正視

2004年に公開された「Super Size Me」
http://www.imdb.com/title/tt0390521/
が大ヒットして以来、食べ物と健康についてのドキュメンタリがたくさんつくられた。
丁度この頃からアメリカでは$10以下で食事がすませられる。
Chili’s
http://www.chilis.com/en/Pages/home.aspx
のようなレストランの食べ物の量は価格に反比例してどんどん増える一方で、
モニとふたりで夕食にでかければ、ふたりで500ドルが飛んでいってしまうレストランでは東京の懐石料理屋も青ざめるような、ほんのちょっぴりの量になっていった。

歴史はじまって以来、アメリカのひとたちが「いままでみたいにバカ食いしていると死ぬる」と悟った初めだと思います。

Amazon instant videoやメジャーテレビ局のアーカイブ、オンデマンドなどでたいていのドキュメンタリは無料でいつでも観られるようになってしまったせいで、わしは日がな一日テレビを観ている。
もともと集中力がゼロなので、こうやって日本語でブログを書いたり、ツイッタをやったりしているときでも、他の言語でもツイッタをやり、テレビはつけっぱなしで、しかもスカイプでバカ友とだらだらだらと話している。
どーしよーもない、というか、やる気があるのか、とゆーか、自分でもどう言い繕って自分の良心を慰めればよいのか言葉に困るような生活だが、ちいさいときからこーなので、いまさらどーもならん。

豪州人 Joe Cross の 「FAT, SICK & NEARLY DEAD」は、そうやってBGMのごとく垂れ流しになっていたドキュメンタリのひとつでした。

デブって体質に変調をきたして病気になりかけた、かつての成功したアントルプルヌルが60日間ジュースだけの食事で身体の状態を「reboot」することによって、減量して健康を取り戻そうとする。
その「fast」をアメリカ大陸を横断しながらやる。

ただそれだけのドキュメンタリで、そーですか、という感じのものと言えなくもないが、
わしが思わず、ツイッタの手をとめて見入ってしまったのは映画の本題とはやや外れたところでした。

Joe Crossは大陸横断の途中の町Winslowのレストランの外で、でっかいトラック運転手に会う。
430ポンド(約200キロ)。
ふたりとも英語人なので、英語人の習慣に従って、駐車場で、のおんびり世間話を始めます。
話はお互いの肥満の話になって、Joe Crossは、ぼくはジュースだけで60日すごそうとしているんだぜ、と話す。ふたりでJoe Crossのつくったジュースを飲みます。
「悪くないね」とゆって、でっかいトラックドライバは去って行く。

60日のジュース・ファストで37kgを減量してシドニーに戻ったJoe Crossに
ある日、そのトラックドライバから電話がかかってくる。
助けてくれないか、というのです。
こんなに肥満したままでは自分は死んでしまう。

この人もやはりジュース減量に成功して体重を減らし、健康を取り戻して、太りすぎてキャッチボールひとつ出来ない自分が恥ずかしくて会う勇気が出なかった息子と会い、自殺衝動も消えて、人間の本来の生活を取り戻すが、わしのツイッタの手を止めたのは
、それよりも減量に取り組んでいる途中で、減量のために滞在した田舎の小さな町で、これは良い減量方法だから、他のひとにも教えてやるべ、と思いついて、減量の説明会を開くところがある。

減量の講師として立っているトラックドライバは、まだまだでっかい160キロくらいあるおっちゃんで、よく見ると講師よりも太っている参加者はいないよーでもある。
その奇妙な光景を眺めながら、わしは、涙ぐんでしまったのでした。

わしには20代後半の日本人の友達がいて、このひとは相模湾沿いの町に住んでいる。
肥っている自分が嫌いで、なにごとにも自信がもてなくて、家に閉じこもっていることが多い人だった。
運動すればいいやん、というと、やってみた、という。
泳ぎに行ったら、高校生の女の子がふたり、こっちを見て笑い転げていた。
もう、それから人前に出るのが怖いんだよ。

職場でも、冗談で、でっかいねえ、と言われる。
笑って受け流すが、もう死んでしまいたい。

涙ぐんでしまったのは、アメリカ人たちの「まともさ」に感心してしまったからでした。
肥満に苦しんで、毎日野菜と果物を大量に買ってゆくでっかいよそ者が小さな町で話題になってゆく。
そのでっかいよそ者が、ある日、自分がやっている減量をみんなにも教えたいから、見に来ないかと町のひとびとに呼びかける。

たくさんの人が、真剣な顔で、でっかいおっちゃんの説明に聞き入ってます。
誰も「だって、本人がデブなんじゃん」とゆわないのね。

「いやあ、おれには無理だぜ」というひとはいる。
今度にするわ、というおっちゃんもいる。
でも、誰も茶化して笑ったりはしない。

英語人、なかでもアメリカ人に特徴的な習慣は、問題が生じているとき、
ものをまっすぐに見て、正面から抱きとめるように、あるいは全力で体当たりするように問題を解決しようとする。
見ていると、一心不乱、という言葉を思い出す。
他人がそうしている様子をみて茶化したり、まして笑ったりするのは、人間として最低の行為だと誰もがよく知っておる。

英語では、smartassという。
賢げに皮肉を述べたり、なにによらず他人から賢そうに思われそうな言辞を弄するひとのことです。

日本人は、いまの状態から抜けだそうと苦闘している。
自分達が文化的歴史的な理由でつくりあげてしまった、怪物的どころか、いまでは社会全体に覆い被さった一個の巨大な呪いのようになったチョー、ビューロクラティックな社会の仕組みと格闘している。なにしろ国全体が非効率な役所になってしまったような状態なので、もともとが自分達の保身のための巧妙な陥穽をつくる装置としての一面をもつビューロクラシイのなかで、あれほど繁栄した国が、ほぼ破滅しかけている。

民主党を選択した決断は、日本人にとっては、ほぼ捨て身の必死の決断だったが、ごくケーハクな政局判断だけを職業的スキルとする政治家たちによって、ものの見事に裏切られてしまった。

そうしているうちに巨大官僚制、あるいは官僚制的な仕組みは、破綻寸前の財政を生み、教育制度の崩壊を生み、フクシマをうみだしてしまった。

わしは英語世界の人間がどう言って嘲笑おうとも、5年間11回の遠征を通じて目撃してきたので、日本人が羊の群れであるどころか、この十年、懸命に考え、懸命に戦って、すべてが裏目に出てしまっただけだと知っている。

わしは日本の人は、自分達が最も愚かだった日々の記念として「漢字の読みの表」をかかげて 麻生太郎に「首相、この漢字があなたには読めますか?」と国会質問で迫った民主党石井一という人の参院予算委員会の質問ビデオをナショナルアーカイブで保存しておくとよいと思う。

あるいは次から次に揚げ足をとられ、誤りをおかすや、群がるように集まって袋だたきにして相手を黙らせた反・反原発のひとびとの名前を石板に刻んで、自分達の「賢さ」がどのようにして自分達の、ゆいいつの、と呼びたくなる特殊で固有な社会を滅ぼすに至ったか何度でも眺められようにしておくとよいと思う。

歴史上、社会全体として迫ってくる問題を直視できなかった国は、みな滅びていった。
ロシアのように広大な土地に広がる国は、「滅び」ても、大地の神の力でもあるかのように不死鳥じみて、また生き返ることができるが、ひどいほうの例を挙げると、コリントもスパルタも、フェニキアも、土地どころか、その上で生活していた人間たちですらどこかへ消えて、アテナイでさえ、ところどころに残る崩れた遺跡のほかには、むかしを想像するものすら残っていない。

日本社会の最もおおきな問題は社会的集団的なサディズムという問題が社会として克服できないでいることだと思うが、そのほかにも「ものごとを正視できない」という不思議な文化があるよーです。

日本にいるときなら、もう少し先へまで考えられて、その正体がなんであるか、どうすればいいのか、考えられたかも知れないが、この頃は日本から9000キロより近いところに行かないので、「どうもわかんねー国だったな」で終わってしまう。
そこから先を考える気持ちが起こらなくなってしまった。
だんだん遠くなってゆくような日本の姿を記憶のなかで眺めながら、結局はこうなると知っていたような、自分に裏切られたような、不思議で寂しい感じがします。

This entry was posted in 日本の社会. Bookmark the permalink.

8 Responses to 正視

  1. SD says:

     日本人のあいだで有名なのは、「アメリカでは、太っていると健康管理のできない、だらしない人とみなされて、社会において不利である」という言説だと思う。真偽は私も知らない。
     こういうのを聞くと、ときに「ふーん、なるほど」なんて思ってしまったりするから、賢さ、というのは怖い。捨てたいと思っても、なにげなくまとわりついてくるようないやらしさがある。

    >smartass
     日本語に類語はない。
     日本語世界では、罵詈雑言や冷笑などを受け流せることは、何かをする上での前提条件になっている。前にもどこかで話したが、罵詈雑言や、物理的な危険をにおわせる行為に屈して、日本語世界を退場したひとに贈られる言葉は「脇が甘い」とか「覚悟が足りなかったんちゃう?」だからね。
     まじめな努力をするひとを茶化す人間を追い出したり、ましてひっぱたいたりすることはほとんどない。「ま、彼のやってることが本当に正しければ、歴史がそれを証明してくれるし」なんて構えで傍観する人が多いんだよね。

    • SDどん、

      >アメリカでは、太っていると健康管理のできない、だらしない人とみなされて、社会において不利である

      出世階段をあがってゆくタイプの人びとの世界の話ね。
      チョーカネモチとビンボニンにはかんけーねー話だのい。

      >日本語に類語はない

      ない。

      >「脇が甘い」とか「覚悟が足りなかったんちゃう?」

      ぬはは。可笑しい。理由はここではゆわん。

  2. thismeansalot says:

    >他人がそうしている様子をみて茶化したり、まして笑ったりするのは、人間として最低の行為だと誰もがよく知っておる。

    こういう基本的な、人に対する敬意がすっぽり抜けているのが日本での日常風景であると言うのは、私にとって恐ろしかった。他言語人の間に入って、ようやくまともなことをまともと認められる開けた場所に出た感じを味わった。

    日本では、例えばいじめの話題が持ち上がると、必ず「いじめられる側が悪い」という(お得意の)空気がその場を覆って、誰一人いじめという行為の卑劣さを真っ向から非難しないのだ。

    80年代初頭に流行ったビートたけし扮する「タケちゃんマン」の歌(博覧強記のガメさんと言えどもこれは知らないでしょう)に「強気を助け弱気を憎む」というフレーズがあって、それはもちろん正統的なヒーローの逆を行く小市民的タケちゃんマンを皮肉ったものだったのだが、ナイーブな日本人は、以後30年間その歌詞を額面どおりに受け取り、せっせと実行に励んできたものらしい。

  3. thismeansalot says:

    訂正:「強気を助け弱気を憎む」=「強きを助け弱きを憎む」

    • thismeansalotさま、

      >人に対する敬意がすっぽり抜けているのが日本での日常風景であると言うのは、私にとって恐ろしかった

      わしもこえーと思ってただよ。
      頭こわれてるひと結構おおかった。
      なんか他人に対して怒るの好きなのね。
      なんなんだあれは。

      >いじめの話題が持ち上がると、必ず「いじめられる側が悪い」という(お得意の)空気

      被害者のほうが悪い、って日本のひとの常套理屈だったけど、クソ理屈だよね。性犯罪からビンボまで、「おまえが悪い」だかんな。すご杉だよね。

      >タケちゃんマン

      英語テレビで見たことあるよーな気がするが、どれだかよくわかんね。ビートたけしは知ってるけど、つまんないと思った。

      歌はとーぜん、しらん。
      これからインターネットで見てみます

  4. Akira says:

    >太っていると健康管理のできない
    これは本当ですね。約30年前我が国にアメリカから鳴りもの入りで或るダイエット方法が紹介されました。確か2万円くらいするA4の辞書みたいにデカイ本で、表紙は若い金髪の白人女性の「使用前、使用後」の写真でした。それが強烈なインパクトだった。その本にアメリカ社会についてそういう文句が書いてありました。それを祖母が購入したので、私はこれを10歳くらいの時にパーーっと読破したのを記憶しています。要するにその内容は「イチジクをよーーくモグモグ噛んで食べなさい、そして1日に水を2L摂りなさい、寝る5時間前には何も食べない事。あとは自由です。」だけだったと思います。

    >ぼくはジュースだけで60日すごそうとしているんだぜ
    ところでネットのゴミ置き場にこんな作文が落ちていたので拾っていました。ホント日本人てアメリカ人を同じMammaliaと思ってねえんじゃないか?って飽きれちゃうことがありますね。

    「デカい男になりたいなら、これは体格のいい男について私の観察によるんだけど、コーラをグビグビと、アメリカ人のように大量に飲むのが本当に効果的なんじゃないかと思う。どうしてアメリカ人はあんなに、ほとんど無駄に思えるくらい手足が長くてデカいのかというと、どうも、本当にそれはコーラのせいだと思うのだ。コーラの成分はいまだに秘密だけど、植物由来の生薬のような成分がかなり含まれているのは事実だから。植物の生薬成分には、本当にホルモン作用があるものが多くあるんだ。たぶん、コーラには成長ホルモンと類似した成分のものが含有されているのではないかと私はニラんでいます。私の妄想かもしれないけど。

    そんでまた、アメリカ人は何かって言うとまるで馬鹿みたいな勢いでコーラを飲み干すんだ。それもうんと小さいガキンチョの頃から飲みに飲むからなあ。絶対にそのせいであんな体格なんだと思う。女子はそのせいで巨乳なんだと思う。私は観察の結果そう信じてるよ。

    コカコーラのことだよ。ダイエットとか、ゼロとかじゃないよ。ペプシでもいいのかもしれないけど、それもネックスとかじゃないです。それで大事なのは、本当に本当にハイカロリーだから、その分の運動をしないとたちまちデブになります。アメリカ人のティーンの運動量というのは本当に半端じゃない! 学校まで何キロでもジョギングして行っちゃうくらいだから、あんなにコーラ飲んでも身体が緩まないないんだろうな。部活の激しさも骨折が日常茶飯事なくらい。だからちょっと運動量が落ちたとたんに腹が出て来ることになるんだな。背は高いから多少太っても目立たないけどね。コーラと運動の効果であんなに体格がいいんだと思います。
    目指せガタイのいい外人系マッチョ!」

    >フクシマをうみだしてしまった
    そして第2のフクシマを中東でセッセと作り出そうとしている。。。

    >たけしは知ってる
    彼の映画についてはどーですか?

    • Akiraどん、

      >表紙は若い金髪の白人女性の「使用前、使用後」の写真でした

      そーゆーことやってるから、アメリカ人て、いつまでもUK人にまでバカにされる。
      「あの声がやたらでかい頭のよわいひとびと」と思われてしまう(^^)

      >コーラの成分はいまだに秘密だけど、植物由来の生薬のような成分がかなり含まれているのは事実

      関係ないけど、アメリカ人て「純正コーラ」への需要があるんですのい。
      コーンスターチのかわりに、ちゃんと砂糖を使ってある「正しいコーラ」?
      本家だけあって現行ヴァージョンのコーラがいかに破滅的に身体に悪いか知っている人おおい(^^)

      >学校まで何キロでもジョギングして行っちゃうくらい

      そんなアメリカ人高校ガキみたことないけど。

      >彼の映画についてはどーですか?

      NZのふつーのレンタルビデオの棚にも並んでるけど、観たことねっす。
      前に買ってきて十分くらい観たが、チョーつまらないのでやめてしまった。
      モニがゴミ箱に捨ててました。

  5. Akira says:

    >モニがゴミ箱に捨ててました。

    何を観たのかによるけど、そういうリアクションは興味深いです。うちのカミサんにも『HANABI』を捨てられました(^^;

    あのですね、カミサンの従姉妹がパリで働いていて居て、恋人は28歳のパリ出身のフランス人なんだけど、彼はオバアさんが日本人なんだそうです。身長190センチくらいのガタイで顔つきは少し彫りが浅い感じでしたがquarterには見えません。カメラマンのアシスタントをしているという。余談ですが「師匠のカメラマンは背の小さい男で、俺をやっかむんだ」そう(^^)

    とても丁寧な話し方の青年だったんですが、昨年の夏に会った折り、オイラは彼が日本語を話すことを期待していたが実際は全く話せなかった。「祖母はもう80歳で日本語を話してはくれなかったから」なんだと言う。ガメさんのブログを読んでいたからかは分からないけどオイラはとってもガッカリでした。
    その彼が一番尊敬する映画監督がタケシなんだそうです。
    10年前にギリシャからパリに帰る時に一緒だった中年のフランス人もタケシを評価していた。一体どこが琴線に触れているのでしょう? フランスではファッションの一部として
    「Qui?日本映画?trs bien〜」と言わないと馬鹿だと思われるんでしょうかね?苦笑
    個人的には彼は映画製作よりも他の監督の下で演技をしている方がオイラは好みです。
    今村昌平の「うなぎ」はカンヌも取ったし海外では評価が高かったけど、いずれにしても此れ等の映画は日本人に向けては作られていない気がします。それもカンヌに向けて相当必死に作っている。学芸会みたい。。
    「日本映画なるもの沈黙ありき」みたいな、何とも暗く、モノクロームで、台詞と台詞の間隔が長い。俳優の言葉一つ一つが自虐的とも感じるほど。日本映画が好きな外国の人は「瞑想」がしたくて映画館に入るんじゃなかろうか?

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s