Daily Archives: June 5, 2013

ノーマッド日記14

わしはエミリア・ロマーニャ(Emilia-Romagna)にいる。 Emilia-Romagnaの梨畑に囲まれた農家の一軒家で、真夏の日差しに変わった外の陽光のきらめきを見ている。 この農家にはロバが一頭と、囲いも無い庭を歩き回る雄鶏や雌鶏たちがいて、むかしは麻の脱色に使ったという深い池のまわりにカモの一家が住んでいる。 牛の鳴き声そっくりの声をたてて鳴くカエルたちがいて、エミリア語でなんというか農家の持ち主が教えてくれたが、忘れてしまった。 フェラーラとボローニャの中間にあるこの村の辺りでも二度あった地震で壁が崩壊した旧家がそこここにある。 クライストチャーチの苦闘を手伝いに行っておぼえているモニとわしは思い出して、「たいへんだびな」と話し合った。 午前はボローニャに住む友達と一緒に午ご飯を食べにあの世界一古い大学のある町へでかけた。 友達が教えてくれた広大なプラザの地下の駐車場は肝腎のプラザの名前を忘れてしまったので、どこにあるか判らなかった。長距離バス乗り場の前の駐車場に駐めて、メインストリートを大学町まで歩いていった。 ボローニャはおおきいというだけの普通の町で、特に面白いことがあるわけではない。本屋でイタリア園芸の本とエミリア料理の本を買って、文房具屋でいかにもイタリア風のシンプルでシブイデザインのノートブックと日本の「トンボ」製のボールペンを買った。 ボローニャ大学の構内では、ベンチに腰掛けてワインを飲んだ。 後の二階から洩れ聞こえてくる会話を聴くともなしに聴いていたら、ふたりの若い男が「神の実在」に話しているのだった。 しばらく神の実在について議論していたが、「では悪魔の姿がどこにも見えないのは何故か」というところで突然会話が途切れた。 ここにも「悪魔の姿がみえない」ことの真の意味を悟って沈黙に襲いかかられたひとびとがいるのだと考えて感動してしまった。 神があちこちに顕在して悪魔がどこにも存在しないのは、もちろん悪魔が神にとってかわってしまったからであるだろう。 友達とガールフレンドとモニとわしの4人で愉快な昼御飯のテーブルを囲んだ。 通りに出したテーブルのそばをおだやかな表情の女装した男の人と背の高い女のひとが笑いながら、テーブルの脇を歩いて行く。 「エクソシスト」の話をしているところを見るとイタリアでは新しいエクソシストが公開になっているのだろーか。 ずいぶんイタリア語が上手な、それでも紛うことない日本人の女の人がすれちがいかけたイタリア人の女びとを呼び止めて、抱き合って両頬にキスするイタリア式で久闊を叙している。日本の人は外国語が上手な人が少ないと思っていたのでびっくりした。 それとも「すべりひゆ」もイタリア人みたいなイタリア語を話すので、もしかしたら日本語人とイタリア語は相性がいいのだろうか。 さっきジェラート屋へ一緒に行ったら、ガメは初めは「ピコロ」と言ったくせに、すぐにもう一個シシリアンも欲しいな、あれはグリグリガムドロップだもんな。うまいのさ。えっ?きみイタリア人の癖にグリグリガムドロップを知らないのか? ニュージーランドの有名なアイスクリームなんだぜ。 元の言葉はイギリス語で「やったぜベイビー」という意味なのさ。 どーしてイタリア人が知らなきゃいけないのかって? イタリア人は人間の文明の母親だからアイスクリームのような文明の良い面を代表しているものについて博識ではなくてはならん、と思わないかね。 (女の子、ふたりとも商売ほうっぽらかしになってヘンテコなガイジンの出現に手放しで笑い転げている。客も同じ) あとピスタチオ外したらバカだべし、ココナツも欲しいなと言い出して結局5つ盛りにしてもらってジェラート屋の女の子が呆れかえっていた。 ガメみたいに単純な人間がこの世界にいるだろうか。 まるで1+1のように単純である。 2+2のように明らかで、 3+3のように判りやすい。 ボローニャは汚くて取り柄がない町だが、ちょっと町の外にでるとエミリオロマーニャの道はあくまで「風光明媚」という日本語の表現そのままで、遙か彼方まで続く小麦の畑に、ところどころ梨や林檎の果樹園が見えている。桃もある。 小麦の他はオリブとブドウばかりだったウンブリアやトスカナとはまるで風景が異なります。 洗濯物がたまったからランドリに行こう、とモニがいいだした。 (乾燥洗濯機が置いてある)コモの山の家にたどり着くぶんまでに十分な清潔な服と下着があるでしょう、とわし。 ダメだなああ、ガメ、むかし日本で金沢に行ったとき洗濯をしなければいけなくなってあちこち探してコインランドリにいったときの楽しさを忘れたのか。 おおお。そうであった。 やり方が判らなくて、たまたまやってきた近所の人に訊いて、ふたりでオカネをいれすぎたり、4個つかって怒られたりしながらコインランドリを使ったのは無茶苦茶楽しい出来事だった。 農家の主人に聞いてみると10キロ行った先くらいのベネット(北イタリアのスーパーマーケットチェーンです)があるショッピングセンターにコインランドリがあるというので、でっかい布の袋を用意してもらってでかけた。 でっかい洗濯物を肩にしょった姿が中世の罪人みたいだ、といってモニが笑いころげておる。 行ってみると、EURONICS(イタリアのヤマダ電機でごんす)、ベネット、シネマコンプレックスまであって、チョー巨大なショッピングセンターです。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 4 Comments