Daily Archives: May 4, 2014

カルーツァの水練

ドイツの数学者Theodor Kaluzaは30代になってからまったく水のなかで練習することなしにただ本を読むことによって水泳を学習していきなり長いあいだ水泳をしてきたひとのように泳ぐことができたので有名である。 この話はあまりに有名なので、多分、少なくともヨーロッパでは超弦理論につながったカルツァ=クライン理論よりもよく知られていると思われる。 このひとはまた本人が最も好んだというアラビア語を含む17カ国語を流暢に話したことでも他人を驚かせた。 むかしクリケットのコーチをしたときに面白い子供に出会ったことがある。 「左肘を2インチ上げて、バットを内側に5度いれて」というと、その通りに修正する。それは誰にでもできそうでいて現実には出来るはずがないことなのだが、この子供はそれが出来た。 面白がってフランス語の発音を教えてみると、口の形や舌の位置を言葉で教えると、その通りの発音ができる。 うーむ、と考えました。 観念をそのまま現実に変換できる能力は本来は人間には備わっていないはずの能力で、だからこそ「畳の上の水練」という言葉があり、「Practice makes perfect」という格言がある。 誰もが観念の現実化という怖ろしい難関に直面する、例の、あんな恥ずかしいことやこんなはしたないことをしてしまうに至る、通常は訓練を要する肉体の活動についても、アメリカのSF作家ロバート・ハインラインですら “Sex, whatever else it is, is an athletic skill. The more you practice, the more you can, the more you want to, the more you enjoy it, the … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment