Daily Archives: September 12, 2012

平成日本への道_その2

小津安二郎というひとは、当時は、いまから考えると想像がつかないくらい作る映画の評判が悪かったひとで、最後期は「マンネリ」「世界の黒澤、大船の小津」(大船の松竹映画制作所の内輪だけの高い評価、という意味と思われる)「保守反動」と言われ続けた。 あんな映画は日本という特殊な社会のうちがわだけで受けているので、世界にでればカスみたいなもんだ、とまで言われた。 「ぼくは豆腐屋だから豆腐しかつくれないのさ」と憮然として述べてはみたものの、やはり気にしないわけにはいかなかったようで、「早春」という映画だったと思うが、池部良という、わしも子供の時に電気ビルのてっぺんで会ったことがある(^^)俳優を使って、当時の現実生活に近い設定で映画を撮ったことがあるよーでした。 大会社の選良社員の役だったとおぼえているが、いつもの「現実にはありもしない」西洋の家に遜色のないラウンジや、おおきな門構えのある家ではなくて、当時の会社員の夢である分譲住宅に主人公夫妻をすませることにした。 東京物語においては戦争で夫を失った若い女でさえ同潤会アパートに住んで貰わねば我慢できなかった小津が珍しく現実の風景と妥協した一作だったのだと思われる。 いま、この映画を観るわしの目には、「6畳と4畳半にトイレ」がついているらしい「モダン住宅」のこの家は、スラムというかなんというか、雨風をしのぐだけの犬小屋に対する「ヒト小屋」というものがあれば、これがそうだろう、と思われる体のもので、ボロイ家の印象が強烈すぎて物語のほうは、ぜんぜん頭にはいらなかった。 映画の中でなにが起きたのか、少しもおぼえてない(^^;) おぼえているのは「やたら家がボロかった」ということだけです。 小津というひとはもともと「安定した日常における不安定な人間と人間の関係」という西洋的なテーマを追究したかった監督で、ビリー・ワイルダーを映画監督の理想とした。 そのためには実質のある「生活」というものが必要なのである以上、人間が人間としてふるまえるだけの空間が確保されていなければ話にならないことをよく判っていたひとでもあって、だから、ゆったりとして、頭のてっぺんから天井までにおおきな余裕がある室内を好んで撮った。 有名な「ロー・アングル」の理由のひとつは、あんがい「西洋的な枠組みのなかで日本の生活を描写する」ための工夫のひとつなのかもしれません。 小津が描いた「落ち着きのある日本」など、その頃の日本にはどこにもなかった、というのは、いまでは西洋の熱狂的な小津ファンたちにも周知のことになっている。 半ば家出した主婦が、自分以外は列車の振動で揺れる一輪挿しの薔薇が揺れているだけの一等車のソファに腰掛けて憂色にふける、あの「日本」は、小津のあたまのなかにだけ存在した日本だった。 「これがデカダンスなんだよねえー」と「大勝烈定食」 http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14000226/dtlrvwlst/3659540/11028698/ を平らげた義理叔父は、欣喜に入っておる。 ここのソースは、企業秘密でさ、と食べ物で満足したひと特有の単純な幸福に目を輝かせながら義理叔父は述べる。 4人の役員しかレシピしらないんだって。 ほんでね、ほんでね。 4人で一緒に旅行することは絶対ないのだそーだ。 王貞治というひとはもともと両親が福建省に出身したひとである。 半藤一利の書いた本によると、王選手は自伝で書いてある出自の前には川向こうの半藤一利の家があった側に住んでいたそうで、「チャンコロ」だというのでものすごくいじめられた、と証言している。 何をみても、どこにも当時のことに触れていないのが、王貞治にとって、その子供時代がどういうものであったかのなによりの証拠である、と書いている。 力道山と同じ、というか、秘匿していたわけではないから違うともいえるのか、活躍するにつれて、日本では「わるい国籍」であるはずの中国人であることは、なんとなくうやむやになって、中国人だけど頑張ったんだから日本人として遇してあげれば、という、なんだか得体のしれないことになって、最後は国民栄誉賞をもらう。 なんども書いたようにわしは昔の雑誌を蒐集する趣味があって、日本の雑誌もご多聞にもれないが、連合赤軍が南軽井沢の「72ゴルフ」に近い「あさま山荘」にこもった事件の印象を訊かれて、「アカっていう、悪いやつらがいるんですよね。どんどん捕まえてもらわなければ」というような、他の「各界有名人」のコメントに較べると突出して「あんなやつらは許すべきでない」という強い反応をみせているが、多分、これは自分が外国人であって、ちゃんとしていなければ日本社会から認めてもらえない、下手をすれば送還される、という子供時代からの日本社会によるイジメと、恫喝に対する心の反応が固定化しているのだと思われる。 「野球」は当時の日本人の生活には、途方もなくおおきな位置を占めていたようで、義理叔父も神宮球場や後楽園によくでかけたものであるらしい。 球場としては、神宮球場がひろびろとして、気持ちがよくて、いちばんよかった、という。 「川崎球場、なんちゅうのは、ひでえ球場でさ」と、嬉しそうな顔をする。 一応、両翼「90メートル」っちゅうことになってるんだけど、どうみても60メートルくらいしかないんだよ。 レオン、っちたかな、ボールにくいこまれて、ぽっこーんとポップフライ打ち上げたらさ、それが風でふらふらと押されてスタンドにはいっちまうのさ。 「観客も翌日の新聞みると、五千、とか書いてあるんだけど」 数えてみると、11人しかいない。 南海にメイっていう選手がいてね、すげー、気の良い奴で、「へーい!メイ!」って外野席から呼びかけると、ピッチャーが投げてるのに後ろ振り返って手をふったりしてたw 高校生になると大森や府中の競馬によくでかけた。 小田原の競輪にでかけたら、全部まけて、歩いて渋谷に帰ったので死にかけた。 王貞治が「アカ」とはき出すように述べた連合赤軍はおおきな転機だった。 団塊世代は「通過儀礼としての革命運動」というストレス発散装置みたいな、よく訳のわからない社会慣習をつくりあげたが、あさま山荘に「新左翼」がライフルをもちこんで機動隊の機長を撃ち殺したことによって、一挙に全共闘以来の運動そのものの支持が失われてしまった。 日本人は、そこで初めて「ほんとうに革命が起きてしまったら」と考えたのだと思うね、と義理叔父は言う。 暴力とむきあわねばならない。 そんなのは嫌だな。 … Continue reading

Posted in 日本の社会 | 4 Comments