常識、非常識、フクシマ

日本語ツイッタを広げてなにか書いていると、ほかのことを述べようと思っても、いつのまにか福島の子供のことになってしまうので自分で書いていても退屈である。
おおげさに言うと「見えざる手」がわしの手をつかんで書かせているような具合で、今日の午餐の話をしていても手はいつのまにか福島の子供はなんでまだ福島のいるのか誰かおせーてくれ、というような発言になってしまうので、読む方もさぞかしうんざりであるに違いない。

この世界には嫌がどうでも核のエネルギーのものは断固廃絶すべきだというひとはたくさんいて、わしの友達にもいっぱいいます。
「あぶないじゃないか」という至極まっとうな立場に立って意見を述べている。

自分でも「危ない人」なのではないかと思うが、わしはもともと核アレルギーというタイプの考えはない。
具体的には核融合
http://en.wikipedia.org/wiki/Nuclear_fusion
という反応がケーハクにも「好き」なのであって、生きているあいだにどういう形でか、これが人間の手で完全にコントロールできるようにならないだろーか、と考える。

そういう非人間的で至極ケーハクな立場からは遅延核分裂の制御などは系がいくら複雑でも屋上に屋を架したバカ複雑さとしかみえない退屈なクソ技術であって、あんな面白くもなんともないものを膨大な時間を費やしてベンキョーするやつがいるなんて信じらんねー、自分はなにしろ紙と鉛筆があれば事足りる理学分野にしか興味がないが、工学をやるんだったら、たとえばコンピュータと人間のインターフェースとかのほうがよほどおもしろかるべし、と考えて高校生時代を送っていた。

別に科学の素養などなくても、ほんの少し勉強すれば、いまの世代の原発になどちょっとの未来の可能性もなくて、チョー簡単に言えばトロ火にした核爆弾でバカでかいヤカンのお湯を沸かせて、その水蒸気で羽根をくるくるまわして発電する、といういまの原発は贔屓目に見てもコショクソーゼンとした技術である。
歴史的にも福島第一のマークIは60年代の工業製品で、それがどのくらい古くさいかピンとこなければ、60年代の技術の最先端であった飛行機や自動車の写真を見てみる、というようなことが、あるいは実感をもってどのくらいの頃の技術かを感覚するには良いかも知れない。

Morris 1100
http://www.australiaforeveryone.com.au/world/bad_morris1100.htm

トヨペットクラウン RS41(2代目クラウン)
http://toyopetrs40.shisyou.com/003.html

YS11
http://www.jac.co.jp/entertainment/aircraft_ys11.html

日本のステレオ
http://www.japanradiomuseum.jp/stereo1.html#%83T%83%93%83%88%81[%83I%81[%83%8B%83g%83%89%83%93%83W%83X%83^%83X%83e%83%8C%83I%81@SD-650

しかも、これも日本ではもう随分しられたことになってしまったが、いまの世代の原子力発電技術では増殖炉が稼働しなければ、石油よりも遙かに資源としての寿命が短い。

わしが高校生のとき、教師が日本ではまだフェニックス型増殖炉の「もんじゅ」を動かしているというので、ぶっとんだが、連続運転すればほぼ確実に「ポン」になってしまうと思われる、あまりにアブナイので言い出しっぺのフランス人さえあきらめたフェニックス型を、むきになって動かそうとしているのは、増殖炉が動かないと認めてしまうと、ウランのほうが石油よりも資源としてはやく尽きてしまって、エネルギー政策として「石油がたりなくなるからやってんだ」という話のつじつまがあわなくなってしまうからに違いない。

わしらは、というのは、わしとガッコ友達は、「もんじゅ」はいつかぶっとぶだろう、と思っていた。もしかしたら削除した記事のなかかもしれないが、多分、この日本語ブログのなかにもどこかに「もんじゅ」の話が出てくると思います。
意外とぶっとばない、というか、いまウエブで見てみると、あんまり動かしてないよーなので、そのせいなのかもしれないが、意外にも「もんじゅ」はぶっとばないまま推移して、津波という(わしの日本の災害種類への想像力が著しく欠落したアタマでは)予想もしなかった災害で福島第一が崩壊してしまった。

ひとの国のことだから、という意識があったとは思いたくないが、思えば無責任なもので、わしも友達も「もんじゅ」はぶっとぶであろう、と思いながら、別に日本にでかけていって反対運動をするわけでもなく、ときどき頭のどこかで思い出しては「まだ、ぶっとばないんだな」と考えて、へえ、と考えていたりしたのだから、たしかに人間には無関心という悪魔が住んでいるのである。

何ミリシーベルトなら大丈夫だ、いやダメだ、と日本の人が言い出したときに、どうなってるんだろう、これは、と考えて友達にどう思うか訊いたりしていたのは、ちょうどマンハッタンにいた頃のことだった。
よく訳がわからず、未来における影響がわからないが、むかしから危険きわまりない、とされている災厄が起きたときに「数字」で考えようとする、というのは、ものすごく変わっていて、しかも興味深い反応である。
しかもわしが立っている所から見ると全体が的外れの理屈の遊びにしか過ぎない。

福島第一の事故の直後、外国人のみならず、外国にながいあいだ住んでいる日本人も、「逃げろ!逃げろ!」とツイッタやなんかで叫んでいたのをおぼえているが、英語人の反応は簡単に想像がついて、まず一目散に逃げて、自分の体力やオカネが許す限り遠くまで逃げるだろう。
実際、福島第一事故のあと、英語世界のテレビや新聞のインタビューにこたえたり、英語人のフォーラムで語られたりした事例をみると、速報を聞いて、いきなり自転車に乗ったまま、途中野宿をして関東まで逃げ、そのまま飛行機に乗って逃れたひとや、たったひとり警報を信じて屋上に走ってあがり(前の日に津波警報があったが津波が実際には来なかったせいだという。なんというたちのわるい偶然だろう)津波がひいたあと、やはりシドニーまで何も考えずにまっすぐ「とりあえず」帰った女のひと、歩いて西へ西へと逃げたひと、日本人風の定義をすると「パニック」で逃げたひとばかりであって、外国人は数字に弱いという日本人の信念はほんとうであるのがわかります、というのは冗談だが、とりあえず逃げてから考える、というディアブロ必勝法と同じ定石に従って英語人は行動する、ということを今回も見事に証明したのでした。

「とりあえず逃げた」と書いたが、そのあとに情勢を検討して、日本政府のいうことを信用すべきだと考えて戻ったひともたくさんとは言えないが、少しはいた。
例をとるとアメリカ人は実際大使館が送ってよこすeメールに「日本政府が提供する情報に従って行動するように」と途中から書きだしたので、それじゃ、まあ、日本政府のいうことを信じればいいのだろう、と考えて戻った人が多かった。

まず一目散に逃げる、ということをしないので、「日本のひとだなあ」と考えて驚いたが、そのあと被災地域に残っているひとたちについては、そりゃまあ、そうだろう、と思っていた。
わしの個人の考えとしては東京くらいの地表・食べ物の汚染でも、そこに住んでいるなんてとんでもねえ、と思うが、政府が大丈夫だと言っているのだから、たとえば福島県人にほかになにが出来るだろう。

大昇進して福島支店に赴任したばかりの支店長のおっちゃんは、仕事を捨て家族の生活を捨てて家ぐるみ九州に越す、というコンジョがでるだろうか、と考えると、わしなら出ない。
固有のわし反応は、いきなりダッシュで地の果てまで逃げて、はあはあ言いながら振り返って、「あー、こわかった」をしているうちに会社の逆鱗にふれてクビ、家族と一緒に路頭に迷うことになると思われるが、それはわしが人生に対して投げやりな人間なわりに生命の危険に敏感だからで、いま考えているのは人生に真剣で生命の危険に無頓着な人を前提しているのだから、そういう根性には出場の機会がない。

日本政府は、だから、強権を発動して、鬼になって、福島県をからっぽにすべきだった。
県民が泣こうがわめこうが、おれは福島を愛しているんだと絶叫しながら警官に詰め寄るひとが大量にあらわれようが、断固として汚染地域を封鎖して無人の荒土をつくるべきだった。
東北人の憎悪を一身にあびて日本中の国民のたたきつけるような罵りをうけとめるべきだった。
それが出来るから「国権国家」は機能しているのであって、それが出来ないのは「国家みたいなもの」であるとしか言いようがない。
むかし天皇現人神主義に国を挙げてかぶれていたときの後遺症がまた出てしまったのかもしれません。

科学者たちの「放射能を怖がる人達の言う事は科学的でない」という宣伝については、もう、頭から判らなかった。
そもそも、なんで放射能をこわがるのに「科学的」でなければいけないのかが、根がバカなガイジンには理解ができない。
わしなどは日本に住む日本人であれば、さぞかしバカにされただろう、と考えたのは、「そんなことゆわれたって、こわいもんはこわいよ」と言っていたに決まっているからで、かっこうの餌食、というか、ネギさんを抱えて座っている鴨というか、「なにを根拠にそんなことを言うのか?」
「出典はどこにあるのか?」「証拠は?」「科学的な証明は?」
「どんな理論を元にそんな悪意にみちたことを言うのか?」
と、またあのおっかない「はてな市民」のみなさんや小説家の御一党や、むかしなつかしい2ch「おれたちゃ、排外団、ガイジン大嫌い、ヤッホイホイノホイ」だった集団がいっぺんにまとめて再襲来して、うんとこさイジメられたに違いない。
日本人と仮定しているのに排外団にいじめられるのは理屈が通らないが、そのくらいの理屈はあれだけ訳のわかんない理屈や「事実」をこねあげられるひとびとなのだから、余程あたまがよいのに違いなくて、あっちに頼んだほうがよいと思う。

あんまりこねる気もしない理屈の初歩だけを述べると、こういう場合、わしの「常識」ではその辺で科学なんかに興味がないからもっとまっとうな職業について人生を送っているひとびとが「こええ」とゆっているときに科学者が「こわがるな」と言いたければ科学者のほうで「絶対に安全である」ことを証明すべきなので、その「科学的証明」に権威づけをしたければ、「万が一、あなたの子供が放射能のせいで死んだら、われわれはラボアジェのようにギロチンの露と消えてもよいであろう」と述べるのが良いと思う。

科学者などというものは、通常の人間世界の常識からすればやくざそのものであって、つい数年前までは、すごおおおく自信に満ちて、黒板や白板を背にして友達が全部うんざりしていなくなりそーなエラソーな顔をして「我が輩の発見によればAはMなんだからね」とゆっていたのが、その次に壇上に立ったところを見にいってみると、「はっはっは。間違えた。AがMなのではなくて、Aに性質として付随したものがMと必ず相関して起こるZという現象を引き起こすのだった。AはMちゃいますねん。わりいわりい」とゆっているなんていうのは年がら年中のろくでもない人達だからです。
しかも間近な観察によると、科学に志す人間はどうも初等教育における「ホームルーム」とか「道徳」とか「倫理」みたいな諸国であまねく行われている授業は全部眠ってやりすごしていたのだと思われる人間ばかりである。
あんまり、大学の外で放し飼いにしていて良いような人間の集合ではありません。
しかも、特に優秀な部分はだいたい税金で食っていて、やってる研究は世の中の役には立たない、税金ムダにしてナンボの商売じゃ、という特徴ももっている。

日本人は、この先、いっぱい死んでしまうかも知れないし、案外大丈夫で、20年くらいしても、みながピンピンしてるかも知れないが、「なんだかよくわかんねーひとたちだなあー」という印象は消えないものとして残ることになった。
残ることになった、といってもアニメならともかく、日本という距離的にも気分的にも遠い国に興味がある人間など殆どいないので、言い直すと、これから先、日本についてベンキョーしたりする人間はみな「フクシマ」のところにくると、理解が挫折して、ゲゲゲゲゲッ! ゲッ?になると思われる。

ここからあとは、小さい、聞こえにくい声で書かねばならないが、福島県にまで子供が居残っているというのを発見して、後世の人は憤慨する、というよりは、不思議に思うだろう。
そう考えないと国の経済がたちいかなくなるという理由から「放射能は、ほとんど大丈夫」と決めた日本の政府ですら、「相当危ない」と考えている地域に子供がたくさんいて、校庭で走り回っている。
東北のひとがマンガで日記をつけているのを眺めていたら、ふたりづれの小学生が
「ねえ、わたしおもうんだけど」
「?」
「放射能、放射能って言うけど、見えないんだから、やっぱり無いんだよねえー」と言い合っているのに行きあって、
「きみたち、甘い」と心のなかでつぶやく母親が出てきたが、
考えてみればあたりまえ、親を困惑させないために子供も知らないふりをしているだけで、自分達の身の上に何が起きているかよく知っている訳である。
言葉の上だけでも安心したいのは子供も同じだろう。

わしのバカガイジン常識…あるいは前回の記事で述べたようにニセガイジン常識でも構わないが…によれば、いまオトナである日本のひとは歴史上、アウシュビッツ収容所をつくったナチを支持した当時のドイツ人と同列に扱われるであろうと思う。
戦争がおわってみるとユダヤ人収容所について「わたしは知らなかった」というドイツ人が殆どだったことはアメリカ兵たちを怒らせ、ロシア兵たちに強姦や殺人の恰好の口実を与えたが、少なくとも日本では、弱々しくか細い、「聞き取りにくい声」で、「わたしは、そんなことはおかしいとおもう」と述べる人がいたことはやや異なる。
しかし、(そういう言い方をすれば)「自分達の子供」を、死ぬかどうか観察実験するための実験動物に仕立てて、その結果を外国人研究者たちが心待ちにしている、という絵柄は歴史のなかでも前代未聞で、こんなものすごい残虐と無責任をリアルタイムで目撃することになるとは思わなかった。
きっと政府のなかには、あああー、またこの先、「非人道的だった。悪魔の所業だ」とかエラソな外国人に迫られて謝ることになるのか、鬱陶しい、おれんとこのガキのことなんだから、おめーに口だしされる謂われはねえーよ、と思っている人が何人かいるに違いない。
欧州人の文明なんか、インディオやアフリカ人をぶち殺して出来た立派な墓石みてーなもんじゃねーか。おめーらの歴史のどこが人道的なんだよ、まったく。
日本は日本の道をゆくのだ。

ひとつの社会の文化なり文明というものは社会が緊張した事態にいきあたると特異的に突出・強調された姿で特徴があらわれる。
日本の場合は、社会の構成員ひとりひとりが「社会の部品」にしかすぎない、あるいは「部品」として機能してくれないと社会として成り立ってゆけないという強迫観念があることが、おもいがけない形で強調されてしまった。

福島県人がそこで育ったなつかしい故郷の土地に執着したり、たくさんの日本人が頭のどこかで微かには鳴っているに違いない「やはり危険なのではないか」という生存本能が出している信号に逆らってひたすらな善意でボランティアで瓦礫を片付けに東北にでかけたりすることは、皮肉なことに、政府の思うつぼ、では言葉の趣味が悪いだろうか、結局は天皇のあとに経済を「国というものの実体」にすえてやってきた得体の知れない「日本」という全体が生き延びることに賛同している。
そうして、その歴史のダイナミズムを生き残ってきた「日本」という何かは、いま福島県の子供がまさに実験動物としての役割を担わされているように、あるいは「放射能は安全か安全でないか」という日本が「安全」のほうに有り金を全部賭けた賭けのテーブルにおかれたチップの象徴の役割を担わされているように、歴史上、個々の成員である個人の生命や幸福など一顧だにしたことがない。
日本が敗北した1945年に終わった戦争のときもそうだったが、社会が破滅的な誤りを犯すときには、原動力はつねに個人の善意であり、被害にあったものを傷む気持ちであり、国の中で自分の愛するものを守らねばならない、という強い決心である。

神様なのか枚挙して要素を並べて違いの影響を俯瞰するにはお互いに影響しあう事象の数がおおすぎる「社会」というものの複雑でほどけない糸のからまるのような力なのかは判らないが、破滅に向かわせるときには意地でも破滅に向かわせる、というようななんだか訳のわからない「暗い意志」を感じることがある。
否が応でもお前達を滅ぼしてやる、という強い意志を感じることがあるが、その「お前達を滅ぼしてやる」と底冷えのする声で述べているものの相貌をよく見つめてみると、自分が自己を犠牲にして支えていこうと思っている当の「全体」である、というのは非常識にみえて、歴史にはいくらもころがっている「常識」であることをつけくわえておきたいと考えました。

This entry was posted in 福島第一原子力発電所事故, 日本の社会. Bookmark the permalink.

3 Responses to 常識、非常識、フクシマ

  1. Ukoh says:

    横須賀でも、3.12の後雨に濡れてしまったと言って、頭を丸坊主にしたアメリカ兵がいたし、それを笑う日本人がいました。
    逆に、今英語習ってる連合国人先生はもう3年も日本にいて、震災の時も爆発の後も特に気にせず日本で生活しているようだし、よっぽど「ロンドンに家買う資金なんていいから、帰りなよ」と言いたくなる。

    以前ガメさんに似てると失礼な事を言いましたが、森巣博の『蜂起』を思い出しました。
    あれはフィクションだし、これから先日本が転覆しても(もう転覆してるけど)ああやって蜂起する人々が出るとはやはり思えない。それだけ日本人は軍事訓練の延長線上みたいなアホ教育で、自らの手で自らの牙を抜いて来たのだと思います。

    物事の本質から派生する細かいあれこれを、日本人お得意の繊細さで磨きに磨いた揚句、そこから発する光で本質が見えなくなってしまったと感じています。
    古くて良い物が売れなくなってしまった、最近は目が利く人がいないと嘆く古道具屋と話していて、六感まで鈍化したのかと寂しくなります。

    大きくて科学も文化も発達した国が、一夜にして津波で海底に沈んでしまった・・・とプラトンが書いたアトランティスの話しが、まんま今の日本に重なります。
    権力や金に誘惑され、智恵と美徳の細道を外れてしまった国が。

  2. Ukohさま、

    >それを笑う日本人がいました。

    なにが可笑しかったのだろう?怖がるからですか?

    >ロンドンに家買う資金

    そんなん三代かかってもたまらないんちゃうかしら。

    >自らの手で自らの牙を抜いて来たのだと思います。

    日本社会て軍隊に似てる。
    びっくりするくらい似てる、と思う。
    軍隊のなかで「自分の意見」なんてゆってたらえらいことになる。
    同じ事が出来ないやつを皆で袋叩きにする陰湿さまでそっくりですのい(^^)

  3. kochasaeng says:

    フクシマ、ってカタカナで書くと、なんだか知らない土地みたいで。
    おれは福島県人ではないけど、去年の3月までの数年間は福島県民だったからね。ちょっとは知ってたんだ、福島を。
    あれだけの地震があって、放射能まで撒き散らしてんだから、臆病なおれは逃げます。もう福島に行くことは、ないかもね。

    友人がたくさんいたんだよ。福島には。
    「逃げろ」って言ったよ、おれは。説得もした。
    でも、居残ってるひとのほうが多い。ほとんど残った。年長のお友達は、「もうじゅうぶん生きたから、これから知らない所なんか行きたくない」ってみんな言った。本心はどうだか知らないけど、結果として福島に残ってるから、有言実行です。
    おれと歳の変わらない連中も「外国はダメだよ。言葉できないし、仕事もない」って言う。言葉なんて憶えりゃいいだろ。仕事は考えろよ。握り飯作ってバンコクの路上で売ってる日本人もいるぞ。つうか外国じゃなくてもいいじゃん。でも現状をみると、福島に居ることにしました、って結論なんだね。
    もうそんなんだから、「TPPが実施されて日本語禁止になったら逮捕されちゃうから、外国に行った方がいいんじゃないか。逮捕はされないぞ。日本語つうじないけど」って冗談言う気も起こらない。

    全員が、そう思ってるかどうか知らないし、人数なんてどうでもいいんだけど、ようは「弧茶は逃げた」と福島の知人には思われてる。「福島から逃げちゃったね」って。「大袈裟なんだよ、あいつは」とか。
    あったりまえだよ。逃げるに決まってるって。それでなくても昔、日本とか自分とかいろんなものがイヤになって逃げてんだもん。脱走にかんしては、ちょっとした手練れなんだ。「福島から逃げるのか」って訊かれたら、「うん!」って元気良く返事するに決まってんじゃん。

    ただね。福島に残ったひとが残りたくて残ってるとは限らなくて、いろんな事情で残らざるをえないひとってのもいるんだろう。そういうひとの中には、さっさと逃げちゃったおれみたいなのがアタマにくる人がいるようだ。
    最初っから遠く離れた知らないひとが「がんばれ日本。がんばれフクシマ」って言ってくれるのはありがたいし嬉しいけど、おれみたいに福島から遠く安全地帯に逃げたニンゲンからだけは「そこに居ちゃ危ないぞ。逃げろ」とか言われたくないそうです。「がんばれ」も大きなお世話で、それまで一緒に綱引きしてた仲間だと思ってたのに、気が付いたら遠くから「がんばれ、がんばれ」ってテキトーなこと言ってんじゃねえぞ、って話だ。
    なるほど。そうかい。
    そんなこと、べつにいい。おれが臆病だってだけの話だもん。おれのやり方が、あんたを否定してる訳じゃない。気に入らないかもしれないが、おれは自分にできることを、やりたいようにしただけだ。独自に言いたいことなんかない。もう、おれの行動は福島について完結してるから。おれと、あんたは別々のニンゲンなんだ。あんたも、じぶんのことは、じぶんのアタマで考えろ。放射線量が増えたからと、「だいじょうぶかな」って、おれに訊くな。安全地帯からモノ言われたくないんだろ。
    つうか国は何やってんだ。弱い奴は野たれてしまうんだよ、っていうんじゃ原始時代と同じで、そんなの、国じゃない。

    なんかもう、自分も含めて、いろいろがっかりなのね。
    福島や放射能についての卓見があるわけじゃない。「頼むから、黙っててくれ」とまで言われる。言うことなんて、何もないです。
    正直、地震からあとの福島のことは思い出したくもないし。
    ただ、福島のことは気にかかっていて、福島についてのニュースは必ず目を通して、それについて溜息ついてる。
    今日はちょっと自分の気持ちを測ってみました。幻滅しちゃってるみたいですね、おれは。
    福島について新しく言うことは、今のところ、まだ何もない。あるのは、美しい思い出と残念だけだね。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s