ふつうでいいいのさ

1 (56)

普通の人間は自分の短い一生の時間が惜しいので、あんまり政治や社会の問題に煩わされたくないと考えている。
わしなどは昔から(古典的な意味で)ヲタクなのでどこにいてもなんらかのオンライン端末を握りしめていて、360度見渡しても陸地が見えない南太平洋のまんなかで「mmpoloの日記」を読んでいたりして、我に返って、いったいわしは何をやっているんだと爆笑してしまうことがあるが、それはわしという人間が救いがたいヲタクであるからで、普通の人はそんなことはしません。

自分の生活に即して考えると、モニとふたり、あるいは友達たちとゴルフ(ニュージーランドではゴルフは大陸欧州の上流階級のスポーツでもなく、日本のガハハおじちゃんたちの半日(!)も続く会合でもなくて、ただのスポーツです)をやったり、カヤックで沖合までさっそうと漕いでいって転覆してモニに大笑いされたり、マウンテンバイクで超人的な筋力にものを言わせて渓谷を怒濤の速度で駆け上がって、こけて、思い切り顔から茂みに突っ込んだり、ボートに釣り上げた巨大ヒラマサを取り押さえながら、魚もろとも海に転落したりで、なんというか、そーゆーことに忙しくて哲学が一日に介入する余地がない。
まして「政治」や「社会」においておや。

でもあんた机に向かってわけのわかんないことばかり書いていて、あまつさえ複数の言語で意味が不明瞭なことを述べてニセガイジンとかゆわれてんじゃん、という人もあると思うが、わしは人間はのんびりだが知性は高速なので身体を動かしていないと、頭脳のrevがあがりはじめて、始終退屈して本を読んだり、読む手をやすめて計算したり、やおら必勝法をおもいついてオンラインゲームを起動したり、自分の船のディーゼルエンジンの改良をおもいたってディーゼルの本を積み上げてよみふけったり、傍目には忙しいのです。
本人の感覚ではあんまり忙しくないけど。
というより、プー然とした気持ちだけど。

民主主義が大事なのではなくて、国民に常識さえあれば民主主義によって守られるはずの自由主義が大事なので、自由主義が大事なのではなくて自由主義が保障してくれる個人主義が大切なので、いやいや、個人主義が大切なのではなくて、個人主義でいいよね、という社会が保障してくれるモニとわしと小さいひとびとの生活が大切なので、考えてみると、わしが考えている事は、「今日一日起きてから寝るまでジュージツして幸せな気持ちでいるためにどうするか」ということにしかすぎない。
そのためにはたとえば健康であることが必要で「わしらはオベンキョしたんだかんね。そのわしらがダイジョブだと請けあってんだから放射能なんて怖がらないで暮らしなさい」と言われても、他人の勉強なんてあてにならないものを信用する習慣がないので、日本に住むのはやっぱり嫌である(ごみん)。

こういうことを書くと、むかしから日本語世界では「あなたという人は自分のことしか考えてないんですね。恥ずかしくないんですか」という人が必ずくるが、ほんとうはそういうものではなくても、もう30歳を越えたので、「むっふっふ。ばれたか」と答えてすましていてもよい。

そういう「公共いちばんカステラ二番」(←原典が判らない人は我が友ミショどんに訊くように)の人とわしとはものごとを見ている方向が180度逆で、わしは自分がいてモニがいて小さいひとびとがいるという方向から社会を見ているが彼のひとびとは社会の側に立って個人の生活を見ている。
と言ってもわかりにくいかも知れないので具体的な例を挙げる。

安倍晋三を支持している日本の人々の半分はこのひとの途方もなく国家主義的で好戦的な政治的主張を支持しているよりはアベノミクスを支持しているのだろう。
アベノミクスは現状日本の経済を浮揚させているし、へえ、こんな人まで、という人たちに至るまで「安倍晋三の政治的主張には同意できないが、反対の人びとはアベノミクスにも反対するというのだろうか?」なんちて、1938年のヒトラー政権に対するベルリン「知識人」そのままの感想を書いたりしているが、わしは、アベノミクスなんてうまくいくわけねーじゃん、産業はどこにある?、市場への期待だけで一国の経済が劃期を期せるんだったら投資家なんて「キャッシュカウ」を増やせばいいだけのショーバイで楽ちんだけど、世の中そんなあまくありまひん、と何度もこのブログ記事やツイッタに書いたとおり、全然うまくいくと思っていない。
アベノミクスなど、市場の期待がくたびれて後退したところで終わりになるに決まってる。
わしのショボイ経済見通しは、外れればわし自分のオカネが減るだけなのでどうでもよいが、日本の人はようするに「銭がなければ食えないのだよ。反原発とかゆってるやつは儲からんことばっかりゆっていて役立たずなのではないか」と思っているということだろう。

しかし、しかああああし。しかしx3。
頭をかちわってみると「志」とか「人間の生きるべき道」とか「愛国」とか「子孫に残すべき国」とか言う言葉がボロボロ出てくるに決まっているわしが隠し親村上憲郎おっちゃんのような人間は別にして、普通の、市井の、どうせわたしはたいしたことありませんから、という人間にとっては、外国にとんづらこいちまったほうがはやい、という選択肢が常にある。
日本社会がカタギになるなんて、そんなもん待ってられるかい、という立場がある。

日本みたいにフジツボのように一箇所にしがみついている社会よりも、諸事、動的で、どんどん変化する現代の英語社会のほうが個人にとっては楽ちんな生活に至るドアが開きやすい。
ポップミュージックのようなバリバリに商業主義的で、下品、マーケティング第一の世界ですらニュージーランドみたいなスタートレックの未来では連邦刑務所になっているドイナカの15歳(当時)の高校生がつくった曲が一挙にヒットチャートをかけのぼって本人にミリオンダラーをもたらしたりしたのは、日本のひとびとには想像もつかないくらい社会が動的になって「決まった形」が失われているからである。
インターネットはこの世界に破壊と混乱をもたらして、その絶え間なく供給される破壊と混乱が個人にとっては無限の成功機会を提供しつづけている。

あんまり言うとわしが誰かいきなりばれて、これから楽しみながらちょっとづつばらそうと思っているわしのウヒヒ意図に反するので控えめに述べると、わしは自分が会社を買った場合において、特に欧州では、時々、チョー簡単に言うと、わざと会社の組織を滅茶苦茶にする、社内を混乱に導く、ということをする。
そうすると何が起きるかというと優秀な人間はドサクサをついて、面白いような手をおもいついて予算と人員をぶんどって、自分で勝手にやりたいプロジェクトを立ち上げてさっさとすすめてしまう。
会社のチェック機能が働かなくなっているからです。
会社のチェック機能は働いていなくても、大庭亀夫はチェックしているので、「なはは、こいつ面白いな、今度は勝手に部署をつくってフロアを占拠しちゃったよ、オモロイ奴」と思って眺めている。
やがて彼女または彼は案の定成功して、たいてい独立を志します。
わしが会社の「社員」はそうやってわしを感心させた若い人びとで、こういう社員の役割は会社に出向して社長をやることである。

すごおおおくコンサーバティブな投資が中心で、っちゅうかそれが稼業であるのに、なんでか会社に投資することがあるのはそれが楽しいからだと思う。

混乱は個人を活性化する。
管理などは管理する側から見て管理される側が優秀なだけでダメなひとであることが前提で、むかしは知らず、優秀でダメなひとの集団などいくらうまく管理しても優秀なだけでダメなので、もとからそういう古くなってしまった思想ではいまの世界の競争には勝てないのは、あたりまえと思う。
やっても仕方がないことの典型だが、いまの日本は朱子学にしがみついて何の進歩もなかった東アジアの長い停滞を模倣している。
訓詁の深みにはまっている。

だからわしが日本の社会にいる20代の人間なら、もっとぐしゃぐしゃな社会をめざしますね。
ほんとに社会なんだかどうだか判らないような社会をもった国をめざすだろう。

それはどこだって?
そんなことを他人に聞くような姿勢で座ってるから、そんなにじーちゃんみたく腰がまがって、「あいこく」や「けんかん」、「ちゅうごくゆるせない」とかで、あたら短い青春(←死語をさりげなく使う用例)をムダについやしてしまうのよ。
オカネがなければ、さっさとウエイタやウエイトレスの時給が高い国を探して、木賃宿に泊まってオカネをためて、そこで知り合ったきみと肩を並べて歩いてくれる彼もしくは彼女と世界を二本の足で通行して、おお、ここならボロイという国に定着してふたりで自分達がやりたい生活を実現すればよいではないか。
たとえばオーストラリアやニュージーランドのきみと同じ年齢の人間は、いままでだってずっと、みんなそうしてきたんだからさ。

やってみなよ。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to ふつうでいいいのさ

  1. Kiori Kawai says:

    おもしろいです。ありがとう!!

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s