Daily Archives: April 5, 2017

ラットレースから抜け出す

株式というのは投資のなかでも、あんまり興味がない分野で、ただ世の中や特定の企業に対して関心の糸をつなげる目的だけのために続けていると言ってよい。 小さな規模で、あんまり小さすぎると、そもそも株を持っていることを忘れてしまうので、どのくらいの規模かというと、いま自分のポートフォリオを広げてみて、 例を挙げると、最近2ヶ月で60%くらい株価が上昇したテスラでいうと、上昇分で名前のよい通りの家が一軒買える、という程度です。 赤いのもちゃんとあって、fitbitとtwitterはそれぞれ買ったときの株価から67%と14%さがっていて、こっちは蒐集箱と称する観察用の株なので、いよいよたいした金額ではないが、前者は酔っ払って企業業績もなにも調べないで買ったら、「役員がデタラメ」という最悪のパターンで、なにしろ株価急降下ちゅうの最中に役員が自分の持ち株を売りに出してしまうくらいひどいので、モニさんのブラのストラップに留まっている赤くて小さな、テントウムシのようなfitbitを酔っ払って眺めて、うふふ、かわゆいなどと考えて、ベッドのなかでラップトップを広げて何の理由もなく株を買ったりすると、天罰覿面、こうなる。 twitterという会社は、設立当初からまったく収益モデルがつくれない会社だった。 そういう点からは株式を買うのは愚の骨頂で、案の定、ちょっと市場が不安感を持つと、すごい勢いでぐんぐん下がる。 目下はポートフォリオに並ぶなかでもツイッタ株価は真っ赤で、相変わらず無策を絵に描いたようなボードだが、こっちは多分グーグルかどこか、この手の事業に関心があって過去に失敗した会社が買うだろうと考えて、お気楽にほったらかしになっている。 持っている株式の中心はケチャップやスーパーマーケット、老人ホームのデベロッパー、養殖業、電力、空港…というような地味な企業が多くて、自分で建てた理屈と自分でつくったソフトウエアが示すガイドラインに従って、買ってゆく。 売る方は、めんどくさいというか、まだどういう状況で売るのがよいのか学習していないというかなので、買った株はいつまでもそのままで、銀行や保険の「危ない商売」の株式は業種のやくざっぷりを反映して上下が激しいので、あんまり上がると売り払ってしまうとか、通貨変動上の理由から売るとか、どっちにしろ、調整的に売るだけで、いちど買った株式は、ずっと持っているほうです。 性格を反映して株式投資においても、ちょーのんびりなので、秒単位のオンライントレーディングのメリットというものがよく理解できない。 ああいうものは忙しすぎて、あんまり夢中になると生活自体の時間を大幅にとられて、なんだかワンマンバンドの株屋になってしまいそうなので、普段は銀行が開設しているのんびりトレーディングにインターネットで注文を出したり、はなはだしきは電話を取り上げて、これとこれを買ってけろ、といったい何時代から来た注文なのかと相手が訝しがりそうな注文の仕方をする。 UK友には数学上の知識を駆使して自動売買をして大金を稼いだりしている人もいるが、それはそれで、そこまでやる気がなくて、株式に較べれば遙かにもうからない不動産投資のほうが本業で、やっぱりこの建物は面白いなあ、とか、そういう職業上の楽しみもあって、アメリカや日本の市場は知らないが、かつての連合王国系の国ならば、いまではもうさすがに鑑もあって、テキトーに暮らしている。 これはこれで、仕事をする楽しみもちゃんとあって、離婚して、落魄したおばちゃんが面接で断られて、しょんぼり帰るのを目にして、あれはなんでダメなことになったの?と聞いてみると、いくら管理要員でも落魄の様子がひどすぎるというので、ちょっと再面接があるからというデタラメな理由を拵えて、何食わぬ顔で面接担当のような顔をして会って、話してみると、案外と面白い人なので、雇ってみると、この人はたいへん有能で、ところが面白いのは、自分に合った仕事につくと人間はみるみる変わるもので、すっかりワーキングウーマンふうに颯爽として、ときどき一ヶ月くらいの休暇をとってバカンスに出かけたりしている。 どうも二度目に面接したのがぼくであることのほうは、多分、身なりが異なっているからでしょう、判っていないようで、自分が勤めている会社の持ち主くらい判別つかなきゃダメじゃん、とおもうが、なにしろ怪しまれて自分の会社のビルに入れなかったこともあるくらいなので、馴れていて、まあ、そんなものだろうと考える。 仕事というものには、そこここに人間の姿が見え隠れしていて、面白いが、株式には大脳のなかのスクリーンに映るさまざまな数字やニュースから、会社の姿を割り出していかなければいけないことが多いので、ちょっと放っておくと、すぐに興味がなくなって何か月もほったらかしにすることになります。 わしには自分についての悪口を探してきて眺めて楽しむという悪趣味があるが、日本語でも実行していて、いつか「こいつはオカネモチのふりをしているが投資家の日常というものがまるで判っていない。投資家というものは、眠るヒマもないほどの忙しさで、自分の人生をすべて事業活動に傾けつくしているものだ」という解説をなしている人がいて、大笑いしてしまったが、なるほど世の中の人のイメージというのはそういうものなのだな、と思って、ミーティングに珍しくえっこらせと出ると、「え?これが…?」で、なんだか呆気にとられたような顔が並ぶことの理由がしみじみと理解される。 ひーばーちゃんは、長い一生の終わりには、少しだがボケて、チビわしによく「ガメや、労働をする人間になってはいけませんよ。一生懸命に働くのは、頭が悪い人間だけが懲罰として働くのですからね。仕事をするなどは無能の証明です」と恐ろしいテツガクを述べて幼児教育を実践していたが、曾孫は見事にナマケモノに成長すると、これはやはり幼児教育の成果だろうか、と考えてみたりする。 投資家は鉄道模型やプラレールを組む子供に似ている。 アイデアを持って、だんだん現実の形にしたくてたまらなくなって、さんざん工夫を凝らして敷設して、いざスイッチをいれると、ちゃんと電気が流通して、列車が動き出し、遮断機が下りて、ジオラマがいっせいに活気を帯びる。 いまのアメリカ大統領トランプという人は、これも不動産成金だった父親からすると、頭も品行も悪い、ダメな息子でしかなかった。 期待もされていなくて、オカネを融通してもらえないドラ息子トランプが考えたのは、自分の不品行な頭のなかから出た名案で、グランドセントラルターミナルの近くに売りに出たボロビルを二束三文で買って、普通ならビルの修復から始めるところが、このひとらしく、外壁を金ピカで覆うことに有り金を使った。 このダメ息子が狙ったマーケットはグランドセントラルターミナルで乗降して通勤するマンハッタンのマネージャーと若い秘書で、仕事を終えて、家路に着く前にイッパツやって帰る不倫カップルや、昼休みにイッパツやらないと頭がすっきりしない役員おっさんたちが、常に適切な場所に困っている事情に、このドラ息子は通暁していた。 この中身のない金ピカ商売は大当たりで、要するにファッショナブルなラブホテルが当たったということだが、これで父親に認められた二代目成金不動産屋は潤沢になった資金を手に、ほぼ同様なお下品マーケティングで、どんどん蓄財していきます。 この人は、このアイデアひとつと脱税と借金を踏み倒すのが上手なのとで父親を上廻るオオガネモチになっていった。 下品な例に及んでしまったが、ことほどさように、投資はアイデアで、こういう回路は出来ないものだろうか、と考えて、ペンをとって紙に描いて、数日間、ときどき取りだして眺めて、件の、頭のなかで考えた事を現実に変えたくてウズウズする感覚が起きてくると、ガバッと起き上がって、あちこちに電話をかけ始める。 道路もない場所の油田であったり、よく見ると、これほど世界に普及している製品なのに不思議な事に不可欠な部品がチョー安い価格で、たいした金額でないのに独占できたり、街角の交差点に立って、ふと前を見ると、見上げるようなビルの幻が立っていて、そういえば、どうしてここにあって当然な○○な種類の商業ビルがないのだろう、と考えて調べ始めたり、細かいほうでいえばマリーナや駐車場も、あるはずのものがないということは、特に人口が増えて成長している国ではいくらでもある。 そうして、それは金鉱がそこに露出しているのと同じことなのでもあります。 わし実家はいわゆるオールドマネーの家で、ひらたくいえば大家さんなので、結局家業に近いものを選んで、なあんとなく親の世話になるのは嫌なので、自力でやってみました、というだけのことなのかも知れません。 これから世の中へ出かけていく若い友人たちのために述べると、「オカネを稼ぐ」ということは人間の行うことのなかでは最も易しいことに分類されて、まったく苦労なく達成できることなので、なるべく早く一生暮らせるくらいのオカネをつくってしまってから一生をスタートするのがよいと思う。 えー、まあーたそんなこと言っちゃって、みんなオカネつくるのに苦労しているんだよおー、と呆れるきみの顔が見えそうだが、そこにはカラクリが存在して、英語ではラットレースと言ってみたりする、現在の世界のデザインに秘密がある。 いまの世界は、(なんとなく、くだらない感じがする言葉だが)先進国では、と限定したほうがいいかもしれないが、大学を出た若いカップルがホームローンを組んで、あるいは家賃を払って、クルマを一台は持って、子供をひとりかふたりつくって育てながら共働きでやっと食べられるようにデザインされている。 社会自身にとって最も都合がいいデザインだからで、個々の人間の希望によってそうなっているわけではないのね。 それが標準デザインで、例えば日本で「クルマを持っている人間に対する敵意」が突然新しい流行のように湧き起こったのは、日本の自動車会社にはおおきな打撃だったが、標準デザインのうち「ホームローン」や「クルマ」「子育て」の部分に手が届かなくなった若い人口が増えて、そのことの、いわば「社会的な悔しさ」が敵意になって吹きだしてきたように見えました。 いわば社会の身勝手さに対する個人の側からの怒りの表明だった。 先に借金をさせて、それを返済させるのに見合う賃金を与えて、猛烈に働くエネルギーを吸い上げて社会を成長させるというのが基本デザインで、日本でいうと、やや変形で、日本では長らく金融機能が停止といいたいほど旧弊に留まっているので、借金すら出来なくて、ただ家賃を払い、食べるだけで暮らさなければいけない若い人が増えているが、どちらにしろ、そのサイクルにはまってしまうと、下手をすると一生抜け出せなくなってしまう。 では、どうすればいいか? まず自分が社会によってデザインされたラットレースのなかで、ぐるぐる経済的な周回を強制されている存在だということがはっきりと判らなければいけない。 その周回レースから抜け出すには、他のネズミよりも速く走ることだと社会の側は述べるが、それは明瞭に嘘で、速く走ってトップにでても、やがて息が切れて他のもっと若いネズミに追いつかれて追い抜かれるだけです。 むかしの日本の大企業の会社員で財をなす方法で最も多かったのはインサイダー取引で、1970年代までは、例えば総合商社の人間が自分の職業を通じて得た知識を使って株取引で稼ぐのは当然の副収入だと考えられていた。 あるいは家電大手に勤めている人が長期大型発注先に決まった企業の株をあらかじめ買っておくというようなことは普通のことだったようで、そういうことはごく普通な立場の人にも及んで、東京で会った、ホテルのウエイター時代に仲良くなった大手家電会社の役員から、こっそりインサイダー情報を教えてもらって、そのオカネで自分の家とレストランを買う資金が出来てしまったと愉快げに教えてくれたレストラン経営者のことをいまでもよく思い出す。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 7 Comments