Daily Archives: April 24, 2013

返信3号

この数日、海は大時化で荒れてばかりだし、大雨は降るしで外に遊びに行かれなくてつまらない。 おまけに家のなかのひとはモニさんも小さい人も家を手伝ってくれるひとびとまで、みな風邪で、具合がわるいようだ。 元気なのは、わしひとりで「賢人は風邪をひかない」という諺は、ほんとうなのであると思われる。 ちょっとさぼっていたら、いきなり瓦解して、全然なにも読めひんやんというところまで落ちぶれていた日本語能力は復活して、本をちゃんと読めるところまではいかないが、短い文はちゃんととばさないで読めるようになったし、書く方は読むよりも常に楽なので、このくらい恢復すれば、日本戦後史くらいはでっちあげられそうな気がする。 書かないけど。 もう十全事業の日本文化征服計画に乗り出してから長いので、このもともとはゲームブログの初めからの読者のひとをふくめて、ガメ・オベールなるヘンタイな人と付き合うには、通常の10倍は忍耐心がないと付き合えないのを古いお友達はみな知っている。 自分で考えても、ツイッタで返事するのがめんどくさいとブロックしてしまうとか、コメントは、元記事よりも遙かにすぐれたものが多いのに、返信も書かないでほうっぽらかしであるとか、とんでもないというか、相変わらず無茶苦茶で、普通はこういう場合は「忙しかったので、すみません」と言い訳することになっているが、自他ともに認めるプーなので、忙しかったわけではありません。 コメントの返信をこれから書こうと思うが、新しいほうから書いていって、くたびれたら、そこでやめると思う。 この記事は返信だけなので、ふつーの人は読んでもおもろくないと思う。 *Rayどん、(黄土の影をめざして) https://gamayauber1001.wordpress.com/2013/04/22/黄土の影めざして/ >ガメが禅のことをケーハクと言うのは、このことと関係してるのかな。 いや、あんまり関係がない。 禅については、そのうち記事にして書くと思いまする *megさん (明日のための移民講座その3) https://gamayauber1001.wordpress.com/2013/04/20/明日のための移民講座(その3)/ >自分は今年の7月の参議院選挙が終わったら、もう海外移住は難しいんじゃないかと悲観しています。 もうすでに、今月から送金は厳しい状況ですが、海外への資金移動も渡航も、7月からは大幅な制限が加わって、若い人達は逃げられなくなるんじゃないかと予想しています。 日本は文明国であるはずなので、露骨な資金移動制限はできないはずだが、心配は理解できる。日本のひとの頭にはなかなか浮かばないようだが、それとは別に、留学にしても移住にしても、たとえばアメリカでいうと我が友josicoはん(@josico)がH1-Bビザが、5日で埋まってしまったと述べている。3年前は9月でも空いていたそうなので、移住熱、というか、ごく少数の国に人が集住する傾向は激化しているよーである。 ほんとはばらしちゃいけないのかも知れないが、留学にしても地域やグループ別にゲタや逆ゲタがあるのは常識で、中国の人や韓国の人がどんどん入ってくるので「東アジア人枠」は相当難しくなっているはずと思う。 オーストラリアやニュージーランドに至っては、もともと人口が少ないので、移民が一定数を超えると社会の側からの「いいかげんにするべ」圧力が強くなる。 特に異なる文化圏の移民は目立つので、「移民反対」を謳うバカ政党が突如支持率1位になったりする過去の苦い経験に鑑みて、移民コントロールが重大な政府の役割であるのは暗黙の了解になっている。 ニュージーランドで言えば、特にマオリ人が、自分達よりも東アジア人のほうが増えることを警戒して、内々の場では「もうアジア人はいらん」と声を強めていうようになってきた。 そういう「受けいれ側からの抵抗」の値もだんだん高くなってくるように見えます。 *tetsujinさま、(黄土の影をめざして) https://gamayauber1001.wordpress.com/2013/04/22/黄土の影めざして/ このあいだから紀伊國屋書店の電子書籍店「Kinoppy」(なんという剽軽な名前だろう)で鉄人28号の販売が始まって、日本陸軍の最終兵器を研究中のわしは、全巻購入してしまった。お名前を見て、一瞬、鉄人がお礼を述べにきたのかと思いました。 >たくさんの記事を読みました。2008年や2009年のものも、もっと前の1970の表示があるものも、手当たり次第に開いては読んで、止まらなくなってしまった。 このブログ記事は、たいした理由もなく、めんどくさくなると削除していなくなるというとんでもないブログなので、「1970」とタイムスタンプがあるのは、多分はてなに載っけていた分で、バグで、1970年になっている。直そうとおもえば直せるが、なんとなくカッコイイので、そのままにしてありますw >やらなければいけない仕事があるのに。毎日、あっちこっち開いては読みふけっています。ガメ殿と関心が重なっているようだ。異論はほとんどない。 それは気の毒、というか、「tetsujin」さんは、危ない人なのではなかろーか(^^; わしはチョー危険思想の持ち主なので、そのうち神様が軍団を率いて攻めてくるのではないかと思っている。 あのひとの軍団はローテクなので、わしのハイテク装備に勝てるわけはないが、備えあれば憂いなし、銃のキャビネットのなかのライフルをときどき磨いておりまする。 あと、スリングショットも。 >「「インチキだけど信じている」日本のひとの不思議な信念の合唱が聞こえてくる。(November 20, 2009)」 これを、一般的に、というか日本人の特殊性としてではなく、人間の認知と行動の一つのありようとして、説明する、ということは私の関心でもあります。 日本語で書いているので、なんでもかんでも日本のことにしてありますが、仰る通りで、これも日本人に特殊な心性ではない。 人間の価値のなかには、人間がほんとうは信じていないものがたくさんある。 このことについては、まだたくさん考えることがあるので、これからも繰り返し記事に出てくると思います。 … Continue reading

Posted in 近況報告 | 2 Comments