平和憲法という魔法の杖を捨てる

IMG_0908

朝鮮戦争が始まったとき、日本政府に対してアメリカが強硬に平和憲法を捨てて朝鮮半島への派兵を迫ったのは、比較的単純な理由に依っていて、「土地鑑」があるのが日本人だけだったからだった。
実際、朝鮮戦争の最大の激戦地のひとつ「長津貯水池の戦い」では、米韓連合軍側にあるのは、日本帝国陸軍が作成した地図だけで、背に腹は代えられない、日本の口にくわえさせた猿ぐつわを外し、手錠を取り去り、足枷も取り除いて、朝鮮半島を熟知する2万人程度の日本軍をまたぞろ朝鮮半島に送り込む以外には選択の余地はないように思われた。

吉田茂という人は、前にも書いたが
https://gamayauber1001.wordpress.com/2014/04/27/shigeru_yoshida/
アメリカ側から見ると腹立たしいほど狡猾な政治家で、どれほど恫喝しても、押してみても、引いてみても、日本人を戦地に送り込もうという目論見が成功したことはなかった。
このときもアメリカの要請によって日本の若者の生命をさしださざるをえない絶体絶命におもわれた窮地を、政敵政党である社会党と密かに話しあって、憲法九条を盾に自分自身の政権に対して強硬に抗議させるという離れ業で脱出してみせる。
結果は、「長津貯水池の戦い」ひとつでもアメリカ連合軍側は10000人を上廻る死傷者をだしたが、もちろん、憲法九条という外交的な魔法の杖がなければ、この戦場で傷付き死んでいったのは日本人であるはずだった。

戦争放棄を謳っている憲法は日本憲法だけではないことは「憲法第九条の終わりに」という記事
https://gamayauber1001.wordpress.com/2014/04/14/wherepeaceends/
にも書いた。
欧州ならば、日本の憲法第九条よりも、イタリアの憲法第11条のほうが有名だろう。
だが日本人にとっては「アメリカに押しつけられた」憲法第九条こそが命の恩人で、この現実的ですらない教条にみえる条文ひとつで、いったい何万人の日本人の若者の命が救われたか判らない。
上の記事にも書いたように、韓国兵にとっては真に地獄の戦場だったビンディン省で人間不信に陥り、少しずつ発狂して、ついに悪鬼のようにベトナム市民を殺戮し強姦して歩いた若者たちは、本来は日本人であるはずだったが、第九条という越えがたい壁によって、不幸な役割は韓国の若者たちに割り当てられたのであるにすぎない。

ある理由によって、ああ、日本人は到頭平和憲法を捨てることになるな、と考えて書いた「憲法第九条の終わりに」の記事の日付をみると2014年の4月14日で、いまの憲法改正にはアメリカ軍(←政府ではないことに注意)の意向が強く働いているが、やがてバラクオバマが退任すれば、日本への憲法破棄の圧力は、さらに強いものになるだろう。
日本の右翼政治家たちは、アメリカ側の意向を好機として、自立憲法を、と主張しているが、それは国力を錯覚しているからにしかすぎなくて、いざ平和憲法を捨ててしまえば、皮肉にも今度こそは国民の真の合意を得てつくった自前の好戦憲法によってアメリカの傭兵国家と化するのは、そんなに想像力がなくても理解できる。
戦後ずっと、声高に叫ばなくてもよいときに日本の「リベラル」が叫び続けてきた「日本というアメリカの飼い犬国家」に、ほんとうになりさがる日がやってきたことになる。

世界で初めて「戦争放棄」という不思議な理念を盛り込んだ憲法を持ったのは、正しく記憶していれば18世紀のフランス人たちだった。
フランス人たちが、その後、二度の大戦に巻き込まれたのを見ても判るように、平和憲法だけでは戦争に巻き込まれるのを防ぐのは難しい。
日本が平和憲法を、70年にわたって、あたかも軍事力であるかのように外交上使いこなしえたのは、
1 アメリカが巨大な駐留軍をおいて日本の再軍国化を防ごうと固く決心していたこと、
2 冷戦構造のなかで、しかも海を挟んで、アメリカが脅迫観念として恐れ続けた共産主義国と対峙していたこと、
3 1,2のような好都合な地政学的状況下で、アメリカの日本に対する過剰投資を利用して急速な経済発達を達成して、あっというまに経済大国をつくりえたこと、
という、特殊な状況、あるいは好運な偶然に依っている。

情報公開法によって、衆人の目にさらされる形で、アメリカが「日本を守るため」という名目で駐留させている巨大な軍隊の真の目的は、アメリカ側高官たち自身の口で語られている

たとえば、TOP SECRET/SENSITIVE/EXCLUSIVELY EYES ONLY
とアンダーライン付きで記されている、キッシンジャーが「あの軍隊は日本を抑え込むためだ。日本はアジアでは最も危険な国だ」と述べている有名な文書は、PDFの形でオンライン上でも読めるようになっている。
http://nsarchive.gwu.edu/NSAEBB/NSAEBB145/09.pdf

オキナワと言えば海兵隊員たちにとっては巨大なキャバレーのような印象の基地で、アジア方面に動員された海兵員たちにとっては、ゆいいつの行楽と性の捌け口で、それが琉球人たちがいまに至るまで被害に遭い続ける根底の理由で、アメリカ軍も沖縄県も共になんとか再発を防ごうとしても未だに出来ていない、基地を撤廃する以外には根治不可能におもえる所以だが、この長い間西太平洋方面の兵站の中心だった島も、重要度はおおきく低下している。

まず第一に中国が富んで、他国領土獲得の興味に駆られて紛争を起こす確率が低くなっている。
石原慎太郎の挑発によって始まった尖閣諸島をめぐる紛争は、従来の人民解放軍と政府の関係ならば、当然、小紛争に発展していいはずだったが、中国が平和裡に解決しようとしているのを見て意外に思った専門家が多かった。
中国の興味は、現在起きているアメリカの防衛戦略の東への縮退によって軍事空白になりつつある南沙諸島周辺にあるようで、囲碁を打っているようなものだが、長期的には、中国人民解放軍としてはこの海域を抑えてしまえば、日本などは放っておいても自分の手中にはいる、ということだろう。

日本は、兵站の中心から、「おおきな戦争が起きれば日本列島を前線として敵を食い止める」位置にはっきり戦略上の位置が変化していて、そういう戦略の変化には、日本の経済の止まりそうもない弱体化も寄与している。

現下のアメリカ合衆国にとっては、やがては国力が自己を上廻るのが判っている大国としての中国と、かつての日本を思わせる好戦国家ロシアがふたつの関心の対象だが、関心の軍事への翻訳として地図をみると南に偏りすぎている沖縄はすでに現実の軍事上の必要よりもアメリカが「自由航行権の確保」と呼んでいる太平洋支配の象徴としての意味しか持っていない。
同様に元来島嶼上陸作戦用に編成が出来ている海兵隊自身も、実は、すでに「象徴軍」と化している。
最近の作戦内容を見ても、オスプレイで敵地の領内深くに浸透して拠点を破壊して数日で引き揚げる作戦が殆どで、いわば陸地での島嶼拠点急襲作戦の体だが、やがては曽ての騎兵同様、現実にあわせて編成もおおきく異なっていくはずです。

1945年、日本側が作成して持ってきた憲法草案を見て、戦争に負けたことを全く理解していない傲慢さに辟易したアメリカ占領軍将校たちは、アメリカ側で新憲法のアイデアをつくる。
そのアイデアづくりに参加した若い中尉は「あんなお嬢ちゃん憲法が二年ももつとは思っていなかった」と証言している。
ところが、その「お嬢ちゃん憲法」は、吉田茂と「吉田学校」の生徒たちのしたたかな外交手腕によって日本の平和を守る「魔法の杖」として70年にわたって、日本を何度も傭兵供給国化しようとしたアメリカ自身を苦しめ、うんざりさせて、戦犯を収容した巣鴨刑務所内での取引によってアメリカの利益の代表者として日本の政治世界に放った岸信介が広汎な大衆運動によって失脚した1960年を境に、「お手上げ状態」になって、これ以降は駐留資金の日本側の負担を増加させることに方針を移していきます。

アメリカ側にとっても意外な展開で、日本が自ら進んで平和憲法を捨てよう、ということになったので、一石二鳥、もっかアメリカは笑いを噛み殺しながら憲法改正に向かって行進しだした日本人たちを眺めているに違いない。
日本が「アジア最大の脅威」でなくなったいまの状況では、オーストラリア、ニュージーランドにとっても日本人が自国人の代わりに戦場で死んでくれることは「良いこと」なので、反対する理由がない。
その背景にはアフガニスタンやイラク、シリアの様相をみれば判るとおり、自分達の平和に脅威を与えるものが「政府」であるよりも原理主義的な集団であることが増えてきた、という安全保障上の変化がある。

たとえ今回憲法が改正されなくても、何度もごり押しして憲法を変えようとする日本人の「努力」は中国の強大化によって日本が以前ほど危険な戦争国家たりえなくなったいまの世界では、日本の傭兵国家化こそが世界の利益で、外交的にも、日本が平和憲法を無視し撤廃の方向に向かえば向かうほど、取り分けアジア諸国の日本への立場は強くなってゆく。

世界中の誰にとっても日本の憲法改正は歓迎なので、乏しいオカネをなぜか自分から世界中にばらまいてくれて嬉しい予想外の喜びに浸ったアベノミクスとおなじことで、なんでそんな自殺行為に似たことをするのかは理解できないが、ともかく歓迎する、というところでしょう。

なんだか狐につままれたような話だけど。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

5 Responses to 平和憲法という魔法の杖を捨てる

  1. Babyfairy says:

    And now, older generation might think that young Japanese are too soft to be good soldiers, perhaps, but young Japanese are getting poorer. So military will become “good employer”. I don’t see any problem of them becoming “good soldiers”.

    One of the things I like about Ireland is that it is an neutral nation, so It is less likely that my children will go to war. And I am never be happier with my decision I made decades ago to leave Japan.

  2. akiko says:

    はじめまして、こんばんわ。
    尊敬するガメさんに質問があります。
    九条の2項と自衛隊の存在の矛盾をどのように考えますか?
    九条の1項はそのままにするが、2項は削除すべきと思いますか?
    戦争放棄を謳っていると言っても日本の現在の憲法九条とイタリアの憲法第11条は違いますよね
    イタリアの憲法の方が優れてると思います。

  3. vida768 says:

    twitter持たないので、ここにお邪魔。「花咲く乙女たちのキンプラゴボウ」(橋本治)第Ⅱ章かな。
    夢見る子供と、追い立てられる子供。
    何にもしない時間。
    戦後の「これで解放された」の時にも混在していたけど、忘れてしまったのかも。
    自分史を妄想たっぷりに書きかけて、この本を思い出した。
    夢をみているうっかりもののノーテンキな人々は今も存在する。

  4. うさぎ男 says:

    アメリカ側についてふと思ったのですが以前ガメ氏はツイッターで正確な第2次世界大戦観を日本に持たせられず民主主義を根付かせられなかった理由として重要な時期にコールドウォーへ意識が逸れていたんだとおっしゃっていましたがもうひとつの理由として”再軍事化を防ごう”とゆう日本側には言うわけにはいかない目的を抱えていたため主体的に問題意識の共有ができにくかったのもあるんじゃないかと思います。あとこれは日本の国体と象徴がぼやけた感じになっている原因でもあると思います

  5. うさぎ男 says:

    アメリカ側についてふと思ったのですが以前ガメ氏はツイッターで正確な第2次世界大戦観を日本に持たせられず民主主義を根付かせられなかった理由として重要な時期にコールドウォーへ意識が逸れていたんだとおっしゃっていましたがもうひとつの理由として”再軍事化を防ごう”とゆう日本側には言うわけにはいかない目的を抱えていたため主体的に問題意識の共有ができにくかったのもあるんじゃないかと思います。あとこれは日本の国体と象徴がぼやけた感じになっている原因でもあると思います

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s