Nothing else matters

小さなひとたちやモニとみんなで実験してみるためのソーラーパネルがやってきたので、みんなで浮き浮きしながら包装を解いていた。

1m x 1.5mくらい。
小さなひとたちがDHLのデリバリのおっちゃんから受け取って、真剣な面持ちで、そおっとそおっと、モニさんに手伝ってもらいながら、ふたりでテラスまで運んできた。
いや人間の手助けが好きな猫のRも、やはり真剣な面持ちで一緒に持ってきたので、3人と一匹か。

それとも、猫さんも人間扱いして4人と呼ばないとpolitically incorrect だろうか。

知ってるかい?

太陽光での発電のキーはコントローラーであって、これにはMPPTとPWMの2方式があるのであーる。

簡単にいえばMPPTのほうが現代のたいていの用途には向いている。

過剰電圧を電流に変えるという曲芸もできます。

https://aasolar.co.nz/MPPT%20VS%20PWM.html

トランピングやピクニック用の、例の、リュックサックの背に展開する式の折りたたみポータブルソーラーパネルには、ちいさああああい字で「パワーパックを充電して、パックを媒介して携帯電話等は充電してください」と書いてあるが、そうしないとiPhoneやなんかを直かにパネルのUSB出力端子につなぐと、電池を傷めて、悪くすると電話を壊してしまう。

最近、油断するとすぐにふさふさと生えてくる細くて密生したヒゲがのびて顔が半分ひげに埋まっていたりして、ややむさくるしくなってきたおとーさんはエラソーに講釈しているが、なああーに、とーちゃんの顔を立てて真剣な顔をして、六つの燃えるような緑の色の目で見つめて、頷きながら聴いていても、ほんとうは、そんなことはとっくに学んでいるのです。

初夏の光のなかで、輝く芝生の上で、ソーラーパネルをたてかけるスタンドを自作したり、途中で、BGMにかけていた音楽にあわせて3人で踊り出したりしているのを見ながら、なんて幸福な午後だろう、と考える。

この生活は100%、モニさんのデザインによるもので、モニと会わなければ、この生活と巡り会うことは出来なかった。

ゲームというものが大好きで、ゲーム理論はおろか、この世のありとあらゆるゲームの理論を身に付けていて、ゲームを始めれば、人間であることもいっさい忘れて、ただゲーマーとしてゲームに勝つことに夢中になってしまうぼくは、出会ったころは、モニみたいな人間が存在することの不思議さに打たれて、今度は、そっちのほうに夢中になってしまった。

波打ち際で美しいチューンをつくる貝殻の破片たちが奏でる音楽を聴くことや、冬が終わって少しずつ少しずつ割れてゆく湖の氷のびっくりするような美しい音楽を教えてくれたのもモニだった。

人間にとっては良い配偶者/パートナーに巡りあうことは決定的な意味を持っている。

その機微を「戦友」に譬えるひともいるし、プラトンのように、integrityの「失われた片方」と述べる人もいるが、実態に最も近いのは、自分が立っているのが地上ではなくて宇宙なのだということを唐突に認識させてくれる神様の息吹のようなものだとおもう。

人間は、各々が、しばらくのあいだ、この世界に射して揺らめいている陽炎に酷似するが、その陽炎は神がうらやむ、物理的な感覚器をもっていて、この世界に触れて、感覚して、身体の芯から痺れてゆくような官能や、深い水の底から激しい光が射す水面へ一気に息をつめて駆け上る悦楽を知っている。

人間は、だから、あんまりたいしたことがないのに、自分ではすぐれていると自惚れている叡知や、世界をうまく関連付けて説明してみせていると妄想している知性よりも、愚かさによってこそ存在することに意義を持っている。

なんのことかわからないって?

明日、通りにでて、R&Bにあわせて踊ってごらんよ。
自分の肉体がどれほど躍動において美しくて、魂も追いついていけないほどであることがわかるから。

このつぎ恋人にあったら、世界を説明しようとする彼女/彼の唇をやさしく手のひらでおさえて、そっと口づけして、抱きしめて、いつでももどかしい、あのぎくしゃくしたやりかたで、おおいそぎで服をぬいで、感覚の爆発に向かって一緒に飛んでいく、自分達の肉体が、そのたびに新しくなって、世界などどうでもよくなっていく、小さな死を死ぬこと。

恋人がきみの目を見つめて、

It hurts to love you

と言う。

でも、それでもあなたを愛していて、だからこそ生きていけるのだ、と述べている。

人間は、だから、あんまりたいしたことがないのに、自分ではすぐれていると自惚れている叡知や、世界をうまく関連付けて説明してみせていると妄想している知性よりも、愚かさによってこそ存在することに意義を持っている。

光に包まれているのさ。

愚かさによって

小さなひとたちやモニとみんなで実験してみるためのソーラーパネルがやってきたので、みんなで浮き浮きしながら包装を解いていた。

そうして、たったそれだけの瞬間なのに、「至福」という言葉をおもいだしていた。
光に包まれた時刻なのだと考えていた。

明るい場所に来ていた。

愚かさによって

愚かさによって

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

9 Responses to Nothing else matters

  1. mikagehime says:

    眼に浮かぶよ。
    美しく光る3人と1匹を眺めるガメさんが。
    いつもみんな、麦の海原みたいに
    黄金色にキラキラ輝いてる。

    私の脳内では そういう風景に見える

    Liked by 2 people

  2. uffnofff says:

    声に出して読んでみたよ。

    至福の言葉まで来て泣いてしまった。
    嬉しいでも、楽しいでもなく至福としか言えない気持ちを
    それからただただ感謝の言葉しか出ない、
    感謝の言葉すら涙声になって最後まで言えなかった。

    出会いにただただ感謝するの。
    出会えた偶然にも。

    Liked by 2 people

  3. mrnk6122 says:

    いまパートナーを持たないわたしは
    ガメさんの家族と愛についてのお話で
    いつもかつてのそうした煌めくような瞬間を思い出すのだよ。

    愚かしさを持つ以上に素敵な生き方なんてあるかしら。

    Liked by 3 people

  4. Makoto Takahashi says:

    ガメさん更新ありがとう。ブログ読みながら私も今の奥さんと出会ってから色々人生変わったと思います。縁って改めて不思議だなって。

    Liked by 2 people

  5. kudacaque says:

    この記事は今まででいちばん共感したかもしれません。おれの今の幸福な瞬間をデザインしてくれたのも、全部おれのパートナーなのよ。
    とても、わかる。とても。

    Liked by 1 person

  6. ともも says:

    生活はずっとこなしていくもので、自分でデザインするなんて考えてもみなかった。
    そんななので自分でも信じられないけど、私はもうすぐ結婚するのです。
    この人を幸せにして、自分も幸せになるにはどうしたら良いんだろう。
    私においしい唐揚げを作ってくれる人です。
    最近、「俺もウェディングドレス着たい」と言いだしました。
    2人でウェディングドレス着て写真撮るのもいいかもしれない。
    写真を撮ったあと、どうやって暮らしていこうか。
    愚直に愛にかかずらっていきたいな。

    Like

  7. lizzyhk says:

    ガメさん、HK(from twitter)です!他の方が、声に出して読んだとあったので、声に出してガメさんの文書を声に出して読んでみたら、涙があふれてきました。今日も心が温かくなったよ。ありがとう。

    Like

  8. mmamiya says:

    ガメさん、やべえよ。これは、詩。死だよ。酔っ払いです、わたし。日々、福島から逃れてきた子どもの時間とともにあってTwitterは全く追えてないのですが、ふとあなたの存在を思い浮かんできて、こうして触れることができることはなんてしあわせなのかと思います。ありがとうございます😊

    Liked by 1 person

  9. euca says:

    ガメさん

    いくつか記事読み直してメールできた時より内容が厚みを増しているようで考える種になることがたくさんあるみたい。

    ひなたと草の匂いがするこの記事すき
    血がかよって暖かくなる幸せな

    頭の中にたくさん言葉があるのだけど…

    またね

    Like

コメントをここに書いてね書いてね

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s