スーパーマーケットへ行く

天気がよくなると屋根が開くクルマで出かけることが多くなる。
GMに買収される前のSaab 900 Convertibleのように初めから冬用にデザインされているコンバーティブルもあるが、だいたいは春と夏用に出来ていて、のんびり春の海辺を、ひねもすのたりのたり、走るのに適している。

屋根が開くクルマは、屋根を閉めるのがめんどくさいというひどい理由で、両方とも車庫に入っている。
ニュージーランドのガレージは、必ず、というほどそうなっているように、手元のちっこいリモコンで、ぐわらぐわらぐわら、とシャッターを開けます。

このリモコンで開閉するガレージドアは、ニュージーランドでは、びっくりするほど昔から普及していて、というのは子供のころ、連合王国やアメリカのひとびとが遊びにやってきて、じっさい、ぶっくらこいていたからだが、当時は20本入り煙草サイズでサンバイザーにクリップで止めてあるリモコンをピッと押すと、ぐわらぐわらぐわら、とシャッターが開く。

いまは、キーホルダーに付くサイズになっている。

車庫のなかに家に通じるドアがあって、大雨の日に買い物にでかけても、ちょっとも濡れないですむ、という天気がめちゃ悪い冬がある国の人間の知恵です。

え?
連合王国だって冬の天気ひどいのに、そんな便利な仕掛けないじゃない、って?

ははは。

ははは、だけで誤魔化すなんてひどい文章だが、見栄にばっかりカネつかってるからビンボーなんだよ、おおきなお世話じゃ、ほっとけ、とか、ほんとうのことを書けるものではない。

ほんとうのことを述べると、神様に見放される、というでしょう?
言わない?

きみの国、神様がいないんじゃないの。

わし家のコンバーティブルが入っている車庫は、家とつながっていないので、階段を下りて、「ぶっ」とリモコンを押すと、ぐわらぐわらぐわら。

ドアを開けてシートに乗り込んで、他のクルマやマウンテンバイクや芝刈り機や緊急用の発電機やなんかで混雑している車庫を、慎重にバックして、クルマのフロントがガレージを出るか出ないかのところで、ぎゅいんとおもいきりハンドルを切る。

そうするとちょうどお尻が英語ではmulchと呼ぶ、細かく砕かれた木片の小山に触るか触らないかのあったまにくる熟練痴漢被害状態になるので、そこからドライブウエイに切り返して出てゆくことになる。

おなじわし家でも、なあんにも考えないでロータリーから、ぶうううんとドライブウエイを通ってゲートに向かえばよいSUVのあるカーポートやなんかとは、だいぶん違う。
多分、車庫にクルマを駐める人のほうが、ロータリーにクルマを野放しにしている人よりもボケるのが遅いのではないか。

クルマのなかにできた陽だまりのなかでハンドルをにぎる気持のよさは、いちど屋根が開くクルマを持ってしまうと、一生、持ち続けることになる気持のよさです。

いまはGoogleストリートビューというものがあるので、この記事に出てくる名前をたどっていくと、どういうお買い物ルートなのか追体験できるが、Eastridgeのモールに行くのに、天気がよければ、わざと回り道をして、いったんParnell Bathsに出てTamaki Drを右に曲がる。
すぐにホブソンベイで、OBC(Outboard Boating Club)のボートが海に出るときにくぐらなければならない橋の高さの制約で、背の低い、最近流行りのフライブリッジ(遠くの海面が見えるようにするための櫓。下の操舵室からだけでなくて、ここからも操船できるようになっている)を持たないボートがずらっと並んでいる。

自然デザインが古いボートが多いので、カウリで出来たボートもたくさんあります。

水族館や、むかし日本軍の上陸に備えてつくったトーチカを右に見ながら、海辺の繁華街、Mission Bayのクロックタワー交叉点を右に曲がって、Patterson Aveの坂をのぼってゆくとEastridgeのNew Worldに着く。

わし家から近いスーパーマーケットは、最も近いのがRemueraのNew World、これは小さくて日本のスーパーマーケットくらいのおおきさしかない上に価格が他のおなじチェーンの店よりも高くて、そのうえ、最近は、二階建て駐車場の鉄骨が弱っているとかで、二階を閉鎖してしまったので、駐車場が混む。

「二階が閉鎖されたということは駐車場の二階部分が崩れて来て一階に駐めてあるクルマもおだぶつなんじゃないの?という黒い噂も、もちろん冗談でだが、流れたりして、BBQをやっていたらビールが切れた、というような緊急火急の場合以外は行かなくなってしまった。

むかしは、ここに行ったんだけどね。
わしにとっては、クルマのキーがなくなって、げげげっ、とおもいながら探していたら、色んな人が手伝って探してくれて、しまいには、おおぜいの、いいとしこいたおとなたちが、あそこでもないここでもない、こんなに探してどこにもないなんてことがあるだろうか、とがやがやと探していたら、カーキーが申し訳なくおもったのでしょう、いつのまにか胸のポケットに戻っていた、という思い出の場所です。

ありえないとはおもうが、もしかしたら、初めからポケットにあったのかも知れないが。

東へ10分くらいクルマでRemuera Roadをいくと、通りの名前がRemuera Road からSt Johns Roadに変わるあたりにCountdown Meadowbankがある。

Countdownは健康に悪い食べ物の品揃えが豊富で、アイスクリームやリコリッシュ、チョコが洪水のように店内に満ちていて、健康に悪いものが大好きなわしとしては、恐れていかないようにしている。
ただし、最近ベトナム料理店がおなじモール(ショッピングセンター)のなかに出来たのでバンミーを食べに行ってみようかと画策している。

Countdownはもうひとつ南に5分くらいのところにも24時間営業のおおきいのがあります。
こっちのほうが近くておおきいのだから、こっちの支店に行けばよさそうなものだが、クルマがおおくて、なんだかわやわやしているので、身体のまわりのスペースの確保を旨とするわしとしては、めんどくさい気がしてなかなかいかない。

なかのファーマシーが薬が安いので、ときどき出かけるくらい。

行きやすい、ということでいえば、わし家から見て南東に10分くらいドライブするとLunn Aveという、なあんにもなかったところに、突然Stonefieldsデベロップメントなる巨大住宅地が出現して、オークランド大学のキャンパスが出来るは、巨大モールを建設中だはで、投資が怒濤のように流れ込んでいる通りがあるが、その開発の嚆矢としてできたNew Worldにも、ときどき出かける。

このNew Worldのよいところは、なかに入っているベーカリーが、名人級の腕前のベーカーであるところで、なんでもかんでもおいしいので、チキンとプラムジャムのサンドイッチとか、間食に立ち寄る。

ほかにもFarroという高級フードスーパーマーケット、東京でいうと紀ノ国屋スーパーだか明治屋みたいなのが二軒あるが、高級なものに興味がないわしは、ほとんどまったく出かけません。

高級スーパーは、もうひとつなんとかいう名前を忘れたチェーンの店がふたつ近所にあったが、こっちはつぶれてしまった。

閑話休題。

Eastridgeのモールにつくと、儀式として決まっているので、フードコートのUncle Mansという滅法美味しいマレーシア料理店でロティチャナイとテタリック。

ロティチャナイ、知ってますか?

クリスピーに焼いたサクサクしたロティをちぎったのに、ちょびっとカレーソースがついている。

カレーは通常はダルだが、余計に払ってチキンカレーにもできる。

下のは、一昨年ペナンのジョージタウンにいるあいだに、毎朝のように出かけていたカフェのロティチャナイ

西洋式のスーパーマーケットは、まず壁際を半周ぐるっと回るように出来ている。
そこから、まんなかの棚の用事があるところに寄って買い物をする。

confectioneryは絶対に行きますね。

チョコやリコリッシュを補給する。
salt&vinegarのポテトチップスが切れかけている場合には、これも補給する。
補給を切らすと旧日本帝国陸軍のように悲惨なことになるからね。

野菜は最近はスーパーでは買いません。
オークランドでいえばタイピン(太平)やDHのようなアジアンスーパーのチェーンのほうがずっと新鮮で安いからで、どうかすると、普通のスーパーの半額くらいなのではなかろうか。

肉類も、ベーコンや6本で3ドルのフランクフルトソーセージのような伝統的なクソ食べ物、じゃないや、加工肉製品以外は、例えばラムやビーフはイスラムの人々が住んでいる地域やサンドリンガムのインド人街で買う。

もちろん全部ハラルショップのこういう店は肉類への感覚そのものが違って、家ではたいてい家で手伝ってくれているひとたちが買いに行くが、たまに自分ででかけると、「今朝、屠殺したばかりのラムだからおいしいよ」はまだ田舎の肉屋ではよく聞いて、なじみの科白だが、ビーフについてもおなじことを言ってすすめて、なんというか、食肉に対する情熱が異なるようです。

果物はマレーシア系の果物専門のスーパーが町の至るところに支店を持っていて、だいたいここで買うことになっている。

イタリアのグレープやポミグラネット、なんでもあります。

じゃ、スーパーになにを買いに行くの、と言われそうだが、やっぱりいろいろありますよ。

アイスクリーム、ワイン、トゥースペースト、食べ物は身体に悪そうなものは全部揃っていて、おとな向けの駄菓子屋の様相を呈している。

スーパーマーケットは、オークランドのおとなの秘かな愉しみで、クルマででかける、ちょっとした目的地でもある。

買い物の最後には、日本語インターネットの世界では「日本人だけが使うダサい英語」ということになっている

How are you?

から始まる会話が必ず交わされます。
1分にも満たない短い時間でも、今日は疲れた、天気がいいですね、明日は寒いようです、という会話を必ずレジの人とする。
それが、もちろん、客としての働く店員さんたちへの最低の礼儀でもある。

わしは態度も悪く大欠伸をしながら、レジの列に並んで待っている。
目の前のわしとおなじくらい背が高い、幅は二倍は優にありそうな、腕に全裸のおねーさんの刺青をいれた凶悪な人相のおっちゃんが、バスケットも持たずに、Tuiビール半ダースと、奥さんから頼まれたのでしょう、タンパックスを買って、支払っている。

アメリカでは奥さんにタンパックスを買って来てくれと頼まれて、逆上して、奥さんを撃ち殺した夫がいたのをおぼえているが、ニュージーランドは、男と女が「仲間同士」である点では珍しいほどの国で、やっぱり、おいらが選んだ国はいい国だよな、と考えました。

刺青おっちゃんは、クレジットカードを探すのに手間取ったが、袋ももたず、剥き出しのタンパックスとレシートをむんずとつかんで、悠々と立ち去った。

わしの番だね。

How are you?

ええ、問題なく過ごしてます。
あなたは、ここまで、どんな一日でした?

明日も、いい日だといいよね。
ご覧よ、今日は、みんなあんなに幸福そう。

なんて、いい午後だろう。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

3 Responses to スーパーマーケットへ行く

  1. wooperlife says:

    何でもない日が一番良い日!

    オープンカーが出てきたので、またヒラリと飛び乗ろうとして、とある部分をしこたま打ち付けて悶絶するシーンを期待してしまったけど、それもなかった。

    何でもない日が一番幸せな日。(*´∇`*)

    Like

  2. mikagehime says:

    大人の駄菓子屋いいなぁ。私はあんまりお菓子を食べないのだけども。

    旅先のスーパーは大好き!ワクワクする。
    読めない字の物を買って帰ってきて、結局ずっと開けなかったりする。
    友達にあげて「作り方が読めない」とクレームが来る。
    旅先であまりに毎日スーパーに通うので、boyfriendに
    「俺はスーパに通う為にわざわざこの国に来たんじゃない!」とキレられた事がありますw

    Liked by 1 person

  3. niitarsan says:

    >クルマのなかにできた陽だまりのなかでハンドルをにぎる気持のよさは、いちど屋根が開くクルマを持ってしまうと、一生、持ち続けることになる気持のよさです。

    少し前まで乘っていた日産ラフェスタは、天井は低いけれどもスイッチをピッとやるとぐわこぉんぐわこぉんと天井板が後ろに収納されて屋根がガラス張りになるという素敵な車でした。頭上に青空が広がっていると車内も広くなった様に感じられて快適でした。

    —–
    今日日こちらのコンビニでは一言も交わさずに買い物を済ませる人々も多いけれども、オバチャン同志だとやっばりあれこれと言葉を交わしています。

    私の職場(図書館)では必ずHow are you?ではないが「こんにちは(朝の内なら、おはようございます)」と声を掛けるし、あまり混雑していない時なら特に小さい子には「今日は暑いね」などとその日の天気についても付け加えたりします。一応、社会教育機関でもあるしね。自宅で誰とも話すチャンスがないご老人などは、唯一人と会話ができる場所だったりするかもしれません。頑固爺になるとこちらが挨拶しても何も返してこない人もいますが、挨拶してもらったことは内心嬉しいと感じているに違いない、と信じて声掛けしています。

    Liked by 1 person

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s