SNS_2

IMG_0153

(以下の記事は「SNS」
https://gamayauber1001.wordpress.com/2013/09/19/sns/
の続きでごんす)

英語のtwitterをやめてから、しばらくになる。
英語のほうは日本語ツイッタを始める前、twitterが始まったころから遊んでいて、見知らぬ人と冗談を言ってきゃっきゃっと言っていたりするのが楽しかったが、飽きて、ブラックベリーを捨てた頃にやめてしまった。

よく知られているように140文字というのは面白い制限で、むかし日本語で「ペラ一枚」と言った原稿用紙「ペラ」は200文字だが、それよりも少なくて、当然のことながら中国語>日本語>英語の順に情報量が少なくなって、英語人がおもしろみがなくなるのを構わず圧縮して書いても、ちょっと込み入ったことになると、you はuになり、areはr、pleaseはplsに変わるのは日本語人にもよく知られている。lolくらいは日本語でもみなが知っているが、陰険で名声をとどろかせる連合王国の若い人びとは、nei、nioc…グーグル先生の俗語辞書にも載っていない語彙をどんどん使って話すので同じ階級やバックグラウンドの人間でないと、なにを言っているのか英語人であってさえ、さっぱり判らない。
インターネット以前なら、ローリングストーンズに自分たちの隠語をマネされて頭に来たアフリカンアメリカンたちが、どんどん隠語を変えていったのと、似ていると言えば言えて、おもわぬところで連合王国の上流階級と70年代のブラックハーレムに共通点を見いだして、「人間性」というものの普遍について考えてしまう。

だんだん日本語をやっている緊張感がなくなってきたので、どうでもよくなって、最近はLuke ‪@soloenglishjp‪ ‬ のような、もともと英語が母語の友達とは英語でも話していいことにしてしまった。
以前は、といっていまでも同じことをあちこちで述べているわし専門trollがたくさんいるそーだが、そーだが、というのはブロックしたままほったらかしなので判らないがお友達が日本語フォーラムでぼくに同情して怒ったりしているので「そーか、わしは相変わらず中傷されまくっているのか」と判るだけで実態がちゃんと判っていないが、ともかく、あんまり、もう6年くらい特定の数人の人につきまとわれて「ニセガイジン」とか「うそつき」とか言われるので、
英語をつかいだすと、まるで自分がほんとに英語人なんだよー、と証明するためにやってるような気がしてアホらしいのは自明なので、日本語に厳密に限っていたが、英語も日本語も母語のオーストラリア人Luke Barcelona Walkerのせいで気がゆるんだのでしょう、なんだかルールがええかげんになって、英語のツイートが混ざることになってしまった。

Twitterを使うのは検索が主で、「war」「戦争」「家庭」「husband」というようにテキトーに単語を入力して検索して生成されたツイート群を眺めて遊ぶ。
そうすると、このブログ記事やツイッタでも、なんどもなんども述べた「聴き取りにくい声」が並んで、なんだか一生懸命読んでしまう。
読んでいるうちに涙がにじんできたり、地団駄を踏んで一緒にくやしがる気持ちになるようなツイートをしている人は、だいたい、100人から300人のフォロワーがいる人で、短くて、寂しげで、それでいて本質的で胸に迫るような言葉が並んでいる。

「ぼくは、ほんとうにあなたが好きだったのに」と、ただそれだけ書いている人がいる。
「おとうさん! わたしを判って欲しかったのに!」と唐突に述べている人がいる。
なんだかヘラヘラした顔のアイコンの人から急に話しかけられると怖いだろうと思って自重するが、ときどき、話しかけたい強い衝動に駆られることがある。
実際、文字通り「藪から棒」に話しかけてしまうこともある。

「バカ発見器」だという人がたくさんいるが、わしにとっては反対で、「魂発見器」で、たくさんの人のsoulがツイッタのライン上には点点と落ちている。
胸が苦しくなるような気持ちを打ち明け、あるいは朝まで起きていて、少し吐く息が白い窓をあけて、とてつもなくやさしい気持ちになった人の短い独白がある。
そういうとき、ツイッタはいいなあーと思う。
日本語ツイッタには「本音」を取り出す機能があるらしい。
まるで、美しい魂をもった小さな妖精たちがあらわれて、コンピュータのスクリーンを横切っていくようです。

言葉は怖いもので、「文は人なり」というが、それどころではなくて、書かれたものを読むのは、その人の魂や品性の裸体を眺めているのとあまり変わらない。
その人の思考や感情の肉体の形がありありとわかる。
なるべく述べることがおおきな範囲をカバーできるように、という考えで採用した(多くは明治文学全集と戦後詩の折衷でつくられた)日本語のせいで、ぼくのブログを「加齢臭のする日本語で書いたおっさんの駄文」と述べて歩く人がむかしからたくさんいるが、自分だけが盲信している根拠で嘘つき呼ばわりをする魂の根源的な卑しさを別にしても、「加齢臭」というような言葉がそもそも現代日本語の世界では流通しうるところが、日本の文明がいまや落ちぶれて、泥濘のなかを這いずり回って、お互いの顔に汚物を塗りつけ合うような日本語の「ネット上の会話」の程度の悪さを証明してしまっている。
チョー昔にブログ記事にも書いた「女だてらに」
https://gamayauber1001.wordpress.com/2009/12/24/genderequal/
や、本来の意味とは離れてテレビの番組で使っているのを目撃して、ぶったまげた「あげまん」、福島第一事故に群がった低劣な人間達の「放射脳」、「デマッター」
使う人間の品性の悪さをあますところなく表現した単語がツイッタにはあふれていて、一度アクセスすると、3人はブロックすることになるのが、めんどくさいといえば、めんどくさい。

投資やビジネスの世界では、やっているうちに善い魂をもった人間は善い魂を持った人間同士、お子供さんふうの表現になるが「悪い人は悪い人同士」で、だんだんまとまっていくのが普通で、ビジネスや投資は年期が重なるにつれて楽になっていくのは、これが主な理由で、初めは相手の人間性を見るために。さまざまなリトマス試験紙やガスクロマトグラフィーを使ったりするが、そのために運用する膨大な心理学的な材料のストックもいらなくなって、あとは万が一のリスクをさけるための「手続き」だけを遵守すればよいことになる。

ネットで出来る知り合いもおなじで、ダメな人はダメで、だいたい落ち着くべきところに落ち着くようです。

ぼくの場合は、やや特殊で、ほんとうは温和で成熟した立派なおとなだが、わがままだという実情に即さない噂があって、その噂をものともしなかった寛容なひとびとだけが大庭亀夫の友達として残っているのだという。
ときどき友達を乱暴にブロックするくらいのことでおおげさな、と思うが、
気がついてみると、我慢強い人(←josicoはん除く)ばかりになっているのは、ただの偶然というか、微妙な気がしなくもない。

かぼちゃん @kabocha18 は、現実との接し方が他の日本人と明らかに異なっていて、誰とでも善意で接して、楽しもうと積極的なところも英語人スタンダードと同じだが、思考に使う言葉がすべて現実が裏に貼り付いているところが他の日本語人と最も違う。
一見まったく異なる知性のタイプだが、最近ツイッタで知り合った、松岡さん @academylaneという人も本質的な知性のあり方はおなじで、余計な情緒の夾雑物を含まない、現実との親和力が高い、英語人なんじゃないの?といいいたくなるような言語と頭の働きかたです。
さっき挙げたLukeも同類項に属する人だが、こちらは「英語人なんじゃないの?」と述べると「そうだけど何か?」と言われるだけで、ほんとにもともと英語人なので、当たり前であるのにすぎないが、かぼちゃんにはちょっとびっくりしてしまった。
他のすべてのことと同じで、言語も、一生懸命切り貼りしたりしても、ジツリキはすぐにばれてしまうので、特にかぼちゃんが頑張って英語を話してくれなくても、英語も、もっと巧みらしい中国語も、普通の人の英語とは比べものにならないくらい出来るのは、多分、かぼちゃんが音楽が聞こえてくると自然に身体が動いて踊り出してしまうのと同じで、現実と親和した自己を持っているからでしょう。

朱子学的、と述べてみたり、観念的であると表現したり、ひどい記事になると「どっかに魂おっことしてきちゃったんじゃないの?」と述べていたりする、日本の人のおおきな特徴である「現実と言葉が乖離してしまっている」状態から、このふたりは自由で、日本語人に生まれながら、どうするとそうなるかが知りたい。
ラテン語がどーたらこーたら、英語がどーたらこーたら、はなはだしきは、他人の英語をあげつらって、冷笑を浴びせて、英語人の英語まで「日本人の作文」であると集団で断定して、さっきのぼくのところへいっぱいやってくる「ニセガイジン」「山本七平」trollのひとびともそうだが、なぜか「おれは英語がすごくて、おまえの英語は読めたもんじゃない高校生の作文だ」と述べに来る人は、全員日本語でそれを書いていて、ぼくの友達たちが異口同音に笑うように、そういうただ失礼なことをやりたければ、せめて英語で述べてあるのでないと、現実性を持ちようがない。
だいいち山本七平という人の帝国陸軍准尉時代の自分について書いた本を読んでみたら、すごい知性の持ち主で、あんたごときに罵られるのでは七平どんがかわいそう、などと考えたが、それにしても山本七平さんも英語でなにか書いたりしてないじゃない、というごく単純な違いにも気がつかないほど頭が粗雑なひとびとであると思う。
あんまり煩いので、というか、ぼくの友達たちに絡み始めたので、来襲したときに、英語で話しかけて、もうやめれば?と述べたら、判ったのか判らないのか、ハローも言わないで、自分がひとことも英語など判らないのがばれてしまったことには口をぬぐって、なんだか、ぼくの悪口だけの記事を書いていたそーである(^^;

本人と取り巻き(および本人自身の自作自演友達)がのしてきたときに述べたことによると、この人は「はてな村」のリベラルの代表だそーで、記事を読まないから判らないが、この糾弾依存症としか呼びようがない山だしのチョーかっこわるいおっさんが日本の草の根リベラルの代表なのかあー、と思って、なははははは、と思ったことがある。
日本では高分子化学工業が発達したあまりリベラルまでプラスティックで出来ている。

いまちょっと検索してみても、自分に関しても、友達に関しても、「口汚く」という表現がぴったりの際限なく卑しい魂を露出して、こそこそと、悪口を書いている人はいっぱいいる。
慣れてしまった、というよりは、前に書いたが、怒ったふりをするフィールドワーク的な理由が前にはあったが、もうなくなってしまったので、いまはただのひまつぶしの日本語練習で、大庭亀夫さんやガメ・オベールさんへの罵りをみても、こんなの5年も6年もずっと続けてるなんて、すげーコンジョ、と思って感心はするが、あんまり興味がわかない。
現実の英語人のほうが、よっぽど腹が立つ人間がたくさんいて、最近英語圏、特に連合王国、オーストラリア、ニュージーランドでは「road rage」がほとんど「流行って」いて、たとえば先月はニュージーランドの南島でレンタカーを運転していた日本人夫婦が、後ろから前に回り込んできたクルマに止められて、顔をなぐられた上に、鍵をとりあげられて川に放り込まれてしまった。

グリーンレーンというところで夜中に、多分スピードでハイになったにーちゃんが、モニとぼくのクルマが「赤信号なのに行かなかった」という面白い理由で激昂して、クルマをとめて下りてきてわめき散らすので、つい温和で成熟したおとなの悪い癖がでて、胸ぐらをつかんで、いま言ったことをもういっかい言ったら、おまえのクビもぐど、おい、と怖いことを述べてモニに叱られたりする。

英語圏は自由主義者の国の集合なので、アホな人が思いきりノビノビとアホで、威張っていて、日本の人の細かい工夫に満ちた悪意などは、1000に対する小数点2位以下というか、あんまり意味がない。

この記事でtrollについてたくさん書いたのは、ツイッタ自体が、trollが増えすぎて、対策があまいことを一因として、収益性が落ちてしまい、時間が経つうちにはもともと想定した形の利用者が多い日本語だけのサービスになって、英語のほうはセレブリティや企業、メディア会社からの「お知らせ」だけになっていくのではないか、というアナリストがたくさんいるからでもある。
もっか株価急降下中で、責任をとってCEOの元コメディアン、Dick Costoloが辞任したのは伝えられたとおりです。

日本を代表するはてなや2chという「集団いじめ発生器」のような会社は国民文化に合致しているので、日本における「自由主義の芽」を際限なく食いつぶしながら繁栄していくでしょうが、最近はredditで日本の人の集落ができて、日本語が判る英語人のあいだで「あれは、ひどい。排除したらどうだ」と述べられていたりする。
こちらのほうは、そのうちに文化摩擦になって、あるいは、日本のトロルにも「日本と世界はルールは違うのだなあー」という実感されるような事態に発展していくのかもしれません。

テキストメッセージが土壌で、その上twitterが出来た英語圏と年がら年中ほとんど絶え間なく、帰りに買って来て欲しいモノから、「だいすき!」、あるいは仕事の連絡まで、なんでもかんでものべつまくなしにテキストメッセージを交換する習慣のない日本でのSNSでは、ここでもやはり様相が異なるので、どんなふうに分化していくのかなあーと楽しみな感じがする。
ひところは、有名な、「ついったら−」や「ぶろがー」みたいな人がいて、その「教え」を拝聴して拍手したり質問したりする、日本の(ボックス以前の時代の)カラオケみたいな、あるいはパチモンの孔子と弟子のようになっていくのかと思っていたら、そうでもなくて、ふつうにゆるううういコミュニティが分立して、そのコミュニティ間で間欠的に「離れザル」的なひとびとが彗星のようにグループの近傍を通過する、という良い形になったように見えます。
パチモン孔子十哲は、おじさんたちのなんちゃって学者サークルと有名人+ファンのTVバラエティショー集団で終わるようだ。
特に20代のひとびとは読んでいると、いわば普遍的な個人主義者の相貌をみせていて、「日本人」というタグが不要に見えます。

これまでのインターネットのメディアで、ツイッタほど日本語人の裸の姿がそのまま浮き出ているメディアはなかった。
そして、それはもしかしたら、とてもすごい「初めてのこと」なのかもしれません。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

2 Responses to SNS_2

  1. 星野 泰弘 says:

    欧米から見ると今の日本の20代は個性的に見えるのかな?
    自分の感覚では逆だ。
    確かに欧米の論理の枠組みでは、今の日本の多様な価値観を持つようになっている。
    しかし、忍耐力では昔の方が優れていたように思う。
    アジア的な忍耐力というのは「耐えるしかない」と理屈で説明されて耐えるのではない。
    日本人は、古くはアジアの思考様式に慣らされてきた。
    そこへ欧米の思考様式を流し込まれた時、まったく理解できなかった。
    だから、矛盾があっても、そのまま並べておくことにした。
    その気持ち悪い不整合をそのまま置いておくことにした。
    欧米人がしばしば疑問に感じる、神道の施設に詣で、キリスト教の祭りを祝い、
    仏教で葬式を上げる、のは、それらが体系として一本化されているからではない。
    矛盾していても、そのまま置いてあるだけだ。
    今の日本の若者は、自分の気に入らない気持ち悪いものが
    自分の横に並び続けている状態に耐える力が少ないように思う。
    だから、自分の遊ぶ公園に汚らしいホームレスがいると襲撃したくなる衝動が起きる。
    自分の職場の隣の机にホームレスが並んで同じ仕事をするなど考えられない。
    クラス全員が、「さあ、みんなで一緒にやりましょう」と言っているときに、
    空気を乱す者の足を引っ掛けて笑い者にしてやりたくなる。
    太平洋戦争直後、多くの日本人女性が占領軍に性的な玩具として使い捨てられていた。
    でも、多くの日本人が占領軍に従い続けた。
    それは、論理として納得したからではない。
    「耐えるしかない。忘れるしかない」と諦め忘れたからだ。
    明治の日本でも、人間らしい扱いをされないまま、知られもしないまま
    消えていった人々が無数にいた。
    太平洋戦争で日本軍の残虐さが言われたりもするが、
    それは、日本人が外国人に特別に残酷だったわけではない。
    日本人の間では、上位の日本人が、下位の日本人に対応するとき、
    そのような対応をするのは常識で、日本国内では常識的な対応をしただけだった。
    外国人は日本の非道さを訴えたりもするが、
    下位日本人は上位日本人の非道さを訴えたりはしない。
    それがそんなものだと諦めている。
    アジアでは、そういった価値観は普通だ。

  2. 星野 泰弘 says:

    「諦める」とか「忘れる」とか「耐える」というよりは、
    「あってもないかのように気に留めない」という表現のほうが近そうだ。
    新卒一括採用でも、その制度が正しいか間違っているかは考えない。
    そのような「愚公、山を移す」ようなことは考えない。
    愚公が実際に山を移してから、多少、おだてて、取り入れば十分だ。
    ノーベル賞の卵など支援する必要はない。
    ノーベル賞が取れた人だけをいきなり神に祀り上げれば済む話だけだ。
    ノーベル賞を取ると、たちまち追随して日本版の賞も与えられ、園遊会に招かれる。
    それが、そこにある是非など考えない。
    ただ、そこに最初からそれがあったかのように、
    その制度、制約の上でいかに輝くかに関心が向かう。
    理屈で日本社会は動いているとは言いかねる。
    「勝てば官軍」で、欧米社会が官軍だから、その猿真似をして動いているだけだ。

    そういった意味では、今の若者は精神的にも半ば脱亜入欧しつつあるのかもしれない。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s