでごんす」という正月にふさわしからぬ、おちゃらけたセリフで始まった。
シンガポールに行ってきた、と書いてあったが、実はシンガポールから書いていたのであって、嘘をついてすまんこってあったが当時は思いもかけない理由から日本にいるふりをする必要があったのです。
あれから、途中で何回かテキトーに理由をでっちあげてはつくった何回かの長期のサボリはあったものの、ずっと日本語で遊んでいる。

なんだか気が遠くなってしまう。
わしの社会では元旦は二日酔いの朝の日だが、日本では遙かにましな、静かな新年をすごすことを知っている。(実は、見たことないんだけどね)

でわ

ハッピー・ニューイヤー。

注1:後年2012年1月2日に森野夏の研究によって坂根巌夫作とおもわれるものが発見された。
http://scienceblogs.com/mixingmemory/2006/09/cool_visual_illusions_the_marg.php

ははは。唇もへっくりかえすと、もっとこわいんだな。
しらなかった。

This entry was posted in 日本の社会. Bookmark the permalink.

6 Responses to The Iron Lady

  1. Akira says:

    あけましておめでとうございます。日本在住のAkiraといいます。前からブログ興味深く読ませて貰っています。ガメさんにメールしたいのですが、どこへ送ったらよいのでしょう?

    • Akira殿、

      >ブログ興味深く読ませて貰っています

      えっ? どーしてきみには、このとっくに削除されたブログが見えるのだ?
      えええええー!?

      …なんちて。
      ウソです。ごみん。

      >ガメさんにメールしたいのですが、どこへ送ったらよいのでしょう?

      こーゆーことをいうと、ずえったいに怒るだろーが、このブログはヘンでヘンでヘンヘンヘンなひとが、いつもつけねらって読んでて隙さえあれば嫌がらせしようと思ってるのね。
      (ときどき隙がありすぎてダメなよーだが)
      だから、原則(って、やな言葉だけど)現実生活かインターネット上で、よおおく知っているお友達しかeメールアカウントおせーないことにして久しいのです。

      すまんすまん。

      嫌でなければコメント欄かツイッタで遊ぶべな。

      • Akira says:

        拝復 そうだよね(^^;  何か勢いでコメント書いてしまいました。変な人多いからね。実はオイラの奥さんもモニって言うんだヨ。ガメさんの奥さん程美人じゃないけど同じく欧州人です。震災後、嫁子供は避難させました。子供がいたので本国人を差し置いてフランス人じゃなかったけどエールフランスの(4号機爆発後の)最後の便に乗せてもらいました。
        いよいよとなれば日本を出る心づもりで一人日本に残って、まあ混沌とした毎日の中で、オイラは色々ネットで「フクシマ」を検索していたんです。したら貴君のサイトに行き渡り、「モニ」さんて文字を目にしてとても愛着を感じた訳です。
        オイラは加藤周一に憧れて医者になった39歳の男ですが、シンガー目指して歌の練習なんかもしてます。実はネットという媒体はもっぱら閲覧させて貰う側で、コメント欄に書き込むのは実はこれが最初といってもいいんです。オイラの奥さんのモニさんもガメさんの文章には恐れ入っています。恐らく東京に留学していたのはガメさんと同じ頃だったんじゃないかと思います。東大じゃないけど先攻は日本文学でした。
        自由に東京を闊歩し、お台場には留学生の為の広いアパートがあったりして、世界中の人達と出会える彼らにオイラは「日本の外国人留学生の方々は何て自由な場所が提供されているんだろう?!」って羨んでいた時もありました。
        長文になってしまい申し訳有りません。ガメさんの文章、本当に面白いです。色々と感想は尽きません。あと写真もね!
        まあアホな日本人なんて気にせず我が道を行って下さい。オイラも文章を書く事は好きです。いつか現実世界でガッツリ話せたらいいっすね〜。。。 
        奥様と赤ちゃんの御健康をお祈り致します。
         敬具 
            Akira

      • Akira殿、

        >変な人多いからね

        このコメントを読んだので、eメールアカウント送っておきました。
        わしは返信が、すげーおせーので、なかなか返事がなくても怒ってはいけません。

        >同じく欧州人です。

        それは気の毒に…あっ、いや、お互いにラッキーでしたのい

        >エールフランスの(4号機爆発後の)最後の便に乗せてもらいました。

        よかった。

        >加藤周一に憧れて医者になった

        おー。

        >恐らく東京に留学していたのはガメさんと同じ頃だったんじゃないか

        わしの「留学」ていわねっす。
        日本との関わりは従兄弟・叔父と子供の時にいたことがあることのほうがおおきいんだすな。

        >長文になってしまい申し訳有りません。

        わし、長い文章のほうが好きでんねん。

        >奥様と赤ちゃんの

        しいいいー。(ばらしたわしがバカだった)

        >いつか現実世界でガッツリ話せたら

        わしはチョーひきこもりなので、わかりませんが、このコメントみると、奥さんの名前がこわそーだが、
        すげーマトモなひとっぽいですのい。

        なかよくしてけろ。

        ガメ

  2. kochasaeng says:

    あけましておめでとうございます。
    朝早くに叩き起こされて、寺参りも済ませてきました。4000km遙か遠い雲の下から、うちの子の誕生を予言し、予定日まで言い当てた、あの高僧の寺でございます。まったくタイの坊主はすごい。生まれてくる子の性別だけは間違ってたが。でも将来性転換とかして、「あ。あれ当たってたのか」ってのはイヤだけど、まあそのときは受け入れるしかないんだろうな。
    それはさておき、タイの寺。
    もうね、早朝だってのに、タイ人が雲霞や畳鰯のごとくひしめいておりました。みんなニコニコしてんだ。いいよなー、タイ人。
    「わたしらコムヅカシイこと興味ないし、電気とガスの違いもわかんないよ。そんなどうでもいいことよりシアワセになりたい。それがプライオリティー」ってかんじに見える。
    まあホントは、あのタイ人独特の、柔らかい壁に囲まれた、どうにもなんない孤独に似たようなものを全員抱えてんだろうけど、それとこれとは別にして、シアワセになりたいし、何だかシアワセそうで。「お金は欲しいけど、私の人生は、まあオーケーだと思うよ」ってタイ人がよく言うセリフが好きだ。いや、嫌いだけどね。でも好きだ。
    境内に並んでたら、見ず知らずの東アジアから来たおれにまで「え。日本人か。たいへんだったな。幸福になりますように。いやいや。わたしのことはいいから。あなたシアワセになりなさい。あと、謹賀新年な」って挨拶してくれる。真顔で。なんかいいよね。タイはいいぞ。象もいるし。

    おれは料簡が狭いので、世界人類の御多幸を祈るのを忘れてしまいましたが、自分も含めて、ここの友人たちが鰐やコブラに咬まれたりせず、象にも踏まれないようにお布施も弾んできたので、そういうのは大丈夫な一年になることと思います。
    ひとりでも多くのひとに、一秒でも長くサヌック(愉快)とサバーイ(快適)が訪れますように。そのために必要なのは、教養とか正直とか、テキトーとか、いろいろあるんでしょうが、テキトーという武器しかなくても、けっこう大丈夫です。たぶん大丈夫。うん。大丈夫。だよね?

    • 古茶(kochasaeng)どん、

      >寺参りも済ませてきました。

      あー、この寺、きっと行った事あるな、と思って考えてたら、わしが行ったのはチェンマイだった。

      >まったくタイの坊主はすごい。

      タイ坊さん、尊敬されてるから法力もつくよねえ。わしももう少し尊敬されてれば、いまごろ法力でゴジラ退治できるのに、妹とかに日夜バカにされているので、ひょっとしたらわしは人間なのではないかとおもうようになってしまった。

      >あのタイ人独特の、柔らかい壁に囲まれた、どうにもなんない孤独に似たようなもの

      ツイッタにも引用しちったけど、タイの人って、ほんまにそうやなあー、と思う。

      >わたしらコムヅカシイこと興味ないし、電気とガスの違いもわかんないよ。そんなどうでもいいことよりシアワセになりたい。それがプライオリティー

      あんだけ両極端みたいに違い文化なのに目指すところは奇しくもスペイン人と同じ(^^)
      文明が成熟して爛熟してやけくそみたいになってくると、結局みな同じ目標になるのかしら。

      >タイはいいぞ。象もいるし。

      うん、象いいよね。わしも好き、象さん。また背中に乗って遊びてえ。

      >大丈夫。だよね?

      たぶん

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s