ヒロシマ

IMG_0130

日本語で見聞きする太平洋戦争についての話が、あまりに奇妙で、いわば日本が主役の話に書き換えられて、常識と異なっているので、
「ふたつの太平洋戦争」
https://gamayauber1001.wordpress.com/2014/06/05/pacificwar/
という記事を書いたことがある。

毎年、今頃になると、こんなことばかり書いているような気がするが、日本の人の第二次世界大戦に対する他国との認識のずれは、どこからどうみてもナチが主役の戦争であるのに、自分が脇役であることに我慢できずに、主役をふたりの筋立てに水増しして、ほぼ架空な、民族英雄叙事詩としての戦争を作り上げてしまったことにある。

欧州にいれば簡単に実感できることは人類の理念をかけて戦われた第二次大戦は5月8日に終わったので、その後は、また別の戦争で、いまでいえばより大規模なISとの戦い、というようなもののほうに似ている。
外から見れば普遍性のない教条をかざして、貧弱な火器を武器に、自殺攻撃を繰り返すことで世界のがわに立った「外国人」たちを恐怖の底に追いやることで勝利を手にしようとした、テロを大規模にして戦争と呼ぶ事にした、とでも言うような奇妙な戦争で、軍事的に言えば、厄介な掃討戦とでもいうほかないひと続きの戦闘がVEデー後の第二次世界大戦の性格で、日本側からいえば、前年の6月15日から7月9日にわたって戦われたサイパン島の戦いが終了したときに軍事的には意味のある「太平洋戦争」は終わっていて、そのあとは、本音を言えば自分たちの軍隊という官僚組織が消滅することを恐れて、次から次に理由を捏造して、将校たちが兵卒の生命を大量に使いつぶして、自己の官僚としての延命を図ったのにしか過ぎない。

意味のある戦争が終わってしまっているのだから、当たり前のことだが、VEデー以降、連合軍兵士の戦意は著しく低下した。
ひたすら戦死を恐れるようになった。
楽しみにしていた恋人からの手紙を開いてみれば、欧州戦線から帰還した故郷の町の「英雄」である兵士と付き合うことになったので、ここでお別れにしたい、という手紙であり、ラジオをつければ、故国は毎日毎晩がカーニバルのような大騒ぎで、遠く極東で海でも陸でも、信じがたいことに空からすら、自殺攻撃をひっきりなしにかけてくる、国民がまるごと狂気にとらわれているとしか思えない民族を相手に、発狂しそうになりながら、対空機関砲を撃ちまくり、日本刀をかざして、突撃、というよりは、よろよろと向かってくる痩せさらばえた何百という人間を機関銃で薙ぎ倒すだけの戦場で、そこいらじゅうに潜んでいる狙撃兵に殺され、時に擲弾筒から発射された小型の榴弾で手足を吹き飛ばされる。
そうして、陰湿な戦闘で殺された人間は、すべて犬死にでしかなく、無意味な死で、自殺攻撃という自分の人間としての価値をゼロとみなす敵兵のせいで、こちらの人間性がどんどん安物になってゆく、卑しさに満ちた非人間的な戦場で、終わるべきなのに終わらない戦争が1日延びるたびに、また数人が無意味な死を死ぬことになっていた。

マンハッタン計画に参加した科学者たちですら、自分達が何をつくってしまったか理解していたのは後年、カメラの前で泣きながら「I am become Death, the destroyer of worlds」と述べたオッペンハイマーを初め、ごく少数の人間だった。
政治の世界で政策を決定し、当時ならば戦略決断をする立場だった人間たちに至っては原爆は「なんだかよく判らないが巨大な破壊力を持つ高性能爆弾」というぼんやりしたイメージがあるだけだった。
500機のB29を擁するテニアン基地で搭乗員相手にブリーフィングを行う将校達にしても、強烈な閃光がある、そのあとに急速にキノコ雲がわき上がる、平地の中心にうまく落とせば素晴らしい破壊力を発揮する、という程度の切れ切れの知識を持っているだけであったのは証言を読んでいてもよく判る。

原爆が通常爆弾とは次元が異なる兵器で、人間を文字通りの業火で焼き尽くし、いあわせて即死を免れたものは皮膚をボロ布のように身体からたらしながら苦しみのなかで彷徨し、あるいは肥田舜太郞医師が広島で初めて会った犠牲者のように、「まるで人間の形をした炭が歩いてくるようだった」という酷い火傷をおい、しかも爆発による破壊のあとでも、放射性物質によって被爆したひとびとを苦しめつづけ、喉の渇きから降ってくる雨を口で受け止めた者は次々と死んでゆく、というような到底人間の手に負える兵器でないことが判ったのは、広島市民をギニアピッグとして、データを集めてはじめて判ったことで、現実の広島の惨状を見たものは、日本の側かアメリカの側かを問わず、これが現実に起こりうることなのだろうか、と呻きに似た感想を記している。

原爆の標的は、もともとは軍都で、呉か小倉で、兵士のみを殺すためのものだと明言されていた。やむをえない場合は仕方がないが市民は極力巻き込まない、という説得のための「イメージ」は、現実の投下プランの段階で、軍人らしく、「一発の爆弾での破壊力を最大限に発揮させる」という殺人の効率化のほうへ収斂されていって、結局は原爆ドーム脇のT字橋の直上で爆弾を破裂させるという市民虐殺のほうへ本末が転倒されてゆく。
なぜそうなったかについては、投下作戦としては失敗に終わった長崎の例をみれば明かで、開発にかかった巨大な予算を正当化するためには、「瞬時ですべてを破壊し蒸発させる」、常識を越えた魔王的な結果が得られなければ、マンハッタン計画自体の成果が問われたからでしょう。

8月6日が近付けば、毎年のことで、昨日もヒロシマについてのドキュメンタリを観てあるいたが、エノラゲイの搭乗員たち、開発に携わった人たち、爆弾を現実に投下する決定を行った人達は、異口同音に、「もし原爆を落とさなければ戦争は終わらず、本土侵攻作戦の過程で、アメリカ側にも日本側にも数層倍の死者が出たはずで、われわれの原爆投下は人命を救ったのだ。殺したのではない」と一様に述べている。

ノーザンプトン級重巡オーガスタの艦上で兵士達と昼食を摂りながら歓談していたハリートルーマンは広島核攻撃成功の電報を受け取ると、その場で立ち上がって
「諸君、われわれはTNT二万トンぶんの破壊力を持つ、たった一発の爆弾で日本の都市広島を木っ端微塵に吹き飛ばした」と述べて居並ぶ将校や水兵たちと一緒に歓声をあげる。

将校から一水兵まで、直観的に、その強烈な新型爆弾の威力が自分たちを日本本土上陸作戦での「犬死」から救ってくれたのだと判っていたと、さまざまな人が書き残している。

そのときのハリー・トルーマンの即席スピーチが
「Come on boys. We’re going home!」で締めくくられたことは象徴的です。

都合が悪いので日本ではあんまり伝えられていないが、その頃、
「なんとか、どこかで一勝をあげることは出来ないのか」が口癖になっていたらしい昭和天皇は、科学者らしく、広島に落ちた「新型爆弾」が、どうやら核爆弾らしいと判って、鈴木貫太郎を説きつけて、なんとか戦争を終わらせないとたいへんなことになると実感する。

It was to spare the Japanese people from utter destruction that the ultimatum of July 26th was issued at Potsdam.
Their leaders promptly rejected that ultimatum.
If they do not now accept our terms, they may expect a rain of ruin from the air, the like of which has never been seen on this earth.

がハリー・トルーマン大統領の広島核攻撃についての公式声明で、つまり、日本政府が引き続きポツダム宣言をにべもなく拒否すれば、日本の諸都市にどんどん核攻撃を行って、国ごと廃墟にしてやる、という宣言だった。
そして、この「空からの圧倒的で一方的な攻撃」というアイデアは、息子たちが感覚として戦争が終わったはずのいまも極東の戦場で死にさらされているアメリカの母親たちを喜ばせた。

日本語世界では、奇妙な事に「現実に戦争を終わらせたのは原爆ではなくソ連の参戦だ」ということになっている。
英語人たちの一般的な理解は「理解不能な狂気によって最後のひとりまで自殺攻撃をする決意を固めていた日本の戦意を打ち砕いて降伏に持ち込んだのは広島と長崎に落とした二発の核爆弾だ」でしょう。

さきほどの「もし原爆を落とさなければ、戦争は終わらず、本土侵攻作戦の過程で、アメリカ側にも日本側にも数層倍の死者が出たはずで、われわれの原爆投下は人命を救ったのだ。殺したのではない」は、いまでも公式ロジックだが、これを読んで違和感をもたない人は、英語人であれ日本語人であれ、世界を理解するには不足な能力しかない人であるに違いない。

二発の、それぞれタイプの異なった核爆弾は、不幸なことに日本人に「われわれは戦争の被害者なのだ」という情緒を植え付けてしまった。
ドイツ人たちが自分達は加害者であって、非人間的な理念を信じて膨大な被害者をつくったために弾劾されているのだ、という明瞭な意識を持って戦後の再建設を始めたのに対して、日本人は紛うことない加害者でありながら、理屈を避けて、世界でゆいいつ核攻撃を受けた国民であることの、犠牲者としての情緒を前面にだすことによって、表向きは謝罪しながら、内向きには「戦争の被害者」として振る舞ってきた。
どこからどうみても残忍で卑劣なアジアの加害者でしかないことを他のアジアの国々の人々に指摘されると、「じゃあ、おまえにはカネはやらない」と述べ、
加害者であるのに被害者であるふりをする論理の整合性のなさを言われると、苦し紛れに「われわれは欧米の白人に対する人種差別に対して立ち上がったのだ」と、兵士による集団強姦や集団処刑で殺された何万人、何十万人、何百万人という数のアジア人の亡霊達が環視するなかで平然と言い放った。

一方で、自分の一個の肉体で閃光と熱風を受け止め、立ち上がれすらしない瀕死の身体で、線路を這って隣駅の実家にたどりつき、必死に生き延びて、戦後になってみれば「ピカはうつる」と冷たく結婚の道を遮られた個々の人間、彼らだけが「原爆」の意味を知っている広島のひとたちは、疎まれ、存在自体がタブーになって、政治や文学のなかで観念化していく「原爆」を横目でみながら、病んだ自分たちの肉体と、自分達への同胞からの差別との戦いのなかで、生きていかねばならなかった。

すぐに気が付いた人も多いとおもうが
「もし原爆を落とさなければ、戦争は終わらず、本土侵攻作戦の過程で、アメリカ側にも日本側にも数層倍の死者が出たはずで、われわれの原爆投下は人命を救ったのだ。殺したのではない」
という言葉の奇妙さは、そこには質問者が求める「個人」の視点がどこにも存在しないことで、とってつけたような、ただただ原爆投下という行為を「全体」から見ようとしているのが、本来、全体など一顧だにしないはずの兵士の口から出た言葉だからで、つまりは、戦後に判明した核爆弾という兵器の非人間性を知ったあとでは普段の他の諸事に対する習慣どおり個人として原爆投下に携わったことについて述べれば泣き崩れるしかなかったことが感じられるからでしょう。

広島で人類が初めて出会った「人間の言語の想像力の限界を超える力」は、人間社会全体の宿痾である効率への執着によって、やがて核発電に姿を変え、今度はチェルノブイリと福島で、前者が起きたソビエトロシア社会は厄災の深刻さを認め、後者の社会は、まるでそれが通常の事故として処理が可能であるかのような「ふり」をすることにした、という違いはあっても、前者は財政的に破綻して国が消滅し、後者は「嘘」の一般的な力の法則にしたがって、言語自体が真実性を失って、社会が内側から膿み崩れて、社会ごと狂気にとらわれ、到底社会とは呼び得ないものに変わり果ててしまっている。

日本が福島第一事故で平然を装っていることの重大な副作用のひとつに、日本人たちの平静な無表情を見て、「なんだ、核なんてあの程度か」という、それまでは絶対の破壊の神としてすべての言語世界で君臨し恐れられていた核エネルギーの日常への組み込みとでもいうべき人類の思想上の変化がある。
核戦争と核発電事故は、ふたつの「絶対に起きてはならないこと」であったのが、
すぐに大量死が起きたりしないので、なんだ、たいしたことないじゃないか、と述べるオチョーシモノが、科学者のあいだにさえ現れ始めている。

その思想的な変容の恐ろしさは、破壊が、いわば時間を圧縮した形で起きたヒロシマをつぶさにみていけば判ります。
オッペンハイマーが涙をぬぐいながら述べた言葉の意味を、彼の恐怖を、世界の人間ひとりひとりが理解しはじめるのは、むしろ、これからのことなのでしょう。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

7 Responses to ヒロシマ

  1. 初めまして。
    読ませて頂きました。日本人の、3人の子どもをもつ母親です。
    まだうまく言葉に出来ないんですけど、8月6日にこのガメさんのブログの記事に出会えたことと、この記事を書いてくださったことを感謝しています。
    第二次世界大戦終結71周年を迎えようとしている世界に生きる私は「何」なのかを、自分に対して深く問いたい。
    この世界で生きている隣人のことをもっとちゃんと知りたい。
    そう思いました。
    ありがとう。

  2. snowpomander says:

    私の生涯で読んだ最上のブログ、「ヒロシマ・ナガサキ」に手向ける魂の献花。

    陶芸家は窯出しの際に作品を見極め、己の手に違うものを躊躇せずに破棄する。それが出来ないなら、かの人は見るたびに後悔と言い訳の屁理屈が頭に浮かぶ駄作に囲まれて才能は落ちて行く。
     
    手垢の着いたのっぺらぼーの言葉を捨てて、作ってしまった世界のありのままを知れば選びたい世界に生きる自分が見えてくる。

    まさかの恐さの思考をときめく思考に向けるために、躊躇せずに破棄することは誰にでも出来ることだと、今日の今ここで。

  3. ガメ・オベールさん、はじめまして。 私はマサといいます。
    ブログの記事を読ませてもらいました。
    第二次世界大戦はドイツが降伏したのに日本はずっと粘ったのですね・・。 負け戦を無駄にせずさっさと停戦すれば、日本では原爆の投下もなかっただろうと考えると何とも言えない気持ちになります。

    また、全部は読み切れていないのですが過去の記事も色々読ませて頂き、日本と世界についての情勢や日本社会の問題点など大変勉強になっております。
    余りに滅茶苦茶になりつつある日本社会に、生まれて30数年住んできた一人の人間として哀しみや悔しさや情けなさ等様々な思いを持たざるをえないのが現在の心境です。

    やはりガメさんが指摘されるように言葉の問題が一番大きいのかと感じ、最近英語の勉強を始めました。訳があってまだ日本を出ることが出来ませんが、手遅れになりつつある感じが自分の中で否めず、かつどうにも出来ないところまで来たと感じたので出る準備をしようと強く決意しています。
    (原発に限らず、極端な社会の右傾化と全体主義化、またアベノミクスという当初の目論見が完全に失敗した無茶苦茶な金融政策etc、沖縄への基地による差別の問題など)
    ガメさんが以前の記事に書かれた日本自体が再出発出来れば良いのですが、滅茶苦茶になり過ぎた状態において、自分も巻き込まれるのは正直御免こうむりたい心情です。
    私は多くの日本人に比べて薄情な人間かもしれませんが、ダメなときはさっさと撤退しかないということを株式取引を通じて日々学んでいるので、学んだことを活かそうと思います。

    イマイチ、とりとめのない文章ですみません。
    これからも海外から見た視点でブログの更新を続けて貰えると有難いです。

  4. nowhereman134 says:

    個人史でも、自分にとって都合の悪い事実は記憶から抜け落ちることはよくあります。正確な事実よりも、自分の情緒的な実感のほうを優先させるために、次第に事実が不正確になったり、ないことになったり。

    「ドイツが降伏した5月8日に第二次世界大戦は実質的に終わっていた」という視点は、私たち日本人にとって都合の悪い事実で、このブログを読んで、私自身目から鱗でした。

    おそらく、安保法案や慰安婦問題で政府に批判的な立場の人も(私もそうですが)、「「ドイツが降伏した5月8日に第二次世界大戦は実質的に終わっていた」という視点を持っている人は、少ないと思います。

    賛否以前に事実として記憶されていないことは、「近衛文書」などまだまだたくさんあるのだと思いました。

    一方、「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」という「御言葉」は、多くの日本人に記憶されています。つまり、私たちは「耐え難き」を耐えてきたのであり、もうそろそろ耐えることも忍ぶことも必要ない時代になった、というのが現代の多くの日本人の本音かもしれません。

  5. しろくま says:

    こんにちわ、数ヶ月前から、ブログを見させていただいてます。
    今回の「ヒロシマ」やその前のブログを読んでわたしが考えたこと、、、。
    日本はやっぱり3.11以降、変わってしまいました。いいところも悪いところもあった国だったのに、3.11以降は悪いところばかりが目立ち。自分たちが先の戦争において被害者としか思えない歴史観が露呈してしまい。実際には戦後71年ずっと持っていた歴史観とはいえ、3.11より前にはそれは軌道修正可能で、日本人が自らの責任で過去を見つめ直し未来を選ぶ道があった気がするのに、今はその道はずっと細くなってしまったように思います。今は細いその道を行けば、色んな国のひとたちと友だちになれたはずなのに。
    フラットな歴史観を持つには、わたしがあまりにも近現代史を理解してなかったことに気づかせてもらって、少しずつ勉強し始めました。
    (なぜかイスラム世界から手をつけ始めてますが)。
    これからもブログ楽しみにしてます。

    モニさんとのシアワセ話もだいすきです^ ^

  6. 山内宥厳 says:

    FBにリンクさせていただき、冒頭に書き込みましたので、ここにペーストします。

    8月15日が間もなくですが、終戦の日に天皇の意味のよくわからない言葉を聞きながら、戦争に負けたのだということは納得できました。間もなく神風が吹いて戦争に勝つはずなのに、と納得出来ない気持ちながら、もう空襲で逃げ回らなくていいと思って、戦争に負けた悔しさなどなく、嬉しさがこみ上げて来ました。その後どんな人生が展開するか知る由もなく、戦争が終わったことが実感として嬉しかった。このブログの冷静客観的記述には、日本人の愚昧さが言外に見えてきて、もっと真面目に、賢明にならなければ平和も幸福にも縁なき民族として世界の嘲笑の対象にされることと思う。

  7. macchi says:

    日本社会、あるいは日本人て失敗を認めることができないというか下手だなと思う。子供の頃から減点方式で、一度や二度の失敗を馬鹿にしたり、次のチャンスをくれなかったり。被害者ずらして逃げる戦法もそういう許してくれない文化から生まれた悪い癖なんじゃないだろうか。
    過去の記事で書いてあった「人には失敗する権利がある」って言葉に救われた読者いっぱいいたと思います。もう日本中の子供に聞かせてあげたい言葉です。

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s