For everything a reason <哲学者の友だちとの往復書簡I>

IMG_1172

(口上:以下の記事は、尊敬する年長友人の「哲人どん」 @chikurin_8th と語らって、おもろそうだからやってみんべ、と決めた「往復書簡」の第一信です)
(そんなことをばらされては嫌に決まっているが、対話の環境を明らかにするために述べると、哲人どんは職業的な哲学者という珍しい職業の人で、かつ哲人どんが、うーそおおおおーん、と嫌悪感で身悶えしそうな通俗に通俗を、下品に下品を重ねた言い方をすると、「某旧帝大系大学哲学科教授」でもある。
つまり、簡単に言えば、あのヘロヘロ賢者、哲人さんの正体は、わしのようなアホにも判りやすく話をする教育者的技巧にも哲学的思考の定石にも、訓練がなされているどころか、熟達したマスター哲学亀仙人なのでもあります)
(ばらしちった)
(敬語はめんどくさいから省いてあるwので、ひでー、と思うでしょうが、ガメ・オベールのやることだと思って我慢しなさい)
(コメントやツイッタを通じて議論していくとりかかりにすべ、という企みなので、あらゆる意見を歓迎いたしまする。
おおおお、な意見は当然、みなで議論いたしまする)

—–<以下本文>—–

母語に限らない。
言葉は世界にどんな姿を与えているのだろうと思う。

言語に関心があって、言語について考える習慣を持っている人で、人間の言語が伝達に向いていると考える人はいないだろう。
鳥の啼き声の模倣から出発した人間の言語は自分の意識を深く掘り下げてゆくのには向いているのに、というよりも意識そのものであるのに、その意識が視ている陰や造形がどんなものであったかを他人に伝えることは出来ない。

認識は常に言語の褶曲に沿って歪んでいるが哲学的知識を持ち出さなくても、ちょっと考えてみればわかるとおり、認識は現実に対して優位である。
人間が現実だと信じているものは、どのような場合でも認識にしか過ぎない。

現実が個々の人間によって異なるので、きみは世界を共有するためには自分の認識を他者に伝達する試みに成功しなければならないが、
そんなことが出来やしないのは、
たくさんの詩人
たくさんの物語作者
たくさんの画家
たくさんの音楽家
が証明している。

The force that through the green fuse drives the flower
Drives my green age; that blasts the roots of trees
Is my destroyer.
And I am dumb to tell the crooked rose
My youth is bent by the same wintry fever.

という孤独な表現は、おおかたの評言を裏切って、実際には伝達を目的としている。
奇跡的なことに伝達に成功してさえいる。
だが魂から魂に手渡しされるような認識の伝達は、稀で、少なくとも言語が歴史的に形成してきた「定型」を厳格に復元して、掘り出して、壊れやすくても唯一でしかあり得ない単語と単語の、主に音韻によって連結された形を見いだす巧みさなしには起こりえない。
頼み事を頼む気安さで、自分が見ている世界を友だちに伝達するわけにはいかないのです。

人間の絶対の孤独はそこから来ている。

考えてみれば人間は内面に思い思いの曲率で屈曲した宇宙を映し込んではいるが、その宇宙の形と色彩とを他者に伝える方法をもたない以上、釣り針に顎をとられて、突き刺されて、空中でもがく鯛や、あるいはもちろん殺害者が意識することなしに足裏で踏みつぶす蟻の一匹と変わらない。
人間が考える葦であると述べたブレーズ・パスカルの不遜と滑稽さを最もよく知っていた同時代人はルネ・デカルトだとおもうが、そのパスカルに向けられた憤慨には言語と意識が乖離した「自己」を無意識に仮定するパスカルの知性の不潔さへの嫌悪も込められていただろう。

多分、ルネ・デカルトは、この世には神など存在せず、自分の脳髄に巣くった言語の、ほぼ閉じた体系の、救済のない孤独を慰藉するための(言語がとどかないと仮定した点で)極めて巧みな、無限遠にある言語というレンズの架空な焦点にしかすぎないことを知っていた初めての人だった。

無神論であるよりも、有神も無神も、「神」と名がつく「絶対」が言語の祭壇に祭られている宇宙では、人間が孤絶した認識装置でしかなく、世界が個々の人間の孤独な認識そのものにしかすぎないことへの、虚しい抵抗に満ちた仮説でしかないことを知っていた。

自分の首に向かって話しかけている首なし騎士の亡霊に似て、人間が言葉を使っている、という認識は、ばかばかしすぎて論外だが、言葉こそが人間の実体であるという現代人の知見も怪しいもので、仮に生物の個体がDNAの乗り物にすぎないとすれば、個々の人間の意識は言語の乗り物にしかすぎないのは、ほぼ、自明のことである。

だから、
人間には意志が認められず
人間には判断というものが存在しない。
人間は善をもたず
人間は悪をなしえない。

現代日本人が神や悪魔を論じないで済んでいるのは、ちょうどエンジンの仕組みを知らなくてもクルマを運転することは出来るのと同じで、神や悪魔と言語の構造の上で格闘しなければならない西洋語が文化の交易上に製品として生み出した概念や技術のマニュアルを理解することだけが哲学の仕事でありえた幸福な模倣者の近代を生きてきたからだが、仮に物理学者や天文学者がいまおこなっている世界を説明することからの「絶対」の排除に成功したとすると、
手で触れられて、たしかな存在であるはずの物質文明は、文字通り砂上の楼閣として消えてしまう可能性がある、というとあなたは笑うだろうか。

言語は遠焦点として持っている絶対を失うことによって構造の梁と柱とを失う危機にさらされている。
あなたがとおの昔から気がついていたように、ぼくが日本語を習得することにしたのは絶対の存在しない言語の体系が、どんなふうに世界を説明するのか、より重大なことは、世界に対して、どのような情緒をもちうるのか、ということを知りたかったからでした。

20世紀の終わりから21世紀にかけていくつか現れた「この世界は巨大なプログラムがうみだしている仮想現実の一部にしかすぎないのではないか」という一笑に付するには、あまりに深刻すぎる仮説は、現実が存在せずに認識だけが在って、意志が存在せずに(意志をはたらかせたと仮装するだけの狡猾さを身につけた)追認だけが存在するという世界の姿をつきつけられた人間の知性の呻きのようなものだとみなせる。

そうして、この呻吟は、伝達の能力を持たず、個々に縦穴を掘り下げることしか出来ない人間の言語の重大な不具からきているのだと思います。

では、また。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

4 Responses to For everything a reason <哲学者の友だちとの往復書簡I>

  1. hermestrism says:

    そんな事出来やしない事の代表が恐らく「他人の痛み、苦しみを知らない奴は駄目だ」思想、「他人の苦しみを知れ」思想。観念が事実としての現実から乖離して、他者を偽善で覆った膜で攻撃する為の盾の様にしている「思想兵器」化している言語が日本語。

  2. s_ok says:

    例えば「English Vinglish」の、お互いのたどたどしい英語が共通言語であるクラスメイトの間に成り立つ豊かなコミュニケーション。私もそれを知っています。お互いの育ってきたバックグラウンドが全く異なっていることをお互いに認識した上での伝えたいと思う気持ち、わかりたいと思う気持ち。

    KYという気持ちの悪い言葉が発生する土壌、相対する人に敬意を持つことや想像力を働かせることをやめてしまった閉じた環境に安住して、自分たちが孤独な存在であることを忘れてしまった集団。

    往復書簡の続きが楽しみです。

  3. 小梅 says:

    ガメさんのブログをいつも楽しく読ませてもらっています。

    「日本語」というものについて、改めて考えています。
    以下は私の仮説です。

    私は、日本語の基本機能は、知性や、個々の認識を伝えることではないと思います。
    日本語は、感情と感覚を共有するための言葉なのです。
    そもそも、日本語世界では、自我の境界、個々人と世界の境界がはっきり引かれているのかどうか疑問です。むしろ、日本語を使うと、境界はあいまいになります。

    日本語での議論が議論にならないのは、それは、そもそも議論をしていないからです。
    やっているのは感情戦です。

    日本の議論とは、相手の情緒や同情心や罪悪感に訴えたり、知識量や社会的立場で圧倒したり、利害関係を利用したり、それも効かなければ詭弁を弄したり威嚇や恫喝まで行って、相手を感情的に打ち負かして、こちらの言い分を通す、または相手を黙らせることです。

    「神」「絶対」というレフェリーがいないので、フェアなルールが共有されにくいんです。
    結果、下品な泥試合・・・。

    そのかわり、日本語世界では、絶対的な孤独、というものも生まれにくいです。
    つまり、自我の境界があいまいなので、なんでもかんでも共感・一体感の対象となります。
    「自分は他の誰とも違う、切り離された存在。自分と同じように世界を見ている人間はいない」
    とは思わないのです。
    いかに日本人が、周りと同じ言動をすることに心を砕くか、知っているでしょう?
    それは面倒で自由を奪いますが、それをすることによって、皆と一緒であるという安心感と一体感、孤独からの逃走という、見逃せない利益があるのです。

    主語のない、主語があいまいでも成り立つ日本語って、とても特徴的だと思います。つまり、ことば自体に、みんな一緒、みんな同じだ、という思想が含まっているという意味で。

    そして、市井には、会社や国や、親、恋人、子供、などを主語にして、まるでそれが自分自身であるかのように語る人がなんと多いことか!彼らは自分を主語にはしないのです。
    共感は、美しい景色や、植物、動物、家や車、おもちゃ、スターやアイドル、果てはマンガのキャラクターや概念にまで及び、とどまるところを知りません。
    全部が全部、日本人がこうだとは言いませんが、日本の外から見て不可解に思われる日本人の言動は、ここらへんが原因なのではないかな、と思います。
    彼らは何かとやすやすと一体化することによって、また恋するように共感し自我を消すことによって、孤独から守られているのです。

    そして、自我の境界の曖昧な人間は(ここがとても迷惑なのですが)まるで幼児のように、自分が幸せなら周りも幸せ、自分が不快ならそれは社会が不快に感じているのだ、と考えているところがあって…
    「それは違うよ」
    と、言ったりすると、そういう人は激怒しますね。

    日本語は、個人が世界のどこに立っているのか認識するのに向いていないので、つまり、思考するのにも向いていない言語なんだ、ということなのかもしれません。

    とはいっても、わたしは日本語しか使えない人間ですし、翻訳語とか使って、概念も輸入すれば、日本語でも十分、議論できると思うんですけどねー。先人がちゃんと道具は揃えてくれてるんだから、それを使えばいいだけなのに、もったいない。

  4. 木々庵 says:

    ガメさん

    半年ほど前から、ブログを拝見しています。

    言語が人間存在に先立ち、認識が、言語を構成するコードに依拠している以上、個々人の認識はそもそもの言語の習得度合い、自身が持っている語彙の分量によって定義され、各個が意識の上に作り上げる世界の認識もまた、結局は「どれだけの言葉を持っているか」によって決まってくるのだと思います。これは、日本語もその他の言語でも変わりなく、言語一般において言えることだと思います。

    大多数の日本人である日本語話者、とりわけ、日本語を母語とし、日本語のみですべてのコミュニケーションを行ってきた、また、今現在も行っている大多数の日本人にとっては、そのほかの言語によって規定される世界がある、ということが、現実として「分からない」のだと思う。理解する能力を持っていない、ともい言える。(このあたり、単一民族神話、昨今のヘイトスピーチ、上から下までの過度の右傾化につながってるように思います)

    GODがなぜGODなのか、だから日本語しか知らない日本人には、絶対にわかりません。GOD=神なんだ、ならばアマテラスもスサノオも神(日本的GOD)でしょ、という話です。日本語のみの文脈では、絶対である、対を持ちえない存在である、という理解は、だから感覚としてのはじめから成り立たないのだと思います。日本という国が近代国家としての自我を確立するために、擬制の主軸であったアラヒトガミがひとりの日本人となって以降、生活言語としての日本語は根本からゆっくりと、しかし確実な変質を開始し、現在に至るのだと思います。それはまた、米国の占領政策や外来語の増大などとは機序を異にするものです。

    擬制が終焉へと向かう中で、言語としては日本語しか持ちえない大多数の日本人は、主軸が消失した世界のうちを目印もなく、右も左もわからずにただ放浪してきただけだ、ともいえるかもしれません。現段階で表面に現れたもっともわかりやすい結果のひとつが、日本語のネット上にあふれた目と耳を覆いたくなるような言説であり、もう一つが「アンダーコントロール」に代表されるあまりに現実と乖離しているにも関わらず、赤面することなく胸をはって嘘を述べる日本の政治家の姿だ、というと、少し乱暴かもわかりませんが。

    僕は大学で英語も仏語も落第組だったし、ほとんどどちらも話せないけれど、時々、海外からの旅行者に英語で話しかけます。文法もむちゃくちゃですが、勝手に道案内を買って出て、片言の英語と身振り手振りで説明したりしています。そんなときに、天気の話とか、町の印象とか、そんな話を少し聞かしてもらうことが楽しいからです。コミュニケーションは、実は案外言葉以外の方法を用いたほうが、うまくいくことが多いのかもしれないと思います。絶対の感覚を持ちえないにも関わらず、日本語によって絶対なるものを定義しようとしているかのようにも見える現代の日本人の問題は、ここらあたりにあるのかなぁと思います。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s