GDPと三八式歩兵銃

Arisaka Type 38という。
三八式歩兵銃の英語名です。
銃器蒐集家のあいだでは有名な銃で、兵器をぶっ放して遊ぶフェスティバルに行くと、いまでもたいてい誰かがもってきて、やや柔らかい、特徴の有る銃声を響かせている。
最大の特徴は口径がわずか6.5mmであることで、突進してくる海兵隊員を一発で倒すことは難しかった。
たしかに命中しているのに、そのまま壕に飛び込まれて殺される、ということがよくあったようです。
1908年に採用してから、もちろん、他の制式銃もあったものの、日本の兵士は、ほぼこのボルトアクション式の、部品点数が少ない、三八式歩兵銃のみを武器にして戦った。

よい点は発火と硝煙が小さく、散兵しているばあい、特にジャングルでは、どこから射撃しているか見極めるのが難しかった。
南太平洋の島嶼戦で、内部に侵攻した海兵隊が必ず、やたらにたくさんいる日本の狙撃兵に難渋するのは、英語の戦史を閉じて、日本語のほうをあけてみれば、事情は簡単で、狙撃兵でもなんでもない、歩兵が物陰から射撃してくるのを、有坂タイプ38の隠蔽性の高さから「狙撃兵」と感じただけなのがわかります。
欠点は口径が小さすぎて殺傷能力が低く、アメリカ側から書かれた戦記を読んでいると、なんとはなしに45口径や38口径が入り乱れているなかで、ただひとり22口径で射撃している健気なギャングのような気味がなくもないのに加えて、ボルトアクションの音が、よく響く音質で、射撃を始める前にアメリカ軍に待ち伏せを気づかれることが多かった。

日本陸軍の特徴は、当時、どこの軍隊でも普及していたMP40(ドイツ)Thompson(アメリカ) Sten (英連邦)のようなサブマシンガンを採用しなかったことで、理由は「弾薬の使用量が過剰になるおそれがある」ということでした。
一丁の短機関銃で30発の弾丸を撃つよりも30人の歩兵で狙いをさだめた30発のほうが、戦死者は多少増えても軍隊として効率がよい、という理屈でサブマシンガンどころかオートマティックライフルの採用にも熱心でなかった。

日露戦争で、日本側は、戦争全期間を想定して生産貯蔵していた弾薬を一週間で使いきってしまい、戦争が終結するころには増産に増産を重ねても、もう一回会戦をしようにもまったく弾薬がない、という状態だったのは、いろいろな本に書かれている。
銃を使うには弾薬が必要なのだと身にしみた日本軍は近代戦で桁違いに弾薬が必要なことを学習した。

ところが太平洋戦争になると、機関銃手は3発以上連射すると、深夜の兵舎でこっぴどく殴られ、兵器からはセミオートマティック、オートマティックは省かれてボルトアクションのアリサカだけで戦うように訓練されるところへ戻ってしまう。

子供のときにホノルルの海辺を散歩していたら、戦争博物館があって、前をとおりかかったら、九五式軽戦車がおかれていた。
小さな小さな戦車で、37mm砲を主砲とした6.7tの戦車です。
しばらく見入ってしまった。
「日本軍の戦車」というものを初めて観たからでした。
だいたい同時代の同じ「軽」戦車の半分、いまみるとライバル同士であったアメリカ軍のM3は主砲の口径は同じ37mmで、14.7t、ちょうど倍のおおきさです。

シンガポール島の攻略では、日本軍はこの九五式軽戦車と九七式中戦車の大量集中使用という正しい作戦をとった。
いちばん興味ぶかいのは、後続の歩兵が、機甲部隊追従のために、その辺でかっぱらってきた自転車に乗っていたことで、いまに残っている写真をみると、部隊によってはちゃんとした軍装もしていなくて、なんだか朗らかに皆で自転車に乗っていて、ピクニックにでも行くような、不思議な明るさに満ちている。

実際には役所じみた日程の帳尻あわせから生じた怪我の功名だった、この「機甲部隊の集中使用による突進」を後にも先にも、これ一度しか行わなかったことのヒントは、戦車が戦闘機よりも遙かに高価な兵器であることにあって、ボルトアクションライフル主体の歩兵戦略に日本陸軍が退行してゆくのと理由はまったくおなじでGDPでした。

戦時のGDPの見積もりにはいろいろな評価がいりまじっていても、
nominal(1938時点)で、現在のUS$に換算して、軍事強国について並べてみると、だいたい

1 アメリカ合衆国 85 billion
2 ナチドイツ   46 billion
3 イギリス    27 billion
4 ソビエトロシア 23 billion 
5 フランス    16 billion 
6 イタリア   8.7 billion
7 日本     7.5 billion

というようなところに落ち着いているようです。

ヒットラーの計算は、ドイツとフランスをあわせて、その上でイギリスを屈服させてしまえば、国民がてんでんばらばらなので、1970年ごろまでかかる(←彼は、ほんとうにそう思っていた)アメリカの「挙国一致」までには、90 billionになるドイツ側が、85 billionのアメリカを打ち倒すのは、そう難しいことではない、そのための国力伸長の空間としてはロシアの広大な土地を使えばよい、ということでした。
シュペーアが観た夢も、基礎的には、その計算に基づいていた。

ドイツの兵器の歴史を眺めて奇妙なのは、つねに先端技術にばかり目がいって、ポルシェ博士がデザインした重戦車のVIII
http://www.achtungpanzer.com/panzerkampfwagen-viii-maus-porsche-typ-205-tiger-iip.htm

などは、190tに近い重量である上に、ガソリンエンジンで電気モーターを動かして駆動すると聞いただけで想像がつくように眺めているだけで頭痛がするような複雑な構造で、これは極端な例にしても、ドイツ人がデザインする兵器はどれもこれも、高い技術力を必要とすることに加えて、ものすごく高価な兵器が多かった。
よく知られている量産型ではタイガーII型、通称キングタイガー
http://www.worldwar2aces.com
が典型です。

よく言われるように、部品点数が、こちらはまた極端に少なく、大量生産のために照準性その他を犠牲にしたロシアのT34と良い対照をなしている。

では最後まで「少数精鋭」でいくと考えていたかというと、そうではなくて、征服地が増加するにつれてGDPが上昇し、住民の面でも、ユダヤ人やアジア人のような「劣等人種」はどんどん殺していって、そこにできた空白地に、「アーリア人種」をまとめて送り込んで増やせば、GDPが桁違いに上昇して、アメリカのような「だらしがない国」に負けるわけはない、という構想だった。
ヨーロッパは、そのための準備の、核になる「先端技術兵団」で十分勝てる、と考えていたようでした。

GDPパーキャピタを使って、個人の収入がどんなものだったろうと想像力をはたらかせてみるのは良い考えで、いま個人の収入をみると、開戦直前の日本は、イタリアのほぼ半分、ハンガリーの3分の2、ポーランドの7割、ルーマニアとユーゴスラビア人とほぼ同じ程度の収入で、見て行くと、ちょうど現代中国の小型版の国が北朝鮮よりも激しい軍事への傾斜をみせていた国だとわかる。
戦争に特化した国だった。
国家ごと全身軍隊というか、なんだかすさまじい国で、開戦時、世界のなかでポルトガル軍の規模についで19位という信じられないほど小さな軍隊しか持たなかったアメリカ軍が、主戦場である対ナチについでの第二正面にあたる太平洋戦争の各戦場で、前半、苦労を重ねたのはあたりまえのことでした。

この記事の最後にyoutubeにある、アメリカ人の女の人が三八式歩兵銃を射撃して遊んでいる動画を載せておきますが、この動画で女の人がズームインしてみせている菊のご紋章は兵隊にとっては生命よりも大切なもので、城山三郎の戦争ちゅうの思い出を書いた文章のなかだったとおもうが、銃を粗末にしたといって天皇陛下に謝れと徹底的に殴られ、半殺しにされて、兵営を脱走したあげく自殺する少年兵の話がでてくる。
結局、城山三郎たちは海底に突っ立って「竹槍の先に爆薬をくくりつけたような」奇妙な爆弾をもってアメリカの艦艇を待って、船底を突き上げて自爆するための訓練に明け暮れて、夜は毎夜殴られつづけて、もし奇跡が起きて生き延びられたら、日本のような国は絶対におれが滅ぼしてやる、と思い詰めるところへまで追いやられる。
それが、軍隊に入ったときには、アメリカ人をひとりでも多く殺してやる、天皇陛下のためならいつ死んでもかまわない、と決心していた「愛国少年」の8月15日の姿だった。

明日は8月9日で、日本の軍部が、スウェーデンの仲裁の申し出を蹴って、軍人の幼稚なマキャベリズムの計算にしたがって、アメリカとの仲裁役として「われわれとの利害関係から言って間違いない」と期待していたソビエトが満州国境から、巨大な津波のような姿で押し寄せてきた日です。

日本の関東軍は、すでに1939年、ソビエト極東軍の実力を過小に評価して、攻め込んでみたBattle of Kahalkhin Gol (ノモンハンの戦闘)で、実はソ連の機甲師団と圧倒的な砲兵を中心とした陸軍には逆立ちしてもかなわないのを知っていた。
だから「ソ連軍あらわる」の報に、民間人に通報することもせず、「算を乱して」、ほんとにこれが軍隊だろうか、と言いたくなるみっともない姿で、その自慢の全機動力を挙げて、脱兎のように逃げ出してしまう。

戦争のあとになって、「南方に兵力を引き抜かれたから戦えなかった」「本土決戦のために満蒙開拓団の民間人の犠牲をやむをえなかった」と、恥知らずというか、どこの国の敗兵でも言えない言葉を平然と述べて、その軍人や新興財閥と結託していた岸信介は、アメリカとの密約のもと、戦犯を収容した刑務所から娑婆にでて、驚くべきことに首相にまでのぼりつめる。

残された日本人たちは哀れどころではなくて、ロシア人たちと話していると、いまでもあんまり変わらない文化だなーと思わなくもないが、軍隊そのものがロシア人たちにとっては「悪徳の暗闇」で、「戦争にいけばやりほうだい」という考えがある。勇敢でさえあれば人間性を保持しなくてもいいというようなところがあって、日本人たちの町を襲い、夜になればウォッカを片手に、民家のドアを蹴破って入り、妻や娘を夫の目の前で代わる代わる強姦して、日本企業の独身寮をみつけると、若い女達をつれだして、自分たちの兵舎で朝まで強姦してパーティを開くのが夜毎のことだった。
妻を助けようとした夫は、無論、容赦なく殺されました。

日本語インターネットをみていると、その岸信介の孫である人が「海外邦人を守るためには法律改正は仕方がないのだ」と述べていて、ああ、この人のおじいさんも、同じことを述べていたのだったなーと思い出す。

日本に滞在していた頃、8月9日になると、クルマに乗って、軽井沢の家から15分くらい、追分のちょっと手前の大日向という村によくでかけた。
夏は国道18号線は猛烈な混雑なので、家から出て、鹿島の森ホテルの前の道を離れ山に曲がって、裏山を抜けて、トンボの湯という温泉場から、いまはビルゲイツの巨大な別荘ができているはずの、1000メートル道路、という道をまっすぐ行くと大日向の交差点に出る。
この交差点を右に曲がってずっといくと、ひところ若草まやさんや村上憲郎がtwitterでよく言及していた全寮制のインターナショナルスクールISAK
がいまは出来ているはずです。

この見るからに土地が痩せた畑に囲まれた集落には、ひときわ目立つ昭和天皇の「御巡幸記念碑」
http://kanko.town.karuizawa.nagano.jp/sightseeing/175.php
がある。

大日向村は、もともと山梨県にあった。
国策で村ごと満州に移住した。
当時は国の指導で村ごと移住するという例がたくさんあったようです。
移住していった日本人たちは知らなかったが、自分たちが入植した土地は、もともとは満州人や中国人の農地で、もともとの持ち主たちは土地を奪われて追い払われていた。

自分たちを守ってくれるはずだった軍隊と政府の役人はまっさきに逃げてしまい、後に取り残され、財産といえば腕時計に至るまでロシア兵たちに奪われた日本人たちが見いだしたものは、ロシア兵の暴力と、土地を奪われた怒りから敵意をもって日本人入植地を取り囲みはじめた中国人たちの軽蔑と憎悪の視線でした。

国は、それでもなんとか朝鮮半島の港にたどりついて、日本に帰ってくる日本人を救済しなかったし、する力ももう残っていなかった。
混乱のなかで、大日向のひとたちは、冬にはマイナス15度になる追分の、そのまた端の荒れ地に集住することになった。

ちょうど今上陛下が沖縄に特別な気持ちを持っているように昭和天皇は満州移民に特別な気持ちを持っていた。
日本の天皇家も帝王教育は帝王教育で、帝王教育の基本中の基本は「人間的な気持ちをもってはならない」ということです。
昭和天皇は人間的な気持ちを持たないように自分を教育してきたはずだが、大日向を訪問して、御製を詠んだ。
そのことに感激した大日向のひとびとが、つくった碑がいまでも残っている。

ノモンハンはすさまじい戦いで、戦車で押し寄せるソ連軍に対して、日本兵は、ひとりひとり円匙で散兵壕を掘って、三八式歩兵銃と火炎瓶で立ち向かうしかなかった。
この作戦を立案して強行した辻政信中佐と主任参謀服部卓四郎中佐のコンビは、責任をとるどころか、卑怯な行為があったと上申して、作戦のデタラメさを報告する可能性があった前線の師団長や連隊長に自殺を強要して殺して口をふさいでしまい、「ノモンハンは大勝だった」ことにしてしまう。
日本語の本にも「航空戦も勘案すれば負けたとはいえない」とロシア人が聞いたら北海道に攻めてきそうなことを書いてあるのがいくつもありますが、
ここでは戦線にいた兵士のひとりが戦後に残した証言を引用しておくのにとどめます。

「ああ、しかと見たよ。ソ連軍の戦車が数百台単位で十六連隊に襲いかかってね、ひどい光景だった。目の前が火の海でさ、こっちの三十連隊は助けようにも助けられなかった。
 もともとね、十六連隊が突出したのは命令違反なんだ。当時の連隊長・宮崎繁三郎大佐の判断なのか分からないけど、はっきり言って自業自得だよ。関東軍の独断専行はある種の伝統とはいえ、陸軍中枢の命令を無視したんだからね。
 不思議と宮崎中将の評伝に『ノモンハン唯一の勝利者』なんて言葉が躍っているけど、現場を目撃している人間から言わせれば、どこが勝利者なんだと首をひねってしまう。戦車の下敷きになって悲鳴を上げている日本兵を何人も見ている俺は、
『日本軍はノモンハンで大負けしたんだ。誰も彼もが』
 と、絶叫したいくらいだよ。同郷の新発田歩兵第十六連隊はノモンハンで全滅したんだ、間違いなく」」

翌年にはふたりとも栄転して、辻政信はマレーに赴き、
シンガポールで中国人集団虐殺「Operation Sook Ching」
http://eresources.nlb.gov.sg/infopedia/articles/SIP_40_2005-01-24.html

を指揮して、フィリピンでは米軍捕虜を処刑するように口頭命令を伝えて歩き、ポートモレスビーでは作戦の研究を命じられたのを好機として、作戦研究を実行命令に変更して軍隊を進発させてしまい、(←軍隊組織においては、補給がないことを意味している)、後年日本のドキュメンタリ「ゆきゆきて、神軍」で暴かれるお互いの人肉を食べあう地獄の戦場に兵達を送りこむ。

昨日述べたガダルカナル島でも作戦に関与して、そのあげく、戦犯になることをおそれて逃亡し、うまくベストセラー作家として戦後日本社会で「アメリカにおもねらない男」として国民的人気を博すと、参議院議員に立候補して当選してしまう。

常にコンビを組んでいた服部卓四郎は戦後、アメリカ軍が日本の軍隊を再建するように命じたという噂を聞きつけて、自分を中心とした再建案をアメリカ側に提示して吉田茂を激怒させ、そんなものをつくったら、ぼくは首相はやめると述べてアメリカ側に服部案をあきらめさせる。

こういう無責任な軍人たちが跋扈した理由は、ヘンなことを言うと、本来どこの国でも、数字に還元していえば、要するにGDPをあげるためにやっていた悪行を、日本の人だけは「肩で風を切るため」にやっていたことで、日本がその「防衛」のために国家そのものの破滅に追い込まれた満州が巨大な赤字を垂れ流して終わったように、傍で見ていて、いったいなんのために戦争をしているのか、まったく理解できないところが日本の歴史の不気味さであると思う。
戦争がカッコイイから戦争をやっているのさ、とでもいうような、日本独特の、悲壮美に酔いたいだけの気味の悪さがある。
もう長くなりすぎたので、このくらいにしておくけど。

約束の三八式歩兵銃の動画を載せておきます。
「重すぎた、扱いにくい」という記述があちこちにあるが、手にとってみると、なんともいえない扱いやすさがある、とても良いライフルだとわかります。
反動が小さい上に、へんなこと言うなあーとおもうかもしれないが、音がいい。

日本兵が格闘戦にたけていた、というのは日本軍自身がつくりあげた神話で、いったんつかみあいの白兵戦になると、やはり体格の問題なのか、「まるで女の子のように簡単に殺された」と、なんというかサイコパスのような証言を海兵隊員が残している。
日本兵がなんとか対等に攻撃できたのはバヨネットによる刺突までで、これに失敗すると、日本の軍隊に特有の銃床の使い方を教えない格闘術にも原因があるのでしょう、あっけなく殺されて、いろいろな国の兵隊のなかでも日本の歩兵は、文字通りの「rifleman」だった。

今度のオークションでArisaka Type 38を買おうとおもっているが、機会があったらブログでも報告します。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to GDPと三八式歩兵銃

  1. 読者 says:

    こういう内容の記事を書きたくないと思うこともあるでしょう。
    記事、読ませていただきました
    私も封建的であるよりかは自由が好きなので、頑張ってくれ、と言わせて下さい

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s