ニンテンドーの冷や水

1983年に任天堂が発表した「ニンテンドー」、日本でいうファミコンはいまみても、ものすごく良く出来ている。1.8MHzで駆動するリコーのRP2A03に2kバイトのVRAM、256x240ライン、64色のうち無効色を除いた50+色、スプライト、というビデオ機能、いまみると音源はCPUそのものに組み込まれていたとあります。

その頃の英語世界ではコモドール64が主流だった、とゆーと、えええー、AppleIIだろ、だって、という声が聞こえてきそうだが、アメリカはともかく、わしが知っているオトナどもは、みなコモドール64をもっていたよーでした。
なんでだかは知らん。
1986年に発売されたGEOS
http://en.wikipedia.org/wiki/GEOS_(8-bit_operating_system)
を使えば、ワードプロセッシングも表計算もPCやApple Macintoshの20分の1のコストでほぼ同じことがやれたが、大半のコモドール64ユーザはゲームにしか使っていなかったのは言うまでもないことでした。

そんなら、ゲームに必要なもの以外は、みんな取ってまえばいいやん、というのがファミコンの設計思想である。
簡単なことのようだが、遠大な夢、とりわけ個人がコンピュータをもててしまったというカンドーからくる、ほぼ誇大妄想に近い、DBやれるCGやれる、232Cもやれる、それにそれになんたってプログラミング!という「希望」は、大きすぎて、なかなか「ゲームやれればええやん」という境地には至れないもののよーでした。

ところが任天堂のエンジニアは、ほんとうにコンピュータをゲーム用に裸にしてしまった。
無茶苦茶売れたのは当たり前だと思います。

それ以来、いまのアニメブームどころの騒ぎでなくて、ゲームは日本のもの、というのは当たり前のよーになっていた。
Wizardryみたいにクソおもしろくもないパロディばっかしの気取ったジョークゲームより、(と書きながら英語wikiを見たら日本ではマジなゲームだという扱いになっていたことがわざわざ別項を設けて書いてあってこけたが
http://en.wikipedia.org/wiki/Wizardry
マリオのほーがオモロイに決まってるだろ、ということでした。

ずっと後になって生まれてきたわしにとっては、初期ガキ時代のタイムアウト(ゲーセン)には、日本製の中古ゲームがいっぱいあった。
杜撰、というか、ゲームの声も日本語で、「いくぞっ!」とか
「おうりゃああああ!」とかいう声が煉瓦造りの建物中に響き渡っていたものである(^^)

日本のゲームはものすごくおもろかった。
まず第一に設定が無茶苦茶で、一応国旗がシャツについていたりしても、何国人だか全然わけがわからんにーちゃんやねーちゃんが、そんなわけねーだろ、というスーパーキックやウルトラパンチを繰り出して、おまけに、よくこれで倫理規定にパスしたなあー、というか、多分、倫理委員会とかシカトしてんだな、っちゅうようなニッカーズまる見えのねーちゃんとかが画面せましとあばれまわる。
ガキというものは本然的にアナーキーな混沌を喜ぶので、夢中になって2ドルコインをつぎこみ、どこのタイムアウトも阿片窟のような様相を呈して、蒼惶として目の下に隈をつくったガキどものゾンビのごとき姿が見られた。

1991年に出た英語版三国志は大プロモーションにも関わらず、まったく売れなかった。
わしはサンフランシスコで1994年頃、ワゴンで投げ売りしていたソフトの一本として買ったことがあったが、感想は、「なんでこんなもんをつくって売れると思ったのかなあー」でした。
なんだか我慢に我慢を重ねて、よく訳の判らん中国人になって国を治めるゲームで、
なんのこっちゃ、という感想しかなかった。
当然台湾か香港のゲームだべ、と思ったら、日本人がつくったゲームだ、というので、周りガキはみな中国と日本の印象が癒着しているので驚かなかったが、従兄弟という父親が日本人のガキをマブダチにもっていたわしは、ぶっくらこいてしまった。
な、なんで。
第一、日本人は中国人嫌いなんちゃうのか、と考えたが、なんとなく従兄弟や義理叔父に訊くのも憚られるような気がしたので訊いてみることもしなかった。

わしの場合は、その頃から日本製のゲーム世界からどんどん離れていったような気がします。ビデオゲームも4、5本買ってどれもつまらなかった、というか同工異曲で、なんでもかんでも同じだのい、という感じだったので、買う気がしなくなっていた。
ずっとあと、2000年頃、PalmOSのKyle’s Quest
http://games.brothersoft.com/kyle-s-quest-classic.html
というゲームでよく遊んだが、これはパチモンのドラゴンクエストで、これくらいが日本語ゲーム世界製ゲームで遊んだ最後なのではないだろーか。

日本に行ったとき、いちど、ヨドバシカメラのゲームソフトの棚をみたことがあったが、
チョー高い価格設定(英語ゲームの平均3倍程度)を別にしてもターンベースの、あのまったく売れなかった「三国志」と似たよーなゲームが多い上に戦争ストラタジーゲームがやたらと多くて北朝鮮の陸軍生協みてーと思ったりした。
あとは、ちょっとパスな、子供がおおきな胸をしてニッカーズまるだしでにっこり微笑んでいる棚においてあるだけで犯罪を構成しそうなゲームばかりだったので、オモロイ日本語ゲームないかなあーと思ってでかけたわしは落胆した。

1980年代初頭に、ものすごいゲーム革命を起こした当時25歳から30歳くらいの若い企画者や技術者は、いま50代の管理職や役員になって、自分の成功体験にとらわれているのに違いない、と、いまのわしには判る。
突然どんどんどんとすごい勢いでつまらなくなっていって、終いにはPSP Goのような過去の成功体験とマーケティングと自社の都合だけで出来上がったチョーマヌケなヘンなものまで作るようになってしまったのは、どーも、「むかし成功した体験にしがみついて若い衆の意見が全然聞けないおっちゃん管理職」に原因があるよーだ。
特にわしの推測ではなくて、ゲーム業界のお友達の証言でもあります。

日本の80年代はたとえばMX5、世界を狂喜させて、クルマファンのおっちゃんたちがみんなで手をつないでフレンチカンカンを踊り出しそうなくらい喜んだ日本名ユーノスロードスターを出して終わりを告げる。
日本のひとがオカネが東京兜町の青空からバラバラ降ってくるのを利して若いひとびとがスキホーダイ無茶苦茶な企画をしていた時代です。
ニンテンドーが生まれMX5が生まれPCは拡張EGAにテキストVRAMがついたビミョーなものしか作れなかったが、それでも目をこらすとPC-100のようなヘンなコンピュータがやっぱりある。
いまの「マーケティング戦略」とオカネの計算だけでつくったおっちゃん臭が漂うMade in Japanの群れとはえらい違いです。

ときどきわしは、いまの日本の「再生」には、自信のないナチの看守みたいな大阪市長や、怒鳴りあげるようにして「原発」を推進する元テレビ屋のじーちゃんのようなひとのゆーことは必要がなくて、自分達が若いときの成功体験がそのとおりであるように、「ゆとり」とかなんとか悪態をついてばかりいないで、若い衆に好き放題やらせればええだけなんちゃうのか、と思うことがある。
人間はいっぺん成功すると、もうそのパターンから出られなくなる。

しかし、過去の日本の成功は、その頃苦渋をなめた外国人たちによって研究つくされていて、対抗策がすっかり用意されている。
いま50代のひとが若い頃の成功体験に基づいて「クルマとはこーゆーものだ」
「こんなものがゲームと呼べるか」とゆっていても市場のほうは受け容れるわけはないのです。

もう年寄りの冷や水、やめればいいのに。

This entry was posted in 日本の社会. Bookmark the permalink.

3 Responses to ニンテンドーの冷や水

  1. ぽんぴい says:

    GotyeのSomebody That I Used To Knowとlukaのjust be friendは似てるね。

  2. じゅら says:

    ガメさん、こんばんは。
    私の周りを見てる印象でも、2000年くらいまでは「洋ゲー」ってマニアのもの扱いだったけど、最近は普通にヒットが出て、普通のゲーム好きがたくさん遊んでいる気がします。少なくとも、ゲーム用のハードを持っている層ではそうです。「洋ゲー専門フロア」や専門店みたいのってまだあるのかな。

    Wizardryなつかしい。家庭用ハードで遊びまくったもんです。英語のWikipediaにそんな項目があるなんて知りませんでした。だいたい合ってると思います(笑
    「クソおもしろくもないパロディばっかしの気取ったジョークゲーム」でも、そのパロディ元が全然知られてないから、シリアスに取るしかないんですよね。入ってきた当時はああいう世界観自体マイナーだったようだし。はまってた頃に関連本や妄想本や二次創作?本をいろいろ買いましたが、ネタ元を網羅したものはほぼなかったと思います。ネット時代になってからようやく知られてきた程度かな。そして私は「モンティ・パイソン」に行き着きます。

    ところで、記事と全然関係ないけれど、何か素晴らしいことがあったみたいでおめでとうございます。
    実は今朝方夢に出てきました(笑) 幸せで両手がふさがっているモニさんの代わりにドアを開けたりして嬉しくなる夢。ガメさんのやることを横取りしちゃってるし、そもそも顔も分からないはずなのに不思議です。
    「男性は自分で体を張らなくてすむからいいなぁ」と常々思うのだけど、実際その立場になってみると、とても寄る辺がないような、地団駄を踏みたいような気持ちになるのかもしれませんね。とにかく、今回のことはほんとによかったです。

  3. Akira says:

    ガメさん、そしてモニさんへ

    Félicitations pour la naissance de votre 。。。
    やはりこの写真はそうだったんですね! 可愛いらしいベッドですね。すぐに小さくなってしまうかも知れませんね。
    どうですかお父さん、1番はモニさんで変わらなそうですか?(^^)
    お体に気をつけて下さい。
    Aki

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s