Summertime

IMG_0134

付け睫毛についてそんなに詳しいなんて、ガメはヘンな人だ、と言う。
なぜ国によってブラのサイズ、同じCカップならCカップでおおきさや形が違うことをそんなによく知っているのか?
ガメは、女なの?

違いますよ、ぼくは、たしかにこれが帰るべき絵なのに、どこにも、ぴったりあてはまる場所がないジグソーパズルのピースなんです。
絵柄はあっているのに、なんだか、ぴったり落ち着くということがない。
ぼくは、いったい、ここでなにをしているのだろう。

あんまりおおきな声では言えないが、ランギオラからカストへの道で安物のスポーツカー(MGF)で200km/hだしてみたことがある。
別に死にたかったわけじゃない。
ただ、やってみたかった。

You’re fuckin’ crazy!

ガメ、あなたは頭がおかしいのではないの?

(静かな声)

(聴き取りにくい声)

眼を真っ赤に泣きはらしながら、シリア難民たちの話に聴き入る途方もなく美しい女の人は、ぼくの奥さんで、そのひとの優美な線の腕がのばされて、宙で握りしめる手のひらを探しているのは、ぼくの手のひらなのだけど。

なんとなく現実であるような気がしない。
小さな死を死ぬときでさえ、痙攣する、やわらかくて滑らかな美術工芸品のようなひと。

いいとしこいて、もうすぐ32歳になろうというのに、ぼくが時々、18歳の人間のように、この世界を憎むのはなぜか?

(マオリ人やポリネシア人がフードをかぶって午前11時の泥酔した顔を隠して歩く南オークランドへインド菓子を買いに行く。)

(ハルア)

東アジアの、そのまた東の果てにある国で起こっている「政治的状況」を見つめている。

たまたま知ったんだよ。
「三浪亭」っていう、へんてこな名前の、ぼくよりも十歳(とお)も若い人がいて、その人が加わっている政治運動なのだけど。
本人は「政治運動」と呼ばれただけでも違和感があるのかも知れないのだけどね。

安保法案を絶対に止めると述べて頑張ったのだけど、止まりはしなくて、今度は、「そんな立法は無効だ」とみなで述べて法案を廃止にしようとしている。

どこかの国で見たことがあるねw と述べてにやにやしてはいけません。
三浪亭が住む国では初めて(多分)のことなのだから

「政治的状況」を見つめている。
会社の損益計算表を見つめる人の眼で。

「こんな収支で、どうやったらぼくの思想的な倒産を避けられるというのだろう?」

それはなぜか

議決します。
それでは、われわれは皆いったん家に帰ればどうか?

家のなかで、よき連合王国の伝統に従って、平等や博愛について話し明かせばどうか?

なぜ日本人の物語は、それほどまでに語り尽くされてしまったのか。

最後まで見とどけなかったぼくは冷たい人間なのだろうか?

「星が決まっている者は、ふりむかない」と、詩人が述べている。
オラトリカルな言葉を離れれば、もっと判りやすいかも知れないでしょう?

行く先を知っている人間は振り返って考えはしない。
国よりも社会よりも「自分という友人の叛乱」に直面したものは、それに真っ先に対処しないわけにはいかない。

人間の一生などは、それに較べれば、どれほどの些事であることだろう。

ぼくには、もう、ぼく自身の言葉が聞こえなくなってしまったけど

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to Summertime

  1. 匿名ジジイ says:

    3・11が起きたときは62歳だった。福島の事件をテレビで見ながら、まさかとは思っていたが、東電の常務が泣き崩れているのをテレビニュースで見て、原爆を落とされた国が何も、自爆する事は無いと思い、この国は終わってしまったかもしれないと思った。
    東北被災地への支援に誘われて、自分の目で確かめようと、現地に行って、目の当たりに見たモノは、今までの自分の価値観を崩すには、十分なほどだった。
     そして、昨年から、今にかけて、秘密保護法、安保法案と次から、次へと変わってきている。
    仕事の経験から、少しは英語が読めるから、第二次大戦後、70年を経て、日本軍海外に出て行くようになったと、海外の新聞に書いてあるのは、読める。
     自衛隊には、軍法も無く、普遍化された、ROEも有るとは、聞いてない。そもそも、敗戦の総括も出来てない国なのは、わかっているから、よけいに息苦しくなる。
     せめて、余生を事実を見続けて、記録できる事は出来るだけ、記録するしかないと思って、
    写真を撮り続けている。
     93で死んだ、父親が死ぬ事さえ無かったら、戦争は最高のゲームだと言っていたのを、時に応じて、思い出す。
     恐ろしい世の中になってしまったと思うのが、実感である。 たまにガメさんのブログを読んで、息をついている。ありがとう。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s