静かな場所

ひさしぶりにQueens Arcadeに出かけていくと、ずいぶん店の顔触れが変わってしまっている。

http://www.queensarcade.co.nz/

エスカレーターに乗って二階にあがってみると、まずお目当てだった骨董店が店を閉じて、宝石店になっている。
しまった、あのばーちゃんから、びっくりするほど安い値段がついていたマイセンのフィギュアリンを買っておけばよかった、と考えるが、縁のない骨董美術品とは、そういうもので、明瞭で線が鮮やかな絵付けも、品のよい顔の表情も、素晴らしい青の発色も、ありありと思い出せるのに、なぜゼロがひとつ少ない価格に相応する値札の金額を払って、あのとき、買い取らなかったのかが、どうしても思い出せない。

「ここにあった骨董店は、どうなったのか知ってますか? どこかへ移ったのかしら?」と訊いてみると、ああ、店を閉じてしまったのです、そのことは知っているが、わたしは3ヶ月前にここに来たばかりなので、詳しいことは判りません、という要領をえない返事で、閉じてしまった店はいつもそうだが、要領のない、曖昧模糊とした記憶に放り込まれて、濃い霧のなかをさまよう幽霊船のように、ミルク色の大気のなかに姿を消してしまう。

アーケードの廻廊の丁度反対側にあった日本人夫婦が経営していたレストランが急になくなってしまったのは、10年くらい前ではなかったか。
日本人夫婦が経営する料理屋ということになれば、まず十中八九日本食レストランと決まっているのに、そのレストランは、ステーキレストランで、
おいしいパンプキンスープを出す、その店を経営する、「日本料理ではなくてニュージーランドの料理を出す」という、若い日本人夫婦の気持ちの何かが、ぼくは好きだった。
アジアの人には珍しくて、新しいことにおもえた。
だから、いきなり閉店してしまったあとの、まだサインもなにも残っている店のドアの前にたって、自分でも意外な、ひどく落胆したような、おおげさに言えば寂寥がこみあげてくるような、がっかりした気持ちを味わった。

そのあとには、たしかホットドッグの専門店が出来て、なんだかアメリカ式だという謳い文句が、おいしそうで、入っていこうと考えたら、店の前のブラックボードにチョークで「$10(830円)から!」と書いてあって、なにしろケチなぼくのことで、おそれをなして退散したのだった。
もっとも、この辺をひとりで歩いているときは、友達と会った後と決まっていて、見ためはふだんと同じ「素面」でも、内実は、樽からがぶのみしたシロクマのように酔っ払っていることが多いので、ほんとうは隣のビルかなにかで、しかも、実際には店内にはいって、妙にニコニコしながらホットドッグを注文して食べていて、注文から支払いまで、酔いがさめるのと一緒に、綺麗さっぱり忘れているだけなのかもしれません。

酔っ払うと、陽気になって、浮かれてばかりいるのは、おにいちゃんがアホである何よりの証拠である、とよく妹は述べるが、そんなことはない。
酔っ払ったときの語調を日本語に翻訳して述べると、「そんなことっわ、ありましぇええーん」、
アルコールは楽しいから飲むので、アルコールを飲んで楽しくなければ、酒を飲む合理的な理由がなにも見当たらない。

庭の芝が夏の陽光に輝きだすと、その光の反射への反射で、よく冷えた白ワインが飲みたくなる。
こういう条件反射は、アルコール依存症の第二段階だったよね、たしか、と思うが、飲みたいものは飲みたいので、モニさんと庭のテーブルに並んで、白ワインと牡蛎の天ぷらで、のんびり過ごす。
あの二軒先のひとたちは、家を売らねばならなくなったのだ、と重圧に耐えかねて、 モニとわしを訪問して、どうか苦境を理解して欲しい、デベロッパーには売らないから、と述べに来たとき、夫のほうは目が血走って、奥さんは、人間の気持ちというものは、ああいうものなのか、奇妙に興奮した様子で、わたしたちのようなカネモチは、時にこういうことがあって、「普通の」ひとたちには判らないだろうけど、あなたにはきっとわかるでしょう?
という、奇妙な理屈を早口でまくしたてる、というような光景だった。

ところで、そのときに最も異様に感じたのは、ドライブウエイまで見送りにでて、夫婦がゲートを出たあと、二軒先に消えて、自分でもゲートのところまで歩いて、通りを見渡してみると、まったく何事もないように平穏で、この近所ではバブル経済の社会には付きものの、破滅があり、新しく入ってくる成功者がいて、夫婦間の裏切りや、近所の人間同士の反目があるのに、平和そのものの光景で、なにかに似ている、と考えてみると、凪いだ海から突然、半身を食いちぎられた鯛が飛び出してきて、いかにも平穏な海面の下では、生き延びるための、凄まじい闘争が起きていることに怯えに似た気持ちを感じた瞬間に似ている。

ニュージーランドは、たとえば住居用不動産で言えば、5年前ですでに、アメリカや欧州のアナリストの見積もりの平均で、40%、実質価値よりも高いプライスタグが付いていた。
それから5年間で、高級住宅地では、倍になっていない不動産は存在しないだろうから、実質価値とは現実的な連関がない高い価格になってしまっている。
ニュージーランド政府も中央銀行もバブルの沈静に必死だが、中国市場が不振で、たとえば巨人的な乳業会社であるフォンテラの輸出が劇的に減少して、農場主がミルクをいくら出荷しても利益がゼロの買い取り価格の水準まで落ちているので、産業も国内市場も小さい国としては、「公定利息率をさげて、通貨の流通量を増やす」しか方法がない。
中国政府に中国から大金を持ってやってくる人のアセットを報告する協定を結んだり、2年以内の転売にはキャピタルゲインタックスを設けたり、いろいろやってみても、難しくて、
通貨がさがれば、ものすごい勢いで外国人が不動産を買いあさるので、国内のニュージーランドドルにとどまっている大多数の人間からみると、常識では理解できないような不動産価格になってゆく。

「いまの英語圏の株価と不動産価格の上昇は、形態を変えたインフレーションで、インフレ指標になっている消費者物価のほうは当てにならない。真のインフレーションは、姿を変えて起きているのではないか」
という、最近の英語世界で流行している説には、信憑性がある。
株価があがれば企業価値が増えて、不動産価格が上昇すれば持ち主のアセットが増大して「裕かになる」という旧来の考えでは、どうにも説明がつかないことが起こっている。

観光客が集まってくるパーネルの坂をおりてゆくと、ここでも5分の1くらいは去年は存在しなかった店で、不定形な外貌を持って、毎年姿を変えるロンドンにとても似てきている。
「ネパール料理」の店があって、これも新しく出来た四川料理の店がある。
オークランドのアイコン料理屋だった「イグアス」があった跡地は、どういうことなのか、以前の建物を壊して、そのまま半年近く放置されている。
「ブルーエレファント」や「オー、カルカッタ」のような古くからある店は、そう思って見るからか、気息奄々として見えます。
イグアスの賃料は年23万ドル(2000万円)だった、と新聞に出ていたので、もともと外食の習慣がないニュージーランドでは大変だったろうな、と改めて考える。
最後に行ったときは、フランスからやってきた旅行者のパートタイムの20代の女の人が「フロアマネージャー」で、「このレストランは経営が危ないとおもう」と、にっこり笑いながら述べていた。
「とても、大変みたい」
「でもワインを一杯店でおごるくらいは出来る」

繁栄って、こういうものなのかもね、と思わなくもない。
社会が「繁栄」して、個人に多忙と巨大な出費との重荷だけを負わせて繁栄そのものはひとかけらもわけてやりはしないのは、日本のバブル時代だけのことではないよーです。
ロンドンでもニューヨークでも、シドニーでもメルボルンでも、「繁栄」は、若い個人から「家を買う」という考えを奪い、高い賃金よりも、さらに成長が早い出費を迫り、結局は自分の街から「普通の生活をしたい人間」を蹴り出して、個性のある店を閉店に追い込み、世界じゅうどこにでもある「ルイ・ヴィトン」「プラダ」「THE BODY SHOP」というようなサインで通りを埋めつくして、退屈な街並みをつくって街から生命力を収奪する。

能力ぎりぎりまで借金を負った若い夫婦が、現代的なデザインの建物の駐車場から、高級車で現れて乗り回すが、よく見ると、どの顔も強ばってひきつっている。

ニュージーランドも他の英語国なみに「繁栄」の仲間入りをしたのだなーと、マヌケなことを考える。

ここから先の世界は「能力がある者のための世界」になるだろう。
人口の1%に満たない、なんらかの「才能」がある人間を社会が挙げて庇護して、桁違いの環境と報酬を与えて大事にしなければ、21世紀には、ひとつの社会が未来を競争に打ち勝って生き延びて行くのにどうしても必要なアスペルガー人もゲーマー族も、さっさと他の国へ行ってしまうからです。

https://gamayauber1001.wordpress.com/2014/10/09/asperger_gamers/

新しい世界の最大の問題は99%の人間が「いてもいなくてもいい人間」「社会が必要としていない人間」になってしまったことであるのは、もうすでに、よく知られた事実であると思う。
流動的な世界では国境さえ意味をなさなくなってしまっている。

だから、よほど間の抜けた国以外は、自国の突出した才能を引き留め、他国のそれを自国へリクルートしてくることに血眼になっている。

実際、ごく少数の能力がある人間が競争の要であることを意識できない企業/社会/国家は、どんどん競争のなかで敗退して、地歩を失っている。

Queens Arcadeから出ると、雑踏のなかで、欧州からの留学生たちが、東欧言語が多い自国の言葉や、英語で、冗談を言い合って笑っている。
失業率が7%を超えて、そのすぐ傍らで、急に目立つようになったホームレスのひとたちのひとりが、顔をうつぶせて、瞑目している。

では99%の人間は、いったいどうすればいいのか?というのが、ぼくの質問です。
判っている。
これは、富の再分配というような古典的な問題ではなかった。
ぼくは間違っていた。
この問題の本質は、たどり直してみると、意外なことに、資源に対して人口がついに過剰になったことに原因があるよーだ。
おおげさで滑稽な響きの言葉を使うと「人類は本能的に」群のなかから選良を選び出して、効率を求め、ブレークスルーをつくるチャンスを増やしている。

それでも、質問は、こうです。
残りの役にたたない99%の人間は、どうすればいいのですか?
社会から、余計なだけの、誤差の範囲とみなされた個人は、いったいどんなふうに自分を考えれば良いのか。

答えのない議論が頭のなかをめぐって、雑踏のなかを歩きながら、いつまでも疑問が、いつのまにか出発点に帰る迷路のなかで堂々めぐりをしている。
出口が、どこにもなくて、最後には、どうやってこの迷路にはいりこんだのかも判らなくなってくる。

もう、夜が近いというのに。
ひとつの灯も、防御もなく。

静まりかえった町。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

10 Responses to 静かな場所

  1. そおぷ11 says:

    ”1%の選民”のガメさんに、”99%の残された人々”の中でも底辺の人間である私が意見を言うのもおこがましいですが、1%の人が才能を持っているのではなくって、99%の人が自分の特徴(それを才能と言うなら)を伸ばせなかった、もしくはこの現代社会に迎合出来なかっただけなような気がします。誰もが何かしらの能力を持っていると信じたいのですが、多分負け犬の遠吠えなのでしょう。

    選民のガメさんが考えても答えが出ない質問に、薄らバカの私が具申するのもおこがましいですが、ぼんやり妄想するに二つの方法がある気がします。

    (1). 個々人が”Individual”に自分のフィールドで生きて行ける世界にパラダイムシフトする事。日本語で言えば、個々人の才能(特徴)を伸ばしながらも、そこに隔絶される事なく、他者とも緩い繋がりを持つ人間世界に移行する、と言う事でしょうか。もう40歳を超えた私には無理ですが、私よりも若い人達なら今からでも可能性があるような気がしますが、こういうユートピア思想って昔からあまり変わり映えしないものですよね。

    (2). ”1%の選民”を支える為に”99%の残された人”をロボトミー化する事。こちらの方が現実的ですね。だって、既にこうなりかけている国があるじゃないですか。

  2. そおぷ says:

    ”1%の選民”のガメさんに、”99%の残された人々”の中でも底辺の人間である私が意見を言うのもおこがましいですが、1%の人が才能を持っているのではなくって、99%の人が自分の特徴(それを才能と言うなら)を伸ばせなかった、もしくはこの現代社会に迎合出来なかっただけなような気がします。誰もが何かしらの能力を持っていると信じたいのですが、多分負け犬の遠吠えなのでしょう。

    選民のガメさんが考えても答えが出ない質問に、薄らバカの私が具申するのもおこがましいですが、ぼんやり妄想するに二つの方法がある気がします。

    (1). 人々が”Individual”に自分のフィールドで生きて行ける世界にパラダイムシフトする事。日本語で言えば、個々人の才能(特徴)を伸ばしながらも、そこに隔絶される事なく、他者とも緩い繋がりを持つ人間世界に移行する、と言う事でしょうか。もう40歳を超えた私には無理ですが、私よりも若い人達なら今からでも可能性があるような気がしますが、こういうユートピア思想って昔からあまり変わり映えしないものですよね。

    (2). ”1%の選民”を支える為に”99%の残された人”をロボトミー化する事。こちらの方が現実的ですね。だって、既に実現しかけている国があるじゃないですか。

  3. pino says:

    苦しい気持ちが伝わってきました。そんなときは街を歩かないで、お家に帰って、モニさんとお話してみて。

  4. 2233 says:

    植物は地球の至る所にまで根を張り巡らしているが、通貨も今や全地球を覆わんとしている。

    通貨は、本来それ自体では何ら価値を有しないが、財の経済的価値を数量的に決定する媒体となっているが故にそれ自体が仮想的な擬似エネルギーとなる。しかし、植物をベースとする自然のエネルギー循環システムと、人間が作り上げた国家をベースとする通貨エネルギーシステムとの最大の相違が見出される。

    すなわち、前者は「捕食者」の存在によって昆虫や草食動物等の個体数を制限し、それらによって自身が喰い尽されるのを免れているが、後者は、その流通規模の拡大と生産消費人口を増加せんとするバイアスを内在するが故に、過剰消費による自然破壊と資源消失の結果、いずれその存在自体が危ぶまれることになる。

    「国家」も「通貨」も所詮は虚構である。仮想が現実を永遠に凌駕することなどありえない。アメリカという一国家が発行する米ドルを基軸通貨とする既存の世界秩序も限界が見えているし、既に世界人口が過剰である以上、消費可能な資源は少なく先は短い。

    人類は、生存のために新たな「捕食者」を自ら生み出すだろう。

    それは青白い馬に跨った「死」である。

  5. じゅら says:

    そおぷ11さんへ

    ガメさんは、人に上下を見出して意見に軽重をつけるようなことをしない人だと思います。
    現状がどうであっても、自分のことをあまり否定的な言葉で表現してしまうと、よくない暗示にかかってしまったり、自分の可能性を自ら制限したりしてしまう結果を招きがちのような気がするのです。
    日が短くなったり寒くなったりすると気持ちも暗くなりがちです。もしも今が冬である場所にお住まいなら、どうか暖かくして休養なさってほしいと思います。もちろんそれが難しい状況も多々あるわけですが… お大事になさって下さい。

  6. tdesknf says:

    ありがとう、ガメさん。興味深いテーマについて考えることができました。 私たち99%にとって厳しい時代がやってくることへの暗示のような気がしました。

    答えになっているかどうか分からないけど、僕の考えを述べてみます。 僕が思うに私たち99%は、メインストリームから外れてオータナティブに生きてゆくのがいいのではと考えます。
    メインストリームから外れ、瞑想し、自分が何者なのかを知るべく「聞き取りづらい自分の声」に傾聴すると、手持ちのカードが少しづつぼんやり見えてくる。 目を凝らしてよく見ると、重なっていたせいで見えていなかったカードがいくつかあるのを発見したりする。 そのカードを何時、何処で、何に対して、どの順で使うかをよく考えて決める。 ガキの頃、母はよくこん

    なことを言いました、「人と同じことをしていたらダメよ」。

    私たち99%は、少なくとも2つ以上の言語を話せなければならないでしょう。
    別の言語を習得するとゆうことは、つまりいま君がいる世界とまったく異なる世界を体験するためのVISAを獲得すること。 好奇心を育もう。 僕と君がガメさんと出会えたのは互いの好奇心のおかげだと思うから。(ガメさ
    んに嫌がらせするス
    トーカーは死ね)

    朝鮮人として日本で生まれ育った僕は、六年前に移住した異国の地で、日本で享受した以上の権利を、戦うことなく、手続きをすすめただけで得られました。 以前の僕は同胞たちに悪い気がして素直に喜べなかったけど、最近はぼちぼち楽しんでいます。 母がこんなことを言いました、「まずは自分が助かりなさい」。

    これから今日が締め切りの新しい国旗デザインを決める国民投票を投函してきます。
    次の投票はオークランドではない地域からになりそうです。

    Merry Christmas and have a happy new year!

  7. seika says:

    死後の意識の世界について考えてみたら途方もない思考の迷路に陥って夜も眠れないことがあったり、ついに自分が世界の真の姿に気づいたのだと感じて一人ぼっちの夜の部屋の中で身震いしたり、そんなことが誰にでもあると思う
    感受性のある人間なら誰もが一度はハマる思考遊戯であって、別にガメさんが特段賢い人間だとか真理を見通してる人間だとは思わないし、一人のガイジンが「この世の99%の人間はどうでもいい人間だったのだ!」とか勝手に閃いてるだけでどうとでもないことだと思うけど、純粋に本来のガメさんっぽくていいと思います
    日本語ネットの悪意の塊と取っ組み合いをしてるうちにガメさん自らも悪意の仲間入りしちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしていたので

    しかし、貴方の日本語を楽しみにしている他の人々には悪いが、貴方自身の健康と幸せを考えれば、貴方の奥さんの言うように日本語とはどこかでケリをつけたほうがいいとも思います
    私は貴方の日本語を糸にして古い記憶を手繰り寄せようとする文章がとても好きだったが、まぁ、それはそれ、これはこれ、ということで

  8. Hirokoszk says:

    ときどき、自分の生きている世界があまりにバーチャルで、不気味になります。
    目に見えない、手で触れない様々な「システム」に捕らわれている不自然さ。
    個人がより生きやすくなるように、共同体を、システムを、ルールを作ってきたはずなのに、
    なんだか今やすっかりこんがらがっているようです。

    「社会にとって役に立たない99%はどういうふうに自分を考えれば良いか」、というのは、
    私にとってはあまり深刻な問題ではありません。
    「能力がなければ価値がない」ってのは社会からの評価のことで、
    生き物としては、肌や舌や耳や目で「感じられるそこにあるもの」を楽しんでいれば、
    それが価値ある生き方だと思うからです。
    自分の感情や感覚で遊ぶのは楽しいものです。ものを作るのも楽しい。
    例え、それが「才能」と呼べなくても、金銭を得られるものでなくても。

    ただ、「役に立たない人間を許さない社会をどうするか」、これは深刻な問題だと思います。
    資源を純粋に増やす産業といったら、農業くらいしか考えられません。
    資源が足りないのなら、多くの人間が手軽に農業に携われるようにするべきなのに、
    所有や金融の概念に邪魔をされているようにみえます。
    農業に携わったことがないので甘い考えかもしれないですが、
    この分野こそ、選ばれた才能がなくとも資源を、価値を増やすことができ、
    また、人間を生かすことができる分野だと思うのですけど。

  9. dohinjutu says:

    ここのずっと先の「友達に会いにいく」を読んで‥
    グットラック。なのか〜そうか。と、会ったことも話した事も無いヒトを想って奥歯を噛み締めたです。。そして間違ってそこあった「いいね」を押してしまったお詫びに

    エミネム好きならこれはどうでしょうねぇ?とふと思いつきこの様な所にこっそりでも謹んでコメントを残します。

    K DUB SHINE-禁じられた遊び SWEETEST TABOO REMIX

  10. snowpomander says:

    いまここから:2016年4月28日。日本時間19時ちょっと前。今日は連続でお遍路、雨のせいか捗る。というよりも何かに急かされているような気もする。

    またもや有能な人間が他の人々を指して無能な人間と言うときが来たようだ。99%から1%へ鞍替えしたナポレオンが皇帝になりベートヴェンは甚く失望した。歴史を鑑みてもそりゃそうさ。
    えてして冷淡な人ほど瞬間温情者になる。涙ぐんで与えたものを次には平気で踏みつける。自分の善良さに思いがけない高揚感があるからかな。涙のチャリティ現象には可哀想な人たちは無能な人だからのお情けも入っている。

    リッチ1%の生活者がプア99%の生活者のことを考える。プア99%の生活者がリッチ1%の生活者のことを考える。この双方に共通するものはほとんど無いと思う。
    気に懸けている富や生活や命について、自分が関わっている事象と人々について、1:99と99:1の世界は金魚鉢の中の金魚と外側の猫程の大きな違いがある。事象の展開として捉えると1:99と99:1の道筋は異なる。1%の者は1%達の繁栄の存続を心配し、99%を問題視する。問題は1%と99%のどちらでもなく100%の事象そのものだと気づく人は極めて少ない。

    世界の浄化システムは人間の1%も99%も同じとして財布の中身で区別はしない。
    1%が自負するほど楽勝なプランでは無いと思うのだが。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s