Daily Archives: August 2, 2018

言語と思考 その2

コンピュータ、あるいはコンピュータ群が、世界のすべてを語り終えたときに、 「世界を語り終える」という行為は何をしたことになっているかを考えるのは有意義なことであるように思われる。 そこで「語り終えられた」ものは、なにか? 赤色、ということについてさまざまな人が話している。 あれは情熱の色だ、と述べる人がいる。 最もよく知られていることをいえば、赤色とは可視光のなかで700nmの波長をもつもので、デザインの世界の人ならば、マンセル値 5R 4/14を挙げるかもしれない。 英語人ならばredと聞いて脳内に喚起される語彙のなかには、多分、Marsがあるはずで、多少でも教育を受けたことがある人ならば、それが酸化鉄の色にほかならないことを、どこかで思い浮かべているはずです。 Marsといえば、とその方向に語彙のブロックチェーンがつながっていくと、Red giantsを考えて、コアに水素が枯渇した、表面温度が低くなった、老いた恒星をおもいうかべて、世界の無常をおもうかもしれない。 そういうものおもいのまわりには、やはり赤い、red dwarfが明滅していることにも疑いの余地はなさそうです。 Black Fridayという言葉に初めて遭遇したとき、咄嗟に意味が判らなかったのをおぼえている。 Black+曜日、という組み合わせの英語表現は、市場が暴落した暗黒のBlack Mondayが頭のどこかに眠っているからで、それが「黒字になる金曜日」の意味だと言われても、まだ数秒は釈然としない気持が残った。 会計では赤は損失を象徴していて、どこかの冷菜凍死家などは、スプレッドシートを広げて、赤い数字が散在していると、途端に機嫌が悪い顔つきになる。 画面を見つめたままレバノンの会社がつくっている滅法うまいナッツの缶から木の実をひとつ口に放り込んで、ピスタチオで、口のなかが殻の残骸だらけになって、顔を顰めたりする。 赤色ひとつ話していくにも、そうやって無限の立場があるわけで、単語による連想ならば「赤」という言葉から菌糸のように派生するが、菌糸がのびていくべき先のほうから、逆向きに、赤を観る観点というもののほうが無数にある。 ここで「無限の立場」「無数にある」という表現をわざと使っている。 赤色について語り尽くすにあたって「無限の立場」があるのは、なぜか、無限の立場という表現に真実性がちゃんと伴ってしまうのはなぜかというと、もちろん、単純に人間の立場からは有限数がおおきすぎて「数え切れない」からです。 ニュージーランドの、澄み切った大気に輝く無数の星を見上げながら、「おれはいちど数えてみたが、あの『無数の』星は、実は6000くらいしかない」とおおまじめに述べた人がいたが、そのときに「そんなはずはない」とおもう一方で、「そうかもしれない」と考えたのは、人間にとっての「無数」など案外そのくらいのものかもしれないという皮肉な気持が働いたからでしょう。 つまり人間は人間の観点から世界を眺める以上、人間に近い方から精細度が高くて、やがてだんだん疎になる世界への認識の勾配しか持てないのは、ほぼ自明だからで、どれほど想像力がゆたかでも、5万光年先の銀河の恒星系に住んでいる、宇宙人の悲哀について思いを致して泣く人はいない。 そういうことは、もちろん認識の主体である個人からの距離だけではなくて、「おおきさ」の関係のなかにも存在して、たとえばtRNAがときどき妙な挙動をして、どうやら排列された塩基を運搬するだけの役割でないらしいのは、なにしろ肉眼で見えてくれないので、知見として、ごく最近のものに属する。 DNAの二重螺旋という太古の昔から誰の眼の前にも放り出されてあった厳たる現実でさえ、20世紀になるまで、迂闊な観察者の人間の眼には見えていなかった。 さらに小さい世界の素粒子になると、振る舞いさえ、単なる人間の感覚でなしに、人間の科学的思考の感覚にすら反している。 AIが生身の人間の将棋チャンピオンをほぼ確実に負かせるようになった時点で、人間のほうは、ぶっくらこくような現実に遭遇した。 コンピュータが、およそ見たこともない定石、想像もつかない手筋の読み方に従っているのが判って、いわば人間とは異なる思想で将棋を見る観点をもっていて、将棋の素人にとっても、たいへん興味深いニュースだった。 しかも、どうやらコンピュータは、枚挙が終わった時点から、いわばゲームを語り終えた地点から語りはじめの第一手に向かって考える観点をもちうることで、考えてみると、これはニューロコンピュータが目指す先にあるような「飛躍」だけが思考ではないことを示唆している。 機械にとっては、その巨大な枚挙能力に拠った人間の思考とは質的に異なる「思考」がありうる、ということです。 なぜ、そういうことが起こりうるかといえば、それは枚挙的な知性は世界が有限であることを知悉しているからにほかならない。 数えつくせない事象はなく、埋め尽くせない面も、充填しきれない立体も存在しない。 だから論理的には「世界を語り尽くした」時点から逆に事象が起き続けている時間のほうへ遡行していけるわけで、いわば思考の手順を逆向きにすることで、機械は常に、思考において人間に打ち勝つことができる。 そういうことが判って、はじめて、この回の記事の初めに戻ることができる。 コンピュータ、あるいはコンピュータ群が、世界のすべてを語り終えたときに、 「世界を語り終える」という行為は何をしたことになっているかを考えるのは有意義なことであるように思われる。 そこで「語り終えられた」ものは、なにか? 有限な世界という概念の、いわば欠点は、定義上、常にその有限の外側に無限が存在しなければならないことで、前回で述べたように、位相幾何的にそのやるせなさを回避できても、それは「外側」という概念を避けてみせただけで、空間的でない「外側」は、空間上のものではない「有限な世界」に対して、やはり存在してしまう。 通常、人間にとって宇宙全体というのは自然言語であるにしろ数学言語であるにしろ「言語が到達できる範囲のすべて」のことです。 人間が長い間「神」を前提としてきたのは、まことにもっともなことで、神がいないとすると、言語の到達範囲の向こう側にはなにもないことになって、エーテルが満たしていない19世紀物理空間とでもいえばいいのか、言語が思考している有限世界そのものが瓦解してしまう。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 3 Comments