Daily Archives: November 20, 2018

日本語のために 

最近は、偶々なのは判っているが、「日本人って、嫌だな」と思う事が続いたので、日本語への興味も削がれて、なんだか、ほかのことで遊んでいることが多かった。 言語に対する、日本の大学受験生なみの、びっくりするような言語への浅薄な理解で、こちらをニセガイジンと決めつける日本の「小説家」が現れたり、倫理をまったく持たない元ウォール街の勤め人に、よくもまあ、ここまで、お里が知れる、というか、薄汚い人間性まるだしの悪口雑言を並べられるものだ、というような汚い日本語を立て続けになげつけられたり、あまりに低劣なので、わざわざ名前を挙げる気もしないが、ある種類の日本人の程度の悪さを嫌というほど見せつけられて、さすがに興醒めで、結局、自分が信じていた「日本文明」など、どこにもなかったのではないか、と考えたりしていた。 N’importe où ! n’importe où ! pourvu que ce soit hors de ce monde ! という。 溺れるように愛していた母親が年老いた再婚相手の老人と同衾したことを一生許せなかった詩人が書いた詩句で、ここではないどこかに行ってしまいたい、という気持は、誰にでもあるので、いまに至るまで、たくさんの人気に暗誦されている詩句がある。 妹は、何度か書いたが、言語的な天才で、本人は医学研究者になって、社会の側に立てば、あんなに語学的な才能があって医学の道にすすむなどは犯罪であるとおもうが、もともとぐちゃぐちゃしたものが好きなので仕方がないとしても、なるほど言語の習得というものには持って生まれた才能がおおきくものを言うのだな、と身近に判る例があるのに、そのときどきで、見知らぬ言語を学んでは、これをなんとか母語並にして、世界が異なる風景になってゆかないか、と性懲りもなく考えるのは、やはり、言語的な pourvu que ce soit hors de ce monde ! なのだろうと思っています。 日本語にも、ほかの言語同様に、いくつかのピークがある。 初めのピークは、言うまでもなく、紫式部たちが生きていた10世紀の終わりで、日本語は古代中国語の注釈語として、いわばサブカルチャー言語としての日本語と、異様だが普遍性がある話者の数が少ないメジャー言語としての二面があると思うが、普遍語としての日本語がつくられていった時期で、多分、生活習慣上、極端に会話が抑制されていた結果として発達した、数々の恋愛詩や日記や手紙が、この時代の特徴をなしている。 11世紀の源俊頼という天才の出現や、14世紀の世阿弥、17世紀の松尾芭蕉と、所々にびっくりするような文学的な天才が現れるのは、日本語世界が、欧州的なサロン文学にとどまらず、西洋言語よりもおおきな人口的な広がりを持っていたからでしょう。 実際、日本語文化の極めて特異な点は、商人たちが文学の担い手である時代が長かったことで、ここには日本文明の、西洋人から見ると未だに不可視の、おおきな謎があるとおもっています。 日本の人達は気が付いているかどうか、多分、他の国には、アジアも含めて、なかったことだとおもう。 日本文学への評価が高いのは、翻訳者に恵まれていたからだ、というのはいまでは定説になっている。 皮肉なもので、日本がGDPの80%を軍備に投じるというような、通常の国民性では到底考えられない爪先立ちで世界全体に挑戦した戦争を起こした結果、アメリカを中心として連合国諸国では日本語を理解できる研究者の促成栽培を行うことになって、ここで軍事的な必要によって教育された若い情報将校たちは、戦後、食うのに困って、ジャパノロジストになり、日本文学翻訳者になっていった。 ユダヤ系社会の上流階級出身の好事家で、言語的な天才だったアーサー・ウエイリーや、マーク・ヴァン・ドーレンの世代までは、他の言語並だった日本語研究が、ドナルド・キーンたちの世代に至って、一挙に、突出した言語勢力になってゆくのは、ひたすら、このアメリカ軍の情報将校育成プログラムに依っています。 もともと日本語より豊穣な語彙や言語表現に恵まれていて、話者の人口も日本語よりも多く、はっきり言ってしまえば、普遍性においても日本語よりも高いベンガル語が辿ってきた苦難の歴史と比較すると、日本語が、いかに運に恵まれた言語であったか判ると思う。 日本語の凋落は著しい。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 1 Comment