RIETI

IMG_0442

オリーブオイルは凝りだすとキリがない。
スーパーマーケットの棚に並んでいるオリーブオイルたちは固より本来の賞味期限をすぎた「死んだオリーブオイル」たちで問題にならない。
たしか日本にも量り売りでオリーブオイルを売るヨーロッパのチェーンの支店があったと思うが、ああいうものは序の口で病膏肓に至るとイタリアの農家から農家へ、天にも昇る、というかあの微妙な甘みとかるみのあるうまみを求めて徘徊すること、うまいワインを求めてフランスのヴィンヤードからヴィンヤードを徘徊するひとびとと軌を一にしている。

リエティはイタリアのなかでもうまいオリーブオイルがあるので有名な土地柄でオリーブオイルを買うのに寄った。
アッシジの聖フランシスというが聖フランシスは(わしの記憶が間違っていなければ)アッシジよりもリエティの田舎に住んでいた時期のほうが説教をぶって歩いた回数が多いはずである。
日本で言えば佐久市というか、イタリアのおへそにあたる真ん中にある町で海からも遠い内陸の町である。

わしはヨーロッパの田舎を旅行してあるくときは、めんどくさいので予約したりしない。
食事の準備とかいろいろあるので、ほんとうはそういう態度の悪い旅行者は困るが、「食事の準備がなければ食事はなくてもいいよん」と述べて、目で見てよさそうなところに泊まる。イタリアにもagritourismoなどと名前がついて、田舎のあちこちに膨大な数の宿屋があるが、中世からあるボローイホテルでもベッド&ブレックファストでもよろしい、要は農家でもなんでも泊まるところはたくさんあるので、少し早めに、というのはイタリア人は午後8時くらいから夕食であるという考えが強いので、午後6時くらいまでには訪ねていって、今日、泊まるところがありますか?と訊いて歩く。

辛いトマトソースと苦いオリブの実がはいったTagliatelleとオリーブオイルがいっぱいかかったチキンの無茶苦茶うまい夕飯を食べていたら、3人連れのアメリカ人の女びとたちがはいってきた。

ボスニアに住んでいる。
クルマでローマへ行く途中である。
このふたりはマイアミから来た。
わたしはボスニアに4年間住んでいる。
この世界にボスニアほど美しい町並みのある国はないから行ってみるのはいい考えだと思う。
町はとても安全で、夜中に女ひとりで歩いても少しも危なくない。

だんだん話していると、どうやらアメリカ軍で軍役についてから大学に行って語学を勉強した3人組のようで、ひとりはアラビア語、他のふたりは東欧諸語に堪能であるようだった。

フレミシュの音楽家のカップルもいて、フランス語やイタリア語、英語に流暢なのはいいが、モニにはフランス語、わしには英語、カップルのふたりのあいだではフレミシュ、イタリア人たちとはイタリア語で話すので忙しくて、モニさんはフレミシュ人に対する偏見を隠すのに苦労しているのが横でみていてわかって、くっくっくっ、な感じがした。

海外で会う、少人数で旅行しているアメリカ人たちは、わしの偏見に反して、たいていちゃんとしている。
欧州人に較べても、なんというかおとなであって、態度がきちんとしている。
オバマが国をふたつに割ってしまった。
こういうことはアメリカの歴史を通じてかつてないことだった。
アメリカではルイジアナが最も住みやすいと思う。
フロリダから州境を越えると、まるで別の世界でいつでもほっとする。
やわらかいクレオールの響きのように、人間性も柔らかくて、なめらかであたたかい。

話しているあいだじゅう背筋がぴんと伸びている感じがする。
話し方がすっきりしていて、無駄がなくて、知性的である。
dignityという言葉を思い出す。

部屋に戻って日本語インターネットをのぞいてみたら、アメリカの沖縄駐留軍を異常性欲者集団扱いしてアメリカ人たちを激怒させた大阪市長が今度は「他国の女性の人権も守るような発信をやっていく」と述べたそうで読んでいるほうはごく自然に頼まれもしないのに八紘一宇を唱道して「白人の鬼畜ぶり」に対して「アジア人の代表として人種差別と戦う」ために中国に上陸して南京や上海で「正義の戦い」を戦った過去の日本人の聖戦士ぶりを思い出してしまう。
日本人ほど外国に対して正義の民族としての義務をはたすことに熱心な民族はいないと思うが、なぜそれほど他国人を正義に導くのに熱心なのか見ているほうは単純に不思議の感に打たれてしまう。

ここにくる途中の村にも日本の人がいて、イタリア半島におけるローマ人の先住者であるエトルリア人の研究をしているドイツ人の旦那さんと一緒に地域になじんで生活している様子だった。
イタリアと日本は相性が良い国同士であるようで日本の人が大都市でないところにもたくさん住んでいるという。
都市はどんな国でも外国人にも住みやすいが田舎となると国との相性と文化程度が拮抗するのでないとなかなか住めるものではない。
日本という国に対しての知識はあまりなくても、イタリア人たちは地域地域に溶け込んで生活している日本人たちを観察して日本人たちの文明の高さを知っている。

ところがほとんどニューズにはならないといっても、折に触れて報道される日本の外国に対する態度は居丈高というか傲慢をきわめるというかで、これが隣人として一緒に暮らしている日本のひとたちが出身した国と同じ国なのだろうかと訝る気持ちになる。

日本語の体系と深く結びついて日本の社会には強烈なゼノフォビアが絡みついている。それはほとんど日本語で考えているかぎり脱出できないほどの深刻さであるようにみえることがある。

日本の社会はもっと日本人個人ひとりひとりをそっとしておいてやるわけにはいかないだろうか。
奇妙なことを言う、とおもうだろうが、これまでインターネットを通して眺めてきたかぎりでは個と個の対話ではふつうにしていられる日本のひとたちが「公」を意識し「社会」を意識した発言を始めた途端に、まるで発狂したような、日本以外の社会では到底まともな人間の発言とは考えてもらえない「意見」を述べだすのを見てきた。

いまの状態の日本社会に向かって言っても誰にも聞く耳がないのを承知の上で書くと、「橋下大阪市長の慰安婦発言はとんでもないがアメリカ軍の性犯罪が多いのは事実なので、それを指摘していくことは大事なことだ」「殺し合いを目的とする軍隊の構成員なのだからなんらかのはけ口を与えなければ兵士が強姦を働くのは当然」というような意見はもっともらしく聞こえるのかも知れないが、実際には空想的なくらい無責任を極める意見であると思う。

ツイッタで
「この橋下市長という人の滑稽な点はアメリカ人たちに「性的サービスを買う」ことを奨めることによって「妻子を裏切れ」と唆したのだという最も重要な点をいまだに理解していないことであると思う。それが判らないままジタバタするので日本の外ではだんだん話題として大きくなり規模も拡大しつつある」と書いたら、
「でも沖縄のアメリカ兵は妻帯者とは限らないのではないか」
「女性兵士もいるのだから、この意見はおかしいと思う」という人達がわらわらと現れて、わしを喜ばせたが、想定できる限りの条件を場合分けして、それについていちいち他人が納得しそうな説明をくわえておかないと、というのはこの場合ならば、

「この橋下市長という人の滑稽な点はアメリカ人たちに「性的サービスを買う」ことを奨めることによって1:妻帯している軍人や兵士については「妻子を裏切れ」と唆した2:独身でガールフレンドがいる兵士についてはガールフレンドを裏切れと唆した 3:独身でまだガールフレンドがいない男兵士にとっては将来(自分がこれまでやってきたことは細大もらさず相手に告白してふたりのあいだに「秘密」というものがなにもない状態にする英語人社会の決まりにしたがって)のガールフレンドを裏切れと唆した 4:女性兵士にとっては自分がoathを立てて参加した集団が非人間的な集団である示唆した、のだという最も重要な点をいまだに理解していないことであると思う。それが判らないままジタバタするので日本の外ではだんだん話題として大きくなり規模も拡大しつつある」と書くべきだということになるが、些末主義訓詁主義的な試験の答案ではあるまいし、人間の言葉がそんなに網羅的に表現されなければ意味することが伝えられないと考えるのは、頭のなかの言語が頽廃しているので、そういうことも日本語で「公」に向かってなにごとか述べることを困難にしている。
だが、この一見「公」と「個」の日本語の分解と関係がないように見える言語表現への不思議な些末主義も実は本質的には日本語に内在する同じ根から岐れてきた問題なのだと考えられる。

日本語における「公の言葉」と「個の言葉」の乖離は、文明度の上昇につれて人間として生きたいと願いだした日本人個々の欲求と、国家社会主義経済の要求から激しく個人を抑圧しようとする社会の後進性との乖離をそのまま反映している。
そうしてイタリアの田舎でみかける日本のひとたちの穏やかで知的な顔つきを見ると、どちらの方角へ日本語が収束してゆくのが日本人全体にとって幸福なことなのか明瞭なことであるように思えます。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

3 Responses to RIETI

  1. isaokato says:

    日本語世界では話題が「すごく個人的なこと」と「すごく社会的なこと」のどっちか極端にしか触れないのはなぜだろう、と自分でも思います。巷の会話を聞いていても、ものすごく身近で当人にしかわからないことを訥々と述べるか、ものすごくスケールが大きくて実感がわかない政治や社会の問題について延々と述べるので、どっちにしろ聴く気が次第に失せてくるのです。第三者になってみると、なんかどうでもいいな、とそのうち思えてきてしまうのです。現実感ありすぎで気が重くなるか、現実感なさすぎでつかみ所がないか。

    英語で会話をすると、話題と自分との距離が近くなったり遠くなったりを簡単に調整できるので(というより、話題が自分との距離を自動的に調整してくれるようなところがあります)、そのときどきの話題や人に応じて会話と自分との距離が常に伸び縮みします。それがダイナミックな運動となり、会話を通じてお互いと肉体的に汗を流し、気がついたら3時間、心地よい運動を続けることなんてざらです。面白いことに、リズムにのってくるとはたで聞いてる人も入り込みやすいので(会話の距離がその人にとって適切になる瞬間はいつか必ず来るので、そのタイミングで飛び乗れます)、会話の輪が自然と広まっていきます。ダンスの輪が次第に広がるようなものです。

    英語のそうしたダイナミックな会話の流れを過去時制にたとえれば、have beenの世界に似ているな、と時々思います。現在と過去の出来事のあいだに、常に何らかのつながりを持たせるhave beenの世界は、英語会話での自分と社会とのつながりに似ています。個人的な出来事と、社会的な情勢との間に細かいグラデーションがあって、ぶった切られていないから、会話はそのスロープの上でいったりきたりできる、そんな感じです。段差があまりないから、踊りながら行き来することだってできる。

    振り返って日本語の会話は am と was しかない世界に見えます。今起こっているか(すごく個人的なことか)、過去に起こったか(すごく他人事なことか)、そのどちらかに固定されてしまい、両者の間につながりはない。会話していても、自分の事情と社会の情勢との間は完全に分断されているので、話題がなんであれ、どちらか一方に寄せなければいけない。話題がどちらか極端であればたいそう心地よいのですが、中途半端に身近な話題にとってはたいそう息苦しい世界だと思います。

    例えば先日話題になった橋下発言については、彼が当たり障りのないことを言っていればあれは「他人事」できれいに処理できたのです。ところが彼が慰安婦についての意見を堂々と述べてしまい、それが日本全体の考えととられかねない勢いで国際社会に流れ、僕たちにとって奇妙に「身近な」話題に変貌してしまいました。これは実に、僕らにとって居心地の悪い状態でしょう。

    発言自体は、僕には弁護の余地が見えません。(国際)政治的な思慮も、(同類と見なさない)他者に対する配慮も、決定的に欠けており、しかもそのことを自覚していません。いっそ「何もわかっていませんでした。勉強します」と言ってくれればどれだけましだろうか、と思います。失笑は買うでしょうが、少なくともはたから見える底知れない不気味さはぬぐえるはずです。北朝鮮のおぼっちゃまと、全く同じに見えると言うと言いすぎでしょうか?

    しかし、それとは別に橋下氏を巡る日本での発言を見ていて、僕は終始違和感がぬぐえませんでした。彼をぶった切る側は「アメリカ/イギリス/中国/などなどではこんなことは起こりえない」と「手本とはここが違うよ」と指摘するという、よく考えてみれば日本で教師が生徒を叱る時に似ている調子です。肝心の、「手本」側が「なぜ」そんなことにしないかについての思考が、半自動的に途切れてしまうのも同じです。もう一方の意見は彼をめぐる状況を「分析」するように自説を述べ続け、次第に肝心な点から焦点がずれていくかのような印象を受けました。なぜかアメリカ軍の横暴や戦争の非人道性に焦点が移っていき、とんちんかんだったり、めんどくさそうな解説がつく。それらの言説には、「ずらす」ことが先立って、自分の意見でもって相手を本当に納得させようという意図は見えません。本当の目的は彼の発言のインパクトを中和することだったように見えるのです。とんちんかんなのは当たり前で、矛先をずらすことさえできれば、論点が向かう方向はどうだっていいからでしょう。

    一見両極端に見える彼をめぐる意見は、しかし実は根っこでつながっているような気がします。彼を「外国ではこんなことはしない」と断罪するにせよ、彼の周辺や違う話題について語ることで彼自身への言及を避けるにせよ、結局両者は同じ効果を僕の中で喚起させるからです。「他人事」にしてしまうという効果です。結局、橋下発言の何がどう問題なのか、どうしてそうなのか、本質がわからないまま、という意味で、彼の発言を一人一人が自分個人と絡めて考えることがやりにくいもどかしさを感じるのです。自分とは異なるどこか遠い世界で起こっている出来事、にすべてが中和されてしまう、それこそが僕が感じた居心地の悪さの正体でしょう。これを日本語社会でいう「会話との距離」にあてはめれば、橋下発言にまつわるすべてを「自分」から可能な限り遠ざけ、「社会情勢」の領域に押し込めてしまおうという動きに見えます。

    僕にとって、彼の発言を他人事にされることがどうして違和感につながるのでしょう?僕にとって、橋下氏が行った発言は「言語道断」ではあっても「他人事」ではないからです。日本で生まれ育った男性として、彼が口にした発言を聞いて「俺は絶対にこうは考えないな」と言い切れる人間がどれだけいるでしょう?彼が口にした意見の、少なくとも一部は、日本人男性が口には出さずとも心の奥底で秘めている「あるある」「いや実は俺も」「結局そうなんだわな」といった、「思い当たる」ものがあるはずです。でなければ、大衆の支持を得ることが最優先であるポピュリストの橋下氏が口にするはずがありません。彼は彼なりに、支持を得られると確信を得て発言したのだと思います。彼の本心であるかどうかは別として。だからこそ、僕たち日本人男性が脊髄反射する反応は「そんなまずいことを言うんじゃねえ、馬鹿が」という、調子にのって言い過ぎた道化者に対する恐怖が多少なりともあると思います。

    僕たち(特に日本人男性)は、彼の発言が自分の心の琴線に多少なりとも響いてしまったことを、認めたくないのだと思います。特に、彼をバッシングする「欧米」のメディアの反応を見てからは。誰だって自分は「先進国」の「文明人」だと思いたいから。でも、僕らが普段使い慣れた日本語に則して彼の発言を自分なりに処理しようとすると、「自分と同じ」と「自分と無関係」の二者択一しか見えません。橋下は自分と同じ、とはみなしたくない、いや見なせない、となったら残る手段は一つだけです。どんな手を使ってでも、彼が自分とは全く関係のない存在であることを証明するだけです。

    彼の言動を「外国とは違うよ」と言えば、自分は(外国のやり方を知っているか、もしくは外国とつきあいがあるから)違うよ、と示唆すると同時に、彼の言動の闇の深さから目をそらして「先進国にまだ達していない」と文化の成熟度の問題にできます。また、彼の言動を真っ向から否定せず、違う論点を取り上げることについては、問題に対する焦点と、自分自身に対する焦点を二重にずらす効果があるはずです。真っ向から彼を否定すると、それは真っ向から自分の一部を否定することでもあるので、嘘っぽさが見えたり、見破られたりする恐怖があります。何よりも、本当の論点についてしゃべればしゃべるほど自分も彼と同じ思考にとらわれていく恐怖がある。言語そのものに「同化」の力が内在されているから、直接何かの話題について語ると、磁石のように吸い込まれてしまう。だからこそその点をあえて「少しだけ」ずらすのが一番楽な防御方法になるのではないでしょうか。

    以上、日本語を扱うがゆえの「話題と自分との間に適度な距離をとるのが非常に難しい」問題から派生していると思います。僕らがここまで彼のことを「他人事」にしてしまいたいのは、「彼が自分とどの程度近いのか、離れているのか」が正確につかめないし、つかんでも距離を保ちにくからです。反発する磁石を適度な距離に保つように、常に緊張を強いられます。ましてや会話の途中に距離が変化するなんて、相当エネルギーを消耗するでしょう。英語であれば、たとえ自分にとって「痛い」話題であろうと、話題の捉え方を調整することで距離が自動的に調整され、少なくとも余計な気苦労はしなくて済むだろうに。

    僕自身は「手本」との差異の強調も、「中和」もしたくありません。できれば、こうした事件について、自分自身とのかかわりはどの程度あるか、を常に念頭において、自分とどこが同じで、どこが違って、自分はどう考えたのか、常に「僕自身」の立場から話しつつも、話題をつかずはなれずの距離におく訓練を日本語でも気をつけていきたいと思います。

    しかし、独り言やブログならいざしらず、誰かとの会話の際には僕だけがそのような態度をとっていてもあまり長続きしません。なので僕も日本語で深い話題を軽く扱うときには、どうしても人を選びます。はっきり言ってしまえば、外国や外国語の考え方を受け入れられる人達です。ひょっとしたら、海外在住かつ他言語をマスターした日本人同士で、そのような新しい日本語の使い方が広まった結果、同じ言語であれど違うものが派生・進化するのではないか、と思う時があります。僕はそれを待ち望んでいるのでしょう。確実に。

    コメントがやたら長くなったので、自分のサイトにも載せました。http://www.isaokato.com/2013/05/%E5%AD%98%E5%9C%A8%E3%81%AE%E8%80%90%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E8%BF%91%E3%81%95.html

    • じゅら says:

      isaokatoさんのコメントを拝見して、自分が男性には生まれつかなかったということを、しみじみ見つめて「良かったのかもしれないねえ」と言いたいような気分になりました。少なくともそれで、彼らの都合や理屈には完全に巻き取られずに済んだ面があるはずです。
      外国語で話したり考えたりすることについてはよく分かりませんが、こういうコメントが拝読できてよかったと思います。これもガメさんの人徳だろうなあ。

  2. Ray says:

    日本の男の人には、「女は本来男というものが生理的に嫌いで『何らかの強制力』がない限り、自分達は拒否されてしまう」という思い込みがあるんとちゃうやろか。だからすぐ女性に対する男の『強制力』をなんでも正当化したがるんやと思う。そんな思い込み捨てて同じ人間として見ることができれば、いくらでも接近や相互理解のチャンス生まれるのに。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s