現実という冷酷


decriminalization、
http://en.wikipedia.org/wiki/Decriminalization
という言葉があります。
日本語には、該当する言葉がもともとないよーだ。
日本のニューズサイトには「合法化」と訳してしまうものが多かったのを憶えているが、「非刑罰化」という日本語がわかりにくいと考えた結果でしょう。

たとえばニュージーランドでは売春は「decriminalized」されている。
売春という犯罪に対して刑事罰がなくなったのは、ニュージーランドでは極く最近で、確か..記憶が間違っていなければ前世紀の終わりのどん詰まりだったのではなかろーか。
売春に対して刑罰を無くすことを強硬に主張して、警察を相手の大論戦に打ち勝って実現させたのは日本で云う「婦人団体」で、刑罰があれば売春婦たちは客や通りに屯するバカタレが犯人の強姦被害にあっても泣き寝入りするしかなく、そんなことが許されていいわけはない、という理屈でした。
家出して都会にやってきたティーンエージャーの女びとを麻薬漬けにして売春宿で働かせる、というのはどこの国でも行われている「定石」だが、売春を非刑罰化しないと暴力団の財源になってしまう、という理由もあります。

マリファナもニュージーランドの法律では少量の所持は罰金だけで犯罪歴は構成しない。
こっちのほうは、そんなんまで刑務所に収容していたら税金がいくらあっても足りん、という国民の主張によって刑罰がなくなった。

英語国民、とまとめて述べることが多いが、地図をみてみれば北海に面していて見ようによっては北欧に属している連合王国から無茶苦茶寒冷なカナダ、声がでかいアメリカ合衆国、のんびりで荒っぽいオーストラリア、もーダメだあ、が大好きな悲観的なニュージーランドと風土はバラエティに富んでいる。
国の性格はいろいろで、英語人は自分の性格にあわせて国を移動してパスポートもそれにあわせて変えてしまうのを好む。
料理の好みひとつとって考えても連合王国人はインド人が呆れ果てるくらいインド料理ばかり食べているがアメリカ人はインド系のひとびと以外はスパイス音痴で、せいぜいチリで「辛いよおー」とゆってむなしく喜んでいるくらいのもので、インド料理はあんまり流行りません。

ひとつだけ共通しているのは「現実的」なことであって、理想論や「正しくないからやだ」ということに固執するひとは小人(しょうじん)あるいは狂人の一種とみなされる。
ゆっても意味がないことを、ただ正しい主張だからと云って手足をバタバタさせるかのごとく主張するひとを最も忌み嫌う。
「正しさ」というものが、ある時点でどんなに完璧に正しそうに見えても、実はまるごと間違いで、時間が経って何万人も女びとや男を「魔女だな、おまえ」とゆってぶち殺してしまってから、違ったみたい、になったりした苦い経験に立って、正しさなんちゅうのは危ういものだ、ということを経験によって学習した西欧全体の歴史が影響している、ということもあります。

竹中平蔵という人の新法党を批判する旧法党の論旨は外国人にはひどく判りにくいものだった。
新法党は「社会の公平を捨てて生産性を増大しなければ日本は大没落して公平どころではなくなってしまう」と言っているのに、旧法党は
「不公平はよくない」と額に青筋を立てて怒っている。
議論がまったく噛みあっていなかった。

新法党は国民の不評判ということを考えて「公平を捨てる」というひと言が言えないために、生産性をあげれば世の中がよくなる、みたいに奇妙なロジックで政策の明るい面を強調しようとしたので、とうとう最後には完全に訳がわからない議論になってしまった。
日本の財政がバランスを取り戻す道へ引き返す最後のチャンスを失った瞬間でした。

事態を見守っていた外国人は小泉・竹中の経済路線を日本が見限ってしまったのを見届けると、日本の将来には期待しても仕方がない、と考えるようになった。
いきなり轟沈してまわりをまきこまないでさえくれれば、世界全体の生産性は中国やインド、ブラジルのような国に期待する以外にはないよーだ、と覚悟を決めた。

日本にいるあいだ、小泉が日本を悪くしたんだ、と吐き捨てるように言うひとにたくさん会ったが、わしのほうは「そーですかあー」とか「そーですかあー?」とかゆっているだけで、日本のひとが決めることだから、と考えて、へらへらして酒を飲んでごまかすのが常だった。

ビンボニンを切り捨てて社会の生産性を恢復する、というのは切り捨てられるほうから見ると悪辣このうえない考えで、到底うけいれられない。
社会の側からみるとビンボニンを切り捨てないと先行き社会ごと崩壊してしまうので、面倒をみたくても到底「面倒はみるからね、とーちゃん」とはとても言えない。
では、どーするか?というのが命題であったはずなのに、
小泉の言う事を聞くと敗者が増加する、竹中の言う事は貧乏人の切り捨てだ、という激昂した憎悪の言葉が聞こえてくるだけで、きっと小泉首相や竹中平蔵は、
「そりゃ、そーなんだけどね」と内心で考えていたに違いない。
でも、弱者を切り捨てないと強者も弱者もひとしなみに呑み込んで日本はなくなってしまうだろう。
それでもいいのか?と思っていただろう。

福島事故でばらまかれた放射能を怖がりすぎるのは現実的でない、ということになっている。
だって、ダイジョブそーじゃん、と科学者たちもゆっておる。
日本の政府が考え出したコードゼロ攻略法は、国民ひとりひとりの身体をコンテナにして、うすーくひろーく放射能をばらまいちまえば、誰もビョーキになんないじゃん、という日本人の好きな言葉で言えば「180度の発想の転換」、チェルノブルで必死に狭い地域に放射性物質を閉じ込めようとしたソ連人の努力を嘲笑うかのような鮮やかな逆転発想法というか、日本的な解決で、痛みもみんなで分かち合えば痛くない、という方針だった。
よく考えてみれば、これは小出裕章という勇気のある核科学者の「年寄りはみなで放射能で汚染された食べ物をいっぱい食べるべきだ」という意見と通底していて、事故で崩壊した原発を挟んで正反対の立場の両方が同じことを述べている。

英語人の現実主義の一画には、「致命的なことを避ける」ということがあります。
ほとんど本能になっている。
カシノで負けが込んでくるとアジア人のプレーヤーは逆に大きく賭けようとする。それも逆張りで負ける確率がおおきいが当たればデカイほうに賭ける。
観察してみればすぐにそうと判るが、イギリス人のプレーヤーは10万ドル負けていても、やはり賭け金を増やすこともなく勝率も高い(というのは勝ったときに稼げる金額も少ない)ほうに相変わらず賭けている。

賭博の例をこういうところで出すのはよくないだろーが、結局イギリス人は明け方近くになって席を立つと、こんなに負けたら取り返すのに十年はかかる、とかなんとかぶつぶつ陰気につぶやきながらタクシーを呼んでもらうに違いない。
香港人は「今度こそ大丈夫だ。もう一万ドル貸してくれれば全部取り返せる」と友人を口説いてまわってなにもかも無くすことが多いようでした。

日本の政府がフクシマ処理で、いまやっていることは「逆張り」そのもので、うまくいけば原発事故という「大損失」を取り戻して喝采をうけられるが、うまくいかなければ、どひゃっな結果が待っている。

何事も現実にべったり貼り付いてしか考える事が出来ない英語人の目には、いくら確からしいと自分では考えていても、現実の社会は、対策会議のホワイトボードに描かれた社会とは違うのだから、現実が人間の予想を裏切ったときの、あの冷酷な相貌をみせたらどーするんだ、と思うが、日本の政府は、綿密な計画は現実を折伏できるものと信じているよーだ。

がっちんがっちんの現実主義者の集合である英語人どもは、とにもかくにも放射能などは危険極まると考えておくほうが現実に生存を延長する可能性のほうが高いと決め込んでいるので、息を潜めて、
かくなる上は日本人に大方の英語人の予想に反して逆張りの勝負に勝ってもらうしかない、と、ピットから祈りに近い感情で眺めているのだと思います。

This entry was posted in 言語と習慣, 日本の社会. Bookmark the permalink.

4 Responses to 現実という冷酷

  1. ぽんぴい says:

    おぬしはヘタクソなりに日本語を使えておる、と自分で考えているだろうけども、残念ながらおぬしの日本語は英語思考を和訳したものだ、と感じます。
    無意味に長いのですわい。
    もっともっと短縮して、凝縮してくれ。

    君が短い和歌を詠んでくれると面白いけんども、
    そういう志向は(嗜好とか思考とか試行とか施行とか至高)は、ありますでしょうか?

    てんてんてん

    あ、じつはおれの正体は狐なんだよ

    • Akira says:

      一体何回こういうコメントがあっただろう。。
      これは日記なんじゃないすか?
      オイラはこのブログに来る時、何か人の家に入って行く気がする(^^)  Teaは出えへんけどもね。。。
      だからお行儀よくせんと。オイラはたまに新幹線で帰宅途中、ワイン飲んでるからトンネル入る前とか電波切れるって慌ててコピペ何回も貼っちゃったりしてガメさんから顰蹙かってると思ってますが。。
      へたに凝縮したところで良くなるとか、そういうもんじゃない。「長い文も」ガメさんの文体の特徴ですよ。口語的とかって一言で言い表せる物でもない。長くても速読できる程ツルツル入って来る文章も在る。
      日記って面白いナと思ったのは、ガメさんが毎日書いてて、ノートを閉じて開けると何がしか顔も解らない人の感想が書いてある。まるでポルターガイストの悪戯みたいにね。でもガメどんのデッケエ手のひらで「パッパ!」と払い落とされる本に住む蛆虫みたいなモンでもある。
      他人が揶揄するもんじゃないと思うのはオイラだけですかね?

      • ぽんぴい says:

        お行儀の良い人だね、キミ。
        他人がどこまでも他人であるなら、その通りだ。
        でも他人とは何か。
        つまり自己とは何か。
        自分とは、自分と自分ではないモノごとが重なっている時空であるよ。
        この世からおせっかいが無くなれば会話が途絶えるんですよ。
        他者の本尊に言葉を届けるのが対話でして、それを試みる人はものすごく少ないのです。
        一人もいねーかもよ。

  2. Akira says:

    ぽんぴいさんや
    こんちわ。貴君の仰る事は百も承知でござるよ〜〜 講釈は勘弁してよ〜 もっと本質的なことを考えたくてここへ来てんだからさ。。。
    オイラは昨年震災後からガメさんのブログ読み始めたのでね、貴君とガメさんの文章交流のバックグラウンドや価値観、その雰囲気もよく解らずワイン脳でコメントしたので誤解を与えたなら申し訳ない。オイラはね、正直ガメさんの奥方様がオイラのカミサンと同じモニさんってことにしか結局は興味ないのかも知んない(苦笑)
    でも少なくともオイラには英語を翻訳しただけには感じないヨ。ぽんぴいさんはそう感じるってことね。。。
    今回のコメントはちょっと通りかがったんで書いたまでです。しかしながら繰り返すけど事の本質は文章の長さじゃないと思う。文章が簡潔でも詰らなかったり、それ読んでる人(貴君ではないですよ)がアホならそいつの大脳ではそれが膨大な量の文章になっちまうんじゃねえの?ってことを汲み取って欲しかったヨ。即ち文章は長くても読み手に能力があれば一行一行が四字熟語に還元されるし面白くもできる。だから読書は面白いんじゃない。

    ところでホント興味深いのは、文章が饒舌に成る時のテーマが決まっていると言う事。それはガメさんの思い入れもあれば、オイラの思い入れにも依存している。如何様にも変容する、、
    それが面白い。難くせ付けたく成るのもその人の時々のコンディションにも依存している。
    ともあれ、ガメさんの文章を内容、ニュアンスを変えずに短くした例を見せて下さい。お手本が無いと解りませんがな。

    Aki

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s