Daily Archives: November 29, 2018

メトセラはかく語りき 金銭編

この数年でも、びっくりすることがいくつかあった。 オカネのことで言えばビットコインで、ピラニアの群れのなかに投げ込まれた経済の未来というか、人間のすさまじい吝嗇のなかに投げ込まれて、あっというまに本来の仮想通貨から、本質はチューリップでもNTT株でも、なんだって同じのただの投機対象にされて、よってたかって、機能をひんむかれて、もみくちゃになって、陵辱されたあげく、「けっ、ただの売女じゃねーか」ということになって、泥まみれの姿で市場のドブに放り込まれておわってしまった。 その結果は、悲惨なもので、だいたいUSDで8000くらいのところで落ち着いたら、機能させようと待ち構えていたひとびとも、ほぼ仮想通貨としてのビットコインは、少なくとも暫くのあいだは、諦めざるをえなくなった。 「数学理論の裏付けがある経済市場」という人類の夢は、人間の貪欲さに負けて、また数十年、遠のいてしまったことになる。 肥沃な農土に変わるはずだった荒野に、なすすべもなく、また立って、皆がああでもないこうでもない、まるで経済を知っているような顔をつくるのが上手な順にテレビに顔を売ったりして、いわば市場の「鞘稼ぎ」に精ををだす学者芸人や、やり手ファンドマネージャーの、愚かな顔を観なければならないのかとおもうと、うんざりどころではない。 昔から有名な実験があって、これは、いまも繰り返し行われて、結果は同じだが、ファンドマネージャーならファンドマネージャーの「優秀な専門家」がつくったポートフォリオと、チンパンジーにダートを投げさせてつくったチョーテキトー・ポトフォリオを較べると、たいした変わりが見られない、とプリンストン大学教授のBurton Malkielが述べて、その現実の報告が記されている著書、 A Random Walk Down Wall Streetがベストセラーになったのは1973年だった。 2011年になると、この、長い間信じられていたリサーチの結果に、一群のひとびと、例えばResearch AffiliatesのCEO、Rob Arnottが異議を唱える。 「Burton Malkielの説は正しくない。我々は異なるインデックスで、もっと慎重に検討してみたが、チンパンジーが投げるダートでつくったポートフォリオのほうが、トップの専門家たちがつくったポートフォリオよりも、遙かにおおくの収益を生んでいることが確認された」 チンパンジーのほうが、年収数十億円のファンドマネージャーや銀行員たちよりも、すぐれた市場予測をすることは、それ以来、何度も何度も確認されている。 数学と経済市場の知識があって、このブログをずっと読んで来てくれた人は、ところどころ「えっ?」とおもう箇所に遭遇して、胸がキュンとしたに違いない、もしかしたら発狂しそうになったかもしれない。 そうでなくて、あんた、ウソをついているんでしょうが、って? あのね、そんなことを言うなんて、きみ、日本人なんじゃないの? わしは、もともと勉強して、使い途がなくなった数学の趣味が昂じて投資を始めたのは、前にも書いたことがある。 元金は、多分、例えば、きみが毎日つかっているに違いないもののなかに入っている小さな小さなものについてのアイデアであったりして、中松博士というか、発明でつくった。 つくった、というよりも、「できた」といったほうがいいか。 ともかく、数学というよりも、その数学の広い地平のなかの幾何学という分野に基づく知識によった、おもいつきで、なるほど、こうやるといいのね、という手管を編み出して、投資の第一段階は、それに拠って、ぬははは、になったのだった。 2010年になると、「これから7年は、子育てとオカネモウケとオベンキョー三昧になるのじゃ」と宣言して、地球の辺境、ニュージーランドに立てこもって、といっても、二度ほど、大規模な欧州遠征をやったが、だいたいはオーストラリアとニュージーランドの辺境ブラザースのふたつの国にこもって、ひきこもり青年をやっていた。 小さいひとびとは、折角、不良にしようと尽力した父親の願いと努力も虚しく、母親似のドマジメ人間になって、オカネモウケは、バブル景気のブースターがついて、なんだかアホらしいくらい資産が増えてしまって、オベンキョーは、 語学をはじめ、やっぱりアホなんじゃんな短足な進歩を遂げた。 念の為にいうと、ここで、「短足な進歩」というのは「長足の進歩」というイメージ的に把握しにくい日本語表現のために、いまわしが発明した反対表現です。 みっつのなかで、いっちゃん簡単だったのは、オカネモウケだった。 既存の数学で応用できることは、オカネの世界では極端に少ない。 不動産については、あれこれ、理論を立てて、その理論に従って、むやみやたらと儲かったが、振り返って考えてみると、あれは、理論で儲かったというのは単なる妄想で、もしかして、ただのバブル景気だったんじゃないの? と言われると、そうなような気がしなくもないが、なあーに、オカネモウケというような反知性的な行為においても、自分が頭がいいせいで儲かったということにしておいたほうが、朝の目覚めがえらそーになってよいのです。 え? その秘密を教えろって? 伊峡のラーメンをおごってくれたら教えてあげよう。 チャーシューは3枚ないと嫌だからね、 なんちて。 冗談です。 教えませんよ。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 2 Comments