深い水のなかで息をとめる

好きかどうかわからないから付きあってみる、ということが判らないみたい、と言う。
「あ、日本の男の人って、そーゆーもんみたいよ」と述べるわし、
相手は溜息をついています。

ローラさんが、ヨシと付き合いだしたのは、一年前で、ローラさんはパートタイムの英会話講師で、ヨシと会ったのも英会話学校の教室だった。
いくらパートタイムで時々お小遣い稼ぎにいくだけだと言っても、同僚は同僚で、冷やかされるのは嫌だなあーと思ったが、ヨシのマジメな態度と、熱心さが好もしかったので、そのうち一緒にコーヒーを飲みにいくようになって、ボーイフレンドとガールフレンドになった。
こういうことを付け足して説明しなければいけないのは煩(わずら)わしいが、ボーイフレンド、という言葉はもともと英語では肉体関係があることを暗黙に含む。

楽しかった、という。
それまでは英会話学校で知り合ったパートタイムの講師仲間と「居酒屋」に行ったり、ひとりでヘッドフォンをつけて音楽を聴きながらインターネットで遊んでいたりしたのが、なんだか目をきらきらさせて、自分に夢中になっている若い男が、毎日でも会いたそうなことを言ってくる。
電話が、毎日かかってくる。

日本は面白い国で刺激がたくさんある。
文房具ひとつとっても、何百という種類があって、しかも伊東屋と東急ハンズでは、まるで違う文房具が並んでいる。
丸善に行くと、さらに異なる種類がある。
まるでパラダイスのようだ、と誰でもおもう。

デパートメントストアの地下に行くと、「デパ地下」がある。
やたらに清潔な売り場に、見たこともない食べ物が並んでいる。
英語世界のデリでも、店員さんに言えばいくらでも味見させてもらえるが、日本では「試食」で、ほとんど、どの食べ物も黙っていても食べられるようになっている。

一方では東京は、英語人にとっては疎外されやすい都会で、まず英語を話す人の数が少なすぎる。
その上に毎日の生活に夾雑物が多くて、その結果、起きてから寝るまでやたら忙しい生活なので、友達ができにくい。

英語人の男は、わしのようにええかげんな奴ばかりなので、誘っても約束の場所にくるんだかこないんだかも半々ぐらいで、
「3時に有楽町の電気ビルの裏口って約束したじゃない」と電話で抗議すると、
「そうだっけ?すまんすまん、忘れてた」という。
後ろで、「コーヒーができたよー」という知らない女の声がしている。
アメリカ訛りで、また新しいのと付き合ってるのかと頭にくる。

そこにいくと日本の若い男は誠実で、ヨシは4歳年上の27歳だが、真摯さがまるで異なるようだ。

「と思ったんだけどね」と言う。
ふんふん、と妙に図体がおおきい、見るからにやる気のなさそうな男の友達(←わしのことね)がうなづいている。
「ガメ、ちゃんと、聴けよ」
聴いておりまする、と言うことは神妙だが、ほんとうはさっきから遠くに見える「ぢ」の赤いネオンサインに気をとられているのではないか。

なんというか、わたしは寂しくて、ひとりぼっちな感じがしたから付き合ってるわけだけど、ヨシのほうは、なんだかものすごくシリアスに関係を受け取ってしまっているみたいだった。

困ったな、と考えた。
そう考えだすと、ヨシと一緒にベッドで過ごしても、なんだか勝手に相手が自分の身体の上に乗っかって「用事をすます」のを我慢しているような気になってきた。

愛してはいないんだよなー、とつくづく思わされてしまう。

そこにタケが登場したわけだな、と、わし。
そう。
ローラさんは、また溜息をついている。

子供っぽいヨシとは違ってタケのほうは女の気持ちがわかるみたい。
ヘアドレッサーのせいかも知れないけど洗練されてるしね。
タケなら一歩すすんで、もっと深い関係ができるかもしれない。

じゃ、タケさんにすればいいんでないの、と述べてみると、
「やってみるとセックスの相性が悪いんだよ」ということが理由だった。
なるほど。
つまりヨシのほうは、それほど悪くない、ということね。

そこからが問題で、週末にどこに行ってたんだ、と詰(なじ)るヨシに、タケのアパートにいた、と言ったら、猛烈に怒りだした。
暴力はふるわないけど、なんだか偏執狂のように、そのことばかり持ち出す。
だって、わたしたちは付き合いだしたばかりで、お互いに自由を尊重する、ってあなたのほうが何度も繰り返したじゃないの、というと、
「それとこれとは別だ!」と大声をだす。

まったく、うんざりしてしまう。
なんで日本の男は、ああ、子供なのか。

ツイッタで、

と書いた。
最近は日本のひとの気持ちが少しは飲み込めるようになったので、
「きっと嫌がらせとか、また来るかなー」と思ったら、やっぱり、たくさんきました。
どうも、日本の男の人々は「おれたち男の純情を理解しない」というリーグ的な気持ちが強いらしい。

わしの理屈では、だって、そんな男の勝手な理屈を言って、女も人間で幸福になりたいのを全然無視して、自分に都合の良い女たちでいて欲しいたって、前世紀ならともかく、もう無理なんじゃないの?とおもうが、
そういうものでもないらしい。
ツイッタだと、いかにも2chふうな、「ひとこと捨て台詞」ふうだが、多分ツイッタだとあっさりブロックされるのが嫌だからでしょう、ブログのコメントのほうにわざわざ名前とemailアカウントをでっちあげてくる人々のほうでは、もっとネチネチで、
「そんな女に阿るようなことを言ってタダではすまないぞ。必ず足をすくってやる」ふうのがたくさんくる(^^;

ただじゃなきゃ、じゃ、百円くれ、と言いたくなるが、こういうタイプの人々は、そういうことを言うとメラメラと逆上するので、十円くれくらいにしておかないと、後が怖いのは、ずっと昔の記事

「Heforshe」
https://gamayauber1001.wordpress.com/2014/09/23/heforshe/

「日本男児の考察」
https://gamayauber1001.wordpress.com/2010/01/14/japanese_men/
で経験ずみである。
男と女の問題とはぜんぜん関係がない、いろいろな話題にかこつけて、嫌がらせにやってくる。
連係も阿吽の呼吸で非常にうまいトリックを「群れ」として実行する。
見ていると、どうも、自分のガールフレンドに裏切られるという絶えざる恐怖心がある人もいるらしい。

そう云えば、こういうのは、「男を差別するな」と述べていたオダキンも怒ってなんか言ってくるな、とおもったら案の定、
「これは俺、アホじゃないの?と思うんだけど、なぜそう思うかを書くといろいろ面倒くさいことになるのは目に見えており、とりあえず後で時間と元気のあるときのためにメモとしてここに残す」
と書いてあった。

モニさんが大好きであることを発見してからは、自然に他の女の人とエッチしなくなった、というのは前に書いた。
それ以前は、付き合っている女の人が週末に違う男と一緒にいても、自分たちがどういう関係であるかを落ち着いてよく考えると、
「ま、愛し合っているとは言えないよね」と結論して、お互いに懸命に自分を幸福にしようと考えてやってるんだから仕方がないさ、
と22歳くらい頃には、もう思えるようになっていた。

なぜ、そうなのかと考えることも多かったが、それはやはり、「女の人も人間で、男と何の変わりもない」ということに人間の社会全体が気がついてきたからだと思います。

男も女も、真剣に愛し合う相手が出来れば、他の人間とわざわざベッドに行こうと思わないのはおなじで、裏切りだの、もっとひどい言葉を使って肥大した「性」の観念の側から汚い言葉を投げつける人もいるが、
相手に好意を持って「付き合ってみる」と大昔には述べていた、その
「付き合ってみる」に肉体の関係も含まれたほうが合理的だ、と社会が判断しただけのことで、お互いがcompatibleかどうか試してみる、というときには、当然肉体関係が含まれたほうが、関係が深まってゆくものなら、後々のことを考えて、男と女の両方にとって都合がいい、としか、わしには言うことがないよーだ。

仮に「お互いに愛し合っているのだ」と確かめ合って、結婚なら結婚で、あるいはフランス式に、いつも一緒にいて子供をつくるというようなことのあとで、他の人と「寝て」しまいました、というようなことになれば、カウンセリングを受けて関係を修復するカップルもあるが、別れてしまうカップルもある。
だが、その深度に関係が至る前に「一度寝たから、おまえはおれの女だ」みたいなことを言われても、あるいは「自分はこんなに誠実に愛しているのに、ひどいじゃないか」と言われても、自分勝手なことばかり言わないでくれ、としか言いようがない。
Be a man、ということでもあるのかも知れません。

この話は、日本語の壁のなかの男の人にも女の人にも、いちばん理解しがたい話題であるのを、わしは観察によって知っている。
そこには日本の社会の謎解きをする、おおきな手がかりのひとつが眠っているのも気がついている。

でも、まあ、書いておきます。
またヘンな人が大挙してやってくるだろうけど。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

6 Responses to 深い水のなかで息をとめる

  1. 安倍 柚実 says:

    毎回、とても楽しみに読んでいます。ガメさんの文章が好きです。
    日本という国について、モニさんとの話、私の苦手な経済の話、武器について、など、ページを開いて、まだ読んでないタイトルを見たら続きを読まずに珈琲をいれてじっくり読むのが一日の中ですごく好きな時間になっています。
    「寂しさと愛情」についてこのところ考えていて、迷うということはどちらでもいいということ、と思ってはいても差し迫って彼と別れる理由もなく……、というところで今日の文章を読み、先日、このブログが一時、読めなくなって悲しい(ほとんどパニックに近い)思いをしたので、まだコメントを書けるうちにと思い、今日は書いています。

    こどもを連れて夫から逃げ、四年半前、地震の三日後に東京から逃げて、日本からも逃げようと思って準備をしていましたが、今は少し、これからどんな国になるのか、自分のできることはやりながら見つめています。

    今日の話、興味深かったです。
    これからも楽しみにしています。
    とりとめのない文章ですが……。

  2. めぐ says:

    こんにちは、大庭亀夫さん。 あなたとf_theoriaさんとのおしゃべりを読んでいました。 そこで、f_theoriaさんが恥ずかしい過去の思い出を語ったように、私も自分の過去の失敗談を話すことにしました。
    私は東京にいた頃、ボーイフレンドがいました。 最初の頃は楽しかったんですが、付き合い始めて数ヶ月くらいのときに、彼と一緒にスキーに行った頃から、様子がおかしくなりました。 私はスキーなんて下手くそだし、寒いときに外に出るのは嫌いなんで、本当は行きたくなかったんですが、相手が「どうしても行きたい」というので、私はスキーウェアと飛行機のチケットを買って旅行に出かけました。スキー場に着いても、本当はホテルでコーヒーでも飲んで本を読む方が楽しいんだけど、彼に付き合って何回かスキーをして、スキーは楽しくなかったけど、彼に対して大きな不満があったわけでもなく、「まあ、こんなものか」という旅行でした。 
    それが、東京に戻って数日後に、ふとした拍子に、彼が私に「お前をスキーに連れて行ってやった」と話すのを聞いて、なんともいえない嫌悪感を感じて、自分が薄汚いものにでもなったかのような気がしました。 「一緒に行った」なら良かったんですが、やりたくもないスキーをした私の方こそ「行ってあげた」なのに、「連れて行ってやった」と言われて、かなりムッとしたけど、その場では黙っていました。 でも、その時から、私は、彼と一緒にいるときに、相手のことを常に我慢しているように感じ始めました。 偶然なのですが、それから数週間後に、共通の上司から、彼は私が仕事の上で順調に成果を出していることを聞きました。 そして、その日から、彼は毎晩のように私に電話をかけてきて、私の仕事のやり方が悪いと説教をするようになりました。 彼は私の職場の先輩ではないし、専門もちがうので、私は「なんだか、違うなあ」と思いながら彼の話を適当に聞いていると、彼から「態度が悪い」と叱責されました。
    ここまで書くと、もう驚かないと思いますが、それから数ヵ月後に、私は彼と別れました。別れるときは、相手にかなり酷い言い方でなじられて、相手は暴力こそ振るわないけど、猛烈に怒っていて怖かったです。 私は、とにかく、彼と別れて安堵しました。あのときに、別れておいて本当に良かったです。 (安倍柚実のコメントも、他人事じゃないと感じました。) 別の相手はいなかったんですが、私は、ここに登場するローラさんの気持ちは、とても良く理解できました。(そういえば、趣味が同じ元同級生とEメールのやり取りをして冗談を言っているのを見られて、彼からなじられたことはあります。 彼と話してるよりも、元同級生とEメールをやりとりしてる方がずっと楽しかったです。) 
    ここで、私の話は終わりで、これはただの失敗した恋愛の思い出話なんですが、たぶん、これが手がかりのひとつなんだと思います。

  3. cosmicpoetics says:

    こんにちは。ガメさんが書いたことにつよく共感しながら、ここではまったく反対のようなことについて書きます。(その方が書きやすいので)

    わたしは23歳になったところです。大人の女といわれる年齢に近付いてきて、「女の子なんだから身体を大事にしなくちゃいけないよ」と、いろんなひとに念を押されるようになってから久しい。言われていて、なんかへんだなーと思いながらも何がへんなのか長いあいだ見当がつかなくて、「ウン」と適当に返事をしていました。それが、最近になってやっと自分で納得のいく答えが見つかったような気がして、わたしは「男の子の身体だって大事でしょう」とお返しすることにしました。
    「女の子だから~」と言いたがる男の子たちの身体だって、女のひとと同じように大切に思っていいのだし、もし仮にキミが女のひととベッドに入ったことがなくたってそれはちっとも恥ずかしいことではないじゃない、ということを言いたくて。けれどもわたしの言葉を聞いた男の子たちは、今まで見てきた限りみんなそろって目をきょとんとさせている。女のひとには妊娠の可能性があるじゃんなどというのが彼らの言い分で、処女信仰だとかもおそらくその反応の背景にあるのでしょう。しかし、そういうことは彼らが自分の身体を軽んじたり蔑んだりしていていい理由にはどうにもなっていない。相手の身体のことはすごおく気になるのに自分の身体のことが気にならないというのは、ふしぎだなーと思いながらわたしは男ともだちのことを見返す。

    ガメさんの文章を読んで、わたしが男の子たちに述べたことはあんまりよい正解ではなかったのだなと気づきました。「男の子の身体も大事だ」なんていうのは、お互いの性を制限して不自由を助長する言葉に過ぎない。この言葉を通してわたしが伝えたかったのは貞操を重んじろということではべつになくて、男のひとも女のひとと同じに自分のことを大事にしていいんじゃない?ということだったけれど、それはどうもうまく伝わらないですね。もっとお互いが自由になれる言葉を使うようにしたい、ということを思いました。

  4. Hirokoszk says:

    いつもブログやツイッターを興味深く拝見しております。
    自分の感じていることが140文字におさまりそうもないのでここにコメントさせていただきます。
    当方、女性ですが、日本人男性が幼稚で傲慢な理由は、主に社会システムのせいだと思っています。

    ①経済問題(女性の経済的ハンデの大きさ、社会が子育て支援を放棄していること) 
    ②自己評価を他者に依存する教育
    ③会社至上主義で恋愛する時間も意志もない

    日本では子供を持ちたい女性は、経済的に、男性に「寄生」せざるを得ない(一人で生きて行くのでさえ、圧倒的に不利である)。 なので、男性の多くは女性たちに対して「(子供も含めて)養ってやる」という、責任感と所有欲が混然一体となった(むしろ所有欲が強い)想いを抱いてしまうのだと思います。
    また、自己評価を他者に依存しているせいで、「彼女が他の男と寝た」→「自分はその男より劣っている」と受け取ってしまい、「自己防衛」として彼女に当たり散らすのでしょう。基本的に、自分に自信がないんだと思います。
    それから、会社という奴隷制度の束縛時間が長すぎて、恋愛欲がそもそも薄い。だから自分は「お試し」する気はなく、相手がそうするもの許せない。むしろ、「これ!」と決めて絞ったほうが考えなくて良いから簡単、というか、「この道しかない」みたいなのが好きなんじゃないでしょうか。あと、男女関係が「損得関係」に直結してるから、途中で鞍替え、ってのは「損」だと思ってしまうのかも。「今まで金をかけたのに!」って。
    まあ、言葉にすると「自分はこんなに誠実に愛しているのに、ひどいじゃないか」になるんでしょうけど(笑)。

    自分はぶっちゃけ金目当てで見合いや婚活を繰り返しましたが、恋愛はおろか、プライベートで話したいと思える人にすら出会えなかったなあ。
    結局、金と引き替えに自分の時間と魂を売るのは馬鹿馬鹿しいので、婚活はやめました。
    日本のこの社会システムは、男性だけでなく、女性の人格も少なからず歪めていると思います。

  5. DoorsSaidHello says:

    「深い水のなかで息をとめる」を読んで思うことはたくさんあって網羅できないので、一つだけ切り出して書くと、英語人にとっての恋愛関係のゴールは「(全身全霊で)愛し合っていること」にあるんだなあと感心する。肉体関係はゴールに到達するまでの途中経過にしか過ぎないから、試行錯誤が許されるのだと理解しました。

    日本語人にとっての恋愛関係のゴールは「(全身で)愛し合うこと」で、(全霊)は抜けているのね。更に言えば、相手を「愛する」ことはゴールの前にやっておくべき途中経過にしか過ぎないから、あまり関心が払われない。肉体関係に達した後は、所有契約である結婚に至るだけなので、もちろんだが相手の精神には関心が払われない。

    つまり日本の恋愛には「愛することは、理解することの後に生じる」という前提がない。夫婦相互の理解はどこで生じるかというと、長い長い結婚生活ののち、老境に達してから訪れるものとされている。それが「伝統的な結婚観」だから、お見合い結婚とか知人の紹介で何度か会って結婚という方法がずっと続いてきたのだと思う。

    環境を共にしてきたことだけが「理解」の中身だというのは、理解という言葉の語義からして間違っているのだけれども。理解するっていうのは、どれほど違うのかを明確にして、そこに価値を見いだすってことだと思うんだ。「自分の期待と違う」ことで怒り出すようでは、愛し合うところまで行き着かないのは当たり前だ、と私は思う。

    だからこのブログの何がいけないのか私には分からない。私から見れば、ヨシはローラを理解してはいないのだから、愛しているとは言えない。ローラに説明を尽くしてもいないので、理解されようとしていたわけでもない。ヨシはローラに、自分の期待通りに振る舞うよう、期待していただけ。それを純情と呼ぶのはおかしいでしょ、と私は思う。

    英語の精神と日本語の精神は、実に違う。
    言葉にならない、なっていない、根幹の部分でもっとも違う。
    意識の下にある違いを掘り出して眺めるのは、知らない鉱石を掘り当てたみたいな気持ちになる。

    契機になったツィートも含め、とても面白かったです。

  6. 星野 泰弘 says:

    「日本のすばらしさ」は、しばしば「日本の窮屈さ」と表裏一体だ。
    商行為も含めて、そこには消費者と供給者が存在する。
    そこには、本来は、妥当な役割分担が存在する。
    つまり、効率性や責任が負帰還しやすい分業の自然な境界があるはずだ。
    そこから、大きく逸脱した、消費者優位の市場の存在は、供給者劣位の市場の存在と同義だ。
    日本の「おもてなし」は一見、素晴らしそうに見える。
    しかし、それは本来、客が負担した方が効率の良いことまで、
    引き受けなければ競争に勝てない奴隷労働が背景にあることを意味する。
    すべての人が親切なのは、例外に対する厳しい集団疎外の恐怖が充満し、
    実質的に自由が大きく制限されていることを意味する。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s