Daily Archives: March 14, 2019

人間であるという難問について

行ってみると幅が3メートルくらいの道路だった。 花屋があったのをおぼえているので、いまでも場所を特定するのは簡単なのではなかろうか。 ビルの4階の窓から通りを隔てた反対側のビルの窓に向かって「奇声を発しながら」コンピュータを投げつけている男がいると警察に通報があったのは、なにしろ夜中で、東京駅のすぐ近くのオフィス街のことなので、たまたま通りかかった通行人か、近くのビルで深夜まで働いていたサラリーマンかなにかだったのでしょう。 「なんだか、でっかい男の人で、大声で叫びながら、コンピュータやモニターを向かいのビルの事務所に向かって投げつけているんですけど、その叫び声が、どうも英語なんですよね」 と述べている。 警官が通報を聞いて4人で急行してみると、なるほど2メートルは優にありそうな大男のガイジンが、いくつもいくつもデスクトップコンピュータを通りを隔てたビルに向かってぶん投げている。 やめなさい、と言っても、ぜんぜん、やめません。 おとなしくお縄につく様子が微塵もないので、4人でわっと取りかかったら、 あっというまに4人とも殴り倒されてしまった。 いったん待避して、本部に応援を要請して、結局40人動員してやっと取り押さえた、とあります。 ニュージーランドのクライストチャーチからセールスにやってきて、供述によると、「こんな社会は人間の社会ではない」とおもったのが理由だという。 どいつもこいつも、マジメで礼儀正しい、規則を守って勤勉に働くクソ野郎ばかりだ、と取調室でどなりまくって、そのまま眠りこけてしまったそうです。 マイケルジャクソンの幼児性愛の実態を被害者の口から洗い浚い詳細なディテールとともに述べたLeaving Neverlandは破壊的なドキュメンタリだった。 最もショックがおおきかったのは、言うまでもない、数多くのアルバムセールスの売り上げ世界記録を支えたマイケルジャクソンのファンたちで、最も一般的な感想は「もうマイケルジャクソンの音楽を(精神的に)聴けなくなってしまった。 それが悲しい」というものでした。 HBOのドキュメンタリが、あちこちでネットのオンライン公開になった、ちょうどその日に、名前を聞いたことがない、なんとかいう名前の日本の俳優がコカインでつかまって、まだ判決が出たわけではないが、警察がつかまえて、本人が「やった」と言ってるんだから科人だろう、という日本の習慣にしたがって、すっかり有罪あつかいになって、その結果、いろいろなドラマに多岐に渉って出ていたらしいのが、どうやら全部、例えばDVDなら回収になるらしい、というニュースがあったようだったが、マイケルジャクソンの場合は、そういうことではなくて、気持の上で隔壁ができてしまって、マイケルジャクソンの声をもう聞けなくなってしまった、という意味です。 去年は巧みな演技で知られるケヴィン・スペイシーが、やはり未成年に対する同性愛で告発されて、主演していたNetflixのドル箱ドラマHouse of Cardsが打ち切りになった。 すでに撮影をほぼ終了していたAll the Money in the Worldは、急遽Christpher Plummerを代役に立てて取り直しをするという離れ業を演じて完成にこぎつけた。 こういう流れは文明の段階が進歩するにつれて、女の人であったり、子供であったりする、より最悪には女の子供であったりすれば、どうなっても文句すら言わせてもらえないような社会が、徐々に、いらいらするほどゆっくり、人間であれば属性がなんであろうが、みなが(考えてみれば、あんまり当たり前で茫然とすることには)平等である、同じ人間であるにしかすぎない、という偏見による乱雑さが解消される方向にすすんでゆく自然の流れにしかすぎない。 発端は、ハリウッドの帝王と言われたプロデューサーHarvey Weinsteinが無数の性的ハラスメント、強姦を含む、権力を背景にした有無をいわせぬ性的な暴君としての行いをAshley JuddやRose McGowanたちが、文字通り職業生命を賭けて告発した、いまでも長くて苦しい女の人達の戦いが続いているMe Too movementでした。 Emma WatsonのHeForShe運動 https://gamayauber1001.wordpress.com/2014/09/23/heforshe/ もそうだが、最近になって女の人達が、アメリカでインドで、これ以上男達の横暴を許さないと強く決意して続々と起ち上がってくる様子には、おもわず「歴史的必然」という古色蒼然とした用語をおもいださせるところがある。 ハリウッドで仕事をするひとたちのなかで、最も素晴らしい姉妹といえば、誰に聞いてもPatriciaとRossannaのArquette姉妹の名前を挙げるだろう。 単純に言って、ふたりともとんでもなく聡明な上に倫理意識が強く、恐れずに正しいと信じたことを、どんな巨大な権力に向かってもはっきりと言葉にして述べるからで、みなが尊敬している。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 1 Comment