Monthly Archives: August 2019

民主主義は可能か?

民主主義はdemocracyの訳語としても日本語の単語自体としても奇妙な言葉で、そのうちには、というのはdemocracy自体への理解がすすめばなくなる単語ではないかとおもうが、この記事では便宜的にdemocracyの訳語として使う。 2016年は、民主主義にとって劃期的な年だった。 悪い意味です。 いくらカネモチの味方で、倫理意識ゼロとみなされ、好戦的でありすぎるといっても本来ならば負けるはずのないヒラリー・クリントンが敗退して、あろうことか、ドナルド・トランプが大統領になってしまった。 当時、自分のまわりのアメリカ人たち、だいたいのおおきなくくりでいうと、これはまたこれで、誰が観てもいろいろな意見がありそうな問題種族の、ハーバード族、ほかの国や大学の出身であっても、すくなくともHBS(ハーバード・ビジネススクール)かHLS(ハーバード・ロースクール)出身のアメリカではエリートとみなされる人々の公約数的な意見は 「ヒラリーなら4年の我慢ですむがトランプでは、この次の大統領選挙があるかどうかわからない」だったようにおぼえているが、そういっていた彼ら自身、当のヒラリーとトランプが対決している選挙自体が、すでに旧来の「大統領選挙」ではなくなっていたことには気が付いていなかった。 気が付いていたのはアメリカを横断して反対側の、西海岸の、それもシリコンバレーやサンフランシスコではなくて南カリフォルニアのIT族の友だちたちのほうで、 かなり早い段階から、「これはたいへんなことになった」と述べていた。 悪名高いSCL Groupから派生してCambridge Analyticaが誕生したのは、たしか2013年のことではないかとおもうが、名前が会話にあらわれるようになったのは2014年頃だったのではないかとおもいます。 2015年になるとBreitbart NewsやTed Cruzの名前と関連づけされて度々口にされるようになっていった。 政治的なトンマでしかないはずだったTed Cruzが有力な共和党大統領候補になることによって「なにかがおかしい」と東部のひとびとが考え始めたころには、西海岸のIT族は、ほぼなにが起こっているか把握していて、気が早い人はさっさと緊急待避用の家をニュージーランドのクイーンズタウンに買ったりしていた。 SCL Groupの経営思想というか企業としての理念は、つまりこういうことです。 例えばアメリカが南米の社会主義政権を倒そうと考える。 この場合、ふたつのやりかたがあって、現地の反体制集団に武器と顧問を送り込んで戦争によって政権を打倒する。 もうひとつは、「情報戦」によって社会を少なくとも混乱させて政権崩壊にもちこむ。 伝統的には例えばCIAを使っていた。 SCLはビッグデータを使えば良いのさ、という思想をもった。 高橋太郎なら高橋太郎という人が毎日暮らしていくために、多分、このひとはグーグルで検索して、好きな本の書評を探す、紀伊国屋書店に在庫があるのを発見して、自動改札を使って地下鉄に乗る。 コーヒーが飲みたくなったので、いつも選ぶラテを選んで、サイズはSで、クレジットカードでピッと支払いをする。 少しお腹がすいたのでコンビニストアに立ち寄って、鮭のおにぎり2個と小ぶりな鶏の唐揚げが入った袋を買う。 このグーグルはもちろん、自動改札、コーヒー屋でラテを買ったこと、サイズがSであること、あるいはコンビニのPOSのDBには、おにぎり2個と唐揚げを買ったこと、どのメンバーカードを使ったか、そのメンバーカードに紐付けされたレンタルビデオで、どんな映画を借りているか、あれっ?このひと去年の5月にはクレジットカードをいちど止められているね、ということに至るまで、すべてネットを通じてデータベースのデータとして入っていくが、そういう個別データを使ったマーケティング戦略を軍事的な兵器として使えるように洗練させればいいのではないか、というのがSCL Groupがもった思想でした。 そして、アフリカ諸国や南米諸国を対象に、たいへんな成功をおさめた。 Cambridge Analyticaは、この手法を自由社会の根幹をなす選挙に使えばいいのではないかと考えた。 具体的には、ここでは詳しい説明を省くが、アメリカを陰から支配する熱心な野望をもつMercer一族が、多分、娘のRebekah Mercerの提案でおおきく肩入れしたのだと考えられている。 つまり、簡単にいえば、Cambridge Analyticaはビッグデータを洗練されたIT手法でもちいれば民主主義そのものを傀儡化して支配できるという確信をもったわけで、この方法の実効性を見抜いたRebekah Mercerが派遣したSteve Bannonの助言のもとにCambridge Analyticaは見事にアメリカ大統領選挙というシステムそのものを骨抜きにしてトランプをほとんど無理矢理に大統領の座につけてしまう。 あとはたくさんのドキュメンタリやノンフィクション本が出ているので、評判がいいものを探して読んでいけばいいとおもうが、 それがどのくらいの規模だったかを示すために数字をあげると、 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 4 Comments