ふたりの車夫

Tank Manという。
天安門事件のときに素手で学生達の虐殺と鎮圧に狩り出された戦車の車列の前に立って、戦車が回避しようと右に操舵すれば右側に動いて立ちはだかり、左に回頭すれば左に歩いてまた立ちはだかる。
戦車が茫然とした様子で停止すると、今度は戦車に飛び乗って、中の戦車兵たちと口論する。飛び降りてきて、また戦車の前にたちはだかる。

この間、終始、ひとりで、手にはなんの武器ももっていずに、武器をもっていないどころか、なんだかぶらりとやってきて、自分の生命など何ともおもわない態度で戦車を止めてしまったような印象の人で、いまだにどこの誰であったかわからず、その後どうなったのか、行方も知れない人です。

一部始終が動画に撮られて、日本のマスメディアだけは、「戦車が広場を離れるときに起きた事で、阻止の意味はなく、あんまり意味がない行動だった」、たいしたことではない、とくさして、いま見たら日本語wikipediaにもそう書いてあって、さすがは日本人と感心してしまったが、英語国民などは単純なので、その「さりげない」と言いたくなるほどの、静かな、でも圧倒的勇気、ケーハクに述べて、桁違いの人間としてのカッコヨサに痺れて、中国人なるひとびとは自分たちが内心バカにしていた自由の価値が判らない野蛮で礼儀知らずな人間の集まりなのではなくて、自由を求め、自由のためなら生命を捨てることも厭わない文明人の集団なのだということを悟ったのでした。
圧政政府と戦う自由主義者としての個々の中国人という、いま西洋人に広く行われているイメージは、この若者の孤立無援の勇気が嚆矢だったのではなかろーか。

後年、いまに至るまでビデオを観ながら「自由が奪われそうになったとき自分にはこれが出来るだろうか」と自問した若い人間は世界中にたくさんいたはずで、ぼくももちろん、緊張した面持ちで、自分の勇気を自分に尋ねて試す息苦しい作業を何度か繰り返すことになった。
人間の勇気って、すごいものだな、と少し突き放して考えたりした。

あるいは、Tears of a Rickshaw Driver というNicholas Kristofが書いたチョー有名な天安門事件レポートがある。

「1989年6月3日、わたしは北京のthe Avenue of Eternal Peaceに立っていた」とクリストフは書きはじめる。
天安門広場のすぐ脇です。

学生達は、もちろん、まだまだ先行きは長いものの、大幅に軟化した政府の態度の変化に喜びを隠せず、警察に感謝の言葉を述べたりして、一緒にいた市民たちとも、やがてくるとおもわれた自由社会の跫音に一緒になって耳を傾けていた。

そこに人民解放軍が突撃してきて、まず一団の学生たちを撃ち殺す。
銃撃されて血まみれになった同級生を救うために、多くの学生が駆け寄ると、また一斉射撃で叫び声をあげながら瀕死の学友の救援に駆け寄る学生たちを容赦なく銃撃する。

呼ばれて駆け付けた救急車にも銃撃を浴びせて救急隊員が負傷する。

一瞬で、文字通り血の海と化した通りに茫然とたちつくすこの特派員は、そのとき、ひとりの、汚いTシャツを着た、がさつな「高校も出ていなさそうな風貌の」人力車夫に気が付きます。

まわりの見るからに教育程度が高く身なりもいい若者達とは対照的な外見のこの車夫は、ところが、人力車の方向をくるりと変えて、兵士たちが擬している銃口の列のすぐ前に出て、傷付いた学生達を自分の人力車に乗せ始めた。
おれを撃てるものなら撃ってみろ、といわんばかりの行動。
誰もが車夫が撃たれて死ぬ姿を思い描いて、目をつぶりかけたとき、
他の車夫たちが、いまだに銃口を向けている殺気だった兵士の群を遠巻きに後退して眺めていた学生たちをかきわけて、傷付き、あるいはすでに生命を失った学生たちの身体を、自転車で引く三輪の台車に次々に並べていった。
引き金を引けずに震えている兵士達の目の前で踵を返して次々に負傷した若者達を車夫たちは運び去っていった。

Nicholas Kristofたち外国人特派員たちは、この彼らが「無教育まるだしで、粗野な」と文中で表現した車夫たちの、桁外れの勇気とヒューマニティにぶったまげてしまう。
そうして、それが「善を信じる魂」だけが演じられる勇気であることに気が付く。

あとで聞くと、居合わせた特派員のおっちゃんのなかには、あまりのことに、いいとしこいて泣き出してしまった記者たちもいたそうで、人間の善意がこれほど強烈なものだと、それまで考えたことはなかった、という。

最近、日本は善意志の存在しない社会だ、とぼくは何度も書くことになった。
慰安婦をめぐる強い悪意に社会全体が支配されているのでなければ起こりえない議論ともいえなさそうな議論や、お家芸というか、強姦を握りつぶす警察に業をにやして、意を決して自分の実名と顔を公開する形で強姦被害者が会見を開いてみると、「けっこう美人じゃん」「どうせ売名でしょう」という声が当たり前のように返ってくる。

「で、それをやるとおれはいくら儲かるの?」というだけが行動原理の基礎をなしているのだとすると、社会のたいていのことに説明がついてしまいそうな日本の社会を眺めていて気が付いたのは、日本の社会には善なる意志が存在しないことで、
妊娠後期に新宿の駅で倒れて失神したまま、30分を放置されていたアメリカ人や、事故で、舗道に倒れていて意識はあるが身体は動かせない状態で「頼むから、誰か手を貸して、わたしを 助けて」と祈っていたら、何十人もの人が知らぬ顔で通り過ぎたあと、やっとひとりの若者が自分のほうに向かって歩いて来て、ああ、ありがたい、これでやっと助かる、と思った瞬間、自分の身体をまたいで歩いてしまった、と後で、この人が日本人の感想を聞かれるたびにひとつ話に話して大笑いしていたようなことは、考えてみて、どうも日本の社会には「善」自体が存在しないからではないかとおもうようになった。
善なる意志が存在すれば起こるはずがない人間性の卑しさを手のひらに載せて相手につきつけて嗤ってみせるようなことが、日本語世界では、毎日のように起きていることに気が付いた。

そのことを日本語で述べてみると、「西洋社会とは異なって日本人は宗教をもたないから、あたりまえなんですよ」という声が最も多くて、あたりまえだから仕方がないんじゃないの?がいかにも日本で困るが、それとは別に、「絶対神の欠落=善の不在」と自分でもむかしは考えた意見をきくたびに、考えたのが、この事件の車夫たちのことでした。

説明がつかないのではないか。
中国にはキリストもマホメットもおらんのやで。

車夫、で思い出した人もいるのではないだろうか。

「一件小事」という有名な魯迅の文章がある。
小説とは到底呼び得ないような短い文章です。
初めて「A Little Incident」という、この文章を英語で読んだときには、名前のさりげなさのせいもあって、意表を衝かれて、おおげさにいえば、なんだか心理的な恐慌状態に陥ってしまった。

短いせいで、視界の端でよく理解できないものを見たような感じで、えっ、いまのはなんだったんだろう、と思って、もう一回読む。
二回、三回と読んで、息が出来ないような気持ちになっていった。

日本語では竹内好の訳で「小さな出来事」として、至る所にテキストがあります。

小さな出来事
http://www.ribenyu.cn/space-68561-do-blog-id-12415.html

魯迅が乗っていた人力車の梶棒に衣服をひっかけて、ゆっくりと老婆が往来に倒れる。
足を止めた車夫を見て魯迅は

「私は、その老婆がけがをしたとは思えなかった。それに、他に見ている者は誰もいない。だから車夫のことを、よけいなことをする奴だと思った。わざわざ自分の方から事件をこしらえ、おまけに私の予定を狂わせてしまうとは。」

と舌打ちをするような気持ちで考える。
気遣う車夫に対して「ころんでけがをした」と述べる老婆に対しては
「私は心に思った。お前さんがゆっくり倒れるところを、この目で見たんだぞ。けがなんかするはずがあるものか。狂言に決まっている。実に憎むべき奴だ。車夫はまた車夫で、よけいなお節介ばかり焼きたがる。好き好んで苦しい目をみたいというなら、よし、どうとも勝手にするがいい」

と苦虫を噛みつぶす。
まるで日本の人を彷彿とさせる正義漢ぶりです。

そのあとに続く文章は有名なものなので、少し長いが纏めて引用します。

「 車夫は、老婆の言うのを聞くと、少しもためらわずに、その腕を支えたままで、一足一足、向こうへ歩き出した。私が怪訝に思って、向こうを見ると、そこには巡査派出所があった。大風の後で、表には誰も立っていない。車夫は老婆を助けながら、その派出所の正面へ向かって歩いていくのであった。 私はこの時突然、一種異様な感じに襲われた。ほこりにまみれた彼の後ろ姿が、急に大きくなった。しかも去るにしたがってますます大きくなり、仰がなければ見えないくらいになった。しかも彼は私にとって、次第に一種の威圧めいたものに変わっていった。そしてついに、毛皮裏の私の上衣の下に隠されている「卑小」を搾り出さんばかりになった。 」

ここで魯迅が見たものは、誰もみていなくて黙っていればわからず、老婆のいうことが客観的には信用できるともいいかねる状況のなかで、「内なる善」と自分の行動を照らし合わせて、魯迅を恐懼させたことには、老婆とともに警察に自首するという破天荒な行動に出た「善なる魂」で、よく知られているとおり、この車夫が行ったことは、この後長く魯迅の心の支えになり、ひいては日本との苦しい壮絶な戦いを経て、自分たちの社会をつくっていった中国人たちの心の支えになってゆく。

そんなマヌケな、と呆れてしまう人も多いとおもうが、神が存在しなければ善も存在しえないという若い大庭亀夫先生の仮説には、真っ向から反証するふたつの人力車夫の例があったわけで、大庭先生は、ときどきワインで酔っ払うと、じゃあ、これ、どうするんだよ、どう考えれば説明がつくとあんたは思っているのかね、と自分に向かって悪態をついている。

取調室の机を調書の束でバンっと叩いて、「証拠はあがってんだよ!」と叫びたくなる。

考えるヒントはあって、神をもたない中国人は、しかし、間柄によって何が真実かが決まるような相対価値で出来た社会を持っていない。
そこには、彼らの先祖が言語を形成するにあたって仮構した「天」があって、「理」が存在する。
西洋社会に較べれば遙かに小さく狭小な「公」を利して、自分と自分の家族の幸福を願う
、自分を幸せにしようとする強烈な欲望がある。
世界は演繹的に説明されうるものだという硬い信念をもっていて、とにかく他人の頭を借りずに自分の頭で考えて観るので無ければダメだ、という中国人は、びっくりするような数で存在する。

いちどは日本語世界に求めた「神が不要な文明」は、実は求め先が間違っていて、中国語世界に求めなければならないものなのかも知れません。

もちっとマジメに中国語をベンキョーしなければ。

日本の社会に悪意ばかりが猖獗して善意が極端に少ないのは、なにかほかのことに理由を求めたほうが思考の筋道がいいのだろう、と考え始めています。

Advertisements

About gamayauber1001

ver.6 https://leftlane.xyz もあるよ
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

6 Responses to ふたりの車夫

  1. kaz184 says:

    “自分を幸せにする”というのを日本語的に言い換えれば”自分だけは不幸でいたくない”かな.

    丁度, 興味のある作品が布袋劇っていうやつで, 中国語勉強のモチベーションが更にあがりました.

    最後の部分ですが, 不必要な混乱とその対症療法としての感覚麻痺を繰り返すことで今の日本の社会が形成されてきたのでは? と思ってます.

    最近のエントリにありましたが, 現実を正視しない姿勢は徒に恐怖を煽り, 解決の見込みが無い恐怖に対しては誤魔化しや諦観で安定化を図り, そのプロセスの中で多くのものを切り捨ててきたのでしょうね. 書いてて気づいたのは, この一連の流れの中には特に悪意と言い切れるものはないと思われるが, 結果として出来上がるものは, 常に生贄を探し続ける悪魔崇拝的な集団心理, ってことですかね. 一つか二つの手順を挟むだけで臆病が邪悪に変わるプロセスが日本では頻発しているように思えます. 勇気をコケにする習慣は私がガキンチョの頃からあったと記憶していますが, なんだか, 物理現象みたいでどうしようもないなぁw

    無意識を意識の制御下に置こうというのに, 以前から個人的な興味があって, 当該エントリの,
    “とにかく他人の頭を借りずに自分の頭で考えて観るので無ければダメだ、という中国人は、びっくりするような数で存在する。”
    という部分には強く関心を持ちました. あの迸るような活力はそういうところに要因があるんですかね. そういう人たちが支配的であるなら, 毎日楽しくて仕方が無いだろうなぁと感じました.

    そうそう, 車夫の話で思い出したのは, 私が繰り返し見る作品には必ずそういう人物が描かれてたってことですね.私が単に, そういう生き方に憧れているってことかも. それも私の臆病によって殆ど出来てないわけだが・・・.

    メーラーにあるこのエントリと, 今コメントを書いている時点でのエントリに差があって, 見比べてみるのが楽しいですw 文章を書きそれを見て考える, というような, 自分で自分を俯瞰するという自己言及的な作業が, 我々には決定的に欠けている様に感じました. 最近思うようになったことですが, この種の再帰的な自意識を持てない個人が集まると, 常に外的要因によって意思決定することになり, 集団極化やサイバーカスケードなどの事象を説明しようとする数学的理論の構成部品に成り下がるのではないか, ということです. 自己再帰的であれば独立した状態を持てて, 外乱の影響を軽減できるんやろなぁ,と.

    久しぶりに頭が動いた気がします. そんでは中国語の入門書でも見ようかな. じゃあの.

    Like

  2. 私は中学生の頃から宗教に興味を持つようになって、両親は熱心な仏教徒の家なのに、自分でキリスト教を選びました。キリスト教徒であろうと、仏教徒であろうと、儒教文化を拠り所として来た中国の人であろうと、最後にその人が善なる人になるか、邪悪な人になるかは、最終的にはその人個人のものの見方考え方だと思います。キリスト教は、善悪がはっきりきっぱりしていると思うのですが、仏教を勉強してみると、仏教での善悪の考え方は、非常に曖昧なところがあって、ここから善、ここから悪と言う境界がはっきりしていないように思えます。キリスト教の神さまのように厳しく罰するより、何度も悪いことをしても、念仏さえ唱えていれば、極楽往生できると言うような浄土真宗の教えとか。とても日本人らしいと思います。日本人の善悪は、周りの人がやっていることならしてよくて、特に、自分に指図する目上の人が許しているような行為なら、してもいい。集団の中で許されているならやってもいい。と思いがちだと思います。自分の属する集団がやっていいと許していることでも、悪いことは、してはいけないと考える人は、変わっていると排斥されたり、いじめられたりすることが多いように思います。
     天安門事件はとてもよく覚えています。自分が殺されるかもしれないのに、遺体を運ぼうとする男性は、私には、日本が南京の町を占領した時に、むやみやたらに中国の非武装の人を虐殺した時、怪我した家族や殺された家族をなんとか運ぼうとした中国の人々のことを日記に書いた、「ジョン・ラーベの日記」の記述を思い出します。転んで倒れてしまったおばあさんを、派出所に連れて言った車夫の人は「そうするのが当たり前」だと思っているからそうしたのでしょうし、天安門で、殺された人を、自分も殺されるかもしれないのに、運ぼうとした男性も「そうするのが当たり前」だと思っている人だったのではないでしょうか。ラーべさんはキリスト教徒ですが、ナチ党員でもあって、中国に30年以上も駐在しているシーメンス社の人ですが、日本軍の軍人のように中国人の人たちを、見下したりしないで、同じ人間だと思い、一生懸命守ろうと苦心します。彼は祖国のナチ党員が、ユダヤ人やロマの人や障害者を殺しているなんて思ってもいなかった。
     祖国に帰って訴えれば、日本人のひどい蛮行を止められると思っていたのでした。帝国日本軍の軍人たちは、主に植民地や占領した土地の女性を拉致して閉じ込め、慰安所を作るという途方もないひどいことをしていました。軍隊は女も世話してくれるのだと喜んだ兵隊がほとんどだったようですが。慰安所に行けと命令されても、女性たちが気の毒で行けずにリンチされたり、ただ何もしないで、女性の身の上話を聞いただけで、自分がお金を払った時間ぶん、女性が体を休めることができるようにした兵士も、少数ですがいたと被害女性が語っています。部隊を率いている隊長が、慰安所を作るかどうか決められる立場だったので、作らなかった隊長もいましたし、女性の強姦を自分が進んでやっていた隊長もいれば、止めた人もごく少数いたそうですし。関東大震災の後の朝鮮人や中国人虐殺の時にも、見知らぬ朝鮮人でも、匿って助けた人もいれば、自ら進んで自警団と称して、残虐な方法で、朝鮮、中国の人たちを殺していた人もいました。
     私は、地獄のような状況の中でも、自分の中の良い心に従って、行動できる人でいたいと望んでいます。日本人のモラルが崩壊しているし、共感能力に欠けている、というのは、私も度々そう思うことが多いです。でも優しく寛容で、善良な人はいて、そういう人を私はお手本にしたいです。

    Like

  3. キラキラ大島 says:

    日本人には宗教がないからというのは、そのまま信仰を持たないということにはならないわけで。それは例えば「英検1級(TOEFLでもTOEICでもいいけど)を取ってなければ英語を喋れない」というくらいの屁理屈と似てますね。もちろん、ですけど英検などその存在も知らないけど英語をペラペラ喋ってる人は世界中にたくさんいます。いや、日本の英検1級を持っていてもまったく英語喋れない人もたくさんいますけどね、いやはや。

    哲学も同じで、サルトルもハイデッガーも知らないけど、人はいろいろ考えるわけで、考えればその人なりの哲学も価値観も湧き出てきます。考える上での地図のような感じで過去の哲学者のことを知ることは有用ですけど、だからといって哲学を体系的に学ばなくったって、自分なりの考え方を持つことは出来る。それはつまり、その人なりの正義というものの確信を得ることだって出来るはず。いくら無学であったとしても。

    組織としての宗教は仏像みたいな寄り代を作ってさあ拝め、祈れ、ということで、考えることから逃避する術を与えているのだと思います。20年以上前に父を亡くした時、死んだ瞬間から通夜の段取りや葬式の段取り、戒名はどうしたらいいのかお布施はどのくらい包めばいいのか、葬式が終わっても49日の法要の準備をしなければいけない、香典返しをどうしよう、49日法要の後に親族で食事会をする会場はどうしようか、などなど忙しくて故人の死とまともに向かい合うことを避けることができた。宗教によって儀式が決まっていて、慣れない儀式に振り回されることで悲しみを薄めることができたということは、宗教の効用のひとつだなあと思いましたが、一方で考えることから遠ざけることが宗教の機能なのだとしたら、それはそれでヤバいなあという気もしないではありません。
    その宗教が善意志を無批判に与えてくれるのであればそれはそれでいいのかもしれないけれども、では何が善なのかということを誰が明確に線引きできるのか、を考えた時に、すべての宗教が正しい導きをしてくれるわけではないと思うし、宗教という全体と、自分という個の、距離感をどうはかっていけばいいのかなあということは、もう30年くらい考えているものの、答えはなかなか出てきません。無学ですから。

    Like

  4. 佐藤 says:

    宮台真司が「立派なヤツになれ」から「勝ち組になれ」に変わったというようなことを言っていた。「立派なヤツ」は利他性を含むけれど、「勝ち組」という概念には「負け組」が付き物で、収奪の構造がある。「勝ち組」には利他性のようなものが無いかと言えばそうでもなく、「勝ち組ムラ」の中では似たものが存在しうる。「勝ち組ムラ文化」の中限定で「立派なヤツ」が出てきたりする。「勝ち組ムラ文化」の「立派なヤツ」の発言力は大きい。そういう人間の考え方は、経済原理主義とでもいうべき我々の社会には非常に馴染む。そうやって善の居場所を無くしていったわけです。

    Like

  5. 斎藤陵子 says:

     中国に宗教は無いとおっしゃる事が私には意外です。かの国には孔子がおり老子がおり、儒教があり道教があります。長い歴史の中でかくあれかしとする理想の人間像を持ち、徳を備えた人間である様にと願い続けてきたのではないでしょうか。儒教は士大夫という学識と徳を備えた理想像を産み出しましたが、一般の中国人もまた徳を備えた人間である様にと代々教え伝えてきたと思えます。儒教は宗教と呼ぶにはまた違ったものなのでしょうか。道教では天という世界に住む神々が人の行いを見守り、徳無き者を罰する世界観があった筈です。その車夫達も天に恥じぬ様、徳を備えた人間である様育てられてきた、そう思えるエピソードでした。
     日本には宗教が無い、故に善悪の規範が無いのだから仕方ないという日本人自身の言い訳はとても納得がいくものではありません。人として立派である様にとある時期までは教えられてきた筈です。何故、今日本人が邪悪にも等しい態を晒すのか、悩んでいます。

    Like

  6. 心理療法家 says:

    日本人に善がないようなのは、主体性がないというか自分の考え・感性に従って行動すると言うことがないからです。

    Liked by 1 person

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s